fc2ブログ

グランブルー攻略226 ゼノ・ディアボロス撃滅戦

ゼノ・ディアボロス撃滅戦(2018/10/8 17:00~10/14 16:59)
戦力に自信がない人は、EXTREMEとHELLLv70を繰り返すのが無難。

ゼノ・ディアボロス撃滅戦のイベント期間中は「ディアボロス討滅戦」が同時に開催される。ゼノ・ディアボロスとのバトルは「ディアボロス討滅戦」よりも難易度が高くなっており、「ディアボロス討滅戦」の難易度EXTREMEやMANIACをクリアできるようなレベルのプレイヤーを対象としたイベントになっている。戦力的に難しい場合は「ディアボロス討滅戦」で戦力アップに励もう。「ディアボロス討滅戦」の推奨戦力は難易度VERY HARDが★13、難易度EXTREMEが★18、難易度MANIACが。

ゼノ・ディアボロスには属性耐性が導入されており、弱点属性となる「光属性」以外の属性による弱体はほぼ失敗する。また光属性以外の攻撃は与ダメージが減少する。

「ゼノ・ディアボロス撃滅戦」のトレジャー交換とショップ内の「ディアボロス討滅戦」のトレジャー交換は別扱いになっており、交換した回数もそれぞれ別。「ディアボロス討滅戦」と「ゼノ・ディアボロス撃滅戦」の交換でそれぞれ2回ずつ、合計4回交換すると最もラクに召喚石ディアボロスを☆3にすることができる。通常よりも割安で交換できるので、召喚石ディアボロスやディアボロスボウが欲しい人はこの機会に交換しておこう。


●イベント限定武器・召喚石概要
六道・普天幻魔(SSR刀・闇):スキルはEX攻刃(特大)。現在のところ、闇属性のEX枠で特大スキルを持つ唯一の武器となる。4本あつめて★3まで上限解放した上で、本イベントの限定トレジャーを消費して「真化」を行うことで★4にできる。

トレジャー交換で5本まで交換可能。十分な戦力と時間さえあれば真化1本は一切の武器ドロップを必要とせず、交換のみで確実に作れる。「六道・普天幻魔」はマルチバトルの赤箱、もしくはシングルバトル(HELL含む)でドロップすることがあるが、ドロップ率はとても低く、2本目以降の作成は極めて難しい。どうしても2本目以降が欲しい場合はエリクシールを大量に消費しての周回が必要となる。


■よくある質問
・「ゼノ・ディアボロスの真なるアニマ」が集まらない
「ゼノ・ディアボロスの真なるアニマ」はマルチバトルからドロップする。ただし、赤箱以外からのドロップ率はそこまで高くないので根気よく周回しよう。シングルバトルからは一切ドロップしない。

・「妖魔の枷鎖」が集まらない
「妖魔の枷鎖」はHELLとマルチバトルからドロップする。HELLではLv70で1個、100で2個、120で3個それぞれ確実にドロップし、さらに抽選で+1個になることがある。マルチバトルからのドロップ率は低め。

・「六道・普天幻魔」がドロップしない
「六道・普天幻魔」はシングルバトルの金箱、もしくはマルチバトルの赤箱からしかドロップしない。そのためマルチバトルで入手するにはMVPを獲得するか、自発する必要がある。シングル・マルチのどちらにおいてもドロップ率はかなり低めに設定されているので、かなりの周回数をこなす覚悟が必要。

・難易度HELLのLv70を倒すのが限界で、高レベルのHELLを倒せない
難易度HELLの各レベルの報酬の違いは「妖魔の枷鎖」のドロップ数が異なるだけ。撃滅戦イベントでの「六道・○○」武器が直接ドロップする確率は各レベル間で体感できるほど差は無いとされている。無理して高レベルのボスに挑む必要は無いので、自分に合ったレベルを選択すると良いだろう。また、「妖魔の枷鎖」は六道武器の交換にのみ必要とされ、上限解放などでは一切使用しないため、交換分の在庫がなくなると以降は不要になる。六道武器を2本以上真化することを目指す場合はその点も考慮しよう。


エクストラクエスト
■難易度EXTREME(推奨戦力表記なし)、消費AP-30
3連戦。戦力が低いパーティで挑む場合は、騎空団サポートの出陣の銅鑼がねを発動させておき、3戦目に入るまでに全員の奥義ゲージをMAXにしておくといい。また、光属性のクラリスの奥義「ジャガーノート・スフィア」は「ディスラプト・パワー」と併用することにより、クラリス単体で200万もの大ダメージを与えられる。加入させている場合はEXTREMEやHELLの周回が格段にラクになる。サポーターはルシフェルがいい。

1戦目
グラブル606
●Lv20ゾンビ(闇)、HP22万、最大チャージターン3
特殊技
フィアータッチ(単体に闇属性ダメージ)
●Lv20サイコラット(闇)、HP27万、最大チャージターン2
特殊技
サイコウィンド(全体に風属性ダメージ)
●Lv20インプ(闇)、HP14万、最大チャージターン1
特殊技
ブラッククラウド(全体に闇属性ダメージ+3ターン暗闇)

最大チャージターンが少ない順(インプ→サイコラット→ゾンビ)に倒す。奥義ゲージを溜めるためになるべく通常攻撃メインでダメージを与えたいが、戦力的に難しい場合は使用間隔が短いアビリティ(3戦目までに使用間隔が回復するくらい)を使って特殊技を食らわないようにする。

2戦目
グラブル607
●Lv20アクアシード(水)、HP22万、最大チャージターン2
特殊技
アイスIV(単体に水属性ダメージ+2ターン凍結)
凍結(全体に水属性ダメージ+3ターン水属性防御ダウン)
●Lv20アースシード(土)、HP22万、最大チャージターン2
特殊技
アースグレイブIII(単体に土属性ダメージ)
地割れ(全体に土属性ダメージ+3ターン土属性耐性ダウン)
●Lv20ダークシード(闇)、HP29万、最大チャージターン1
特殊技
怨呪(全体に闇属性ダメージ+3ターン呪い)
カースブラック(全体に闇属性ダメージ+3ターン暗闇)

最大チャージターンが少ないダークシード→弱体がイヤなアクアシードの順に倒す。アースシードの土属性耐性ダウンはクエスト内に出現する土属性の敵がアースシードだけなので気にしなくていい。アースシードだけなら特殊技を発動されてもいいが、「アースグレイブ」だった場合は被ダメージが4000以上あるので残りHPに注意。

3戦目
グラブル608
●Lv60ゼノ・ディアボロス(水)、HP763万、最大チャージターン2、麻痺・睡眠無効
残りHP100~51%通常モード時特殊技
ナイトメア・フォール(全体に2ターン睡眠+奥義ゲージ-20%)
残りHP100~51%オーバードライブ時特殊技
ヤウスの脈動(全体に闇属性ダメージ+自分に2ターンダブルアタック率アップ)
残りHP50~21%通常モード時特殊技
エニグマ(ランダムに複数回闇属性ダメージ+最後の攻撃対象に3ターン防御力ダウン)
残りHP50~21%オーバードライブ時特殊技
ゴアブライト(全体に闇属性ダメージ+1ターンアビリティスロウ)
残りHP20%以下モード共通特殊技
葬咎の歌(全体に最大HP30%分の無属性ダメージ)
特殊行動
汚染状態のキャラがいるとディスペイン(単体に闇属性ダメージ+汚染状態を1ターン闇の侵食に変換)
残りHP50%以下で形態が変化(麻痺有効・睡眠無効、通常攻撃時に汚染状態を付与することがある(付与は弱体無効では防げない)モードゲージリセット、チャージターンMAX)
残りHP25%以下でディスペイン(単体に闇属性ダメージ+汚染状態を1ターン闇の侵食に変換)※チャージターンを消費しない
残りHP20%以下で形態が変化(グラビティ・麻痺無効、睡眠有効、モードゲージリセット、チャージターンMAX)、真の力解放(攻撃力アップ、通常攻撃が常時全体化)
オーバードライブ時にチャージターンMAX
※「汚染」は敵の強力な攻撃の標的になった状態(アビリティ使用で解除)
※「闇の侵食」は毎ターンHPが減少する状態(消去不可)
※「アビリティスロウ」は使用不可中のアビリティの再使用間隔を1ターン遅らせる(弱体無効で防御可能)

残りHPが減ると形態が変化する。形態ごとの対処を念頭に置いて戦おう。

第一形態(HP100~51%)
特殊技の弱体はあまり危険ではない。通常攻撃のダメージがやや高めで、確率で「汚染」を付与する(弱体無効では防げない)。汚染状態のキャラは次のターンに特殊行動「ディスペイン」で大ダメージを受けてしまう。「汚染」は付与されたキャラがアビリティを使用すると解除される(弱体回復でも回復可能)。
第二形態(HP50~21%)
麻痺が有効。ブレイク中に残りHP50%以下になり形態変化することが殆どだが、形態変化時にモードリセットとチャージターンMAXになるので注意。特殊技は高威力の「エニグマ」「ゴアブライト」。どちらも汚染状態を警戒しつつ被ダメージカットを使って被害を軽減したい。「ゴアブライト」のアビリティスロウと残りHP25%の特殊行動「ディスペイン」に注意。
第三形態(HP20%~)
麻痺が再び無効、睡眠が有効になり、通常攻撃の汚染付与がなくなる。通常攻撃のダメージが上がり、常時全体化。特殊技が無属性割合ダメージになるので早々に決着をつけること。


グラブル609
理想は、全員の奥義ゲージが溜まっていて、なおかつ全員のアビリティ使用間隔がほとんど回復している状態で3戦目に移行するカタチ。

残りHP21%までは通常攻撃でまれに「汚染」を付与してくるので、アビリティの使用を控えて(汚染解除用にとっておく)ディスペインを発動させないようにするのが非常に重要。1ターン目開始前に使うのはミゼラブルミストだけでいい。

「汚染」を付与されたら何らかのアビリティを使って特殊行動の「ディスペイン」を発動されないようにする。そうして残りHP51%以上のところからフルチェインバーストを発動し、イッキに残りHP20%以下にできるとラク。具体的には、奥義発動2ターン前にオパール→奥義発動1ターン前にサポータールシフェル→奥義発動ターンにオニキス→各種強化アビリティ&攻撃アビリティを使ってからフルチェインバースト…ような感じ。オニキスを使うのは、残りHP25%以下の特殊行動「ディスペイン」対策


グラブル610
光属性クラリスの奥義ダメージは、「ディスラプトパワー」と併用することで上の画像のように200万以上の大ダメージを与えられる。光属性クラリスを編成している場合は4人の奥義+フルチェインバーストで400万以上のダメージをラクに与えられるので難易度が大きく下がる。

フルチェインバーストで残りHPが21%以上残っている場合は、早めに残りHP20%以下にしてしまいたい。残りHP20%以下の形態になれば、通常攻撃の汚染付与がなくなるのでアビリティの使用を控える必要がなくなる。また、特殊技が無属性割合ダメージになるので、HPさえ回復させておけば特殊技で戦闘不能になることがなくなる。残りHP20%以下の形態変化時にチャージターンMAXが発動することと、残りHP20%以下ではオーバードライブ時にチャージターンMAXという点に注意すればさほど苦戦はしないだろう。


■難易度MANIAC(推奨戦力★25)、消費AP-50
1日に2回まで挑戦可能。4連戦。

1戦目
●Lv30ゾンビ(闇)、HP65万、最大チャージターン2
特殊技
フィアータッチ(単体に闇属性ダメージ+2ターン毒+3ターン防御力ダウン)
●Lv30サイコラット(闇)、HP78万、最大チャージターン2
通常モード時特殊技
サイコフリーズ(単体に水属性弱ダメージ)
オーバードライブ時特殊技
サイコウィンド(全体に風属性ダメージ)
●Lv30インプ(闇)、HP58万、最大チャージターン1
特殊技
カーズ(全体に闇属性ダメージ)

2戦目
●Lv30アクアシード(水)、HP38万、最大チャージターン1
特殊技
アイスIV(単体に水属性ダメージ+2ターン凍結)
凍結(全体に水属性ダメージ+3ターン水属性防御ダウン)
●Lv30アースシード(土)、HP38万、最大チャージターン1
特殊技
アースグレイブIII(単体に土属性ダメージ)
地割れ(全体に土属性ダメージ+3ターン土属性耐性ダウン)
●Lv30ダークシード(闇)、HP48万、最大チャージターン1
特殊技
怨呪(全体に闇属性ダメージ+3ターン呪い)
カースブラック(全体に闇属性ダメージ+3ターン暗闇)

3戦目
●Lv40ダークマター(闇)、HP400万、最大チャージターン2
モード共通特殊技
原子分解(単体に闇属性ダメージ)
特殊行動
残りHP75%以下で重力波(全体に闇属性ダメージ+奥義ゲージ-10%+3ターン攻撃力ダウン)
残りHP40%以下で真の力解放(最大チャージターンが2→1に減少)
残りHP20%以下で暗獄の扉(全体に闇属性ダメージ+3ターン暗闇)

4戦目
●Lv80ゼノ・ディアボロス(水)、HP1250万、最大チャージターン2、麻痺・睡眠無効
残りHP100~51%通常モード時特殊技
ナイトメア・フォール(全体に2ターン睡眠+奥義ゲージ-20%)
残りHP100~51%オーバードライブ時特殊技
ヤウスの脈動(全体に闇属性ダメージ+自分に2ターンダブルアタック率アップ)
残りHP50~21%通常モード時特殊技
エニグマ(ランダムに複数回闇属性ダメージ+最後の攻撃対象に3ターン防御力ダウン)
残りHP50~21%オーバードライブ時特殊技
ゴアブライト(全体に闇属性ダメージ+1ターンアビリティスロウ)
残りHP20%以下モード共通特殊技
葬咎の歌(全体に最大HP30%分の無属性ダメージ)
特殊行動
汚染状態のキャラがいるとディスペイン(単体に闇属性ダメージ+汚染状態を1ターン闇の侵食に変換)
残りHP50%以下で形態が変化(麻痺有効・睡眠無効、通常攻撃時に汚染状態を付与することがある(付与は弱体無効では防げない)モードゲージリセット、チャージターンMAX)
残りHP25%以下でディスペイン(単体に闇属性ダメージ+汚染状態を1ターン闇の侵食に変換)※チャージターンを消費しない
残りHP20%以下で形態が変化(麻痺無効、睡眠有効で通常攻撃が常時全体化モードゲージリセット、チャージターンMAX)
オーバードライブ時にチャージターンMAX
※「汚染」は敵の強力な攻撃の標的になった状態(アビリティ使用で解除)
※「闇の侵食」は毎ターンHPが減少する状態(消去不可)
※「アビリティスロウ」は使用不可中のアビリティの再使用間隔を1ターン遅らせる(弱体無効で防御可能)


時限クエスト
グラブル611
■難易度HELL(推奨戦力表記なし)
[EXTREME]を討伐時にランダムで出現する。[EXTREME]を討伐時3連続で出なかった場合4回目で確定。[MANIAC]を1回討伐毎に1回発生する。発生から1時間の時限クエスト。
初回はHELL(Lv70)のみ選択可。HELL(Lv70)討伐成功でHELL(Lv100)解放、HELL(Lv100)討伐成功でHELL(Lv120)解放。


●Lv70ゼノ・ディアボロス(水)、HP650万、最大チャージターン2、麻痺・睡眠無効
残りHP100~51%通常モード時特殊技
ナイトメア・フォール(全体に2ターン睡眠+奥義ゲージ-20%)
残りHP100~51%オーバードライブ時特殊技
ヤウスの脈動(全体に闇属性ダメージ+自分に2ターンダブルアタック率アップ)
残りHP50~21%通常モード時特殊技
エニグマ(ランダムに複数回闇属性ダメージ+最後の攻撃対象に3ターン防御力ダウン)
残りHP50~21%オーバードライブ時特殊技
ゴアブライト(全体に闇属性ダメージ+1ターンアビリティスロウ)
残りHP20%以下モード共通特殊技
葬咎の歌(全体に最大HP30%分の無属性ダメージ)
特殊行動
汚染状態のキャラがいるとディスペイン(単体に闇属性ダメージ+汚染状態を1ターン闇の侵食に変換)
残りHP50%以下で形態が変化(麻痺無効解除、通常攻撃時に汚染状態を付与することがある(付与は弱体無効では防げない)、モードゲージリセット、チャージターンMAX)
汚染状態のキャラがいるとディスペイン(単体に闇属性ダメージ+汚染状態を1ターン闇の侵食に変換)
残りHP25%以下でディスペイン(単体に闇属性ダメージ+汚染状態を1ターン闇の侵食に変換)※チャージターンを消費しない
残りHP20%以下で形態が変化(麻痺無効、睡眠無効解除、通常攻撃が常時全体化、モードゲージリセット、チャージターンMAX)
オーバードライブ時にチャージターンMAX
※「汚染」は敵の強力な攻撃の標的になった状態(アビリティ使用で解除)
※「闇の侵食」は毎ターンHPが減少する状態(消去不可)
※「アビリティスロウ」は使用不可中のアビリティの再使用間隔を1ターン遅らせる(弱体無効で防御可能)

Lv70HELLはLv60のEXTREMEよりHPが低く、EXTREMEに多少苦戦するくらいの戦力でも倒せる。フルチェインバーストが発動できるまで奥義ゲージが溜まったら、強化系アビリティ&召喚→攻撃アビリティ→奥義発動でイッキにダメージを与えるとラク。


●Lv100ゼノ・ディアボロス(水)、HP1700万、最大チャージターン2、麻痺・睡眠無効
残りHP100~51%通常モード時特殊技
ナイトメア・フォール(全体に2ターン睡眠+奥義ゲージ-20%)
残りHP100~51%オーバードライブ時特殊技
ヤウスの脈動(全体に闇属性ダメージ+自分に2ターンダブルアタック率アップ)
残りHP50~21%通常モード時特殊技
エニグマ(ランダムに複数回闇属性ダメージ+最後の攻撃対象に3ターン防御力ダウン)
残りHP50~21%オーバードライブ時特殊技
ゴアブライト(全体に闇属性ダメージ+1ターンアビリティスロウ)
残りHP20%以下モード共通特殊技
葬咎の歌(全体に最大HP30%分の無属性ダメージ)
特殊行動
汚染状態のキャラがいるとディスペイン(単体に闇属性ダメージ+汚染状態を1ターン闇の侵食に変換)
残りHP50%以下で形態が変化(麻痺無効解除、通常攻撃時に汚染状態を付与することがある(付与は弱体無効では防げない)、モードゲージリセット、チャージターンMAX)
残りHP25%以下でディスペイン(単体に闇属性ダメージ+汚染状態を1ターン闇の侵食に変換)※チャージターンを消費しない
残りHP20%以下で形態が変化(麻痺無効、睡眠無効解除、通常攻撃が常時全体化、モードゲージリセット、チャージターンMAX)
オーバードライブ時にチャージターンMAX
※「汚染」は敵の強力な攻撃の標的になった状態(アビリティ使用で解除)
※「闇の侵食」は毎ターンHPが減少する状態(消去不可)
※「アビリティスロウ」は使用不可中のアビリティの再使用間隔を1ターン遅らせる(弱体無効で防御可能)


●Lv120ゼノ・ディアボロス(水)、HP2400万、最大チャージターン2、麻痺・睡眠無効
残りHP100~51%通常モード時特殊技
ナイトメア・フォール(全体に2ターン睡眠+奥義ゲージ-20%)
残りHP100~51%オーバードライブ時特殊技
ヤウスの脈動(全体に闇属性ダメージ+自分に2ターンダブルアタック率アップ)
残りHP50~21%通常モード時特殊技
エニグマ(ランダムに複数回闇属性ダメージ+最後の攻撃対象に3ターン防御力ダウン)
残りHP50~21%オーバードライブ時特殊技
ゴアブライト(全体に闇属性ダメージ+1ターンアビリティスロウ)
残りHP20%以下モード共通特殊技
葬咎の歌(全体に最大HP30%分の無属性ダメージ)
特殊行動
汚染状態のキャラがいるとディスペイン(単体に闇属性ダメージ+汚染状態を1ターン闇の侵食に変換)
残りHP75%以下でヤウスの脈動(全体に闇属性ダメージ+自分に2ターンダブルアタック率アップ)
残りHP50%以下で形態が変化(麻痺有効・睡眠無効、通常攻撃時に汚染状態を付与することがある(付与は弱体無効では防げない)モードゲージリセット、チャージターンMAX)
残りHP25%以下でディスペイン(単体に闇属性ダメージ+汚染状態を1ターン闇の侵食に変換)※チャージターンを消費しない
残りHP20%以下で形態が変化(麻痺無効、睡眠有効で通常攻撃が常時全体化モードゲージリセット、チャージターンMAX)
残りHP20%以下で葬咎の歌(全体に最大HP30%分の無属性ダメージ)
オーバードライブ時にチャージターンMAX
オーバードライブ時のチャージターンMAX後にチャージターンMAX
※「汚染」は敵の強力な攻撃の標的になった状態(アビリティ使用で解除)
※「闇の侵食」は毎ターンHPが減少する状態(消去不可)
※「アビリティスロウ」は使用不可中のアビリティの再使用間隔を1ターン遅らせる(弱体無効で防御可能)

第三形態の特殊行動「オーバードライブ時にチャージターンMAX」発動後に、さらにもう一度チャージターンMAXが発動するため、最悪の場合「葬咎の歌」を3連続で発動され全滅する可能性がある。形態変化時にモードゲージリセットされ、そこからHPを10%程減らすとオーバードライブする。そのため残りHP21%付近まで減らしたらフルチェインで一気に10%以下へまで減らすのが無難。使い方を誤らなければ睡眠も時間稼ぎになる。


マルチバトル
●Lv100ゼノ・ディアボロス(水)、HP1億1000万、最大チャージターン2、麻痺・睡眠無効
残りHP100~51%通常モード時特殊技
ナイトメア・フォール(全体に2ターン睡眠+奥義ゲージ-20%)
残りHP100~51%オーバードライブ時特殊技
ヤウスの脈動(全体に闇属性ダメージ+自分に2ターンダブルアタック率アップ)
残りHP50~21%特殊技
エニグマ(ランダムに複数回闇属性ダメージ+最後の攻撃対象に3ターン防御力ダウン)
残りHP20%以下モード共通特殊技
葬咎の歌(全体に最大HP30%分の無属性ダメージ)
特殊行動
オーバードライブ時にチャージターンMAX
汚染状態のキャラがいるとディスペイン(単体に闇属性ダメージ+汚染状態を1ターン闇の侵食に変換)
残りHP50%以下で形態が変化(麻痺有効・睡眠無効、通常攻撃時に汚染状態を付与することがある(付与は弱体無効では防げない)モードゲージリセット、チャージターンMAX)、真の力解放
残りHP25%以下でディスペイン(単体に闇属性ダメージ+汚染状態を1ターン闇の侵食に変換)※チャージターンを消費しない
残りHP20%以下で形態が変化(麻痺無効、睡眠有効で通常攻撃が常時全体化モードゲージリセット、チャージターンMAX)、真の力解放
オーバードライブ時にチャージターンMAX
残りHP10%以下でチャージターンMAX
※「汚染」は敵の強力な攻撃の標的になった状態(アビリティ使用で解除)
※「闇の侵食」は毎ターンHPが減少する状態(消去不可)
※「アビリティスロウ」は使用不可中のアビリティの再使用間隔を1ターン遅らせる(弱体無効で防御可能)

他のゼノシリーズを比べHPが多く、光にはセラフィックウェポンが存在しないことからしぶとい印象を受ける。残りHP50%~25%は麻痺が有効なのでタイミングを合わせてソーン (SSR)の麻痺を狙い、一気に削りたい。

マルチバトルではトレハンは不要
ゼノ~のマルチバトルではトレハンをはじめとしたドロップアップ効果を使う意味は非常に低いため、他の弱体を優先して付与したい(六道武器は赤箱からしかドロップせず、HELL素材や真なるアニマはドロップ率100%箱からの抽選であるため。四大天司マルチでのアニマと同様)ドロップアップ効果があるのは箱4の虹星晶と箱6の討滅SSR武器・召喚石・栄光の証のみ)。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

キーワードでブログ内を検索
「イメージ化」「向かい飛車」「有馬記念」など、当ブログで見たい記事の単語を入力して下の検索ボタンをクリックしてください。
ディスプレイが大きくテレビゲーム機のモニターとしても使用可能
■富士通 FMV LIFEBOOK NH90/D2 2019年発売。以前使っていたPCが壊れたのでコレに買い替えたのだが、まず電源を入れた時の起動の速さ(10秒程度)に驚かされる。液晶ディスプレイは17.3インチと大きく、HDMI入力端子がついているためPS3などのテレビゲーム機のモニターとしても使用可能なのが嬉しい。CPUはCore i7、メモリは8GB(最大32GB)、ストレージ容量はSSD 256GB+HDD 1TB、Microsoft Office 2019あり。発売当時のノートPCの中では最上級のスペックで、エロゲとブラウザと文書作成がメインの人間には充分すぎる。欠点はファンの音がうるさいことくらいで、エロゲや映画を楽しむときはイヤホンを使えば問題ない。私が買ったのは2019年12月で、その時は税込み20万円だった。2021年2月現在でAmazonでは16万4360円。オススメ。
PS2やPS1を実機でプレイしている人には超オススメ
■POUND PS2 & PS1 専用 HDMI変換コンバータ HD LINK CABLE  PS2とPS1に対応しているHDMI変換コンバータ。PS2とPS1本体は480pのRGB信号で映像を出力している(PS1は240pで表示されているゲームがほとんど)のだが、これを720pにアップコンバートしてHDMIに変換出力する。従来のコンポジットAVケーブルに比べると画質は格段によくなるが、PS1ソフトの画質においてはPS3のアップコンバートに劣る。ただし、PS1やPS2専用の特殊コントローラーを使える点ではPS2の方が優れており、PS2やPS1を実機でプレイしている人にはぜひオススメしたい。
バッテリー交換可能なので携帯ゲーム機として
■GALAXY Note 3 SC-01F  2013年10月17日発売。スマホで使う機能が通話、メール、ブラウザ、Youtube、ePSXeくらいという人には非常にオススメ。携帯電話としてではなく携帯PS1エミュレータとして使うのもいい。「バッテリーが自分で交換可能」なのが非常に大きく、私は2014年10月に購入して以来、バッテリー交換しながら7年以上経った今でも使い続けている。アップデートでOSをAndroid5.0にできるので、SDカードに書き込みもできるのも○。コレを買うなら予備のバッテリーもいくつか一緒に買うことをすすめる。PS1エミュレータ用に買うなら、端末のストレージが32GBしかないので64GBのSDカードもぜひ買っておきたい。
値下がりして充分な高性能だが…
■Galaxy Note8 SC-01K  2017年10月26日発売。ディスプレイは6.3インチで、GALAXY Note 3と比べてタテに18mmほど長くなった。ブラウザやメールを使う場合には断然見やすく使いやすい。CPUはSnapdragon 835、ストレージ64GB、メモリ6GB。一般的な使い方をするぶんには充分過ぎるスペックであり、「グランブルーファンタジー」「オルタナティブガールズ2」といったゲームを最高画質設定にしても快適にプレイできる。ただし「バッテリー交換ができない」ため、発売時期を考えると今後長く使っていけるという点においてはGalaxy Note3に劣る。
ステレオスピーカーと本体ストレージ512GBは大きな魅力
■Samsung Galaxy Note 9 2018年10月発売。まだ実際に購入していないのでWebサイトでスペックを見ての想像だけで書いているが、Note8に比べてディスプレイがさらに大きく(6.4インチ)、メモリー8GB、ステレオスピーカー搭載、SペンにBluetooth機能がついたりと全ての部分で上位機種となっている。特にスゴいのが本体ストレージ512GB。最大512GBのmicroSDカード対応で、最大で合計1TBのストレージを利用することができるのは大きな魅力。スマホでたくさんのゲームを遊びたいという人は、とにもかくにも買いたい端末。
カテゴリ一覧
最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

♪みほぴょん

Author:♪みほぴょん
初代プレイステーションのゲームをより快適に遊ぶ方法の紹介と、競馬予想。

★各サイトのハンドル★
モバゲー:♪みほぴょん
GREE:♪みほぴょん
mixi:男の娘好きみほぴょん(mixiキーワード:♪みほぴょん)
Twitter:♪みほぴょん@mihopyonpyon
将棋ウォーズ:mihopyon

※SNSはROMがほとんどです。個人的なメッセージはこのブログのコメント機能でお願いします。

Amazon:♪みほぴょん
Google:debeso kerokero

※AmazonとGoogleは購入して印象に残った商品およびアプリのレビューを書いています。

ブロとも申請
ブロとも申請(友達申請)は100%許可しています。

♪みほぴょんにブロとも申請する

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
715位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
135位
アクセスランキングを見る>>
友達リスト

ロードアの場土采果

マイナーゲーム攻略サイトもどき