fc2ブログ

ePSXe for Android Websiteの翻訳09

Screen and Video Configuration
画面とビデオ設定

This section you will show the video configuration options supported.
このセクションでは、サポートされているビデオ設定オプションについて説明しています。

1. Screen orientation
1.画面の向き

You can choose landscape, portrait, or reverse landscape screen orientation.
横向き、縦向き、または反転横向きの中から画面の向きを選択することができます。

2. Screen ratio
2.画面の比率

You can choose stretched to full screen or 4:3 real PSX ratio.
フルスクリーンに引き伸ばし、またはPS実機と同じ4:3の比率を選択することができます。

3. Top/bottoms black bands
3.上下の黒帯

Top/bottoms black bands. You can remove the top/bottom black bands in the PAL games, getting more bigger image - which is stretched, but it can break some games (like Alundra 2 videos and loading screens).
上下の黒帯。もっと大きな画像を取得する方式に対応したゲームで、上下の黒帯を表示しないようにすることができます。画像は引き伸ばされますが、いくつかのゲーム(アランドラ2の映像やローディング画面のような)では表示が崩れます。

4. Video Renderer
4.ビデオレンダラ

You can select Hardware, Software renderer or OpenGL Plugin. In general you should choose the Hardware renderer (faster and smoother graphics). Use the software renderer only in very old devices (for example with GPU Adreno 200 such as Dell Streak 5").
ハードウェア、ソフトウェアレンダラまたはOpenGLプラグインを選択することができます。一般的には、ハードウェアレンダラ(高速でスムーズなグラフィック)を選ぶといいでしょう。非常に古い端末(例えばDell Streak 5のようなGPU Adreno 200を搭載した)のみ、ソフトウェアレンダラを使用してください。

5. Video Filtering
5.ビデオフィルタリング

You can enable/disable the filtering in the hw renderer (not supported on software renderer and the opengl plugin include its own filtering options). By default the graphics will be filtered, but if you prefer graphics more similar to real PSX you can disable it.
HWレンダラではフィルタリングを有効/無効にすることができます(フィルタリングオプションのソフトウェアレンダラとOpenGLプラグインではサポートされていません)。デフォルトではフィルタリングが有効になっていますが、実機のPSXのグラフィックスにより近いものにしたい場合は、それを無効にすることができます。

6. PSX Dithering
6.PSXディザリング

You can enable/disable the screen dithering but it only has effect in MME disabled mode (not supported yet on the hardware renderer).
画面のディザリングを有効/無効にすることが出来ますが、それはMME無効モードのみ効果があります(ハードウェアレンダラではまだサポートされていません)。

7. GPU Plugin
7.GPUプラグイン

Starting in version 1.8.0 ePSXe supports HD graphics using the OpenGL plugin Peopsxgl. Because this plugin is GPL licensed, it is not distributed with the emulator APK, and you have to download it yourself from (other opengl plugin versions are not compatible with ePSXe):
バージョン1.8.0以降のePSXeは、OpenGLプラグインPeopsxglを使用したHDグラフィックスをサポートします。このプラグインはGPLがライセンスされていて、エミュレータのAPKと一緒には配布されませんので、次の場所から自分でダウンロードする必要があります(他のOpenGLプラグインのバージョンはePSXeと互換性がありません)。

•http://www.epsxe.com/files/libopenglplugin.so (for Arm)
•http://www.epsxe.com/files/libopenglplugin_intel.so (for Intel Atom)

Copy it in your sdcard, and choose it in preferences+GPUPlugin, and choose preferences+VideoRender+OpenGLPlugin. OpenGL Plugin works in a very different way to soft plugin. It usually gets better graphics than soft plugin (in 3D games), but it is less compatible (missing screens, or artifact), and a lot of times you have to configure it for every game (it includes a lot of options). An option to configure on the fly has been included "Toogle GLConfig", it include the next options (info included from the original plugin readme):
それをSDカードにコピーした後、GPUPlugin環境設定で選択し、VideoRender環境設定でOpenGLPluginを選択します。 OpenGLのプラグインは、ソフトプラグインとは非常に異なる方法で動作します。OpenGLプラグインは通常、(3Dゲームで)ソフトプラグインよりも美しいグラフィックスを楽しめますが、互換性が低く(画面やエフェクトが不完全)、すべてのゲームに設定するには多くの時間が必要です(多くのオプションが含まれます)。その場で設定するオプションは「Toogle GLConfig」に含まれていて、次のオプションを含みます(オリジナルプラグインのREADMEに記載されています)。

•FS: Enable/Disable frameskip
•FS:フレームスキップの有効/無効

•OD: Enable/Disable Off screen drawing. OD is used to detect drawings which are outside the front/backbuffer, doing such stuff in software (or by tweaking polygon coords).
•OD:オフスクリーンの描画を有効/無効にします。ODはフロント/バックバッファ以外をソフトウェアで(またはポリゴンコードを微調整することにより)描画するために使用されています。

•FI: Enable/Disable filtering. Give it a try... the real PSX doesn't support BF, so there will be some glitches if you turn BF on. Several games will look nicer... there are two main filtering modes... the Extended mode is slightly slower, but even better with most games.
•FI:フィルタリングを有効/無効にします。試してみて...実機のPSXはBFに対応していないので、BFをオンにするといくつかの不具合が発生するでしょう。いくつかのゲームはよりキレイに見えます... 2つのメインフィルタリングモードがあります...拡張モードでは少し遅くなりますが、ほとんどのゲームでさらにキレイになります。

•AM: Enable/Disable Alpha Multipass. Draws opaque texture pixels the way it should be. Of course it could be a bit slower (and if your OpenGL driver draws black rectangles around objects, turn this option off).
•AM:アルファマルチパスを有効/無効にします。不透明なテクスチャピクセルに正しい画像を描画します。もちろん少し遅くなります(OpenGLドライバがオブジェクトの周囲に黒い四角形を描画する場合は、このオプションをオフにしてください)。

•AB: Enable/Disable Advanced Blending. Depending on your drivers OpenGL implementation using 'Advanced blending' will be nice or slow
•AB:アドバンスブレンディングを有効/無効にします。OpenGLドライバの「アドバンスブレンディング」使用の実装に応じて、キレイになるか、または遅くなるでしょう。

•FT: Enable/Disable Framebuffer texture. To get whirling screen effects and psx motion blurring.
•FT:フレームバッファテクスチャを有効/無効にします。旋回の画面効果やPSXモーションを描画します。

•MB: Enable/Disable Mask Bit (it usually requires restart). A really rarely used ability of the real PSX is the usage of mask bits to avoid drawing into some parts of the screen. Well, to increase compatibility you can turn the mask bit emulation on, but as far as I know only Silent Hill is really needing it. If you activate it, there are also some chances that 3D shutter glasses will work... Another hint: because most games don't need the mask detection, you can turn it off to get more available texture vram.
•MB:マスクビットを有効/無効にします(通常は再起動が必要です)。実機のPSXでは本当に稀にしか使用されない機能で、画面の一部に描画しないようにするのがマスクビットの使用法です。さて、互換性を向上させるためにマスクビットエミュレーションをオンにすることができますが、私の知る限り本当にこの機能を必要としているのはサイレントヒルだけです。この機能を有効にすると、3Dシャッターメガネが動作する可能性があります...別のヒント:ほとんどのゲームは、マスクの検出を必要としないので、利用可能なテクスチャVRAMをより多く得るためにこの機能をオフにするほうがいいでしょう。

•SAVE: Save to a file in sdcard/epsxe/config/GAME-CODE.txt the options selected.
•SAVE:オプションで選択したSDカード内のファイルに保存します。

•EXIT: Hide the toolbar.
•EXIT:ツールバーを非表示にします。

Besides of the previous config options, you can edit the config file, and enable gamefixes. To know more about it, save the file to disk, and edit this file to read info about how to config it
前の設定オプションのほかに、設定ファイルを編集し、gamefixesを有効にすることができます。それについての詳細を知るためには、ファイルをディスクに保存し、それを設定する方法についての情報を読むためにこのファイルを編集してください。

If you are a developer and and you want to do changes in the plugin the plugin source code is available in http://epsxe.com/libopenglpluginsrc.zip
あなたが開発者で自分でプラグインの変更をしたい場合は、プラグインのソースコードがhttp://epsxe.com/libopenglpluginsrc.zipから提供されています。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

キーワードでブログ内を検索
「イメージ化」「向かい飛車」「有馬記念」など、当ブログで見たい記事の単語を入力して下の検索ボタンをクリックしてください。
ディスプレイが大きくテレビゲーム機のモニターとしても使用可能
■富士通 FMV LIFEBOOK NH90/D2 2019年発売。以前使っていたPCが壊れたのでコレに買い替えたのだが、まず電源を入れた時の起動の速さ(10秒程度)に驚かされる。液晶ディスプレイは17.3インチと大きく、HDMI入力端子がついているためPS3などのテレビゲーム機のモニターとしても使用可能なのが嬉しい。CPUはCore i7、メモリは8GB(最大32GB)、ストレージ容量はSSD 256GB+HDD 1TB、Microsoft Office 2019あり。発売当時のノートPCの中では最上級のスペックで、エロゲとブラウザと文書作成がメインの人間には充分すぎる。欠点はファンの音がうるさいことくらいで、エロゲや映画を楽しむときはイヤホンを使えば問題ない。私が買ったのは2019年12月で、その時は税込み20万円だった。2021年2月現在でAmazonでは16万4360円。オススメ。
PS2やPS1を実機でプレイしている人には超オススメ
■POUND PS2 & PS1 専用 HDMI変換コンバータ HD LINK CABLE  PS2とPS1に対応しているHDMI変換コンバータ。PS2とPS1本体は480pのRGB信号で映像を出力している(PS1は240pで表示されているゲームがほとんど)のだが、これを720pにアップコンバートしてHDMIに変換出力する。従来のコンポジットAVケーブルに比べると画質は格段によくなるが、PS1ソフトの画質においてはPS3のアップコンバートに劣る。ただし、PS1やPS2専用の特殊コントローラーを使える点ではPS2の方が優れており、PS2やPS1を実機でプレイしている人にはぜひオススメしたい。
バッテリー交換可能なので携帯ゲーム機として
■GALAXY Note 3 SC-01F  2013年10月17日発売。スマホで使う機能が通話、メール、ブラウザ、Youtube、ePSXeくらいという人には非常にオススメ。携帯電話としてではなく携帯PS1エミュレータとして使うのもいい。「バッテリーが自分で交換可能」なのが非常に大きく、私は2014年10月に購入して以来、バッテリー交換しながら7年以上経った今でも使い続けている。アップデートでOSをAndroid5.0にできるので、SDカードに書き込みもできるのも○。コレを買うなら予備のバッテリーもいくつか一緒に買うことをすすめる。PS1エミュレータ用に買うなら、端末のストレージが32GBしかないので64GBのSDカードもぜひ買っておきたい。
値下がりして充分な高性能だが…
■Galaxy Note8 SC-01K  2017年10月26日発売。ディスプレイは6.3インチで、GALAXY Note 3と比べてタテに18mmほど長くなった。ブラウザやメールを使う場合には断然見やすく使いやすい。CPUはSnapdragon 835、ストレージ64GB、メモリ6GB。一般的な使い方をするぶんには充分過ぎるスペックであり、「グランブルーファンタジー」「オルタナティブガールズ2」といったゲームを最高画質設定にしても快適にプレイできる。ただし「バッテリー交換ができない」ため、発売時期を考えると今後長く使っていけるという点においてはGalaxy Note3に劣る。
ステレオスピーカーと本体ストレージ512GBは大きな魅力
■Samsung Galaxy Note 9 2018年10月発売。まだ実際に購入していないのでWebサイトでスペックを見ての想像だけで書いているが、Note8に比べてディスプレイがさらに大きく(6.4インチ)、メモリー8GB、ステレオスピーカー搭載、SペンにBluetooth機能がついたりと全ての部分で上位機種となっている。特にスゴいのが本体ストレージ512GB。最大512GBのmicroSDカード対応で、最大で合計1TBのストレージを利用することができるのは大きな魅力。スマホでたくさんのゲームを遊びたいという人は、とにもかくにも買いたい端末。
カテゴリ一覧
最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

♪みほぴょん

Author:♪みほぴょん
初代プレイステーションのゲームをより快適に遊ぶ方法の紹介と、競馬予想。

★各サイトのハンドル★
モバゲー:♪みほぴょん
GREE:♪みほぴょん
mixi:男の娘好きみほぴょん(mixiキーワード:♪みほぴょん)
Twitter:♪みほぴょん@mihopyonpyon
将棋ウォーズ:mihopyon

※SNSはROMがほとんどです。個人的なメッセージはこのブログのコメント機能でお願いします。

Amazon:♪みほぴょん
Google:debeso kerokero

※AmazonとGoogleは購入して印象に残った商品およびアプリのレビューを書いています。

ブロとも申請
ブロとも申請(友達申請)は100%許可しています。

♪みほぴょんにブロとも申請する

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
715位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
135位
アクセスランキングを見る>>
友達リスト

ロードアの場土采果

マイナーゲーム攻略サイトもどき