fc2ブログ

グランブルー攻略91 西白の戦い ~四象降臨~

2回目の配信となる「西白の戦い ~四象降臨~」。


※以下は攻略wikiを編集したものを掲載。

■前回からの変更点
・「覇者の証」「栄光の証」「デビルエレメント」「プチデビルエレメント」「10000ルピ」「エリクシールハーフ」「ソウルシード」「アークエンジェル武器」の最大交換個数がリセット。
・討伐章報酬の内容が調整された。
・一部クエストの難易度が調整された。
・クエストのクリア状況をリセット。
・新たな称号を追加。


難易度NORMAL~VERY HARDがソロバトル、難易度EXTREMEとEXTREME+がマルチバトルとなっている。
ソロバトル、マルチバトル双方でドロップする「四象の輝き」と「討伐章」を集めると、報酬アイテムと交換できる。

イベントマルチバトルでは「参戦タイミングボーナス」により参戦時の敵の残りHPが多いほどパーティの攻撃力、最大HP、獲得できる「四象の輝き」数が増加するようになっている。
敵の残りHPが少なくなると、マルチバトル参加に必要なBPが少なくなる。

■四象の輝き1万で交換可能なアイテム

●フローレンベルク
入手時点で上限解放MAX。Lv100時にスキル「勇躍の心得」習得(効果はイベントでの獲得貢献度UP)。

●クロム鋼
10個集めると、
ショップ→トレジャー交換→アイテム・装備→全て
からヒヒイロカネ(SSR武器を1段階上限解放することができるアイテム。十天衆加入にも必要)と交換可能。

●像の石片、裁輝晶、ウォフマナフのアニマ、ウォフマナフのマグナアニマ
これら4つはウォフマナフ討滅戦で獲得できたトレジャーで、「ショップ→トレジャー交換→イベント→ウォフマナフ討滅戦」から各種アイテムと交換が可能。




ゲームを始めたばかりの初心者は、四象の輝きを集めて召喚石「ウォフマナフ」と交換する事を目標にしよう。

次に狙いたいのが四象の輝き1万と交換できる「フローレンベルク」。これは他のイベント報酬武器最大解放相当の性能に加え、得意武器としているジョブの多い短剣であり使い勝手がいい。また今後「貢献度」が出てくるすべてのイベントを有利に進められる。自分が倒せる難易度の中で一番強い白虎に挑んでコツコツ貯めていこう。

上記をすでに獲得している場合はSSR武器の「白虎咆拳」を狙いたい。

四象の輝きを集めるには、EXTREME+(ティターン)に必要BPが1になったら参戦して攻撃するのがもっとも効率的。必要BP1のEXTREME+はみんなが狙っているので、救援依頼はこまめにチェックしよう。


■難易度NORMAL~VERY HARD攻略
グラブル304


1戦目はファエシュレー(土)、エウドーレ(土)、ポリュクソー(土)の3体。
最大チャージターンが少ない順(ファエシュレー→エウドーレ→ポリュクソー)に倒すのが基本。

2戦目は白虎(土)1体。
難易度NORMAL:レベル10白虎、HP約6万、最大チャージターン3、★6
難易度HARD:レベル20白虎、HP約24万、最大チャージターン3、★12
難易度VERY HARD:レベル30白虎、HP約60万、最大チャージターン3、★16

●通常モード時特殊技
光牙(単体に土属性ダメージ+強化効果消去)
参絶(ランダムに3回土属性ダメージ)

●オーバードライブ時特殊技
白帝呼(ランダムに複数回土属性ダメージ+2ターン暗闇)

メインストーリーで加入する風属性キャラはロゼッタ(SR)、リーシャ(SR)の2人のみ。イベント限定の風属性キャラはエルタ(SR)、セレフィラ(SR)、フィーナ(SR)、アステール(SR)、スィール(SR)、みく(SR)、翼(SR)、ファラ(SR)、リュウ(SR)の9人。難易度VERY HARDまでならこれらのSRキャラだけで充分クリアできる。

ロゼッタ、フィーナ、アステールの3人は1ターン無敵になれるアビリティを使えるので、1回だけは確実に特殊技に耐えることができる。HP回復を使えるのはロゼッタ(自分のHP回復)、エルタ(味方全体に再生)、セレフィラ(味方単体のHP回復)の3人。弱体効果では、エルタは魅了を、セレフィラ、フィーナ、アステールの3人は防御力ダウンを、スィールは攻撃力ダウンとダブルアタック率ダウンを、スィールとみくは暗闇をそれぞれ狙える。

現時点では風属性で弱体無効アビリティを使えるキャラはいないので、白帝呼の暗闇に対しては食らってから弱体回復アビリティで回復させるか、2ターン経過で自然回復するのを待つくらい。白虎は弱体耐性が低めなので、弱体効果アビリティを使えるキャラを編成して短期決戦を狙う方がラク。特に魅了と暗闇、ダブルアタック率ダウンは被ダメージを軽減できるので、キャラクターや召喚石の編成の際はそのあたりも考えて選ぶといい。


■難易度EXTREME攻略
Lv60白虎(土)、HP720万、最大チャージターン3

特殊技
難易度VERY HARDまでと同じ

特殊行動
残りHP25%以下で真の力解放(攻撃力アップ)

発見者には攻撃力とHPに25%の強化ボーナスがかかるためより有利に戦える(初期参戦者には各15%)。また、武器スキルの方陣・攻刃、アンノウンATK、召喚石の加護の属性攻撃力アップ、カーバンクル召喚時の属性攻撃力アップ、ペトラ(SSR)のアビリティ「エレメンタルブレス」はより高い効果を発揮する。逆にレイジ等の攻撃力アップアビリティは強化ボーナスの影響で前述の強化効果に比べると効果が低い。

白虎はターン数経過で攻撃力がアップしていくという特性を持っているため、長期戦になるほどこちらが不利。具体的には1ターン目ではミゼラブルミストとアローレインⅢを使用すれば通常攻撃の被ダメージは300程度なのだが、10ターン目になると900、20ターンを超えると2000前後にもなる。白虎はダブルアタック率が高めなので、スィールを編成しておくと暗闇・ダブルアタック率ダウン・攻撃力ダウンの弱体効果でかなりラクになる。「メランコリックメロディ」で防御力をダウンさせられるセレフィラもオススメだ。

主人公はダークフェンサーにEXアーマーブレイクか、スーパースターやホークアイ、サイドワインダーにEXミゼラブルミストといった与ダメージ重視の組み合わせにするといい。セレフィラのメランコリックメロディも併用して防御力を下限近くまでダウンさせ、真の力解放条件である残りHP25%以下になる前のところからフルチェインバーストでイッキにトドメを刺すのが理想だ。

特殊技は通常モード時、オーバードライブ時ともに単体およびランダム攻撃なので、「かばう」系アビリティや「幻影」効果が有効。特に幻影は通常モード時の特殊技を比較的安全にやり過ごせるため、召喚石ガルーダを持っている場合は防御手段として使っていける。

真の力解放後の通常攻撃は弱体効果なしだと風属性キャラですら3000もの大ダメージなので、ダブルアタックだと即死もありえる。白帝呼は1発あたりのダメージが1000以上になるため、まともに食らうとほぼ全滅。

EXTREMEのマルチバトル発生に必要な消費APが20と少ないので、多くのマルチバトルが発生しやすい。そのうえEXTREMEはEXTREME+に比べて参戦するメリットが少ないため、参戦者が集まりにくい。戦力的にソロ撃破が難しい場合は、あらかじめ騎空団メンバーやフレンドに声かけするなどして協力するようにしよう。また、声かけするしないに関わらず、ソロ撃破できない場合は早めに救援依頼をすること。戦闘後に獲得できる「四象の輝き」は貢献度に応じて増え、貢献度一定数値以上でドロップする四象の輝きに倍率ボーナスが入る。獲得できる貢献度が少ないと倍率が低くなるので、ただでさえ参戦メリットが少ないEXTREMEでボスの残りHPが少ないとよけいに参戦されにくくなってしまう。


グラブル406
難易度EXTREMEのソロ撃破パーティ例。メインメンバーが戦闘不能になった場合を想定し、サブメンバーには攻撃力の高い風属性キャラを編成しておくといい。

主人公はダークフェンサーにEXアーマーブレイク。召喚石はメインは加護の攻撃力重視、サブは召喚時の防御効果を重視して装備する。サブは「カーバンクル・ジルコン」と「ガルーダ」がオススメ。サポーターに「アナト」を選択してバトル開始。

長期戦になるほど不利なので、1ターン目から「エレメンタルブレス」→「上昇気流」→「アナト」→「ミゼラブルミスト」→「グラビティ」→「アーマーブレイク」と各種強化および弱体効果を全部使っていく。スロウアビリティは「隼落とし」を先に使うこと。すると7ターン目に「隼落とし」の使用間隔が回復するため、8ターン目に「カーバンクル・ジルコン」が使えるようになる。

翼の「Fly High」とペトラの「イリュジオン」、召喚石の「カーバンクル・ジルコン」と「ガルーダ」は白虎の特殊技に合わせて使用する。よって例えば奥義などでブレイクを狙えそうな場合は全員の奥義ゲージが溜まっていなくてもブレイクを優先し、それらの防御手段を温存しておくこと。白帝呼の暗闇は翼の「緑の風」で回復するのを忘れずに。

真の力発動後は攻撃力が大幅にアップするため、残りHP25%前から各種強化効果アビリティ→フルチェインバーストで真の力発動前に倒すのが理想。それができない場合は真の力発動後に「カーバンクル・ジルコン」や「Fly High」を使って少しでも被ダメージを軽減しよう。


■ティターン討伐戦:難易度EXTREME+
グラブル305


Lv90ティターン、HP2億1000万、最大チャージターン3

●通常モード時特殊技
オールコンプレッション(ランダムに4回土属性ダメージ+最後の攻撃対象に3ターン攻撃力ダウン)

●オーバードライブ時特殊技
ティタノマキア(全体に土属性ダメージ+1ターン強圧)

※強圧はHPが回復しなくなる弱体効果

●特殊行動
残りHP25%以下でスレートウォール(全体に5ターン攻撃力ダウン+自分に150秒間防御力アップ)
残りHP25%以下で真の力解放

発見者および初期参戦者には攻撃力とHPに50%の強化ボーナス。攻撃力は高いが弱体耐性が低く、暗闇や魅了などの弱体効果を複数付与できればそう難しくない。敵の残りHPが少なくなると参戦に必要なBPが1になるため、参戦者が急増する傾向にある。

特殊行動のスレートウォール発動時にチャージターンがリセットされるため、残りHPが25%付近になったら被ダメージカットアビリティやカーバンクルを使うタイミングに注意しよう。

主人公は定番のダークフェンサー。EXアビリティはアローレインⅢ、アーマーブレイク、ブラインド、メディクがオススメ。複数人が参戦しているところに参戦する場合はサイドワインダーもオススメだ。無敵&攻撃力アップの「ライトウェイトⅡ」から、「アローレインⅢ」→「キルストリーク」で手軽に大ダメージを狙える。参戦タイミングボーナスの強化効果をより多く得るため、なるべく敵の残りHPが多いときに参戦するようにしたい。ジョブの特性上、最大の狙いであるキルストリークの威力が「他の参戦者が各種弱体効果を付与してくれるかどうか」で大きく変わるのが悩み。

戦力不足で普通に戦っていてもなかなか貢献度が稼げないという人は、参戦者に強化効果および回復効果のあるアビリティを持つジョブ(ウェポンマスターの「レイジ」、ホーリーセイバーの「ファランクス」、ビショップの「ヒールオール」、スーパースターの「オーヴァチュア」など)がオススメ。参戦者が多い時にこれらのアビリティを使うと大量に貢献度を獲得できるので、戦力が低くて四象の輝きを集めるのに苦戦している人は試してみよう。ティターン戦が狙い目だ。

オススメキャラ

●メーテラ(風・SSR)
魅了付与の「飾り穿ち」、安定したダメージを与える「綺羅星」、スロウ効果のある「隼落とし」。特に「隼落とし」はダークフェンサーのアビリティと組み合わせることにより特殊技発動までの時間を最大で8ターン稼げる。これにより、白虎の特殊技発動前にカーバンクル・ジルコンの召喚を間に合わせることが可能になる。

●ペトラ(風・SSR)
サポートアビリティ「風の憩い」により味方全体に毎ターンHP150回復の再生効果。また、アビリティ「エレメンタルブレス」で属性攻撃力を50%アップさせられる。

●ネツァワルピリ(風・SSR)
単体としては風属性最強の攻撃力を誇るキャラ。白虎を奥義無しでブレイクさせることが出来るなら是非編成したい。

●ガウェイン(風・SSR)
オーバードライブ技発動を避けられない場合に被ダメージ60%カットの「ノブレスオブリーシュ」で耐えることができる。残り2つのアビリティも攻撃技なのが魅力。

●レナ(風・SSR)
HP1500回復+再生の「ルネサンス」と弱体回復の「エスポワール」が魅力。

●クリスティーナ(風・SSR)
カジノの景品交換で加入させることができる。弱体耐性ダウンの「セカンドディール」、風属性ダメージ+トレハンの「ジャックポット・ノック」、味方全体にHPと弱体回復の「ステアウェイ・トゥ・ヘヴン」というバランスタイプ。レナに比べて弱体回復の使用間隔は長いものの、攻撃力もありトレハンを付与できる。サポートアビリティ「クイーン・オブ・カジノ」による味方全体の攻撃力5%アップも有用。

●クラリス(火・SSR)
「アトミック・レゾリューション」は敵の現在HPの約3%ダメージで、HPが多いティターン戦では減衰値の70万ダメージが簡単に出せる。

●ヨダルラーハ(水・SSR)
三幕が3ある状態で奥義を発動するだけでラクに貢献度を稼げる。アサルトタイム中ならバトル開始後即発動すればいいが、そうでない場合は保護するキャラが必須(土が弱点である水属性の為、通常攻撃で3000以上の大ダメージを食らう)。

●ミルムメモル(風・SR)
モードゲージ減少の「不思議なハーモニー」とブレイク状態維持の「レヴェリーホーン」が役に立つ。なお不思議なハーモニーの減少値は残りゲージからの割合なので、オーバードライブ直後に使用するのがもっとも効果的。

●前川みく(風・SR)
シンデレラファンタジーのイベント限定キャラ。累積可能な攻撃力アップの「あたっくShall We~?」と暗闇付与の「にくきゅうぺったん!」が魅力。攻撃力アップを累積させていけば、SSRキャラに迫るダメージを出すことが出来る。また、みくの得意武器は格闘なので、風属性のSSRマグナ攻刃(格闘)で装備欄を埋めるとSSR級の攻撃力となる。特にティターン戦は長期戦になるので累積攻撃力アップが最大値までいきやすく、その際の通常攻撃ダメージはネツァワルピリに匹敵する。

●リーシャ(サマーバージョン)(風・SR)
味方全体のHP回復「ウインドヒール」、魅了付与の「ビーチストライク」、被ダメージ20%反射の「ブリーズトリック」。サポートアビリティの「エール」は味方全体の攻撃力をアップさせることが出来る。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

キーワードでブログ内を検索
「イメージ化」「向かい飛車」「有馬記念」など、当ブログで見たい記事の単語を入力して下の検索ボタンをクリックしてください。
ディスプレイが大きくテレビゲーム機のモニターとしても使用可能
■富士通 FMV LIFEBOOK NH90/D2 2019年発売。以前使っていたPCが壊れたのでコレに買い替えたのだが、まず電源を入れた時の起動の速さ(10秒程度)に驚かされる。液晶ディスプレイは17.3インチと大きく、HDMI入力端子がついているためPS3などのテレビゲーム機のモニターとしても使用可能なのが嬉しい。CPUはCore i7、メモリは8GB(最大32GB)、ストレージ容量はSSD 256GB+HDD 1TB、Microsoft Office 2019あり。発売当時のノートPCの中では最上級のスペックで、エロゲとブラウザと文書作成がメインの人間には充分すぎる。欠点はファンの音がうるさいことくらいで、エロゲや映画を楽しむときはイヤホンを使えば問題ない。私が買ったのは2019年12月で、その時は税込み20万円だった。2021年2月現在でAmazonでは16万4360円。オススメ。
PS2やPS1を実機でプレイしている人には超オススメ
■POUND PS2 & PS1 専用 HDMI変換コンバータ HD LINK CABLE  PS2とPS1に対応しているHDMI変換コンバータ。PS2とPS1本体は480pのRGB信号で映像を出力している(PS1は240pで表示されているゲームがほとんど)のだが、これを720pにアップコンバートしてHDMIに変換出力する。従来のコンポジットAVケーブルに比べると画質は格段によくなるが、PS1ソフトの画質においてはPS3のアップコンバートに劣る。ただし、PS1やPS2専用の特殊コントローラーを使える点ではPS2の方が優れており、PS2やPS1を実機でプレイしている人にはぜひオススメしたい。
バッテリー交換可能なので携帯ゲーム機として
■GALAXY Note 3 SC-01F  2013年10月17日発売。スマホで使う機能が通話、メール、ブラウザ、Youtube、ePSXeくらいという人には非常にオススメ。携帯電話としてではなく携帯PS1エミュレータとして使うのもいい。「バッテリーが自分で交換可能」なのが非常に大きく、私は2014年10月に購入して以来、バッテリー交換しながら7年以上経った今でも使い続けている。アップデートでOSをAndroid5.0にできるので、SDカードに書き込みもできるのも○。コレを買うなら予備のバッテリーもいくつか一緒に買うことをすすめる。PS1エミュレータ用に買うなら、端末のストレージが32GBしかないので64GBのSDカードもぜひ買っておきたい。
値下がりして充分な高性能だが…
■Galaxy Note8 SC-01K  2017年10月26日発売。ディスプレイは6.3インチで、GALAXY Note 3と比べてタテに18mmほど長くなった。ブラウザやメールを使う場合には断然見やすく使いやすい。CPUはSnapdragon 835、ストレージ64GB、メモリ6GB。一般的な使い方をするぶんには充分過ぎるスペックであり、「グランブルーファンタジー」「オルタナティブガールズ2」といったゲームを最高画質設定にしても快適にプレイできる。ただし「バッテリー交換ができない」ため、発売時期を考えると今後長く使っていけるという点においてはGalaxy Note3に劣る。
ステレオスピーカーと本体ストレージ512GBは大きな魅力
■Samsung Galaxy Note 9 2018年10月発売。まだ実際に購入していないのでWebサイトでスペックを見ての想像だけで書いているが、Note8に比べてディスプレイがさらに大きく(6.4インチ)、メモリー8GB、ステレオスピーカー搭載、SペンにBluetooth機能がついたりと全ての部分で上位機種となっている。特にスゴいのが本体ストレージ512GB。最大512GBのmicroSDカード対応で、最大で合計1TBのストレージを利用することができるのは大きな魅力。スマホでたくさんのゲームを遊びたいという人は、とにもかくにも買いたい端末。
カテゴリ一覧
最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

♪みほぴょん

Author:♪みほぴょん
初代プレイステーションのゲームをより快適に遊ぶ方法の紹介と、競馬予想。

★各サイトのハンドル★
モバゲー:♪みほぴょん
GREE:♪みほぴょん
mixi:男の娘好きみほぴょん(mixiキーワード:♪みほぴょん)
Twitter:♪みほぴょん@mihopyonpyon
将棋ウォーズ:mihopyon

※SNSはROMがほとんどです。個人的なメッセージはこのブログのコメント機能でお願いします。

Amazon:♪みほぴょん
Google:debeso kerokero

※AmazonとGoogleは購入して印象に残った商品およびアプリのレビューを書いています。

ブロとも申請
ブロとも申請(友達申請)は100%許可しています。

♪みほぴょんにブロとも申請する

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
715位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
135位
アクセスランキングを見る>>
友達リスト

ロードアの場土采果

マイナーゲーム攻略サイトもどき