fc2ブログ

おすすめブラウザゲーム04「AKB0048ギャラクシーシンデレラ」

「AKB0048ギャラクシーシンデレラ」(以下AKB0048GC)はGREEで配信されているナムコのソーシャルブラウザゲームだ。

スゴいことに、GREEではアイドルグループのAKB48関連のゲームが、このAKB0048GCを含めると3つも配信されている。

AKB0048-01
トップ画面。AKB0048GCはアニメ「AKB0048」をソーシャルゲーム化したもの。

AKB0048は、実在するアイドルのAKB48のメンバー(以下実写キャラ)とオリジナルのキャラクターが登場するアニメ。スペースの都合上詳しくは書けないが、非常に魅力的なアニメ作品だ。


AKB0048-02
マイページ画面。画面中段に並んでいるカードは、プレイヤーが現在選択しているチームのメンバーを表している。

中央にいるのは「みぃちゃん」。実写キャラはボウズ頭になったことでイッキに有名になった(と思う)が、アニメでは元メンバーのカメラマンとして登場する。

みぃちゃんに限らず、このアニメのおかげで私はAKB48のメンバーの名前だけはある程度覚えることができた。


AKB0048-03
メニュー画面。スマホ版はメニュー画面がページ更新なしで表示されるので快適。


AKB0048-04
ミッション。AP(行動力)を消費してストーリー(?)を進めていく。

基本的には他のソーシャルゲームと同じだが、AKB0048GCでは、オートボタンをタップすることでアイテムやバトルが発生するまでは自動的にミッションが進んでいくようになっている。

プレイヤーの負担が少なくなり、より気軽にプレイできるのだ。


AKB0048-05
ミッションの各ステージの最後では、ボスと戦うことになる。

ボスはDES軍。アニメでは政府の軍隊として描かれている。

アニメ版もそうなのだが、DES軍はロボットを操縦してAKBを襲ってくる。生身の女の子相手にロボットや重火器で攻撃するのがスゴい。アニメの本編の中で、DES軍との戦闘でAKBのメンバーに死者が出ない理由みたいなものが説明されていた(簡単に言えば、AKBのメンバーを生きたまま利用するため本気でAKBを攻撃してはいなかった)が、なんだかなぁ。


AKB0048-06
チーム編成。本作はバトル関連のシステムが他のソーシャルゲームに比べてよくできていると感じる。

まずチーム編成だが、リーダーとなるカードを最初に決めることになる。各カードには、リーダーになった時に選択可能になる「フォーメーション」というものが設定されている。

フォーメーションによって使用可能なカードの枚数やパラメータの補正が異なるぞ。


AKB0048-07
バトル画面はこんな感じ。

バトルは全て自動で進み、各カードはランダムに相手カードを攻撃する。相手カードのHPを全てゼロにできれば勝ちだ。バトルに勝利すると、経験値を入手できる。


AKB0048-08
バトルの結果を大きく左右するものの1つが「リリック」。叙情詩(じょじょうし)という意味だが、要は他のソーシャルゲームでいうところの必殺技だ。

リリックは先聖リリックと継承リリックの2種類あり、先聖はそのカードに備わっているリリックで、継承は他のカードへ受け継がせることができるリリック。

リリックは単純に相手カードにダメージを与えるものから、行動を封じる、リリックを使えなくする、防御力を高める、相手からの攻撃を無効化する…など、様々な種類の効果がある。リリックはバトルを繰り返すことでレベルが上がり、発動しやすくなるぞ。

本作のバトルは、一般的なソーシャルゲームのTCG育成モノのそれと違って各カードごとにHPがあり、バトル中は各カードが自動で行動していく。他のソーシャルゲームだとチーム全員の攻撃力や防御力の数値だけで勝敗を決めるものがほとんどで、バトルの内容がよくわからず、イマイチ関心が持てなかった。AKB0048GCは各カードがどのように行動し、その結果どうなったのかが明確にわかるので、負けたときも何が原因で負けたのかがわかる。次のバトルのための対策を練ることができるのだ。このシステムにしたのは正解だと思う。


AKB0048-09
各カードで成長させられる能力値には、「リリック」「ランク」「レベル」がある。同一カードを2枚以上入手すると自動的に1枚になり、もっともランクが高いカードのランクが1上昇する。ランクはなんと3ケタまで上げることができる。

本作は他のソーシャルゲームと違い、TCG系育成でありながら所有できるカード枚数の上限というものがない。これにより、所有枚数を気にすることなくプレイすることができる。

無料ガシャを引くために必要なエールポイントにも上限がない(ように見える)のもいい。とにかく他の同ジャンルのソーシャルゲームよりも遊びやすい。


AKB0048-10
「レベル」は、バトルで獲得した経験値がたまると上昇。レベルがMAXになると、1つ上のレアリティに昇格する。レアリティの昇格は最大3回まで可能。

レアリティは

N→N+→N++→R→R+→R++→SR→SR+→SR++→UR→UR+→UR++→LGR

の13段階。


AKB0048-11
「マーケット」は、欲しいカードを他のユーザーとトレードする機能。


AKB0048-12
実写キャラと同じように人気ランキングを決定するのが「ギャラクシーセレクション」だ。これは定期的に実施され、上位のユーザーにはレアリティの高いカードを獲得できるなどの特典がある。

実写キャラの総選挙はCDを買ったりファンクラブに入会するなどして投票権を入手する必要があるが、ソーシャルゲーム版は他のユーザーにバトルで勝利することで投票になる。お金を使わずに投票できるのはいいね。


AKB0048-13
その他にも、バレンタインデーや学校卒業などの期間限定イベントがある。

注目したいのが、これらのイベントに用意されたオリジナルストーリー。ムチャクチャというか、とにかくヘンなのだ。

例えば、2013年3月に配信されたイベント「春一番が吹く頃」では、主人公(プレイヤー)はテニス部のキャプテンとなり、主人公に恋心を抱くあっちゃんから勉強を教えてくれと頼まれる話なのだが、主人公は大学進学が決まっていて成績優秀という設定にも関わらず、あっちゃんのためにする行動が

他の女の子に勉強ノートをまとめてもらい、それを借りてあっちゃんに渡す

なのだ(笑)。そこは普通に自分で勉強教えてあげようよ!! しかも選択肢が「無理やり借りる」「イチゴ牛乳を渡して借りる」って…(笑)。

さらに面白いのが、(他の女の子から借りた)ノートを受け取ったあっちゃんが、ノートを主人公がまとめたものだと最後まで思い込んで主人公に感謝していることだ(笑)。このイベントストーリーを考えた人…センスありすぎ(笑)。

今後もAKB0048GCの期間限定イベントから目が離せないぞ。

AKB0048GCはアニメキャラを使ったよくあるTCG系育成に見られてしまいがちだと思うが、プレイしてみると非常に遊びやすく、それでいてやりこみがいのある戦略性も備えた、よく出来たゲームであると感じさせられる。GREEに登録している方は、見た目で敬遠せず一度プレイしてみて欲しい。


AKB48-01
AKB0048GC以外のGREEのAKBゲームを1つ紹介。コーエーテクモの「AKB48の野望」は、AKB0048GCと違って実写キャラをカードの絵柄に使用している。

それはいいとして、クラロやらシーホクやら、なぜかヘンな名前がつけられているんだよなぁ…。


AKB48-02
このキャラが、どうやらAKB0048でなぎさを演じているらしい。

両方のゲームをプレイしてみて、実写ではなくアニメ版をとったナムコの方が正解だったと思うのだが、課金アイテムの売上はどっちが上なんやろ…。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

キーワードでブログ内を検索
「イメージ化」「向かい飛車」「有馬記念」など、当ブログで見たい記事の単語を入力して下の検索ボタンをクリックしてください。
ディスプレイが大きくテレビゲーム機のモニターとしても使用可能
■富士通 FMV LIFEBOOK NH90/D2 2019年発売。以前使っていたPCが壊れたのでコレに買い替えたのだが、まず電源を入れた時の起動の速さ(10秒程度)に驚かされる。液晶ディスプレイは17.3インチと大きく、HDMI入力端子がついているためPS3などのテレビゲーム機のモニターとしても使用可能なのが嬉しい。CPUはCore i7、メモリは8GB(最大32GB)、ストレージ容量はSSD 256GB+HDD 1TB、Microsoft Office 2019あり。発売当時のノートPCの中では最上級のスペックで、エロゲとブラウザと文書作成がメインの人間には充分すぎる。欠点はファンの音がうるさいことくらいで、エロゲや映画を楽しむときはイヤホンを使えば問題ない。私が買ったのは2019年12月で、その時は税込み20万円だった。2021年2月現在でAmazonでは16万4360円。オススメ。
PS2やPS1を実機でプレイしている人には超オススメ
■POUND PS2 & PS1 専用 HDMI変換コンバータ HD LINK CABLE  PS2とPS1に対応しているHDMI変換コンバータ。PS2とPS1本体は480pのRGB信号で映像を出力している(PS1は240pで表示されているゲームがほとんど)のだが、これを720pにアップコンバートしてHDMIに変換出力する。従来のコンポジットAVケーブルに比べると画質は格段によくなるが、PS1ソフトの画質においてはPS3のアップコンバートに劣る。ただし、PS1やPS2専用の特殊コントローラーを使える点ではPS2の方が優れており、PS2やPS1を実機でプレイしている人にはぜひオススメしたい。
バッテリー交換可能なので携帯ゲーム機として
■GALAXY Note 3 SC-01F  2013年10月17日発売。スマホで使う機能が通話、メール、ブラウザ、Youtube、ePSXeくらいという人には非常にオススメ。携帯電話としてではなく携帯PS1エミュレータとして使うのもいい。「バッテリーが自分で交換可能」なのが非常に大きく、私は2014年10月に購入して以来、バッテリー交換しながら7年以上経った今でも使い続けている。アップデートでOSをAndroid5.0にできるので、SDカードに書き込みもできるのも○。コレを買うなら予備のバッテリーもいくつか一緒に買うことをすすめる。PS1エミュレータ用に買うなら、端末のストレージが32GBしかないので64GBのSDカードもぜひ買っておきたい。
値下がりして充分な高性能だが…
■Galaxy Note8 SC-01K  2017年10月26日発売。ディスプレイは6.3インチで、GALAXY Note 3と比べてタテに18mmほど長くなった。ブラウザやメールを使う場合には断然見やすく使いやすい。CPUはSnapdragon 835、ストレージ64GB、メモリ6GB。一般的な使い方をするぶんには充分過ぎるスペックであり、「グランブルーファンタジー」「オルタナティブガールズ2」といったゲームを最高画質設定にしても快適にプレイできる。ただし「バッテリー交換ができない」ため、発売時期を考えると今後長く使っていけるという点においてはGalaxy Note3に劣る。
ステレオスピーカーと本体ストレージ512GBは大きな魅力
■Samsung Galaxy Note 9 2018年10月発売。まだ実際に購入していないのでWebサイトでスペックを見ての想像だけで書いているが、Note8に比べてディスプレイがさらに大きく(6.4インチ)、メモリー8GB、ステレオスピーカー搭載、SペンにBluetooth機能がついたりと全ての部分で上位機種となっている。特にスゴいのが本体ストレージ512GB。最大512GBのmicroSDカード対応で、最大で合計1TBのストレージを利用することができるのは大きな魅力。スマホでたくさんのゲームを遊びたいという人は、とにもかくにも買いたい端末。
カテゴリ一覧
最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

♪みほぴょん

Author:♪みほぴょん
初代プレイステーションのゲームをより快適に遊ぶ方法の紹介と、競馬予想。

★各サイトのハンドル★
モバゲー:♪みほぴょん
GREE:♪みほぴょん
mixi:男の娘好きみほぴょん(mixiキーワード:♪みほぴょん)
Twitter:♪みほぴょん@mihopyonpyon
将棋ウォーズ:mihopyon

※SNSはROMがほとんどです。個人的なメッセージはこのブログのコメント機能でお願いします。

Amazon:♪みほぴょん
Google:debeso kerokero

※AmazonとGoogleは購入して印象に残った商品およびアプリのレビューを書いています。

ブロとも申請
ブロとも申請(友達申請)は100%許可しています。

♪みほぴょんにブロとも申請する

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
745位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
135位
アクセスランキングを見る>>
友達リスト

ロードアの場土采果

マイナーゲーム攻略サイトもどき