fc2ブログ

グランブルー攻略34 はじめてのバレンタイン

グランブルーのバレンタインイベントは、エンドレスモードという新しい形式のクエストが登場し、戦略的に面白いものになっている。イベントクエストは連戦形式で、APは1戦ごとに2消費。どこで終了させるかも戦略要素のひとつ。

イベントの目的は2つ。1つはPPをGETして報酬をGETすること。もう1つはチョコレート作りの材料を集めて、4人の女性キャラからチョコレートを受け取ることだ。

※以下は攻略wikiを加筆・編集したものを掲載


イベントクエストのバトルに勝利するとPPを獲得できる。連続でバトルに挑み勝利することでPP(プログレスポイント)獲得倍率が上昇する。

獲得できるPPの量は出現するモンスターごとに決まっていて、それに獲得倍率がかけられた数値を獲得することができる。獲得できるPPの量が出現するモンスターによって変わるということは、15戦目を勝利したときに1万PPを越えているときもあれば、そうでないときもあるということだ。

バトルに勝利するごとに「終了してPP獲得」(現在のクエストを終了してPPを獲得する)か「次のバトルへ」を選択できる。この時、次のバトルで出現する敵の種類と属性が表示される(?表示の敵はチョコレートメルヘン)ので、勝てそうにない場合は終了しよう。全滅または戦闘中に撤退した場合はPPを得ることができないので注意。

イベント期間中のPP獲得量に応じて、イベント限定武器などの報酬をGETすることができる。


グラブル167
イベントクエストで出現するチョコレートモンスターを倒してチョコレート作りの材料を集め、乙女たち(ルリア、カタリナ、イオ、ロゼッタ)に材料を渡すと…


グラブル172
手作りチョコレートを受け取ることができる。それはそうとこのシチュエーション、チョコレートを取るフリしてもみしだきたい…。


チョコレートの材料をドロップするのはチョコレートモンスターのみで、それ以外の敵は武器をドロップする。大量にドロップするN武器は、騎空団の船強化に使うと良いだろう。なお、チョコレートモンスターは全て土属性となっている。

イベントクエストは連戦になっており、出現する敵はランダム。4戦目以降に登場する敵は全て攻撃力とHPがアップした状態になっており、この状態はディスペルでも解除できない。


■難易度NORMAL~VERY HARD攻略
難易度「NORMAL」「HARD」「VERY HARD」では出現する敵が全て土属性なので、風属性キャラクターが有利。

4・9・14戦目は大型モンスター、5・10・15戦目はチョコレートモンスター、それ以外は通常モンスターが登場する。同じ敵であっても、後に登場する方が攻撃力とHPが高くなっている点に注意。

大型モンスター以外は2~3体構成がほとんどなので、全体攻撃アビリティや召喚石でHPを削ってから通常攻撃でトドメを刺すようにするとラク。14戦目の大型モンスターと15戦目のチョコレートメルヘンが強敵なので、アビリティや召喚石、奥義ゲージをそれまでに溜めておきたい。

15戦目のチョコレートメルヘンは攻撃力が高めだがHPはそれほど多くない。特殊技は全員にダメージ+魅了の「魅惑の視線」と、全員に土属性ダメージの「グランドシャワー」。15戦目までギリギリでたどり着けるくらいの戦力でまともに食らうと全滅の可能性が高い。

攻略法としては、15戦目までに奥義ゲージや召喚石を溜めておき、アビリティ等でオーバードライブさせてからフルチェインバーストでブレイクを狙う。または、チェインバーストでオーバードライブさせた後にアビリティや召喚石でブレイクを狙おう。

各難易度を1回ずつクリアしたあとはさっさとエンドレスモードに移行した方が良い。というのはNORMAL~VERY HARDまではチョコレートモンスターの出現率が低く、チョコレート作りの材料を集めるのが非常に難しいからだ。


■ENDLESS MODE攻略
新たなクエストの形式として登場した「ENDLESS MODE」。チョコレート作りの材料を集める以外に、何戦まで勝ち続けられるかという腕試し的な楽しみ方もできる。

ENDLESS MODEには全ての属性のモンスターが出現するため、弱点がない光か闇属性のキャラがオススメ。メインかサポート召喚石にキュベレーをセットできるのであれば土属性キャラでパーティを編成する手もある。なお、アンデッド状態中はキュベレーによる毎ターンHP回復もダメージ扱いになるため注意が必要だ。

ENDLESS MODEのような連戦では強化系、弱体効果系、HP回復系アビリティがあるとラク。主人公のジョブは、ウェポンマスター、スーパースター、ヴァルキュリア(槍)、ビショップ、ダークフェンサー、アルケミストがオススメ。ビショップならHPを回復できるので連戦がラクだし、ダークフェンサーだとHPの高い大型モンスターとのバトルがラクになる。EXアビリティはチョコレート作りの材料集めが目的ならトレジャーハント、それ以外ならアローレインにするといいだろう。アローレインであれば小型、大型問わずどのモンスターが相手でも活躍してくれる。


グラブル168
ENDLESS MODEは難易度NORMAL~VERY HARDに比べてチョコレートモンスターの出現率が断然高い。獲得PPの量はVERY HARDと大して変わらないので、PP目的であってもENDLESS MODEを選ぶ方が得と言える。


グラブル169
敵の出現パターンはランダムだが、5の倍数戦目ではチョコレートメルヘンが出やすい。チョコレートメルヘンは次のバトルの敵表示画面で上の画像のように「?」と表示される。獲得PPがかなり多く、チョコレート作りの材料を各種ドロップするのでなるべく倒したい。

基本PP一覧(これにPP獲得倍率をかけた値を獲得することができる)
小型3体:150
小型3体(ミミック入り):275
中型2体:375
大型1体:750
チョコレートメルヘン:1500

例えばチョコレートメルヘンが出たバトルで獲得倍率が1.4だった場合は、1500×1.4=2100となり、2100PPを獲得できる。

10の倍数戦目ごとに敵の強さが大きく上がる。30戦目以降はリスクが高い割にはPP獲得量がイマイチで割に合わないため、どこまで勝ち進めるか記録を狙っているのでもなければ適当なところで終了させた方がいいだろう。


グラブル170
本イベントで初登場となるミミックは、倒すとブーストアイテムをドロップする。バトル終了後に上記のようなブーストアイテム選択画面になり、3つの中から選択したものをその場で使用する。

ブーストアイテムのレベルはミミックの属性によって決まり、土属性がLv.1、闇属性がLv.2、光属性がLv.3となっている。ステータスアップ系は重ね掛け可能で、戦闘不能にならない限りはクエスト終了まで効果が続く(ゲームのアップデート時やクエスト途中で長時間放置すると効果が消える場合があるので注意)。

攻撃力UP:味方全員の攻撃力が上昇/攻撃力がアップすればより早く敵を倒すことができるため、結果的に被ダメージを減らせる。これが出た場合は優先的に選択しよう。
防御力UP:味方全員の防御力が上昇/30戦目以降は敵の攻撃力が高くなるためコレが必須。
最大HPUP:味方全員の最大HPが上昇/土属性パーティ向け。攻撃力アップや防御力アップが出ていればそちらを優先させよう。メインまたはサポートにキュベレーを選択している土属性パーティであれば積極的に利用しよう。
チェインバーストボーナス:チェインバーストを発動した時のダメージが上昇/使用する機会の多さを考えると、ほかを選んだほうがいい。
奥義ゲージUP:味方全員の奥義ゲージが30%UP/後半であれば、奥義使用直後に使う手もある。
回復性能UP:回復アビリティの回復量・回復上限が上昇/回復上限はLv1につき5%アップ。攻略wikiにはキュベレーとの相性がいい、と書いてあるが、実際にプレイしてみるとキュベレーによる毎ターンのHP回復の割合は最大HPに応じて変化するように感じる。よってキュベレーセット時の土属性パーティであれば、回復性能UPより最大HPUPを重視したほうがいいだろう。
アビリティ使用間隔短縮:味方全員のアビリティ使用間隔を5ターン短縮/ほかを選んだほうがいい。
HP回復:味方全員のHPを30%回復/HPが減っていて、回復アビリティが使えない状況であれば使う手もある。


■要注意モンスター
グラブル171
共闘クエストの敵も出現するが、弱体効果耐性や攻撃力が共闘クエストとは違う。

●ゾンビ:闇
フィアータッチ(アンデッド)
1ターン目に特殊行動でフィアータッチを使う。

●テラーモス:闇
ゾンビパウダー(アビリティ封印+アンデッド)、黒粉(毒)
1ターン目に特殊行動でゾンビパウダーを使うため、出現したら最優先で確実に倒すこと。

●血啜りのブルネラ:闇
吸血(単体に闇属性ダメージ+HP吸収)、怪音波(全員に闇属性ダメージ)
1ターン目に特殊行動の「吸血」を使う。共闘4-3の同名モンスターと比べると回復量は低いものの、通常攻撃の攻撃力が強く、チャージターンが1つなので2ターン目にくる特殊技の「怪音波」も危険。:50戦目ともなると、ミゼラブルミストをかけている状態で闇属性キャラが通常攻撃、怪音波ともに1万5000程度のダメージを食らう。

●エンシェントゲイザー:光
凝視(全員にダメージ+3ターン奥義封印+3ターンアビリティ封印)
1ターン目に特殊行動で「凝視」を使う。攻撃力はやや高い程度だが高確率のダブルアタックが厄介。HPも多いのでチェインバーストで倒したい。

●アバドン:光
自己再生(毎ターンHP回復)、ギガスラッシュ(単体に光属性ダメージ+アビリティ封印)、クワドラプルサイズ(ランダムに複数回攻撃+自分の弱体効果耐性ダウン)
共闘EXと違い弱体効果耐性が低いため、「クワドラプルサイズ」を使わせる必要は無い。HPが50%以下になると特殊行動で「自己再生」を使う。10戦目ぐらいから通常攻撃のダブルアタック率、20戦目後半ぐらいからトリプルアタック率が大幅に上昇。

●ウルカヌ:火
叩きつけ(ランダムに3回攻撃)、ブレス(全員に火属性ダメージ)、クリムゾンローチン(単体に火属性ダメージ+絶命)、カウンターブレス(強化効果消去)
共闘EXの同名モンスターとステータス以外の違いはない。ブレスは壊滅級の威力。

●シーエンプレス:水
ホワイトダイヴ(ランダムに複数回水属性ダメージ)、ブルーセイバー(全員に水属性ダメージ)
通常攻撃がランダム複数回攻撃(最大で10回程度)。後半になると一発の威力が4ケタになるため極めて危険。

●シルフィードベル:風
胞子(全員にダメージ+4ターン睡眠)、胞子(全員にダメージ+攻撃力ダウン)
1ターン目に特殊行動の「胞子」を使う。さらにチャージターンが1しかないため、2ターン目に特殊技の「胞子」がくる。
1ターン目の特殊行動の胞子は威力は低い(後半でも3ケタ台)が睡眠効果がある。特殊技の胞子は睡眠効果はないが攻撃力が高く、後半はHPが満タンで睡眠状態でなくとも一発で戦闘不能にされるほど。弱体効果回復アビリティを持つキャラが睡眠になるとイッキに全滅させられる可能性がある(38戦目で睡眠状態の光属性キャラが胞子で1万以上のダメージ)。

●スリーピィ:土
攻略wikiでは要注意モンスターには挙げられていないが、1ターン目に特殊行動の「胞子」(全員に土属性ダメージ+5ターン睡眠)を使ってくるため出現した場合は優先して倒すこと。

●人喰い花:土
悪臭(全員にダメージ+5ターン奥義封印+5ターンアビリティ封印+5ターン腐敗+5ターンアンデッド)、大軍蜂の突撃(ランダムに複数回攻撃)
1ターン目に特殊行動で「悪臭」を使う。特殊行動の悪臭はダメージは低いものの弱体効果が凶悪。特殊技の方の「悪臭」は威力が高く、40戦目で1万以上のダメージ。弱体効果無効アビリティを持ったキャラがいない場合は奥義や攻撃アビリティを使ってでも1ターン目で確実に倒してしまいたい。なお、「悪臭」のように複数の弱体効果を持つ特殊攻撃を食らった場合、弱体効果の成功判定は1つの弱体効果ごとに行われる。

●ヒトミダケ:土
胞子(全員に土属性ダメージ+1ターン麻痺)
1ターン目に特殊行動で「胞子」を使ってくるが、麻痺の効果はわずか1ターンなのでそこまで危険な敵ではない。

●旧式ゴーレム:土
グラヴィティスタンプ(全員に土属性ダメージ)
通常攻撃の威力が大きく、ダブルアタック率およびトリプルアタック率が高い。オーバードライブ技の全体攻撃は更に高威力なため壊滅は避けられない(30戦目で約1万3000ダメージ)。

●エンシェントドラゴン:土
噛みつき(防御力ダウン)、ドラゴンブレス(全員に土属性ダメージ)、ドラゴニックスペル(全員に土属性ダメージ+攻撃力ダウン)
10戦目で約30万、20戦目で約150万と圧倒的なHPを誇り、攻撃力も高い。50戦目だとマグナ並のHPと即死クラスの攻撃力になるのでクエスト終了が無難。


■チョコレートモンスター

●ブロックチョコ
特殊技はロケットパンチ(単体攻撃)とコンボ(複数回攻撃)の2種類。

●チョコポーチ
特殊技はヘッドバット(単体攻撃)とストロングタン(複数回攻撃)の2種類。

●チョコレートメルヘン
通常時特殊技の「メルト」はランダムに2回火属性ダメージ。オーバードライブ技は2種類で、「魅惑の視線」は全員にダメージ+全員に魅了。「グランドシェイカー」は全員に土属性ダメージ。獲得PPが高く、各種チョコレート作りの材料をドロップする。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

キーワードでブログ内を検索
「イメージ化」「向かい飛車」「有馬記念」など、当ブログで見たい記事の単語を入力して下の検索ボタンをクリックしてください。
ディスプレイが大きくテレビゲーム機のモニターとしても使用可能
■富士通 FMV LIFEBOOK NH90/D2 2019年発売。以前使っていたPCが壊れたのでコレに買い替えたのだが、まず電源を入れた時の起動の速さ(10秒程度)に驚かされる。液晶ディスプレイは17.3インチと大きく、HDMI入力端子がついているためPS3などのテレビゲーム機のモニターとしても使用可能なのが嬉しい。CPUはCore i7、メモリは8GB(最大32GB)、ストレージ容量はSSD 256GB+HDD 1TB、Microsoft Office 2019あり。発売当時のノートPCの中では最上級のスペックで、エロゲとブラウザと文書作成がメインの人間には充分すぎる。欠点はファンの音がうるさいことくらいで、エロゲや映画を楽しむときはイヤホンを使えば問題ない。私が買ったのは2019年12月で、その時は税込み20万円だった。2021年2月現在でAmazonでは16万4360円。オススメ。
PS2やPS1を実機でプレイしている人には超オススメ
■POUND PS2 & PS1 専用 HDMI変換コンバータ HD LINK CABLE  PS2とPS1に対応しているHDMI変換コンバータ。PS2とPS1本体は480pのRGB信号で映像を出力している(PS1は240pで表示されているゲームがほとんど)のだが、これを720pにアップコンバートしてHDMIに変換出力する。従来のコンポジットAVケーブルに比べると画質は格段によくなるが、PS1ソフトの画質においてはPS3のアップコンバートに劣る。ただし、PS1やPS2専用の特殊コントローラーを使える点ではPS2の方が優れており、PS2やPS1を実機でプレイしている人にはぜひオススメしたい。
バッテリー交換可能なので携帯ゲーム機として
■GALAXY Note 3 SC-01F  2013年10月17日発売。スマホで使う機能が通話、メール、ブラウザ、Youtube、ePSXeくらいという人には非常にオススメ。携帯電話としてではなく携帯PS1エミュレータとして使うのもいい。「バッテリーが自分で交換可能」なのが非常に大きく、私は2014年10月に購入して以来、バッテリー交換しながら7年以上経った今でも使い続けている。アップデートでOSをAndroid5.0にできるので、SDカードに書き込みもできるのも○。コレを買うなら予備のバッテリーもいくつか一緒に買うことをすすめる。PS1エミュレータ用に買うなら、端末のストレージが32GBしかないので64GBのSDカードもぜひ買っておきたい。
値下がりして充分な高性能だが…
■Galaxy Note8 SC-01K  2017年10月26日発売。ディスプレイは6.3インチで、GALAXY Note 3と比べてタテに18mmほど長くなった。ブラウザやメールを使う場合には断然見やすく使いやすい。CPUはSnapdragon 835、ストレージ64GB、メモリ6GB。一般的な使い方をするぶんには充分過ぎるスペックであり、「グランブルーファンタジー」「オルタナティブガールズ2」といったゲームを最高画質設定にしても快適にプレイできる。ただし「バッテリー交換ができない」ため、発売時期を考えると今後長く使っていけるという点においてはGalaxy Note3に劣る。
ステレオスピーカーと本体ストレージ512GBは大きな魅力
■Samsung Galaxy Note 9 2018年10月発売。まだ実際に購入していないのでWebサイトでスペックを見ての想像だけで書いているが、Note8に比べてディスプレイがさらに大きく(6.4インチ)、メモリー8GB、ステレオスピーカー搭載、SペンにBluetooth機能がついたりと全ての部分で上位機種となっている。特にスゴいのが本体ストレージ512GB。最大512GBのmicroSDカード対応で、最大で合計1TBのストレージを利用することができるのは大きな魅力。スマホでたくさんのゲームを遊びたいという人は、とにもかくにも買いたい端末。
カテゴリ一覧
最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

♪みほぴょん

Author:♪みほぴょん
初代プレイステーションのゲームをより快適に遊ぶ方法の紹介と、競馬予想。

★各サイトのハンドル★
モバゲー:♪みほぴょん
GREE:♪みほぴょん
mixi:男の娘好きみほぴょん(mixiキーワード:♪みほぴょん)
Twitter:♪みほぴょん@mihopyonpyon
将棋ウォーズ:mihopyon

※SNSはROMがほとんどです。個人的なメッセージはこのブログのコメント機能でお願いします。

Amazon:♪みほぴょん
Google:debeso kerokero

※AmazonとGoogleは購入して印象に残った商品およびアプリのレビューを書いています。

ブロとも申請
ブロとも申請(友達申請)は100%許可しています。

♪みほぴょんにブロとも申請する

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
555位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
101位
アクセスランキングを見る>>
友達リスト

ロードアの場土采果

マイナーゲーム攻略サイトもどき