FC2ブログ

GPU Pluginを使用して高画質でゲームを楽しむ

Android版ePSXeは、GPU Pluginを使用することで画質を飛躍的に向上させることができる。

やり方は非常に簡単なので、まだの人はプラグインをダウンロードしてぜひとも違いを確かめて欲しい。


openglplugin01
まずAndroid版ePSXeの公式サイト(ePSXe for Android Website)を開き、左上のフローチャートみたいな絵が描いてあるボタンをタップ。

画面左側に6個のリンクが表示されるので、「Configuration」をタップ。次に画面右側、「Configure & Tunning options」の中から「Screen and Video configuration」の「Continue Reading(続きを読む)」をタップ。


openglplugin02
画面右側に書いてある

•http://www.epsxe.com/files/libopenglplugin.so

のURLをコピーしてそのページを開くと、Androidなら自動的にGPU Pluginのダウンロードが始まる。Windowsの場合は「保存する」を選んで保存しよう。


openglplugin03
ダウンロードが完了したら「ELECOM File Manager」などのファイル管理アプリを使って、ダウンロードしたGPU PluginをePSXeの指定フォルダの中に移動させる。

あとはePSXeを起動してPreferences(設定)でGPU Pluginのパスを指定し、Video Rendererで好みのものを選ぼう。


■Software
openglplugin04
Video RendererでSoftware(またはHardwareのVideo Filtering無効)を選択すると、PS3とデジタルテレビをHDMI接続したときのようなクッキリしたグラフィックになる。

Softwareだとソフトキー表示も簡易化され、ゲーム画面の一部のグラフィック効果が無効化される。低スペックの端末向けだと言える。Hardwareならグラフィック効果は実機同様に描画されるぞ。


ePSXe008
Video RendererをHardwareにしてVideo Filteringを有効にするとボカしたようなグラフィックになる。ドットが見えるのがイヤなら有効にするといい。


■OpenGL
openglplugin05
プラグインを導入してOpenGLを選択すると、PC版ePSXeのOpenGLを使用したときのような美麗グラフィックでゲームを楽しむことができる。

ただし、OpenGLはAndroid端末の性能が低いと処理が格段に重くなるので、ソフトウェア(またはハードウェア)とOpenGLのどちらを使用するかは端末の性能次第。また、PC版と同様に2D部分はソフトウェアもOpenGLもさほど変わらないので、ポリゴン描画があまりないゲームは無理にOpenGLを使う必要はない。


最後に、スマホでPS1ソフトを遊ぶ時の注意点を1つ。スマホとエミュレータの相性は非常に良くて、特にアドベンチャーゲームやRPGをプレイする場合はスマホは最強のゲーム機だと思う。ただ1つだけネックなのが、

PSソフトはイメージファイルのサイズが大きい

厳密にはPS1だけでなくPCエンジンCD-ROMやメガCDのゲームにも言えることなのだが、PCエンジンやメガCDの場合はBGMがCD-DAだったり、音声データが多いのが理由なのに対し、PS1の場合はムービーがファイルサイズ増加の原因の場合が多い。


FFⅡ02
PS1ソフト、特にRPGはムービーをウリの1つにしていたものが多かったように思う。ムービーがなければディスク枚数がもっと少なくて済んだソフトは山ほどあるだろう。プレイヤーにとってもディスクの入れ替え回数が少なくて済むし、ソフトの価格も安くなるだろうからいいことづくめのようだが、見た目つまりムービーを重視するユーザーもいるわけで、なかなか難しい。

とにかくファイルサイズがCD-ROM最大容量の700MB近いものが多いので、PS1をスマホでプレイする場合はゲームソフトのイメージファイルをSDカード内に入れるようにしないと、ストレージが足りなくなる。

エミュレータの利点は、ゲームソフトのイメージファイルをSDカード内から読み込んでプレイすることができるため、結果的にスマホ本体のストレージをあまり使わずに済むことだ。

この時注意したいのが、Android4.3以降はOSの仕様により外部ストレージへの書き込みができないということ。

わかりやすく言うと、Android4.3以降の端末では、スマホからの操作でSDカードへファイルをコピーor移動or削除することができないのだ。

ではどうすればいいいのかというと…


FFⅡ03
パソコンとUSBコードで接続して、パソコンから操作する

AirDroidによる無線接続では書き込みを制限されてしまうため、USBコードで有線接続するしかない。パソコンがスマホをストレージとして認識すれば、SDカードへも書き込み可能だ。

スマホからはSDカード内のファイルを読み込むことしか出来ないので、SDカード内にはゲームソフトのイメージファイルを保存して、エミュレータ本体やメモリーカードファイルおよびステートセーブファイルはスマホ本体のストレージに保存するようにしよう。


まとめると、PC版ePSXeと同じようにステートセーブができることに加え、Android版はスマホだけでゲームができるのでとにかく持ち運びがラクなのと、電源のON/OFFがPCよりも気軽にできるのが利点であると言える。基本的にタッチスクリーンで操作するためアクションゲームやシューティングゲームには向かないが、RPGやアドベンチャーゲームであればスマホでプレイするのをオススメする。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして。こちらを参考にプラグイン導入し、成功するにはしたのですがOPENGL2で動くものがひとつもありませんでした。OPENGLの方では動作確認とれました。

他の方でもそうなるのでしょうか?それともうちの環境の問題でしょうか?
私はnexus7(2013)で動作させています。

Re: No title

確かに、OPENGL2だとエラー表示になり強制終了しますね。

私は使用端末の性能不足が原因だと思って諦めていたのですが(私が使っている端末はL-06Dなので)、Nexus7(2013)でもダメとなると、他に何か別の原因があるのか、単にOPENGL2がAndroid版ePSXeにはまだ正式に対応していないのかのどちらかでしょう。どちらにしても今後のバージョンアップに期待するしかないかなと思います。

とはいえOPENGLでも実機に比較すれば断然キレイなので、今のままでも不満はないですけどね。

コマンドが消えてしまう

はじめまして。
プラグインを導入させる際にこのページを参考にさせていただきました。
nexus7 2012でepsxeを使用してff9を動作させております。
ビデオレンダラでOpenGL(smoother)を選択すると、ポリゴンが綺麗になるのですが、戦闘のコマンドメニューがきえてしまいました。
原因は何なのかご助言をいただけますか?

Re: コマンドが消えてしまう

OpenGLを使用している状態でゲーム起動中にゲームプレイオプションを表示させ、「Toggle GLConfig(日本語訳:GLConfigの切替え)」を選択してください。

画面上部にOpenGLの設定ツールの変更オプションが表示されるので、OD(Off screen drawing)、AM(Alpha Multipass)、FT(Framebuffer texture)の3つの項目のいずれかまたは全部をON/OFFにして試してみてください。

FF9に限らず、この3つの項目のいずれかまたは全部をON/OFFにすることでほぼ全てのゲームに対応できるハズです。

http://www.epsxe.com/files/libopenglplugin.so
Androidですが、これページ開いてもダウンロードが始まらないです

Re: タイトルなし

> http://www.epsxe.com/files/libopenglplugin.so
> Androidですが、これページ開いてもダウンロードが始まらないです

このブログを書いた2013年当時はPC用のWebサイトからダウンロードするしかなかったんですが、2017年にePSXeの作者がGooglePlayでOpenGLプラグインを無料配信しているので、今であればGooglePlay(アプリの「Playストア」)から「ePSXe openGL Plugin」をインストールする方が早いと思います。検索すれば簡単に見つかるハズです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
キーワードでブログ内を検索
「イメージ化」「プラグイン」「有馬記念」など、当ブログで見たい記事の単語を入力して下の検索ボタンをクリックしてください。
AndroidでWordやExcelを使うならコレがオススメ
■iBUFFALO USB接続 有線スタンダードキーボード  Android端末をPCライクに使いたいという人に超オススメのキーボード。有線なのでUSB端子で接続するだけで簡単に使えるし、キーが打ちやすい。そしてキーの数が多いのでファンクションキーがPCと同じように使えるのが非常に大きい。価格が安いのも嬉しいところ(2020年5月で1255円)。
エミュレータ用携帯ゲーム機として使うなら充分アリ
■GALAXY Note 3 SC-01F  2013年10月17日発売。最新ゲームをプレイするには厳しいが、通話、メール、ブラウザ、Youtubeといった使い方がメインという人には充分な性能。「ePSXe」は普通に遊べるので、PS1エミュレータ専用機として使うには全然アリ。バッテリーが自分で交換可能なのも嬉しい点で、私は2014年10月に購入して以来、バッテリー交換しながら5年以上経った今も使い続けている。アップデートでOSをAndroid5.0にできるので、SDカードに書き込みもできるのも○。
GalaxyNote9の約半額で充分な高性能
■Galaxy Note8 SC-01K  2017年10月26日発売。ディスプレイはGALAXY Note 3と比べて横はほとんど同じだがタテに18mmほど長くなっていて、ブラウザやメールを使う場合には画面が大きいNote 8の方が断然見やすく使いやすい。2GHz以上のオクタコアCPU、メモリ6GBは現在販売されているスマホの中でもトップクラスのスペックであり、「グランブルーファンタジー」「プロジェクト東京ドールズ」「オルタナティブガールズ2」といった人気ゲームを最高画質設定にしても快適にプレイできる。強いて欠点を挙げれば、「バッテリー交換ができない」ことと「スピーカーがモノラル」という点。特にバッテリー交換不可は今後長く使っていくことを考えると気になる部分である。私はSIMを入れずに携帯ゲーム機として使っている。
ステレオスピーカーと本体ストレージ512GBは大きな魅力
■Samsung Galaxy Note 9 2018年発売。これだけはまだ購入していないのでWebサイトでスペックを見ての想像だけで書いているが、Note8に比べてディスプレイがさらに大きく(6.4インチ)、メモリー8GB、ステレオスピーカー搭載、SペンにBluetooth機能がついたりと全ての部分で上位機種となっている。特にスゴいのが本体ストレージ512GB。最大512GBのmicroSDカード対応で、最大で合計1TBのストレージを利用することができるのは大きな魅力。スマホでたくさんのゲームを遊びたいという人は、とにもかくにも買いたい端末。
価格的に9を買うくらいなら10+を買う方が良さそう
■Samsung Galaxy Note 10+ Plus まだ実際には買っていないけど、次に買うならこれかなと思う。ディスプレイ6.8インチ、CPUはSnapdragon 855、RAM12GB、ストレージ256GB、防水、ステレオスピーカー。レビューを読むと海外版のようだが、設定で日本語も選べるようだし、何より価格がGalaxy9とほとんど変わらないのにスペックは明らかにこちらが上。特にメモリ12GBは複数のアプリを同時に使ってもまだまだ余裕がありそう。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

♪みほぴょん

Author:♪みほぴょん
初代プレイステーションのゲームをより快適に遊ぶ方法の紹介と、競馬予想、グランブルーファンタジー攻略wikiのストーリーイベント攻略ページを初心者向けに編集。

★各サイトのハンドル★
モバゲー:♪みほぴょん
GREE:♪みほぴょん
mixi:男の娘好きみほぴょん(mixiキーワード:♪みほぴょん)
Twitter:♪みほぴょん@mihopyonpyon
将棋ウォーズ:mihopyon

※SNSはROMがほとんどです。個人的なメッセージはこのブログのコメント機能でお願いします。

Amazon:♪みほぴょん
Google:debeso kerokero

※AmazonとGoogleは購入して印象に残った商品およびアプリのレビューを書いています。

ブロとも申請
ブロとも申請(友達申請)は100%許可しています。

♪みほぴょんにブロとも申請する

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
388位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
70位
アクセスランキングを見る>>
友達リスト

ロードアの場土采果

マイナーゲーム攻略サイトもどき