fc2ブログ

おすすめブラウザゲーム05「アイドルマスターミリオンライブ!」

アイドルマスター(以下アイマス)が最初に出たのは2003年頃で、1作目はゲームセンターのゲームだった。

ゲームジャンルは育成。オンラインで全国のユーザーと対戦しながらファン数を増やし、トップアイドルを目指すのが目的だが、総プレイ回数に上限が設けられていて、完全クリアは意外に難しかった。

ポリゴンモデルの女性キャラクターが踊りながら歌を歌うというのが当時アーケードゲームでは珍しくて、1万円分ほどコインを入れてプレイしたのを覚えている。

だが私の地元(福岡県)では全然人気がなく、ゲーム機が撤去されるのにそう時間はかからなかった。

さてそんなアイマスだがその後じわじわと人気が出始め、家庭用ゲーム化、アニメ化、そしてソーシャルゲームにも登場することになった。

ソーシャルゲーム版アイマスにはモバゲーの「シンデレラガールズ」とGREEの「ミリオンライブ」の2つがあるのだが、グラフィックや演出の面でデキがいい「ミリオンライブ」の方を今回は紹介する。


アイドルマスター00
タイトル画面。


アイドルマスター01
マイページ画面。

GREE版のミリオンライブはゲーム画面が横幅いっぱいに表示され、各種ボタンも大きい。このため押し間違いミスが少なく、プレイしやすいのだ。

中央に表示されている3人のキャラクターは現在チームを組んでいるメンバーで、全50キャラ(!)の中から自由に変更可能。タッチすると音声でセリフをしゃべってくれるぞ。


アイドルマスター02
営業画面。

一般的なソーシャルゲームの「ミッション」や「クエスト」にあたるもので、アイマスも基本的に画面をタッチするだけ。現在のチームメンバーキャラのセリフが画面下に表示されるが、これがキャラごとの個性をよく出していて結構面白い。

あと、アイマスでは全てのFLASHをタップですぐスキップできるので、同ジャンルの他のゲームに比べてスムーズというか、非常に快適にプレイできる。毎日プレイするとなると、これは意外に大きい。


アイドルマスター15
時々、こういう質問が出るのもいいなぁ。ナムコはキャラクターづくりがうまいね。


アイドルマスター03
合同フェス。一般的なソーシャルゲームでいうところのバトル。


アイドルマスター04
基本的に数値が大きい方の勝ち。戦略要素は特になし。


アイドルマスター05
合同フェス終了画面。

この「箱崎星梨花」ってキャラいいなぁ。「勝ったらどうなるんですか?」だもん(笑)。気に入った。


アイドルマスター06
レッスン。

一般的なソーシャルゲームでいうところの合成。


アイドルマスター07
育成システムは他のソーシャルゲームとほとんど同じ。

ただ前述したように画面を横幅いっぱいに使っていてボタンが大きいので操作しやすいってのは長所。

ひとつだけ注意点があって、カードの中には「覚醒カード」と呼ばれるものがあるのだが、ゲーム上での説明には

「覚醒カードをレベルMAX状態でレッスンすると覚醒ゲージが上昇し、覚醒ゲージがMAXになるとランクアップする」

てな感じで書いてある。

これは間違いではないのだが、実際に通常通りレッスンしようとするとものすごい枚数のカードが必要なのだ。

HR覚醒カードの覚醒ゲージをMAXにするのに必要なカードの枚数(SR覚醒カードはもっと必要)

SR…10枚(覚醒させるカードと同属性の場合。他属性だともっと多くの枚数が必要)
HR…20枚(覚醒させるカードと同属性の場合。他属性だともっと多くの枚数が必要)
R…100枚(覚醒させるカードと同属性の場合。他属性だともっと多くの枚数が必要)、SR覚醒なら140枚
HN…1000枚以上(覚醒させるカードと同属性の場合。他属性だともっと多くの枚数が必要)
N…3000枚以上(覚醒させるカードと同属性の場合。他属性だともっと多くの枚数が必要)

同一の覚醒カードをレッスンさせると1枚だけで覚醒ゲージをMAXにできるので、それ以外のカードを使って通常のレッスンでゲージをためるのは最終手段だと考えておこう。


アイドルマスター08
ガシャは写真撮影風。タッチするとファインダー(?)が閉じるアニメーションのあと…


アイドルマスター09
キャラクターの絵が大きく表示される。

アイマスでは他のソーシャルゲームと違って、カードごとに絵柄(?)を変えていない。そしてその絵が万人向けなんだよなぁ。地味すぎず、マニアックすぎず…。


アイドルマスター10
アイドル一覧。ゲーセンで登場した1作目では9人しかいなかったキャラクターが、今では総勢50人。


アイドルマスター11
キャラクタープロフィール。かなり細かい設定がされてあって、ファンがいろいろ想像できるようにしてあるのがうまい。ギャルゲーではあまり書かれないことが多い「体重」が設定されているのもいいと思った。


アイドルマスター12
各キャラクターごとに15種類ほどのボイス(音声)があって、自由に聞くことができる。


アイドルマスター13
オーディオルーム。ここではなんと、

キャラクターの歌を聴くことができる!!


アイドルマスター14
ソーシャルのブラウザゲーム内で歌、それもこれだけの曲数を聴けるのはアイマスだけだろう。

しかもこの歌、無料コンテンツなのだ(1番だけだが)。と言っても聴ける歌は全てYoutubeでもアップされているので「ここでしか聴けない」というワケでは全然ない。

ゲーム内のコンテンツで聴けるようにしているのが重要なのだ。いちいちYoutubeを起動させて検索する手間を省ける。ゲームをプレイしていてふと聴きたくなった時にすぐ聴ける。それだけで大いに存在価値がある。

そんなわけで、歌だ。

アイドルマスターの魅力を語る上で「歌」は外せない要素

だと私は思うのだ。

ソーシャルゲームでアイマスを知った人でも、オーディオルームの歌を聴くことでイッキにアイマスにハマり、関連グッズを買う…充分ありえる流れだと思う。歌の持つ力は大きい。

ミリオンライブは従来のソーシャルゲームと比べて新しい要素はそう多くないが、全体的な完成度が高い。この手のカード育成が好きな人はすぐにハマれるだろう。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

キーワードでブログ内を検索
「イメージ化」「向かい飛車」「有馬記念」など、当ブログで見たい記事の単語を入力して下の検索ボタンをクリックしてください。
ディスプレイが大きくテレビゲーム機のモニターとしても使用可能
■富士通 FMV LIFEBOOK NH90/D2 2019年発売。以前使っていたPCが壊れたのでコレに買い替えたのだが、まず電源を入れた時の起動の速さ(10秒程度)に驚かされる。液晶ディスプレイは17.3インチと大きく、HDMI入力端子がついているためPS3などのテレビゲーム機のモニターとしても使用可能なのが嬉しい。CPUはCore i7、メモリは8GB(最大32GB)、ストレージ容量はSSD 256GB+HDD 1TB、Microsoft Office 2019あり。発売当時のノートPCの中では最上級のスペックで、エロゲとブラウザと文書作成がメインの人間には充分すぎる。欠点はファンの音がうるさいことくらいで、エロゲや映画を楽しむときはイヤホンを使えば問題ない。私が買ったのは2019年12月で、その時は税込み20万円だった。2021年2月現在でAmazonでは16万4360円。オススメ。
PS2やPS1を実機でプレイしている人には超オススメ
■POUND PS2 & PS1 専用 HDMI変換コンバータ HD LINK CABLE  PS2とPS1に対応しているHDMI変換コンバータ。PS2とPS1本体は480pのRGB信号で映像を出力している(PS1は240pで表示されているゲームがほとんど)のだが、これを720pにアップコンバートしてHDMIに変換出力する。従来のコンポジットAVケーブルに比べると画質は格段によくなるが、PS1ソフトの画質においてはPS3のアップコンバートに劣る。ただし、PS1やPS2専用の特殊コントローラーを使える点ではPS2の方が優れており、PS2やPS1を実機でプレイしている人にはぜひオススメしたい。
バッテリー交換可能なので携帯ゲーム機として
■GALAXY Note 3 SC-01F  2013年10月17日発売。スマホで使う機能が通話、メール、ブラウザ、Youtube、ePSXeくらいという人には非常にオススメ。携帯電話としてではなく携帯PS1エミュレータとして使うのもいい。「バッテリーが自分で交換可能」なのが非常に大きく、私は2014年10月に購入して以来、バッテリー交換しながら7年以上経った今でも使い続けている。アップデートでOSをAndroid5.0にできるので、SDカードに書き込みもできるのも○。コレを買うなら予備のバッテリーもいくつか一緒に買うことをすすめる。PS1エミュレータ用に買うなら、端末のストレージが32GBしかないので64GBのSDカードもぜひ買っておきたい。
値下がりして充分な高性能だが…
■Galaxy Note8 SC-01K  2017年10月26日発売。ディスプレイは6.3インチで、GALAXY Note 3と比べてタテに18mmほど長くなった。ブラウザやメールを使う場合には断然見やすく使いやすい。CPUはSnapdragon 835、ストレージ64GB、メモリ6GB。一般的な使い方をするぶんには充分過ぎるスペックであり、「グランブルーファンタジー」「オルタナティブガールズ2」といったゲームを最高画質設定にしても快適にプレイできる。ただし「バッテリー交換ができない」ため、発売時期を考えると今後長く使っていけるという点においてはGalaxy Note3に劣る。
ステレオスピーカーと本体ストレージ512GBは大きな魅力
■Samsung Galaxy Note 9 2018年10月発売。まだ実際に購入していないのでWebサイトでスペックを見ての想像だけで書いているが、Note8に比べてディスプレイがさらに大きく(6.4インチ)、メモリー8GB、ステレオスピーカー搭載、SペンにBluetooth機能がついたりと全ての部分で上位機種となっている。特にスゴいのが本体ストレージ512GB。最大512GBのmicroSDカード対応で、最大で合計1TBのストレージを利用することができるのは大きな魅力。スマホでたくさんのゲームを遊びたいという人は、とにもかくにも買いたい端末。
カテゴリ一覧
最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

♪みほぴょん

Author:♪みほぴょん
初代プレイステーションのゲームをより快適に遊ぶ方法の紹介と、競馬予想。

★各サイトのハンドル★
モバゲー:♪みほぴょん
GREE:♪みほぴょん
mixi:男の娘好きみほぴょん(mixiキーワード:♪みほぴょん)
Twitter:♪みほぴょん@mihopyonpyon
将棋ウォーズ:mihopyon

※SNSはROMがほとんどです。個人的なメッセージはこのブログのコメント機能でお願いします。

Amazon:♪みほぴょん
Google:debeso kerokero

※AmazonとGoogleは購入して印象に残った商品およびアプリのレビューを書いています。

ブロとも申請
ブロとも申請(友達申請)は100%許可しています。

♪みほぴょんにブロとも申請する

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
421位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
77位
アクセスランキングを見る>>
友達リスト

ロードアの場土采果

マイナーゲーム攻略サイトもどき