fc2ブログ

グランブルー攻略117 盛夏、来たりて

攻略前に今年の新規水着キャラを。


グラブル457
ルナール。自分が描いた絵をみんなにのぞかれて恥ずかしがっているのが可愛い。


グラブル458
男キャラは…別にいっか。


グラブル459
エクストラストーリーでクムユがナンパされていた。ロリ巨乳の女性ドラフは他の種族から見てやっぱり気になるようだ。


グラブル460
ヘルエスの水着はデザインがオシャレ。


グラブル461
ダヌアもそうだけど、ドラフはビキニが似合う。


……あれ、今年もカリオストロの水着は無しですか。

来年こそはカリオストロとリルルちゃんのつるぺたビキニをお願いします!!


これまではストーリーイベントのクエスト開始条件が「特定キャラの編成」の場合はイベント限定版以外でもOKだったが、今回は「盛夏、来たりて」で加入するジンでないと条件を満たせないようになっている。

※以下は攻略wikiを編集したものを掲載。


■イベント限定武器・召喚石
SSR武器「木太刀」:攻刃(大)武器。「刀」なので将来使わなくなる可能性があるが、ステータスは高いので初心者なら可能な限り最大解放させておこう。イベント限定SSR刀というだけで割と貴重なので、1本ぐらいは取っておいても良いかもしれない。

SSR召喚石「守畏禍」:MAX攻撃力が1280と低く(カーバンクル・ジルコンのMAX攻撃力が1285)加護が「土属性キャラの攻撃力40%アップ/HP5%ダウン」(最大解放で攻撃力40%アップ/HP15%アップ)。最大解放するまではデメリットがあり、討滅戦のウォフマナフ入手までは有用。マグナ武器にHPと攻撃力の両方をアップさせる「世界樹の雫枝・マグナ」があるため、マグナ召喚石運用以降は有用性が下がる。現時点では土属性で召喚効果が攻撃力アップの召喚石はこれしかないため、今後カツウォヌスの土属性版が登場した時に備え最大解放させておくのも手。

SR武器:スキルレベルアップ用の素材に使おう。土属性武器で装備欄が埋まってないならこれらを上限解放して装備するより、ウォフマナフ討滅戦の報酬を狙う方がいいだろう。


■イベント限定キャラクター
イベント期間中は「ジン (風・SR)」が加入。
イベント終了までに信頼度をMAX(750)にすると正式加入。イベント終了までに信頼度が750に到達していなかった場合、イベント終了後に仲間から外れ、編成することができなくなる。信頼度はパーティーメンバー(サブでも可)にジンを編成した状態でクエストをクリアすると獲得できる。


■イベントクエスト
イベントクエストは初回のみAP消費なし。
バトルのあるエピソードは初回クリア時まではイベント「盛夏、来たりて」で加入するジンを編成していることが開始条件。
イベントクエスト第2話クリアでフリークエスト「渚の魔物退治」解放。
イベントクエスト第3話クリアでマルチバトル「ウオノタユウ」、フリークエスエト「波乱万丈バカンス」解放。
自分で発見したマルチバトル「ウオノタユウ」クリアでイベントクエスト第4話解放。
イベントクエスト第6話クリアでマルチバトル「守畏禍」解放。
自分で発見したマルチバトル「守畏禍」クリアで「エンディング」解放。
エンディングクリアでチャレンジクエスト「守畏禍割り」、エクストラストーリー「海の人気商品」解放。


■フリークエスト「渚の魔物退治」難易度NORMAL
消費AP-10、貢献度1000
Lv10ファンゴフィッシュ(土)、Lv10アクティニアリア(土)、Lv10ヴァイスシザー(土)

HPは約1万5000。通常攻撃だけでも楽勝だろう。


■フリークエスエト「波乱万丈バカンス」難易度HARD
消費AP-15、貢献度3000
Lv20ボーンネイル(土)、Lv20ヘルムワーム(土)、Lv20マンティスアント(土)

HPは約8万。ゲームを始めて間もない人は、アローレインやエーテルブラストなどの全体攻撃アビリティを使うといい。


■難易度VERY HARD
グラブル456
シージュエル ×3、消費AP-20、初回クリア時までイベント「盛夏、来たりて」で加入するジンを編成していることが開始条件
Lv30ウオノタユウ(土)、HP340万、最大チャージターン2、貢献度1万8000(ソロ討伐時約2万)

通常モード時特殊技
チェンジライヴ(自分に50秒間攻撃力アップ+自分に50秒間ダブルアタック率アップ)
ワイドプレッシャー(単体に土属性ダメージ+4ターン水属性耐性ダウン)

オーバードライブ時特殊技
レイジング・ウェイブ(ランダムに2回土属性ダメージ+ランダムに2回水属性ダメージ)

特殊行動
なし

スイカ島を目指す主人公たちを襲ってきた巨大マンボウ。なんとか撃退することはできたが、ウオノタユウの体当たりで船は操行不能となってしまう。

弱体耐性がやや高めで、風属性以外のキャラの弱体はミスしやすい。オーバードライブ時の特殊技「レイジング・ウェイブ」はカーバンクル1種類では被ダメージカットが完全に行えないものの、威力がさほど高くないので被ダメージカットなしでも特に問題ないだろう。


■難易度EXTREME
グラブル454
心眼鉢巻 ×3、消費AP-30、初回クリア時までイベント「盛夏、来たりて」で加入するジンを編成していることが開始条件
Lv50守畏禍(土)、HP910万、最大チャージターン3、貢献度8万(ソロ討伐時約9万)

通常モード時特殊技
シードバレット(ランダムに複数回200固定の土属性ダメージ)

オーバードライブ時特殊技
超パチキ(単体に土属性ダメージ+強化効果全消去)
デストロイスラスト(ランダムに8回土属性ダメージ+全体に3ターン目隠し)

特殊行動
残りHP50%以下で超パチキ(単体に土属性ダメージ+強化効果全消去)
残りHP25%以下で真の力解放(最大チャージターンが3→2に減少、チャージターンMAX)

※目隠しは攻撃対象のいる方向が分からなくなり、HPが見えなくなる弱体。目隠し中は奥義使用不能で通常攻撃が無属性ダメージになり、味方を攻撃する場合がある。目隠しは弱体回復や被ダメージで回復できる。

主人公たちが漂着した無人島は目的地のスイカ島だった。船の修復を終えた主人公たちはベネーラビーチに戻ろうとするが、ジンの提案で、洞窟を抜けた先にあった超巨大スイカを使ってスイカ割りをすることに。ところが超巨大スイカにはスイカたちの怨念が集まっていて、守畏禍の化身となって主人公たちに襲いかかる。それにしても今回のイベントは、スイカ島へ行くメンバーの選出がうまくハマったというか、特にボレミアじゃなくてカタリナが同行していたら、毎日の食事が大変なことになっていただろう…。ヘルナルが船の修復を設計したり、完全にはふさぐことが出来ない部分をグラフォスの砂で一時的に押さえるなど、なかなか面白いシナリオだったと思う。

弱体耐性がやや高めで、風属性以外のキャラの弱体はミスしやすい。通常攻撃はやや威力が高いので、攻撃力ダウンや暗闇を付与させたい。

「シードバレット」は固定ダメージのため、サラ(SSR)のエメス等の防御力アップでは被ダメージを軽減できない。被ダメージカットや回避を使って少しでも被ダメージを軽減したいところ。

「超パチキ」の強化効果全消去は弱体無効でも防げない。残りHP50%以下になる直前は強化効果を付与するのは控えて、超パチキ発動後に付与するようにしよう。「デストロイスラスト」の「目隠し」対策としては弱体回復を使えるキャラを編成するか、召喚石「諸星きらり」の召喚効果の被ダメージで解除しよう。「目隠し」は複数の効果がある1つの弱体なので、弱体回復は1回だけでいい。


グラブル455
ソロ撃破パーティ例。ガウェインや翼のように被ダメージカットアビリティを使えるキャラを編成しておくと安全。主人公は安定のダークフェンサー、EXアビリティはブラインドが無難。サブ召喚石は被ダメージカットアビリティの使用間隔が間に合わない時のためにカーバンクル・ジルコン、HP回復用のオータム・マイコニドとフェニックス。


■難易度HELL
消費AP-0、貢献度2万5000
2連戦。HP回復を使えるキャラまたは召喚石を編成して、長期戦に備えよう。守畏禍戦の目隠し対策として弱体回復を使えるキャラも編成しておきたい。サブ召喚石に「諸星きらり」を装備しておくと、弱体回復アビリティの使用間隔が回復していない時に代用できるので安心だ。

1戦目はウオノタユウ1体。

Lv70ウオノタユウ(土)、HP約400万、最大チャージターン2
通常モード時特殊技
チェンジライヴ(自分に50秒間攻撃力アップ+自分に50秒間ダブルアタック率アップ)
ワイドプレッシャー(単体に土属性ダメージ+4ターン水属性耐性ダウン)
オーバードライブ時特殊技
レイジング・ウェイブ(ランダムに2回土属性ダメージ+ランダムに2回水属性ダメージ)
特殊行動
なし

Lv70の割にはたいして強くないので、ある程度ダメージを与えたら2戦目に備えてアビリティの使用間隔を回復させ、奥義ゲージMAXで倒したい。

2戦目は守畏禍1体。

Lv70守畏禍(土)、HP約500万、最大チャージターン3
通常モード時特殊技
シードバレット(ランダムに複数回200固定ダメージ)
オーバードライブ時特殊技
超パチキ(単体に土属性ダメージ+強化効果全消去)
デストロイスラスト(ランダムに8回土属性ダメージ+全体に目隠し)
特殊行動
バトル開始時にシードバレット(全体に3ターン目隠し)
残りHP50%以下でデストロイスラスト(ランダムに8回土属性ダメージ+全体に目隠し)
残りHP40%以下で真の力解放(最大チャージターンが3→2に減少、チャージターンMAX)

特殊行動が難易度EXTREMEと違う点に注意。バトル開始時の「シードバレット」で付与された「目隠し」を弱体回復か召喚石「諸星きらり」で回復させてからフルチェインバーストを発動しよう。

残りHP50%以下の特殊行動「デストロイスラスト」はダメージが大きいため、被ダメージカットで軽減したい。

残りHP40%以下の真の力解放とチャージターンMAXに備えて、40%以下になる手前ではディレイを温存しておくといい。ブレイク維持を付与して特殊技を使われる前に倒してしまう手もある。

クリアするとチャレンジクエストフェローバトル【覇者】、フェローバトル【栄光】が解放。


■チャレンジクエストフェローバトル【覇者】 、フェローバトル【栄光】
【覇者】はRキャラ限定、【栄光】はSRキャラ限定で難易度HELLに挑むことになる。


■チェレンジクエスト「守畏禍割り」
敵はLv??守畏禍(土)1体。パーティメンバーは主人公なし、Lv40ナルメア(SSR・水)、Lv30J・J(SR・土)、Lv30ジン(SR・風)、Lv20ルナール(R・闇)の4人。

ナルメア HP1万7800
J・J HP1万1400
ジン HP1万2800
ルナール HP9300

キャラセリフ
ジン「なんと巨大なスイカだ……皆、それぞれ役割を決め油断せず戦おう!」
J・J「オレのリリックでみんなをサポートするYo! 奥義の前には「クロスフェード」をプレイするぜメーン!」
ジン「某は敵がオーバードライブ状態となった時、「月桂刃」で一刀のもとに切り伏せて見せよう!」
ナルメア「敵がブレイクしたら、お姉さんの「精神一到」で一気に倒してあげるね!」
ルナール「わたしは敵の隙をうかがっているわ。チャンスが来たらみんなに合わせて「ファクシミリ」を使うわね。」
ジン「いざ、尋常に参る!」

HPは4人とも高いので、特殊技のシードバレットを食らっても一回は耐えられるハズ。J・Jの「リミックスノーツ+」と「チル・アウト」を使ってからジンの「巌白閃+」を使い、あとはオーバードライブするまでは通常攻撃。

オーバードライブしたらジンの奥義ゲージが140%溜まるまで通常攻撃してからJ・Jの「クロスフェード+」とジンの「月桂刃」を使って、ジンとルナールだけで奥義発動(J・Jの「クロスフェード+」で味方全体の奥義ゲージを10%消費するため、ナルメアとJ・Jは奥義を発動できない)。

ブレイクしたらナルメアが「精神一到」を使ってナルメアとJ・Jの2人で奥義発動。

このようにして、ジンの反骨とナルメアの追い討ちを奥義ダメージに反映させるのがポイント。ルナールは他の3人に比べてHPが低いので、「ホワイト・バーン」の使いすぎに注意。ナルメアの「胡蝶刃」は自分の防御力ダウン、「臥薪嘗胆」は最大HPの15%消費というデメリットがある。多用すると敵の攻撃がナルメアに集中してしまった時に戦闘不能になる危険がある。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

キーワードでブログ内を検索
「イメージ化」「向かい飛車」「有馬記念」など、当ブログで見たい記事の単語を入力して下の検索ボタンをクリックしてください。
ディスプレイが大きくテレビゲーム機のモニターとしても使用可能
■富士通 FMV LIFEBOOK NH90/D2 2019年発売。以前使っていたPCが壊れたのでコレに買い替えたのだが、まず電源を入れた時の起動の速さ(10秒程度)に驚かされる。液晶ディスプレイは17.3インチと大きく、HDMI入力端子がついているためPS3などのテレビゲーム機のモニターとしても使用可能なのが嬉しい。CPUはCore i7、メモリは8GB(最大32GB)、ストレージ容量はSSD 256GB+HDD 1TB、Microsoft Office 2019あり。発売当時のノートPCの中では最上級のスペックで、エロゲとブラウザと文書作成がメインの人間には充分すぎる。欠点はファンの音がうるさいことくらいで、エロゲや映画を楽しむときはイヤホンを使えば問題ない。私が買ったのは2019年12月で、その時は税込み20万円だった。2021年2月現在でAmazonでは16万4360円。オススメ。
PS2やPS1を実機でプレイしている人には超オススメ
■POUND PS2 & PS1 専用 HDMI変換コンバータ HD LINK CABLE  PS2とPS1に対応しているHDMI変換コンバータ。PS2とPS1本体は480pのRGB信号で映像を出力している(PS1は240pで表示されているゲームがほとんど)のだが、これを720pにアップコンバートしてHDMIに変換出力する。従来のコンポジットAVケーブルに比べると画質は格段によくなるが、PS1ソフトの画質においてはPS3のアップコンバートに劣る。ただし、PS1やPS2専用の特殊コントローラーを使える点ではPS2の方が優れており、PS2やPS1を実機でプレイしている人にはぜひオススメしたい。
バッテリー交換可能なので携帯ゲーム機として
■GALAXY Note 3 SC-01F  2013年10月17日発売。スマホで使う機能が通話、メール、ブラウザ、Youtube、ePSXeくらいという人には非常にオススメ。携帯電話としてではなく携帯PS1エミュレータとして使うのもいい。「バッテリーが自分で交換可能」なのが非常に大きく、私は2014年10月に購入して以来、バッテリー交換しながら7年以上経った今でも使い続けている。アップデートでOSをAndroid5.0にできるので、SDカードに書き込みもできるのも○。コレを買うなら予備のバッテリーもいくつか一緒に買うことをすすめる。PS1エミュレータ用に買うなら、端末のストレージが32GBしかないので64GBのSDカードもぜひ買っておきたい。
値下がりして充分な高性能だが…
■Galaxy Note8 SC-01K  2017年10月26日発売。ディスプレイは6.3インチで、GALAXY Note 3と比べてタテに18mmほど長くなった。ブラウザやメールを使う場合には断然見やすく使いやすい。CPUはSnapdragon 835、ストレージ64GB、メモリ6GB。一般的な使い方をするぶんには充分過ぎるスペックであり、「グランブルーファンタジー」「オルタナティブガールズ2」といったゲームを最高画質設定にしても快適にプレイできる。ただし「バッテリー交換ができない」ため、発売時期を考えると今後長く使っていけるという点においてはGalaxy Note3に劣る。
ステレオスピーカーと本体ストレージ512GBは大きな魅力
■Samsung Galaxy Note 9 2018年10月発売。まだ実際に購入していないのでWebサイトでスペックを見ての想像だけで書いているが、Note8に比べてディスプレイがさらに大きく(6.4インチ)、メモリー8GB、ステレオスピーカー搭載、SペンにBluetooth機能がついたりと全ての部分で上位機種となっている。特にスゴいのが本体ストレージ512GB。最大512GBのmicroSDカード対応で、最大で合計1TBのストレージを利用することができるのは大きな魅力。スマホでたくさんのゲームを遊びたいという人は、とにもかくにも買いたい端末。
カテゴリ一覧
最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

♪みほぴょん

Author:♪みほぴょん
初代プレイステーションのゲームをより快適に遊ぶ方法の紹介と、競馬予想。

★各サイトのハンドル★
モバゲー:♪みほぴょん
GREE:♪みほぴょん
mixi:男の娘好きみほぴょん(mixiキーワード:♪みほぴょん)
Twitter:♪みほぴょん@mihopyonpyon
将棋ウォーズ:mihopyon

※SNSはROMがほとんどです。個人的なメッセージはこのブログのコメント機能でお願いします。

Amazon:♪みほぴょん
Google:debeso kerokero

※AmazonとGoogleは購入して印象に残った商品およびアプリのレビューを書いています。

ブロとも申請
ブロとも申請(友達申請)は100%許可しています。

♪みほぴょんにブロとも申請する

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
570位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
98位
アクセスランキングを見る>>
友達リスト

ロードアの場土采果

マイナーゲーム攻略サイトもどき