fc2ブログ

グランブルー攻略104 ハイレベルマグナ戦攻略

上級者向けのコンテンツであるハイレベルマルチバトル。

※以下は攻略wikiを編集したものを掲載


クエスト開始条件
自分で発見、救援依頼から参戦する場合ともにランク101以上。
自分で発見する場合は自分で開始した邂逅、黒銀の翼を1回以上討伐成功していること。

マグナHLでは対応属性の輝きが必ずドロップする。

いずれも難易度が高いうえに通常のマルチバトルより参加可能人数が18人と少ないので、自分の実力に不安があるなら自発・参戦は慎もう。また、ある程度参戦者がそろうまでは行動を控えるのが望ましい。

騎空団の団員の協力を得られない、あるいは団員の協力だけでは戦力が不十分な状態で低ランクプレイヤーが「フレンド」、「みんな」の救援に頼って自発した場合、参戦者不足による討伐失敗のリスクが非常に高くなる。救援依頼板やTwitterも積極的に利用しよう。

Lv110~の討伐戦では現状、ホーリーセイバー、ビショップ、スーパースターの3ジョブがレギュラー確定クラス。ダークフェンサーも重要だが、例外的にナタクのみ凶悪な特殊技がほぼないため重要度が落ちる。余裕があれば忍者やホークアイの起用も考えられる。あらかじめ上記ジョブの得意武器を収集したり、ゼニスパークを振っておくと攻略に手を付けやすくなる。死活問題になるので最低でも弱体成功率はゼニスを☆3にしておきたい。

火属性(パーシヴァル、クラリス)と光属性(ソーン、ソフィア)は有利属性以外の相手でも他属性でのサブを含め編成機会が多い。火属性や光属性のみで編成する場合はキャラをそろえて装備も相当練り上げていることが前提になる。アップデートにより、麻痺、恐怖に対する2回目以降の耐性がアップしたため、魅了、魅了に並ぶ誘惑を重ね掛けして補うという手法を取るところもある。唯一キャサリンだけができる戦法だが、ランダムである点、また、魅了無効のボスが存在する点には注意しよう。


ティアマト・マグナHL
必要AP-80、嵐竜の琥珀眼3個
Lv100ティアマト・マグナ=エア(風)、HP1億2700万、最大チャージターン3
通常モード時特殊技
エリアルクラスター(ランダムに10回風属性ダメージ)
オーバードライブ時特殊技
トルネードディザスター(全体に風属性ダメージ+自分に幻影(24回)付与)
特殊行動
残りHP75%、50%、25%以下でアブソリュートテラー(発動ターンの次のターンから2ターンアビリティ封印+3ターン奥義封印+3ターン虚脱(-10%))

Lv100ティアマト・マグナ=ニル(風)、HP1億1000万、最大チャージターン3
通常モード時特殊技
ターボマテリアル(単体に風属性ダメージ+2~4ターン混乱)
オーバードライブ時特殊技
バックドラフト(全体に風属性ダメージ+火属性ダメージ+3ターンアビリティ封印+自分に60秒間防御力ダウン)
タービュランス(全体にダメージ+全体に3ターンダブルアタック率ダウン)
特殊行動
残りHP50%以下でチャージターンMAX
残りHP10%以下で真の力解放

Lv100ティアマト・マグナ=ゼル(風)、HP9300万、最大チャージターン4
通常モード時特殊技
クラウドコート(味方全体に幻影(24回)+火属性攻撃耐性アップ(永続))
スクリーモ(全体にダメージ+全体に強化効果一つ消去)
オーバードライブ時特殊技
乱壊のテンペスト(ランダムに5回風属性ダメージ)
特殊行動
残りHP50%以下でチャージターンMAX
残りHP10%以下で真の力解放

●攻略
3体を同時に相手するため、難易度は高め。通常攻撃もかなり強力なため、長期戦を覚悟して回復、防御手段は用意しておいた方が良い。エア(上段、ステータス左)を倒せば、ニル、ゼルも死ぬので基本的にはエアへ攻撃を集中させること。

エアの特殊行動「アブソリュートテラー」は、アビリティ封印、奥義封印、虚脱を同時に付与してくるため注意が必要。短い間ではあるが足止めを食らうことになるので、弱体無効があると心強い。オーバードライブ技の「トルネードディザスター」はそれなりに威力が高いので、最低でもアテナを使用する等して対処したい。

ゼル(下段、ステータス右)のオーバードライブ技「乱壊のテンペスト」にも要注意。高威力のランダムダメージなので、アテナと別の被ダメージカットの組み合わせで耐えよう。チェインバースト等の全体攻撃でゼルがオーバードライブした場合、エアから対象を切り替えて攻撃しブレイクさせた方が楽に攻略できる。対策としても有効なため、恐怖をかけるならばゼルが最優先。アップデートにより有用な弱体効果の耐性が上がったが、スーパースターの九界琴奥義からの恐怖と魅了はいまだ強力の一言。

ニル(真ん中)の攻撃は他2体と比べればたいしたことはないが、特殊技の弱体で弱体無効が消えるため、エアの特殊行動のタイミングに近い場合は注意したい。


コロッサス・マグナHL
必要AP-80、プロミネンスリアクター3個
Lv100コロッサス・マグナ(火)、HP1億6880万、最大チャージターン3、気絶無効
通常モード時特殊技
拡散レーザー(ランダムに複数回火属性ダメージ+ハレーション)
プロミネンスリアクター(スタンバイモード後)(全体にダメージ)
※ハレーション(デマと同じHP視認不可)
オーバードライブ時特殊技
拡散レーザー(ランダムに複数回火属性ダメージ+奥義封印)
特殊行動
残りHP75%以下でシェルター(防御力アップ+水属性耐性アップ)
残りHP10%以下でスタンバイモード(弱体回復+特殊技にプロミネンスリアクター追加+恐怖・グラビティ無効+最大チャージターンが3→4に増加)
残りHP5%以下でプロミネンスリアクター暴走(真の力解放、即死耐性消失)

Lv100右腕(火)、HP9990万、最大チャージターン2、気絶無効
通常モード時特殊技
次元断(単体にダメージ)
オーバードライブ時特殊技
次元断(ランダムに2回ダメージ)
特殊行動
残りHP75%、50%以下でヒート(攻撃力アップ)

●攻略
コロッサス・マグナ本体と右腕の2体。「次元断」をどう対処するかが攻略の肝になる。通常モード時の「次元断」はグラビティ付与状態でも4ターンおきに発動されるので、「かばう」や被ダメージカットなどなんらかの対策は必須。オーバードライブ時はターン短縮に加えて「次元断」が2回攻撃になるので幻影だけだと防ぎきるのは難しい。一人が「次元断」を連続で食らう可能性も考えると90%以上の被ダメージカットは確保したい。麻痺や恐怖、グラビティは右腕を優先すること。通常攻撃も右腕のほうが高威力なので暗闇も。

また「次元断」への対応を考えると、参戦するパーティも水属性にこだわらず、パーシヴァル&ガーネット装備の火属性パーティ、ソーン編成の光属性パーティ、スロウ多数の闇属性パーティなども戦いやすい。SSRサラ+最大上限解放ガーネットなども良いだろう。

コロッサス・マグナ本体は大したことがないので、腕の撃破を優先したほうがラクに攻略できる。現在は参戦者が集まり次第、腕に恐怖を付与してイッキに撃破するという戦略が浸透しているせいか、4属性の18人HLマルチバトルの中では難易度は低め。火力に自信が無いなら、素直にパーシヴァルを編成しておこう。ただしブレイクに必要なダメージ量が多いのでオーバードライブ時の連続次元断に耐える必要がある。特殊行動のヒートでチャージターンがリセットされるので削るタイミングが合えば「次元断」を回避することも可能。「ヒート」の攻撃力アップは非常に高いため強化効果消去で消したいが、参戦者ごとに付与されるため消しにくい。

右腕を無視して本体撃破をする場合は次元断に耐え続ける必要があるが、SSRキャラや召喚石が充実しているならともかく多くのプレイヤーにはかなり厳しい条件なのでついて行くのは相当難しいと思われる。加えて全体攻撃などのダメージ蓄積で右腕がオーバードライブしてしまうと難度が激増するのでオススメしない。

スタンバイモード後の本体は通常攻撃を行わなくなり、特殊技が「プロミネンスリアクター」になる。10万ダメージ以上の超威力のため被ダメージ100%カット必須。通常攻撃を気にする必要が無いのでティターンでもいい。ブレイクさせれば通常攻撃も特殊技も行わなくなる。ブレイク維持からの集中攻撃でカタを付けよう。


リヴァイアサン・マグナHL
必要AP-80、海神の扇尾3個
Lv100リヴァイアサン・マグナ(水)、HP、最大チャージターン2
通常モード時特殊技
白嵐(全体にダメージ+攻撃力&防御力ダウン)
オーバードライブ時特殊技(真の力解放後)
青の剣(全体にダメージ+水属性耐性ダウン+青の楔)
真の力解放後特殊技
潰崩のタイダルフォール(ランダムに10回ダメージ)
特殊行動
自分に引き潮付与時に潰崩のタイダルフォール(ランダムに10回ダメージ)
強化効果消去を受けると青の剣(全体にダメージ+水属性耐性ダウン+青輪に凝固(青輪がいない場合自分の強化効果全消去))
残りHP75%以下で真の力解放(ダブルアタック・トリプルアタック率アップ、オーバードライブ技に「青の剣」追加)
残りHP10%以下で真の力解放(最大チャージターンが2→3に増加、スロウ・麻痺無効)

Lv100青輪(水)、HP、最大チャージターン3、通常攻撃なし、弱体耐性が極めて高い
通常モード時特殊技
水鏡(味方全体にリフレクト(被ダメージ50%カット、最大500反射ダメージ×8回)+リヴァイアサン・マグナに幻影(2回))
オーバードライブ時特殊技
共振(リヴァイアサン・マグナに引き潮)
特殊行動
1ターン目に氷壁結界(リヴァイアサン・マグナに防御力&全属性耐性&弱体化耐性アップ+再生(6万5535回復))
自分に弱体効果が付与されると再構成(自分の弱体効果全回復)※チャージターンリセット
自分に凝固付与時に氷壁結界展開(氷壁結界と同効果)

●攻略
シュヴァリエ・マグナのイージスマージとほぼ同様の効果(弱体は回復されないが)を持つ技を使うため、討伐に時間がかかる相手。

1ターン目に青輪がリヴァイアサン・マグナに「氷壁結界」を使用する。リヴァイアサン・マグナに強化効果消去を使うと、特殊行動で「青の剣」を発動して青輪に凝固を付与する。「青の剣」は「白嵐」で防御力ダウン中に食らうと大ダメージ。青輪が残ってると再度「氷壁結界」を使用するため、先に青輪を倒す必要がある。青輪は弱体耐性が高く、弱体が成功しても再構築で自分の弱体を回復してしまう。つまり、まずはほぼ弱体なしの状態で青輪を倒すことになる。

前半の参戦者はEXアビリティにはディスペルが無難。ジョブはホーリーセイバーかダークフェンサーが安定。弱体無効や被ダメージカットなどでリヴァイアサン・マグナからの攻撃を防ぎつつ、青輪に弱体効果を付与してチャージターンをリセットさせていく戦法が良い。青輪が通常モードで使う「水鏡」の反射ダメージは500固定だが、消耗を抑えるためディスペルを使えるなら使うこと。最も注意が必要なのは青輪のオーバードライブ技「共振」。リヴァイアサン・マグナに付与される引き潮は「潰崩のタイダルフォール」の発動条件になっている。通常のマグナ版より威力とHIT数がアップしているため、無対策だと4人戦闘不能は確実。サラの「マエスティティア」と「エメス」で受けることは可能だが、アテナやアクアマリンなども併用しないとダメージが大きい。青輪のモードケージを素早く削り切ると生存者が増えラク。引き潮は強化効果消去で消せるので、共振前に必ずチャットやスタンプで注意喚起し、即ディスペルで引き潮を消すこと。

青輪撃破後は特殊なことが少ないので、大体は倒しきれるが、通常攻撃がかなり強力なためブラインドやアローレイン、チャームなどを使えると良い。真の力が解放は回復や被ダメージカットなしでは苦しくなる。残りHP10%以下になるとコロッサス・マグナHLと同様に通常攻撃を行わなくなり、特殊技が「潰崩のタイダルフォール」に変化。BGMもイベントシーン等で使われる緊迫したものに変化する。


ユグドラシル・マグナHL
必要AP-80、創樹の花蕾3個
Lv100ユグドラシル・マグナ(土)、HP1億9400万、最大チャージターン1、グラビティ無効
通常モード時特殊技
ネザーマントル(全体に火属性ダメージ+7ターン水属性耐性ダウン)
アクシス・ムンディ(全体に土属性ダメージ+3ターンダブルアタック率ダウン+3ターントリプルアタック率ダウン+奥義ゲージ-10%)
オーバードライブ時特殊技
創世のルミノックス(自分に60秒間ランダム強化効果+全体にランダム弱体効果)
特殊行動
なし

Lv100ヴォイニッチ・サークル(土)、HP8500万、最大チャージターン3
通常モード時特殊技
ライト・ポゼッション(単体に土属性ダメージ+5ターンアビリティ封印+味方全体に180秒間防御力アップ)
エンシェント・クラィ(全体に水属性ダメージ+味方全体に防御力アップ)
オーバードライブ時特殊技
グレース・ノーツ(全体にランダムで無属性ダメージorHP回復+アビリティ使用間隔変化)
特殊行動
なし

●攻略
リヴァイアサン・マグナHL等と比べると特に複雑なギミックは無いが、とにかく攻撃力とHPが高い。ユグドラシル・マグナ本体の最大チャージターンが1なうえ、グラビティも無効。攻撃力下限付近でも通常攻撃で単発4000程度、特殊技で全体に2000程度のダメージなので、レナ一人とポーション程度では回復が追いつかないことが多い。被ダメージを減らすために、スーパースターの場合はチャームボイスを、その他のジョブであればブラインドやミゼラブルミストやアローレイン、ガウェインのフラクチャーやサタン召還石、麻痺手段(忍者・ソーン)などを編成していくと喜ばれるだろう。ビショップが多ければそれだけ戦闘不能になる参戦者が減り、「創世のルミノックス」の厄介な弱体消去もできる。ビショップ・忍者・ダークフェンサー・スーパースターいずれかでの参戦がオススメ。

最初はユグドラシル・マグナに弱体を付与して、ヴォイニッチ・サークルを先に倒す。ユグドラシル・マグナの攻撃は強力なため、少人数で攻めていてはジリ貧になりやすい。参戦者が集まるのを待つか、あらかじめ数人で開始できるようにしたい。

ヴォイニッチ・サークル撃破後はユグドラシル・マグナ本体に攻撃していく。HP管理に注意。オーバードライブ技の「創世のルミノックス」は直接のダメージが無いが、ランダムに付与される強化・弱体が非常に厄介。強化効果の効果時間は60秒間だが、同系統のものも別枠として累積されるため参戦者が多いと異常な攻撃力になることもある。強化効果が攻撃力アップやダブルアタック率アップ時は強化効果消去で消すか、時間経過で消えるのを待った方が無難。特にダブルアタック率アップは凶悪。ガルーダ召還石を装備しているならこのタイミングで使いたい。特殊技で幻影が消去されないため継戦能力がかなり上がる。弱体も運悪く土属性耐性ダウンや石化を付与されるとダメージが5桁を超えることも。強化効果が無い状態での通常攻撃はダメージこそ大きいものの暗闇と魅了が付与されていればそれほどの脅威ではないため、早期のブレイクを心がけたい。

特殊行動やモード変化などはないが、とにかくユグドラシル・マグナの攻撃がキツく、ダメージがかさんでいくので弱体を付与して押し切るしかない。終盤は攻撃力も上がり、通常攻撃の直撃=瀕死or戦闘不能なので、暗闇や魅了を付与し続けて少しでも被害を減らそう。麻痺が成功すれば非常に有効。押されかけてきたと感じたタイミングで使うと一気に体勢を立て直せる。何度も決まるものではないので、大事に使おう。


シュヴァリエ・マグナHL
必要AP-80、プライマルビット3個
Lv100シュヴァリエ・マグナ(光)、HP1億5800万、最大チャージターン3、アンデッド・即死無効
モード共通特殊技
光の剣(ランダムに20回光属性ダメージ+3ターン奥義封印)
※真の力解放後は低HPで即死効果あり
特殊行動
残りHP75%、50%以下でモード:イージスマージ・ディヴァイド(自分に45秒間防御力アップ+全属性耐性アップ+再生(6万5535)+弱体耐性アップ+プライマルビットのHP50万回復)
残りHP25%以下でモード:イーリアスマージ(弱体効果全回復)
残りHP25%以下で真の力解放(攻撃力・トリプルアタック率アップ、恐怖無効、最大チャージターンが3→5に増加)

Lv100プライマルビット(光)、HP4200万、最大チャージターン2、アンデッド・即死無効
通常モード時特殊技
パージライン(ランダムに15回光属性ダメージ+単体に2ターン敵対心アップ)
プロパゲーション(自分に20秒間防御力アップ)
オーバードライブ時特殊技
フェイズシフト(全体に光属性ダメージ+3ターン騎解印)
特殊行動
残りHP75%以下でプロパゲーション(自分に120秒間防御力アップ)
残りHP5%以下でフェイズシフト(全体に光属性ダメージ+3ターン騎解印)
発動条件不明:パージライン(ランダムに15回?光属性ダメージ+単体に2ターン敵対心アップ)

Lv100プライマルビット(光)、HP850万、最大チャージターン2、アンデッド・即死無効、防御力が高い、通常攻撃をしない
特殊技
アポカリプティックサウンド(全体に光属性500ダメージ)
特殊行動
残りHP50%、25%以下でグリーンフラッシュ(膠着状態)
※膠着状態は120秒間ダブルアタック禁止フィールド効果
騎解印が付与されたキャラがいるとパニッシュメント(ランダムに10回光属性ダメージ)

●攻略
終盤の超火力を除けば他のHLに比べて難易度が低めで、通常のシュヴァリエ・マグナよりも戦いやすいとの声も。特殊技もダメージが1発100前後のものばかりで、即死することはまずない。

まずプライマルビット(中央)から倒すこと。理由はシュヴァリエ・マグナの「イージスマージ・ディヴァイド」にプライマルビット2体のHPを50万回復させる効果もあるから。プライマルビットが生き残っている状態でシュヴァリエ・マグナのHPが75%以下になった場合、参戦者の人数×50万HP回復してしまう。そうならないためにも必ずプライマルビット(中央)を先に倒そう。プライマルビットが残りHP75%以下で発動する「プロパゲーション」の防御力アップは非常に効果が大きい。時間経過でも消えるが、強化効果消去でさっさと消してしまおう。プライマルビット(下)は非常に防御力が高い代わりにHPは低め。プライマルビット(中央)やシュヴァリエ・マグナへのチェインバーストダメージでダメージを与えられるので、特に攻撃しなくてもよい。サラーサを編成している場合は、グラウンドゼロ等を使って削っていけばプライマルビット(下)の撃破はさらに早まるだろう。レディ・グレイの毒などを付与しておくのも良い。グラビティはシュヴァリエ・マグナ本体ではなくプライマルビットに対して優先的に使い、チャージターンを3体とも3にするのが良いだろう。最大チャージターンは初期状態でシュヴァリエ・マグナ3、プライマルビット2と少なく、ダメージの小さい特殊技も防御・回復の乏しい闇属性パーティには痛手になりかねない。

プライマルビット(中央)を倒したら次はシュヴァリエ・マグナ本体に攻撃していく。残りHPが75%、50%以下になったら各参戦者は必ず通常攻撃で特殊行動「イージスマージ・ディヴァイド」の発動を確認すること。「イージスマージ・ディヴァイド」の効果は45秒間なので強化効果消去を使わなくても撃破はできるが、ここで強化効果消去を3回使用し闇属性耐性アップを消去すると、闇属性ダメージが与えられるようになるのでやや時間の短縮になる。また、闇サルナーンのウニアを使うと全強化効果を消すことができるため、全員が「イージスマージ・ディヴァイド」発動の確認を終えた後にウニアを使えれば手早く処理でき便利。ウニアや強化効果消去の無駄撃ちを避けるために残りHP75%、50%、25%の特殊行動を確認したら「ハイ!」スタンプを使うのが一般的。このスタンプはHLマルチ全般で使われるので覚えておきたい。

残りHP25%以下で特殊行動「イーリアスマージ」が発動し、真の力を解放する。これも「イージスマージ・ディヴァイド」と同じく、弱体効果が全て消えたのを確認したらとにかく1回通常攻撃すること。参戦者全員が「イーリアスマージ」発動を確認し終える前に弱体効果を付与させると、再び「イーリアスマージ」で全回復されてしまう。

真の力解放後は攻撃力・トリプルアタック率がアップする。オパールを装備している場合はここでぜひ使いたい。真の力解放後の特殊技「光の剣」は一発で前線が壊滅する高威力だが、最大チャージターンは多いのでスロウを使うなどして全員で攻撃すればそのまま押しきれるだろう。


セレスト・マグナHL
必要AP-80
Lv100セレスト・マグナ(闇)、HP1億9400万、最大チャージターン2
船モード
通常モード時特殊技
黒い霧(全体に5ターン腐敗)
白い霧(全体に最大HPの5%の無属性ダメージ+自分に180秒間弱体耐性アップ)
オーバードライブ時特殊技
ヴォイド(全体に1ターンアビリティ封印+3ターンアンデッド+3ターン再生)
特殊行動
残りHP85%以下で声ナキ叫ビ(自分の弱体効果全回復)
残りHP75%以下で霧モードに移行(最大チャージターンが2→1に減少)

霧モード:麻痺・睡眠・恐怖無効、通常攻撃をしない
通常モード時特殊技
暗牢(単体に3ターンシャドウ+3ターン敵対心アップ+3ターンアンデッド)
集積(自分に幻影(永続))
オーバードライブ時特殊技
青雷(全体に最大HPの15%の無属性ダメージ+自分に弱体効果1つ回復)
特殊行動
残りHP50%以下でマグナモードに移行

マグナモード:気絶無効
通常モード時特殊技
安楽(全体に1~5ターン睡眠+5ターンアンデッド)
奈落のフォールダウン(全体に闇属性ダメージ+3ターンアビリティ封印)
オーバードライブ時特殊技
ヴォイド・オール(全体にHP全回復+6ターン腐敗(300ダメージ)+5ターン暗闇)
特殊行動
残りHP40%以下で安楽(全体に1~5ターン睡眠+5ターンアンデッド)
残りHP10%以下でヴォイド・オール(全体にHP全回復+6ターン腐敗(300ダメージ)+5ターン暗闇)

●攻略
残りHPによってモードが変わる。総じて全モード共通で弱体効果が激しく、弱体無効・弱体回復はとても重要。弱体無効は1人だけでは到底間に合わないので、最終上限解放アポロンやゼニスアビリティのベールが欲しいところ。「奈落のフォールダウン」以外大ダメージの特殊技を使用しないので被ダメージカットはあまり必要ではない。

戦闘開始時の船モードは攻撃力がそれほど高くなく、特殊技もそれほど対策の必要なものはない。注意すべきは特殊行動「声ナキ叫ビ」による弱体回復。参戦者ごとに発動するため、参戦者全員が特殊行動を発動確認し、再び弱体効果を付与し直す必要がある。なお特殊技「白い霧」による弱体耐性アップは効果が高いため、付与している場合は強化効果消去で消去してから弱体効果を付与することが推奨される。

残りHP75%以下の霧モードは通常攻撃をしてこないが、麻痺・恐怖・睡眠が無効になるうえ最大チャージターンが1になり短いサイクルで特殊技を連発してくる。特にオーバードライブ技の「青雷」は被ダメージカット不可の割合ダメージで地味に削られるうえ、自分に最後にかけられた弱体効果を1つ回復するので弱体効果を付与し直してはすぐ回復され…で耐性だけが累積していくことになりかねない。ここでもたつくと防御力ダウンがなしのまま攻撃し続けなければならず、戦闘が長引きやすい。霧モードに入る直前に麻痺を付与して持ち越せると若干ラクになるだろう。通常モード時の特殊技「集積」で幻影を付与されたら、消去しながら通常攻撃するのがいい。他の参戦者の幻影で奥義を回避されると目も当てられない。なお霧モードでブレイクするとブレイク中は全く行動しなくなる。

残りHP50%以下のマグナモードでは「安楽」の睡眠・アンデッド付与に対処できないと「奈落のフォールダウン」や「ヴォイド・オール」で全滅もありうる。アンデッド状態でなければヴォイド・オールのHP全回復はボーナスに思えるが、同時に付与される暗闇が厄介で対処できないと戦闘が長引きやすい。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

キーワードでブログ内を検索
「イメージ化」「向かい飛車」「有馬記念」など、当ブログで見たい記事の単語を入力して下の検索ボタンをクリックしてください。
ディスプレイが大きくテレビゲーム機のモニターとしても使用可能
■富士通 FMV LIFEBOOK NH90/D2 2019年発売。以前使っていたPCが壊れたのでコレに買い替えたのだが、まず電源を入れた時の起動の速さ(10秒程度)に驚かされる。液晶ディスプレイは17.3インチと大きく、HDMI入力端子がついているためPS3などのテレビゲーム機のモニターとしても使用可能なのが嬉しい。CPUはCore i7、メモリは8GB(最大32GB)、ストレージ容量はSSD 256GB+HDD 1TB、Microsoft Office 2019あり。発売当時のノートPCの中では最上級のスペックで、エロゲとブラウザと文書作成がメインの人間には充分すぎる。欠点はファンの音がうるさいことくらいで、エロゲや映画を楽しむときはイヤホンを使えば問題ない。私が買ったのは2019年12月で、その時は税込み20万円だった。2021年2月現在でAmazonでは16万4360円。オススメ。
PS2やPS1を実機でプレイしている人には超オススメ
■POUND PS2 & PS1 専用 HDMI変換コンバータ HD LINK CABLE  PS2とPS1に対応しているHDMI変換コンバータ。PS2とPS1本体は480pのRGB信号で映像を出力している(PS1は240pで表示されているゲームがほとんど)のだが、これを720pにアップコンバートしてHDMIに変換出力する。従来のコンポジットAVケーブルに比べると画質は格段によくなるが、PS1ソフトの画質においてはPS3のアップコンバートに劣る。ただし、PS1やPS2専用の特殊コントローラーを使える点ではPS2の方が優れており、PS2やPS1を実機でプレイしている人にはぜひオススメしたい。
バッテリー交換可能なので携帯ゲーム機として
■GALAXY Note 3 SC-01F  2013年10月17日発売。スマホで使う機能が通話、メール、ブラウザ、Youtube、ePSXeくらいという人には非常にオススメ。携帯電話としてではなく携帯PS1エミュレータとして使うのもいい。「バッテリーが自分で交換可能」なのが非常に大きく、私は2014年10月に購入して以来、バッテリー交換しながら7年以上経った今でも使い続けている。アップデートでOSをAndroid5.0にできるので、SDカードに書き込みもできるのも○。コレを買うなら予備のバッテリーもいくつか一緒に買うことをすすめる。PS1エミュレータ用に買うなら、端末のストレージが32GBしかないので64GBのSDカードもぜひ買っておきたい。
値下がりして充分な高性能だが…
■Galaxy Note8 SC-01K  2017年10月26日発売。ディスプレイは6.3インチで、GALAXY Note 3と比べてタテに18mmほど長くなった。ブラウザやメールを使う場合には断然見やすく使いやすい。CPUはSnapdragon 835、ストレージ64GB、メモリ6GB。一般的な使い方をするぶんには充分過ぎるスペックであり、「グランブルーファンタジー」「オルタナティブガールズ2」といったゲームを最高画質設定にしても快適にプレイできる。ただし「バッテリー交換ができない」ため、発売時期を考えると今後長く使っていけるという点においてはGalaxy Note3に劣る。
ステレオスピーカーと本体ストレージ512GBは大きな魅力
■Samsung Galaxy Note 9 2018年10月発売。まだ実際に購入していないのでWebサイトでスペックを見ての想像だけで書いているが、Note8に比べてディスプレイがさらに大きく(6.4インチ)、メモリー8GB、ステレオスピーカー搭載、SペンにBluetooth機能がついたりと全ての部分で上位機種となっている。特にスゴいのが本体ストレージ512GB。最大512GBのmicroSDカード対応で、最大で合計1TBのストレージを利用することができるのは大きな魅力。スマホでたくさんのゲームを遊びたいという人は、とにもかくにも買いたい端末。
カテゴリ一覧
最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

♪みほぴょん

Author:♪みほぴょん
初代プレイステーションのゲームをより快適に遊ぶ方法の紹介と、競馬予想。

★各サイトのハンドル★
モバゲー:♪みほぴょん
GREE:♪みほぴょん
mixi:男の娘好きみほぴょん(mixiキーワード:♪みほぴょん)
Twitter:♪みほぴょん@mihopyonpyon
将棋ウォーズ:mihopyon

※SNSはROMがほとんどです。個人的なメッセージはこのブログのコメント機能でお願いします。

Amazon:♪みほぴょん
Google:debeso kerokero

※AmazonとGoogleは購入して印象に残った商品およびアプリのレビューを書いています。

ブロとも申請
ブロとも申請(友達申請)は100%許可しています。

♪みほぴょんにブロとも申請する

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
658位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
127位
アクセスランキングを見る>>
友達リスト

ロードアの場土采果

マイナーゲーム攻略サイトもどき