fc2ブログ

グランブルー攻略41 北玄の戦い~四象降臨~

初の最大60人参加マルチバトルとなるイベント「北玄の戦い~四象降臨~」。

本イベント攻略の前に、パソコンでグランブルーファンタジーをプレイしているユーザーに重要なお知らせがあったので紹介しておく。


グラブル217
簡単に言えば、「PC版で動作が重いと感じたらWebGLの設定を変えてみて」というものだ。設定変更のやり方だが、Google Chromeのアドレスバーに「about:flags」と入力すると、設定画面ページに移行する。ページの上の方にWebGLの設定項目があるので(見つからない場合はCtrl+Fで「WebGL」と入力しよう)、「有効にする」をクリック。

私の場合はコレで動作が軽くなった。


※以下は攻略wikiを編集したものを掲載。

難易度NORMAL~EXTREMEがソロバトル、難易度HELLがマルチバトルとなっている。
本イベントのバトルではソロ、マルチバトルともにドロップアイテムのほぼ全てが「四象の輝き」になり、「四象の輝き」は「四象交換」でアイテムと交換できる。


「四象の輝き」と交換可能なもの

●クロム鋼
四象の輝き四象の輝き1万個と交換可能。10個でヒヒイロカネ1個と交換可能(ショップ→トレジャー交換→アイテム・装備→全て)。
ヒヒイロカネはSSR武器を1段階上限解放することができるアイテム。

●フローレンベルク
四象の輝き四象の輝き1万個と交換可能。入手時点で解放段階MAX。Lv100時にスキル「勇躍の心得」習得、効果はイベントでの貢献度アップ。

●嘆きの氷片、氷獄の六角晶、コキュートスのアニマ、コキュートスのマグナアニマ
4つともコキュートス討滅戦で獲得できたトレジャーで、「ショップ→トレジャー交換→イベント→コキュートス討滅戦」から交換が可能。水属性攻撃力40%アップは優秀なので、水属性召喚石が不足している場合はこの機会に是非交換しておきたい。
ちなみにコキュートス(1回目)の交換には氷獄の六角晶25×30+コキュートスのアニマ50×20+コキュートスのマグナアニマ100×10=2750個の四象の輝きが必要。

●エリクシールハーフ
嘆きの氷片20×5+氷獄の六角晶25×5=225個でエリクシールハーフ1個と交換可能。
エリクシールハーフ20個で四象の輝き4500個が必要となる。余裕があれば交換しておきたいところ。


■玄武討伐戦:難易度NORMAL~VERY HARD
難易度NORMAL:レベル10玄武(HP約5万5000)、★6
難易度HARD:レベル20玄武(HP約24万)、★12
難易度VERY HARD:レベル30玄武(HP約52万)、★16

初心者の目標は、「四象の輝き」を合計2750集めて召喚石コキュートスと交換する事。HELL玄武やHELLネプチューンの救援依頼にも参戦しつつ、コツコツと集めていこう。

難易度NORMALにしか挑めない戦力でもHELLの救援依頼に参戦すれば「四象の輝き」を稼げるので、コキュートスを狙う場合はどんどん参戦しよう。ただし、次はBPが大量に必要な古戦場イベントのため、ソウルシードの使い過ぎにはご用心!

コキュートスは召喚時の効果が味方全員の攻撃力アップと優秀なので、マキュラ・マリウスを持っている場合でも交換する価値はあるぞ。

なお、EXTREMEに挑める戦力の人も2戦目が玄武1体だけのVERY HARDの方が時間効率に優れている。VERY HARDを繰り返してHELLの出現を待つのも手。


グラブル215
1戦目はチャーミーペンギン、エレクトリックレイ、ブラッディカクタスの3体。
チャージターンが1つのブラッディカクタス→攻撃力が高いエレクトリックレイ→HPの低いチャーミーペンギンの順に倒そう。
特殊技を使われると痛いので、使われる前に倒せない場合はアビリティを使ってでも倒すこと。特にチャーミーペンギンの特殊技は全体にダメージ+魅了なので危険。

敵のHPは、難易度VERY HARDでチャーミーペンギン約2万、エレクトリックレイ約2万4000、ブラッディカクタス約4万。


グラブル218
2戦目は玄武1体。

特殊技の玄武印は単体に水属性ダメージ+5ターン奥義封印+5ターンアビリティ封印。弱体効果無効アビリティで防ぎたいところだが、土属性で弱体無効を使えるラムレッダ (SR)とアルルメイヤ (SSR)がいなければカタリナで代用するか、弱体無効なしで押し切るかになる。

玄武印の次のターンは金剛殻を使用してくる。金剛殻は自身をリフレクト状態にする技で、8回までダメージカットと反射の効果がある。反射は通常攻撃やアビリティ攻撃を受けた場合に300ダメージ(固定)を与える。ダブル・トリプルアタックで複数回ダメージを与えた場合はその回数だけダメージが跳ね返ってくる点に注意。

通常攻撃はダブルアタック率は低いが攻撃力が結構高いため、パーティメンバーのHPには気を配っておくこと。
難易度VERY HARDは1戦目がキツい(特にエレクトリックレイ)のと、2戦目で特殊技を食らうリスクが大きいため、必要戦力の目安は2万2000程度。奥義はダメージカットされるともったいないので、8回攻撃してリフレクトの効果がなくなってから発動するようにしたい。


■難易度EXTREME
難易度EXTREME:レベル50玄武(HP)、★21
3連戦。1戦目はペンギンのHPが6万。アローレインや召喚石などで3体まとめてダメージを与えてから通常攻撃でトドメをさすようにすると、被ダメージを抑えることができる。


グラブル219
2戦目はレベル20デザートサーペント。HPは約28万と低めなので、ミゼラブルミストで攻撃力と防御力を下げてから、特殊技(スマッシュファング:全体に水属性ダメージ+睡眠))を使われない範囲で奥義ゲージやアビリティの使用間隔を稼いでおきたい。

3戦目の玄武は難易度VERY HARDまでと違い、レベル50帝翁、レベル50玄武、レベル50帝公の3体にわかれている。HPは帝翁が約24万、玄武が約80万、帝公が約20万。モードゲージは3体で共有となっている。

まずはチャージターンが1の帝翁を集中攻撃して倒したい。2戦目で奥義ゲージと各種攻撃アビリティの使用間隔を稼いでいれば、1ターン目にミゼラブルミストなどからイッキにダメージを与えていくことができる。

帝公の特殊技で土属性の敵への攻撃が回復される状態にさせられた場合は、攻撃のターゲットを玄武へ切り替えること。

玄武のHPが50%を切ると特殊行動で玄武印を使ってくる。まともに食らうと即死級のダメージなので、次のターンの攻撃で玄武のHPが50%以下になりそうなときは、あらかじめ被ダメージカットアビリティを使うなどの対策をしておこう。なお、チャージターンがMAXの状態でHPが50%以下になった場合は特殊行動が優先される。その場合チャージターンは消費されないので注意。

帝翁特殊技
水宴 (全体に水属性ダメージ)
白矛 (単体に水属性ダメージ)

帝公特殊技
凝視 (全体に土属性ダメージ+睡眠)
玄武のHP50%、25%以下特殊行動:鉛の楔 (全体に大地の楔。大地の楔状態になると、土属性の敵への攻撃が吸収されるようになり、土属性の敵からの攻撃でダメージを受けなくなる)

玄武特殊技
式占 (単体に水属性ダメージ+奥義封印)
轟号 (単体に水属性ダメージ+攻撃力ダウン)
HP50%以下特殊行動:玄武印 (単体に水属性ダメージ+アビリティ封印+奥義封印)
玄武印の次のターン:金剛殻 (自身をリフレクト状態)


■玄武討伐戦:難易度HELL
難易度HELL:レベル70玄武(HP)
玄武討伐戦難易度VERY HARD以上クリア時にランダムで出現。

玄武のHPが75%、50%を切ると特殊行動で玄武印を使ってきて、さらに全員の弱体無効も無効化してくる。弱体効果無効、かばう系アビリティを持つキャラを編成しておくとラク。

玄武印の次のターンに金剛殻を使用しリフレクト状態になる点はEXTREMEと同じだが、HELLでは救援依頼して新規参戦者が次々と入るとリフレクト状態が続くので、反射ダメージを考えて残りHPには余裕を持つこと。


■ネプチューン討伐戦
グラブル216
難易度HELL:レベル90ルヴェリエ(HP)、レベル90ネプチューン(HP)
玄武討伐戦難易度HELLクリア時にランダムで出現。

ルヴェリエとネプチューンの2体。2体ともにHPが高く、ソロ討伐は非現実的。

モードゲージは各々独立している。ルヴェリエのオーバードライブ技「ヘヴィ・オーバーフロー」は、全体に水属性ダメージ+奥義ゲージ-80%なので、奥義ゲージがMAXのキャラが1人以上いて特殊技の発動を避けられそうにない場合はいったん奥義を使ってしまおう(奥義ゲージ減少は弱体無効でも防げない)。誰かがブレイクさせるのを待つのも一つの手だ。

(参加者が増えて)弱体効果の数が増えると特殊技で食らうダメージが3ケタ程度になるので、メインとサポートにキュベレーをセットしていればほぼ安全。

ネプチューンの真の力解放後はダブルアタック・トリプルアタック率が高くなり、受けるダメージも4ケタに(通常攻撃1500以上、特殊技は3000以上)。

ルヴェリエ特殊技
アクアブレス (全体に水属性ダメージ+腐敗)
ディープブルースパーク(全体に水属性ダメージ+アビリティ封印)
ヘヴィ・オーバーフロー (全体に水属性ダメージ+奥義ゲージ-80%)

ネプチューン特殊技
トライデント・ストリーム(全体に水属性ダメージ)
ディヴァイン・トレント (ランダムに6回水属性ダメージ)
アーク・オーダー (味方全体を回復)

初期設定では他のユーザーの弱体効果エフェクトやアビリティ使用・ダメージログで動作がかなり重くなるので、「Menu→設定→リアルタイム通知機能ON/OFF→OFF→設定を反映する」に設定変更しよう。現在の貢献度やスタンプが一切表示されなくなるが、貢献度の稼ぎ効率は確実に上がる。本イベントが終了するまではリアルタイム機能をOFFにしておこう。

★貢献度10万の報酬3倍ゾーンを取るための戦法★
参加人数にもよるが回復1700以上、クリア1700以上、EXで1700以上の貢献度が得られる。戦力に自信がなければクレリックで貢献度を稼ぐのも良い。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

キーワードでブログ内を検索
「イメージ化」「向かい飛車」「有馬記念」など、当ブログで見たい記事の単語を入力して下の検索ボタンをクリックしてください。
ディスプレイが大きくテレビゲーム機のモニターとしても使用可能
■富士通 FMV LIFEBOOK NH90/D2 2019年発売。以前使っていたPCが壊れたのでコレに買い替えたのだが、まず電源を入れた時の起動の速さ(10秒程度)に驚かされる。液晶ディスプレイは17.3インチと大きく、HDMI入力端子がついているためPS3などのテレビゲーム機のモニターとしても使用可能なのが嬉しい。CPUはCore i7、メモリは8GB(最大32GB)、ストレージ容量はSSD 256GB+HDD 1TB、Microsoft Office 2019あり。発売当時のノートPCの中では最上級のスペックで、エロゲとブラウザと文書作成がメインの人間には充分すぎる。欠点はファンの音がうるさいことくらいで、エロゲや映画を楽しむときはイヤホンを使えば問題ない。私が買ったのは2019年12月で、その時は税込み20万円だった。2021年2月現在でAmazonでは16万4360円。オススメ。
PS2やPS1を実機でプレイしている人には超オススメ
■POUND PS2 & PS1 専用 HDMI変換コンバータ HD LINK CABLE  PS2とPS1に対応しているHDMI変換コンバータ。PS2とPS1本体は480pのRGB信号で映像を出力している(PS1は240pで表示されているゲームがほとんど)のだが、これを720pにアップコンバートしてHDMIに変換出力する。従来のコンポジットAVケーブルに比べると画質は格段によくなるが、PS1ソフトの画質においてはPS3のアップコンバートに劣る。ただし、PS1やPS2専用の特殊コントローラーを使える点ではPS2の方が優れており、PS2やPS1を実機でプレイしている人にはぜひオススメしたい。
バッテリー交換可能なので携帯ゲーム機として
■GALAXY Note 3 SC-01F  2013年10月17日発売。スマホで使う機能が通話、メール、ブラウザ、Youtube、ePSXeくらいという人には非常にオススメ。携帯電話としてではなく携帯PS1エミュレータとして使うのもいい。「バッテリーが自分で交換可能」なのが非常に大きく、私は2014年10月に購入して以来、バッテリー交換しながら7年以上経った今でも使い続けている。アップデートでOSをAndroid5.0にできるので、SDカードに書き込みもできるのも○。コレを買うなら予備のバッテリーもいくつか一緒に買うことをすすめる。PS1エミュレータ用に買うなら、端末のストレージが32GBしかないので64GBのSDカードもぜひ買っておきたい。
値下がりして充分な高性能だが…
■Galaxy Note8 SC-01K  2017年10月26日発売。ディスプレイは6.3インチで、GALAXY Note 3と比べてタテに18mmほど長くなった。ブラウザやメールを使う場合には断然見やすく使いやすい。CPUはSnapdragon 835、ストレージ64GB、メモリ6GB。一般的な使い方をするぶんには充分過ぎるスペックであり、「グランブルーファンタジー」「オルタナティブガールズ2」といったゲームを最高画質設定にしても快適にプレイできる。ただし「バッテリー交換ができない」ため、発売時期を考えると今後長く使っていけるという点においてはGalaxy Note3に劣る。
ステレオスピーカーと本体ストレージ512GBは大きな魅力
■Samsung Galaxy Note 9 2018年10月発売。まだ実際に購入していないのでWebサイトでスペックを見ての想像だけで書いているが、Note8に比べてディスプレイがさらに大きく(6.4インチ)、メモリー8GB、ステレオスピーカー搭載、SペンにBluetooth機能がついたりと全ての部分で上位機種となっている。特にスゴいのが本体ストレージ512GB。最大512GBのmicroSDカード対応で、最大で合計1TBのストレージを利用することができるのは大きな魅力。スマホでたくさんのゲームを遊びたいという人は、とにもかくにも買いたい端末。
カテゴリ一覧
最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

♪みほぴょん

Author:♪みほぴょん
初代プレイステーションのゲームをより快適に遊ぶ方法の紹介と、競馬予想。

★各サイトのハンドル★
モバゲー:♪みほぴょん
GREE:♪みほぴょん
mixi:男の娘好きみほぴょん(mixiキーワード:♪みほぴょん)
Twitter:♪みほぴょん@mihopyonpyon
将棋ウォーズ:mihopyon

※SNSはROMがほとんどです。個人的なメッセージはこのブログのコメント機能でお願いします。

Amazon:♪みほぴょん
Google:debeso kerokero

※AmazonとGoogleは購入して印象に残った商品およびアプリのレビューを書いています。

ブロとも申請
ブロとも申請(友達申請)は100%許可しています。

♪みほぴょんにブロとも申請する

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
555位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
101位
アクセスランキングを見る>>
友達リスト

ロードアの場土采果

マイナーゲーム攻略サイトもどき