fc2ブログ

グランブルー攻略03 戦闘システムと育成について

●召喚石
編成でメインに装備している召喚石からは、「加護」と呼ばれる効果を得ることができる。また、クエスト開始前にサポートでフレンドの星晶獣を選択した場合も、「加護」の効果を得られる。

加護の効果はクエスト中ずっと続くので、特にメインの召喚石をどれにするかはよく考えて決めよう。


●アビリティのプラス(+)について
キャラクターのレベルを上げて行くとアビリティに+が付き、性能アップ、発動ターン短縮、効果ターン増加などの効果を得ることができる。


●トレジャーハント
「トレジャーハント」は敵のアイテムドロップ率をアップするアビリティ。特にイベントボス戦では戦力に余裕があればセットしておくと最終的に嬉しい結果になるハズ。


●武器
各武器には「奥義」があり、また一部の武器には「スキル」がついている。
スキルの発動条件は各キャラクターの属性(主人公はメイン武器の属性と同じもの)が一致すること。主人公はメイン武器1個とサブ武器9個の合計10個まで装備できるので、武器はパーティメンバーの属性にあわせて選ぶようにしたい。スキルはサブ武器も含めて発動するので、最大10個までスキル効果を得ることができるぞ。


●パーティ
パーティはA~Eの5つまで編成できる。それぞれのパーティで主人公のジョブや装備なども変えられるので便利だ。戦闘前の準備段階における戦略要素が大きい本作では重要なシステムであるといえる。


●JP
新しいジョブを獲得するために必要なJPの入手方法は、「ランクアップ時に30P獲得できる」「各種イベントの報酬としてもらえる」の2つ。


●ジョブ
本作は各種ジョブで習得できるアビリティを使った戦術がバトルに大きく関わっている。ジョブを習得するためにはJPが必要だ。本作においてJPは入手手段が限られた貴重なポイントであり、したがってどのジョブから習得するかはよく考えて選ぶようにしたい。

アビリティは各ジョブ固有のものと、他のジョブにも装備できるEXアビリティ、それからそのジョブにチェンジしている間効果が続くサポートアビリティの3種類がある。ここでは各種ジョブで習得できるアビリティを紹介する。

①ファイター系
ファイター:ウェポンバースト、レイジ、アサルトステップ
ウォーリア:ウェポンバースト、レイジⅡ、アーマーブレイク、アサルトステップ
ウェポンマスター:ウェポンバーストⅡ、ランページ、レイジⅢ、アサルトステップ、タフネス

ファイター系は基本的な攻撃力が高く、レイジの攻撃力アップで全体的なダメージがアップするので単純に使いやすいのが特徴と言える。


②ナイト系
ナイト:ファランクス、ドライブバースト、大盾
フォートレス:ファランクス、ドライブバーストⅡ、センチュリオン、大盾
ホーリーセイバー:ファランクスⅡ、ドライブバーストⅢ、かばう、大盾、イージスブーン

「ファランクス」でパーティ全員の被ダメージをカットすることができる。ボス戦などで敵のチャージターンがMAXになったとき、次のターンで倒せそうにない場合に使って技のダメージを抑えるのが基本的な使い方だ。


③プリースト系
プリースト:ヒールオール、オーラ、慈悲
クレリック:ヒールオール、クリアオール、シャイニング、慈悲
ビショップ:ヒールオールⅡ、ディスペル、リヴァイヴ、慈悲、救済の光

プリースト系はヒールオールで味方全員のHPを回復することができる。メインストーリーキャラでHP回復のアビリティを持っているのはカタリナとイオだけなので、それ以外のメンバーでパーティを組む場合、このジョブで主人公を回復役にするという選択肢も出てくるだろう。


④ウィザード系
ウィザード:エーテルブラスト、ファイア、精霊の加護
ソーサラー:エーテルブラスト、アイス、ブラインド、精霊の加護
ハーミット:エーテルブラストⅡ、ヴェノム、フォーカス、精霊の加護、魔力の奔流

ソーサラーのEXアビリティ「ブラインド」は敵を暗闇状態にするもので、ボス戦で成功すれば被ダメージを大きく減らすことができる。弱体化系アビリティはブラインドに関わらず失敗することもあるので絶対ではないのだが、成功すればかなり優位に戦闘をすすめることができる。
ハーミットの固有アビリティ「エーテルブラストⅡ」は敵全体に自属性3~4倍ダメージで、ボス、通常モンスター問わず非常に使いやすい。フォーカス→エーテルブラストⅡの順で使えばより大ダメージが見込める。


⑤シーフ系
シーフ:ブレイクアサシン、トレジャーハント、おたから狙い
レイダー:ブレイクアサシン、トレジャーハントⅡ、トリックステップ、おたから狙い
ホークアイ:ブレイクアサシンⅡ、トレジャーハントⅢ、デッドリーエイム、おたから狙い、ラピッドショット

ブレイク状態の敵に対して攻撃力大幅アップの「ブレイクアサシン」で大ダメージが期待できる。トレジャーハントのアイテムドロップも魅力。


⑥エンハンサー系
エンハンサー:ディレイ、エレメンタルフォース、サボタージ
アルカナソード:ディレイ、エレメンタルフォースⅡ、クイック、サボタージ
ダークフェンサー:ディレイⅡ、ミゼラブルミスト、グラビティ、クイック、サボタージ、ヘイスティアクション

アルカナソードのEXアビリティ「エレメンタルフォースⅡ」はパーティ全員のアビリティ攻撃ダメージをアップさせることができる。パーティメンバーが攻撃系アビリティを多く持っているのであれば、全体的なダメージアップが見込める。
ダークフェンサーのミゼラブルミストは敵全体の攻撃力&防御力を高確率でダウンさせられるので、HPの高いボス戦で特に有効だ。またディレイやグラビティでチャージターンをある程度調節できるので、ソロバトルにおいては最も安定したジョブと言える。ゲームを始めたばかりでどのジョブを選んだらいいのかわからないという人は、ダークフェンサー習得を当面の目標にしたらいいのではないだろうか。


⑦グラップラー系
グラップラー:カウンター、捨身の型、虎襲の構え
クンフー:カウンター、捨身の型Ⅱ、内功、虎襲の構え
オーガ:カウンターⅡ、闘気、羅喉阿修羅陣、虎襲の構え、武神の極意

固有アビリティの「カウンター」は敵の通常攻撃に対してダメージ無効にしつつ反撃できるという特殊な技だ。ホーリーセイバーのEXアビリティ「かばう」と併用するとより効果的。
EXアビリティ「捨身の型」は自分の攻撃力アップ&防御力ダウンの効果があり、他のアビリティと併用することで大きな効果を期待できる。例えばブレイクアサシンと併用して奥義を使えば、単体攻撃としては最大ダメージを与えられるのだ。


⑧レンジャー系
レンジャー:ライトウェイト、アローレイン、精密射撃
マークスマン:ライトウェイト、アローレインⅡ、ハードライン、精密射撃
サイドワインダー:ライトウェイトⅡ、アローレインⅢ、キルストリーク、精密射撃、ターゲッティング

敵全体を攻撃できるEXアビリティ「アローレイン」は通常戦闘向けの技だが、攻撃力ダウンの効果もある。弱体化の成功率が高いダークフェンサーにセットすればボス戦でも活躍する。ハードラインやキルストリークは、弱体化効果が多発するマルチバトルで有効だ。


⑨ハーピスト系
ハーピスト:オーヴァチュア、チャームボイス、カンタービレ
ミンストレル:オーヴァチュア、チャームボイスⅡ、ミンストレルソング、カンタービレ
スーパースター:オーヴァチュアⅡ、ソウルピルファー、ソング・オブ・グランデ、カンタービレ、アパッショナート


⑩ランサー系
ランサー:リードドライブ、デュアルインパルス、ヴォリショナル
ドラグーン:リードドライブ、デュアルインパルスⅡ、パイルリベレーション、ヴォリショナル


●上限解放
キャラクターや武器、召喚石は上限解放することでレベルの上限をアップさせられる。上限解放せずにレベルMAXのままだとそれ以上成長させられないので、上限解放の条件を満たしたらなるべく早く上限解放するようにしたい。

キャラクターの上限解放に必要な素材は基本的に火曜日~金曜日に行われているエクストラクエストで入手できる。
火曜クエストで宝珠、水曜クエストで書と巻とジーン、木曜クエストで星晶石の破片・欠片・塊と虹晶石、金曜クエストで鱗をそれぞれ入手できるぞ。

SR以上のキャラの上限解放に必要なアニマとマグナアニマは、それぞれの島にいる大星晶獣から、証は各種イベントで入手できる。


●武器や星晶獣の+について
+1につき、HPは1、攻撃力は5ずつその武器、星晶獣に加算されている。
強化素材に使うとベースの武器に+が移行し、+の数は加算されていくので、+がついた武器が複数ある場合はレアリティの高い強い武器や星晶獣にまとめるのが効果的だ。

キャラ強化時に+付きの武器を使うと+付きのキャラが出来る(キャラの場合は+1でHP1、攻撃力3)が、オススメできない。全ての武器が+99で、他に成長させる武器がない場合の最終手段と考えていいだろう。


●エンジェルシリーズ、アークエンジェルシリーズについて
時限クエストやイベントボス、イベントガチャなどで入手できるエンジェルシリーズやアークエンジェルシリーズは合成用のアイテム。

それぞれ武器や召喚石に強化合成することで多くの経験値を獲得できる。なお、武器は同じ種類(剣同士など)を選択すると、召喚石は同じ属性を選択すると1.5倍の経験値を得ることができる。


●星晶獣「グラニ」と「バハムート」について
「グラニ」と「バハムート」は効果的に使うには特殊な使い方を必要とする星晶獣だ。

グラニは、

・グラニを持っているフレンドをサポートに選ぶ
・アサルトタイム中
・フルチェインを発動

が条件。

通常攻撃の属性攻撃力アップが無いため他のマルチバトル参加者よりも攻撃力が低くなり、フルチェインさせる前に他の参加者に討伐される可能性があるのが難点。また自分のパーティが充分に育っていないと、フルチェインまで成功したとしても他の参加者よりもダメージを与えられずMVPが取れない場合もある。


バハムートは、闇属性攻撃力100%アップという、全召喚獣中最強の加護を持つ。

この特性を生かし、

・闇属性のキャラクターでパーティを編成する
・バハムートを持っているフレンドをサポートに選択する

のがポイント。

光と闇は弱点属性が無いため敵の属性に左右されず、非常に強力。ただし闇属性のキャラクターは他の属性と比べて数が少なく、集めるのが難しい。条件がそろえば本作最強のパーティだと言える。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

キーワードでブログ内を検索
「イメージ化」「向かい飛車」「有馬記念」など、当ブログで見たい記事の単語を入力して下の検索ボタンをクリックしてください。
ディスプレイが大きくテレビゲーム機のモニターとしても使用可能
■富士通 FMV LIFEBOOK NH90/D2 2019年発売。以前使っていたPCが壊れたのでコレに買い替えたのだが、まず電源を入れた時の起動の速さ(10秒程度)に驚かされる。液晶ディスプレイは17.3インチと大きく、HDMI入力端子がついているためPS3などのテレビゲーム機のモニターとしても使用可能なのが嬉しい。CPUはCore i7、メモリは8GB(最大32GB)、ストレージ容量はSSD 256GB+HDD 1TB、Microsoft Office 2019あり。発売当時のノートPCの中では最上級のスペックで、エロゲとブラウザと文書作成がメインの人間には充分すぎる。欠点はファンの音がうるさいことくらいで、エロゲや映画を楽しむときはイヤホンを使えば問題ない。私が買ったのは2019年12月で、その時は税込み20万円だった。2021年2月現在でAmazonでは16万4360円。オススメ。
PS2やPS1を実機でプレイしている人には超オススメ
■POUND PS2 & PS1 専用 HDMI変換コンバータ HD LINK CABLE  PS2とPS1に対応しているHDMI変換コンバータ。PS2とPS1本体は480pのRGB信号で映像を出力している(PS1は240pで表示されているゲームがほとんど)のだが、これを720pにアップコンバートしてHDMIに変換出力する。従来のコンポジットAVケーブルに比べると画質は格段によくなるが、PS1ソフトの画質においてはPS3のアップコンバートに劣る。ただし、PS1やPS2専用の特殊コントローラーを使える点ではPS2の方が優れており、PS2やPS1を実機でプレイしている人にはぜひオススメしたい。
バッテリー交換可能なので携帯ゲーム機として
■GALAXY Note 3 SC-01F  2013年10月17日発売。スマホで使う機能が通話、メール、ブラウザ、Youtube、ePSXeくらいという人には非常にオススメ。携帯電話としてではなく携帯PS1エミュレータとして使うのもいい。「バッテリーが自分で交換可能」なのが非常に大きく、私は2014年10月に購入して以来、バッテリー交換しながら7年以上経った今でも使い続けている。アップデートでOSをAndroid5.0にできるので、SDカードに書き込みもできるのも○。コレを買うなら予備のバッテリーもいくつか一緒に買うことをすすめる。PS1エミュレータ用に買うなら、端末のストレージが32GBしかないので64GBのSDカードもぜひ買っておきたい。
値下がりして充分な高性能だが…
■Galaxy Note8 SC-01K  2017年10月26日発売。ディスプレイは6.3インチで、GALAXY Note 3と比べてタテに18mmほど長くなった。ブラウザやメールを使う場合には断然見やすく使いやすい。CPUはSnapdragon 835、ストレージ64GB、メモリ6GB。一般的な使い方をするぶんには充分過ぎるスペックであり、「グランブルーファンタジー」「オルタナティブガールズ2」といったゲームを最高画質設定にしても快適にプレイできる。ただし「バッテリー交換ができない」ため、発売時期を考えると今後長く使っていけるという点においてはGalaxy Note3に劣る。
ステレオスピーカーと本体ストレージ512GBは大きな魅力
■Samsung Galaxy Note 9 2018年10月発売。まだ実際に購入していないのでWebサイトでスペックを見ての想像だけで書いているが、Note8に比べてディスプレイがさらに大きく(6.4インチ)、メモリー8GB、ステレオスピーカー搭載、SペンにBluetooth機能がついたりと全ての部分で上位機種となっている。特にスゴいのが本体ストレージ512GB。最大512GBのmicroSDカード対応で、最大で合計1TBのストレージを利用することができるのは大きな魅力。スマホでたくさんのゲームを遊びたいという人は、とにもかくにも買いたい端末。
カテゴリ一覧
最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

♪みほぴょん

Author:♪みほぴょん
初代プレイステーションのゲームをより快適に遊ぶ方法の紹介と、競馬予想。

★各サイトのハンドル★
モバゲー:♪みほぴょん
GREE:♪みほぴょん
mixi:男の娘好きみほぴょん(mixiキーワード:♪みほぴょん)
Twitter:♪みほぴょん@mihopyonpyon
将棋ウォーズ:mihopyon

※SNSはROMがほとんどです。個人的なメッセージはこのブログのコメント機能でお願いします。

Amazon:♪みほぴょん
Google:debeso kerokero

※AmazonとGoogleは購入して印象に残った商品およびアプリのレビューを書いています。

ブロとも申請
ブロとも申請(友達申請)は100%許可しています。

♪みほぴょんにブロとも申請する

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
555位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
101位
アクセスランキングを見る>>
友達リスト

ロードアの場土采果

マイナーゲーム攻略サイトもどき