fc2ブログ

スマートフォンは最強のゲーム機だ

新聞記事によると、任天堂の2014年3月期連結決算は、営業利益が464億円の赤字らしい。


スマホ01
私は子供の頃からいろんなゲーム機を買ってきたが、置き場所というか保管場所にいつも悩まされている。

ゲーム機本体は数年おきに複数のゲーム会社から新しいものが登場し、一部をのぞいて古いゲーム機のソフトは新しい本体では遊べない。

そのため、今まで買ったゲームをいつでも遊べるようにするには古いゲーム機本体も持っていなくてはならず、これがまたえらく場所をとるのである。

ゲームソフトもまた同様に、何百本、何千本と増えてくると保管場所に困る。

友人とゲームで遊ぶときも問題がある。これだけ多くのゲーム機があると、自分は持っているが友だちは持っていないというゲーム機も当然でてくる。

友だちの家で遊びたいゲームソフトを自分が持っているとしよう。だがその友だちの家にはそのゲームを遊ぶための本体がない。この場合、遊ぶためにはゲーム機本体も一緒に持っていかなければならないので荷物が大変である。私は学生時代にネオジオを買ったのだが、当時ネオジオを持っていたのが私の周りでは私だけだったので、友人宅で対戦しようというときは毎回持ち運びにえらく苦労した。


スマホ02
据え置き型ゲームの場合、ゲームを遊ぶためにはゲーム機本体の他に「ディスプレイ」、「ゲームソフト」「コントローラー」が必要だ。


スマホ03
携帯ゲームならディスプレイは要らないが、ゲームソフトは必要。


ソニーや任天堂、マイクロソフトは今後も新しいゲーム機を出すのだろうが、それがゲーム業界に好影響になるとはあまり思えない。というのも、オンライン対戦やリアルな3DCGなどといった、それまでのゲーム機が持っていた伸びしろは、PS3やXbox360でもう完成の域に達していると思うのだ。

これ以上グラフィック性能を上げたところでさほど驚きはないし、ゲームメーカーの開発費が増えるだけではないのか…??


そこで私が大いに期待しているのがスマートフォン(以下スマホ)なのである。スマホは携帯電話でありながら、PCと同等のインターネットブラウジング、音楽や動画のプレイヤー、テレビ、カメラなど多彩な機能を備えている。それでいてゲーム機としても充分なスペックを備え、圧倒的にコンパクトなのだ。

私は、ファミコン時代から続いているゲーム機戦争に終止符を打つのはスマホだとマジメに思っている。

ゲーム機として見た場合のスマホの特徴を挙げていくと…


まず場所をとらないことがひとつ。スマホは一部の機種をのぞき、薄い板のような形状をしている。ニンテンドーDSやPSPなどと違ってゲームソフトを入れる部分もないし、方向キーなどのハードキーもない。従来のゲーム機でいう「本体」「ソフト」「ディスプレイ」が全てスマホという薄い板に収まっているのだ。スマホだけなら余裕でポケット内に収まる。いつもは携帯電話として当たり前のように持ち歩いているから気づきにくいが、ニンテンドーDSやPSPといったゲーム専用の携帯ゲーム機と比べても、このコンパクトさ、省スペースっぷりは大きな強みだと思う。


次に、多くの人が持っていて、実質的な種類が少なく、友人と同じゲームを楽しめること。

端末がほぼ完全に下位互換で、新しい端末を買ってもそれまで買ったゲームを今まで通り遊べること。ファミコン時代から、「俺、ファミコン」「私はPCエンジン」「ボクはメガドライブ」「ネオジオ買ったの俺だけ?」と、いろんなゲーム機があり、それぞれでユーザーがわかれてしまっていた。さらに、スーファミではファミコンのソフトは遊べないから、スーファミもファミコンも遊びたければ2つのゲーム機を持っている必要があった。これがスマホだと、実質AndroidとiPhoneの2機種で、上位機種(最新のバージョンのOS)はほぼ完全に下位機種のゲームをプレイ可能。これもなにげないことだがスゴいことなのだ。テレビゲーム機に例えると、スーファミはファミコンとスーファミのゲーム両方を遊べて、ニンテンドー64は64とスーファミとファミコンのゲームを遊べて、ゲームキューブは…といった感じ。


そして、遊びたいゲームがあればインターネット上からすぐにダウンロードしてその場でプレイできること。友だちがプレイしているゲームを横から見て、「それ何てゲーム? 俺もやってみたい」というような会話はよくあると思うのだが、スマホなら友だちからタイトル名を教えてもらいさえすれば、あとはGoogle playなどで検索してダウンロードし、すぐに遊ぶことができるのだ。


それ以外だと、


・画面が大きくて解像度が高く、キレイ
PSVitaが5インチ960×544。私が2年使っているL-06Dが5インチで767×1023。この記事を書いている現在の最上位機種のひとつGALAXY Note3は5.7インチで1080×1920。

・タッチスクリーンとモーションセンサーでゲームに応じた操作が可能

・オンラインでのプレイが可能


というように、現在の最新携帯ゲーム機が持っている機能はほぼ備えていることが挙げられる。

さらに、


スマホ04
・ソフトが全てインターネット上からのダウンロードのみなので、ソフトを作りすぎて在庫過剰になったり、売り切れになったりする心配が全くない。またゲームメーカーの製作したゲームであっても、スマホのゲームアプリはゲーム機のソフトに比べて圧倒的に安いので、ユーザーが気軽に購入できる


・従来のゲーム機のように、ゲームソフトの中古販売によるメーカー収入減の心配がない


スマホ05
・インターネット通信を使って簡単にアップデートできるので、ソフトに不具合があってもアップデートで修正できる


といった強みもある。

長々と書いたが、セガやスクウェアエニックスやカプコンやコナミみたいに、任天堂もスマホで本格的にゲームを配信して欲しい。これまでのゲーム機ではありえなかった、同じプラットフォームで全てのゲームメーカーがゲームを製作および配信するという夢のような話も、スマホなら実現する可能性充分だと思う。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

キーワードでブログ内を検索
「イメージ化」「向かい飛車」「有馬記念」など、当ブログで見たい記事の単語を入力して下の検索ボタンをクリックしてください。
ディスプレイが大きくテレビゲーム機のモニターとしても使用可能
■富士通 FMV LIFEBOOK NH90/D2 2019年発売。以前使っていたPCが壊れたのでコレに買い替えたのだが、まず電源を入れた時の起動の速さ(10秒程度)に驚かされる。液晶ディスプレイは17.3インチと大きく、HDMI入力端子がついているためPS3などのテレビゲーム機のモニターとしても使用可能なのが嬉しい。CPUはCore i7、メモリは8GB(最大32GB)、ストレージ容量はSSD 256GB+HDD 1TB、Microsoft Office 2019あり。発売当時のノートPCの中では最上級のスペックで、エロゲとブラウザと文書作成がメインの人間には充分すぎる。欠点はファンの音がうるさいことくらいで、エロゲや映画を楽しむときはイヤホンを使えば問題ない。私が買ったのは2019年12月で、その時は税込み20万円だった。2021年2月現在でAmazonでは16万4360円。オススメ。
PS2やPS1を実機でプレイしている人には超オススメ
■POUND PS2 & PS1 専用 HDMI変換コンバータ HD LINK CABLE  PS2とPS1に対応しているHDMI変換コンバータ。PS2とPS1本体は480pのRGB信号で映像を出力している(PS1は240pで表示されているゲームがほとんど)のだが、これを720pにアップコンバートしてHDMIに変換出力する。従来のコンポジットAVケーブルに比べると画質は格段によくなるが、PS1ソフトの画質においてはPS3のアップコンバートに劣る。ただし、PS1やPS2専用の特殊コントローラーを使える点ではPS2の方が優れており、PS2やPS1を実機でプレイしている人にはぜひオススメしたい。
バッテリー交換可能なので携帯ゲーム機として
■GALAXY Note 3 SC-01F  2013年10月17日発売。スマホで使う機能が通話、メール、ブラウザ、Youtube、ePSXeくらいという人には非常にオススメ。携帯電話としてではなく携帯PS1エミュレータとして使うのもいい。「バッテリーが自分で交換可能」なのが非常に大きく、私は2014年10月に購入して以来、バッテリー交換しながら7年以上経った今でも使い続けている。アップデートでOSをAndroid5.0にできるので、SDカードに書き込みもできるのも○。コレを買うなら予備のバッテリーもいくつか一緒に買うことをすすめる。PS1エミュレータ用に買うなら、端末のストレージが32GBしかないので64GBのSDカードもぜひ買っておきたい。
値下がりして充分な高性能だが…
■Galaxy Note8 SC-01K  2017年10月26日発売。ディスプレイは6.3インチで、GALAXY Note 3と比べてタテに18mmほど長くなった。ブラウザやメールを使う場合には断然見やすく使いやすい。CPUはSnapdragon 835、ストレージ64GB、メモリ6GB。一般的な使い方をするぶんには充分過ぎるスペックであり、「グランブルーファンタジー」「オルタナティブガールズ2」といったゲームを最高画質設定にしても快適にプレイできる。ただし「バッテリー交換ができない」ため、発売時期を考えると今後長く使っていけるという点においてはGalaxy Note3に劣る。
ステレオスピーカーと本体ストレージ512GBは大きな魅力
■Samsung Galaxy Note 9 2018年10月発売。まだ実際に購入していないのでWebサイトでスペックを見ての想像だけで書いているが、Note8に比べてディスプレイがさらに大きく(6.4インチ)、メモリー8GB、ステレオスピーカー搭載、SペンにBluetooth機能がついたりと全ての部分で上位機種となっている。特にスゴいのが本体ストレージ512GB。最大512GBのmicroSDカード対応で、最大で合計1TBのストレージを利用することができるのは大きな魅力。スマホでたくさんのゲームを遊びたいという人は、とにもかくにも買いたい端末。
カテゴリ一覧
最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

♪みほぴょん

Author:♪みほぴょん
初代プレイステーションのゲームをより快適に遊ぶ方法の紹介と、競馬予想。

★各サイトのハンドル★
モバゲー:♪みほぴょん
GREE:♪みほぴょん
mixi:男の娘好きみほぴょん(mixiキーワード:♪みほぴょん)
Twitter:♪みほぴょん@mihopyonpyon
将棋ウォーズ:mihopyon

※SNSはROMがほとんどです。個人的なメッセージはこのブログのコメント機能でお願いします。

Amazon:♪みほぴょん
Google:debeso kerokero

※AmazonとGoogleは購入して印象に残った商品およびアプリのレビューを書いています。

ブロとも申請
ブロとも申請(友達申請)は100%許可しています。

♪みほぴょんにブロとも申請する

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
570位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
98位
アクセスランキングを見る>>
友達リスト

ロードアの場土采果

マイナーゲーム攻略サイトもどき