fc2ブログ

グランブルー攻略202 ロボミ外伝

Cygamesが2018年配信予定のスマホ用ゲーム「ウマ娘 プリティーダービー」がスゴい。

公式サイト「ウマ娘 プリティーダービー


まだ正式にゲームが配信されていないのに、4月からアニメ放送開始、マンガ発売、キャラソンCD発売まで予定されているということや、上記の公式サイトで見ることができる大量のイラストの力の入れっぷりからも、Cygamesの本気度がうかがえる。

ゲーム内容としては、簡単に言えば「従来の競走馬育成ゲームの競走馬を擬人化して女の子にしてみました」ってことなのだが、何より驚いたのが実際のゲーム画面の動画。私はどうせ女の子は2Dだろうと思って「へー、擬人化ね…」程度に思っていたのだが、3D。それも、家庭用ゲーム並みの高クオリティ3Dモデルで、それがなめらかに可愛らしく動く!!



この手の美少女ゲームが好きな人であればこのゲーム画面動画を見て「やってみたい!」とまず思うハズ。それくらい圧倒的なグラフィック。そしてレース画面も、従来の競走馬育成ゲームのウマが女の子に変わって走るだけで、こんなに萌えゲーになるもんだなと感心してしまった。動画の終盤に流れる、アイドルマスターみたいなシーンも「あ~、ゲーム内にこういう要素を入れればキャラソンCDなんかでも売っていけるよなー、さすがCygamesだ」と思った。

最強のゲーム機はスマホだと大マジメに思っている私には、スマホ用のゲームってことが何より嬉しい。あとはゲーム性だよな、やっぱり。肝心のゲームがつまらなかったら、せっかくのマルチメディア展開もコケてしまうと思うのだ。

Cygamesは「グランブルーファンタジー」でスマホ用ソーシャルRPGのひとつの完成形を見せたと思うので、次はスマホ用美少女ゲーのジャンルでも成功を見せて欲しい。実際のゲームが配信される前ではあるが、あんなスゴい動画を見せられては期待せずにいられない。


2016年7月に配信された「ロボミ&ロボミ外伝」のうち、「ロボミ外伝」のリニューアル復刻。なお、「ロボミ」はサイドストーリーでプレイ可能。

※以下は攻略wikiを編集したものを掲載


ロボミ外伝(2018/3/24 17:00~3/30 20:59)

■イベント限定キャラクター
イベント期間中は「シロウ (SR・光)」が加入。
イベント終了までに信頼度をMAX(750)にすると正式加入。イベント終了までに信頼度が750に到達していなかった場合、イベント終了後に仲間から外れ、編成することができなくなる。信頼度はパーティーメンバー(サブでも可)にシロウを編成した状態でクエストをクリアすると獲得できる。


■イベント限定報酬
ギガントアームズ(SSR銃・闇):スキルは通常攻刃(大)。メカニックのメイン装備用に1本確保しておいてもよい。

エレクトロアックス (SR斧・闇):スキルは通常攻刃(中)。闇属性SSR武器を持っていない人はつなぎに使ってもいい。

エレクトロハープ (SR楽器・闇):スキルは通常守護(中)なので、メイン用の闇楽器を持っていない人がつなぎにする程度。闇楽器は常設クエストで入手可能なセレストハープ・マグナ(SSR)がある。

超鋼巨人・ゴッドギガンテス (SSR召喚石・光):召喚効果の「弱体耐性ダウン」はイベント限定召喚石としては唯一。トール(SSR召喚石・光)の「全体にステータス大幅ダウン(再召喚不可)」の下位互換なので、トールを持っていれば必要なし。


■前回開催の「ロボミ外伝(1回目)」からの変更点
イベントストーリーのクリア状況をリセット。
難易度MANIACを追加、チャレンジクエストを削除。
難易度HELLのフェローバトルを削除。
「戦貨ガチャ」「貢献度報酬」「討伐章報酬」がなくなり、「トレジャー交換」のみに変更。
難易度HELLのドロップアイテム「ヒヒイロカネ」を「ダマスカス磁性粒子」に差し替え(ドロップ率は「ヒヒイロカネ」より上とされている)
トレジャー交換に「ダマスカス骸晶」(最大3個)、「レジェンドガチャチケット」(最大3個)、「プシュケー」(1個)、「玉鋼」(1個)を追加。
トレジャー交換に「栄冠の指輪」「覇業の指輪」を追加。
プシュケーのトレジャー交換での必要トレジャー数をこれまでの復刻リニューアルイベントの半分になるよう変更。


■イベントクエスト
イベントクエストは初回のみAP消費なし。
イベントクエスト第1話エピソード2はシロウ、ロボミを編成していないことが開始条件。
イベントクエスト第2話エピソード1は初回クリア時までシロウを編成していることが開始条件。
イベントクエスト第2話エピソード3は初回クリア時までシロウを編成していることが開始条件。
イベントクエスト第3話エピソード2は初回クリア時までシロウを編成していることが開始条件。
イベントクエスト第3話エピソード3は特別編成(ゲストキャラのシロウ1人)でバトル。
イベントクエスト第4話エピソード2は初回クリア時までシロウを編成していることが開始条件。
イベントクエスト第5話エピソード1、エピソード2、エピソード3、エピソード4は初回クリア時までシロウを編成していることが開始条件。
イベントクエスト第6話エピソード1は初回クリア時までシロウを編成していることが開始条件。
エンディングクリアで台詞集、エクストラクエスト解放。


エクストラクエスト「ロボミ外伝」(シングルバトル)
■難易度VERY HARD
消費AP-20、貢献度2万、信頼度100

2連戦。8回クリアすればイベント限定キャラのシロウを正式加入させられるだけの信頼度を獲得できる。

1戦目
Lv15浮遊壊獣ブコン(闇)、HP4万5000、最大チャージターン2
Lv15発光壊獣マーバ(闇)、HP6万3000、最大チャージターン3
Lv15暴喰壊獣デルマ(闇)、HP5万3000、最大チャージターン3

前回開催時に比べると敵のHPが2倍以上になっているが、プレイヤーの戦力がそれ以上に上がっているので楽勝だろう。

2戦目
Lv30覇壊機獣メカゾゴラ(闇)、HP70万、最大チャージターン2、麻痺・毒・恐怖・魅了無効
通常モード時特殊技
咆哮(全体に闇属性ダメージ+1ターン攻撃力ダウン)
デストロイファング(ランダムに2回闇属性ダメージ)
オーバードライブ時特殊技
火炎放射(ランダムに複数回闇属性ダメージ+全体に3ターン灼熱(500ダメージ)+自分に90秒間過熱(5000ダメージ)
特殊行動
残りHP50%以下で火炎放射(ランダムに複数回闇属性ダメージ+全体に3ターン灼熱(500ダメージ)+自分に90秒間過熱(5000ダメージ)

特殊技に全体攻撃が多いため、シロウなどの「かばう+回避カウンター」の組み合わせを狙う場合は通常攻撃に対して使おう。「咆哮」は攻撃ダウンを付与していれば被ダメージは小さいが、「デストロイファング」はやや威力が大きく被ダメージカットなしだと若干の危険。オーバードライブ時と特殊行動の「火炎放射」は灼熱を付与してくるため、光属性で弱体無効や弱体回復を使えるキャラを加入させていない場合はカタリナを編成して対処しよう。

自分に付与する「過熱」は「灼熱」と同一の扱いのため、ゼタ (SR・光)などの灼熱が発動条件のアビリティに利用することが可能。


■難易度EXTREME
消費AP-30、貢献度7万5000

3連戦。パーティ戦力が低い場合は、3戦目に備えてサイドストーリーで入手できる「ロボミ発進指令」をサブに装備しておくといい。

1戦目
Lv20浮遊壊獣ブコン(闇)、HP13万、最大チャージターン2
Lv20浮遊壊獣ブコン(闇)、HP12万、最大チャージターン2
Lv20暴喰壊獣デルマ(闇)、HP16万、最大チャージターン3

2戦目
Lv20発光壊獣マーバ(闇)、HP16万、最大チャージターン3
特殊行動
戦闘開始時にスーパーソニック(全体に1ターン防御力ダウン)または電磁スパーク(全体に1ターントリプルアタック率ダウン)
Lv20発光壊獣マーバ(闇)、HP16万、最大チャージターン3
Lv20暴喰壊獣デルマ(闇)、HP16万、最大チャージターン3

開始時の特殊行動「スーパーソニック」の防御力ダウンは、効果が1ターンで成功率も低いのであまり気にしなくてよい。1戦目から2戦目に移動している画面でリロードすれば演出をスキップすることもできる。

3戦目
Lv50覇壊神ダイモン(闇)、HP270万、最大チャージターン3、即死無効
通常モード時特殊技
圧倒的なパワー(ランダムに4回闇属性ダメージ+自分に90秒間攻撃力&ダブルアタック率アップ)
驚異的なパワー(全体に闇属性ダメージ+1ターン虚脱(-10%))
オーバードライブ時特殊技
全てを焼き尽くす炎(ランダムに複数回闇属性ダメージ+全体に3ターン防御力ダウン)
特殊行動
残りHP50%以下で圧倒的なパワー(ランダムに4回闇属性ダメージ+自分に90秒間攻撃力&ダブルアタック率アップ)
残りHP25%以下で真の力解放(最大チャージターンが3→2に減少)
残りHP25%以下で全てを焼き尽くす炎(ランダムに複数回闇属性ダメージ+全体に3ターン防御力ダウン)

攻撃対象がランダムの攻撃に対しては、イベント限定キャラのシロウの「かばう+回避カウンター」で被ダメージをゼロにできる。前イベントで加入していればサンダルフォン (SSR)も被ダメージカウンターが可能で好相性。

「圧倒的なパワー」で付与される強化は消去したい。ダブルアタック率アップを消去するだけでも被ダメージをかなり減らせる。


■難易度MANIAC
1日2回まで挑戦可能。四天王+ダイモンとの5連戦。

「シングルEXTREMEボス級の属性が異なる敵四体」+「HELL100近いHPのダイモン」というかなりの長期戦を強いられる。戦力的に厳しいと感じるようであれば初回の称号取得に留め、イベント期間中のノルマ消化からは外していくことも考慮したい。なお長期戦のためJ・J (SR)の各種累積効果が最大限に効力を発揮する。加入済みならば編成するのも一考。

1戦目
Lv70四天王ムスケル(火)、HP250万、最大チャージターン3、即死無効
通常モード時特殊技
雄叫び(全体に火属性ダメージ+自分に60秒間攻撃力アップ+自分に最後に付与された弱体効果を1つ回復)
特殊行動
1ターン目に雄叫び(全体に火属性ダメージ+自分に90秒間攻撃力アップ+自分に最後に付与された弱体効果を1つ回復)
残りHP50%以下で剛断刃(全体に火属性ダメージ)

「雄叫び」による攻撃力アップ中は「剛断刃」の威力がすさまじいことになる。2戦目のウィストムがそこまで脅威ではないので、各種弱体はあまりケチらずに使ってしまってよい。

2戦目
Lv70四天王ウィストム(風)、HP200万、最大チャージターン3、即死無効
通常モード時特殊技
ブラックソニック(ランダムに複数回風属性150ダメージ+最後の攻撃対象に3ターン暗闇)
オーバードライブ時特殊技
リングシャムシール(ランダムに複数回風属性50ダメージ+全体に2ターン毒(500ダメージ))
特殊行動
残りHP50%以下でリングシャムシール(ランダムに複数回風属性50ダメージ+全体に2ターン毒(500ダメージ))

「リングシャムシール」そのものの威力は低いが、毒ダメージは後々響いてくるので何度も喰らう前に倒したい。毒に対処できるなら、ターンを稼いで次の2戦への体勢を整える手もある。

3戦目
Lv70四天王ディジー(土)、HP150万、最大チャージターン2、即死無効
特殊技
メーザーアイ(単体に土属性ダメージ+2ターン石化)
デス・エンド(ランダムに複数回土属性200ダメージ+全体に3ターン防御力ダウン)
特殊行動
残りHP50%以下でデス・エンド(ランダムに複数回土属性200ダメージ+全体に3ターン防御力ダウン)

モードゲージなし。技は単体石化の「メーザーアイ」が厄介なぐらいでそれ以外の被ダメージは低い。シロウを編成している場合は、特殊行動に対して「かばう+回避」を使うとよい。

4戦目
Lv70四天王フィリー(水)、HP150万、最大チャージターン1、即死無効、通常攻撃なし
特殊技
シンフォニックノイズ(全体に水属性ダメージ+3ターン攻撃力ダウン)
サイク・ポーレン(全体に水属性ダメージ+2ターン麻痺)
特殊行動
残りHP50%以下でサイク・ポーレン(全体に水属性ダメージ+2ターン麻痺)

モードゲージなしで最大チャージターン1。特殊技「サイク・ポーレン」は2ターン麻痺のため対策必須。特殊行動発動前にフルチェインで倒さない場合、最低でもグラビティか弱体無効はないと厳しいものがある。

5戦目
Lv75覇壊神ダイモン(闇)、HP1520万、最大チャージターン3、即死無効
通常モード時特殊技
驚異的なパワー(全体に闇属性ダメージ+1ターン虚脱(-10%))
圧倒的なパワー(ランダムに4回闇属性ダメージ+自分に90秒間攻撃力&ダブルアタック率アップ)
オーバードライブ時特殊技
全てを焼き尽くす炎(ランダムに複数回闇属性ダメージ+全体に3ターン防御力ダウン)
特殊行動
残りHP50%以下で全てを焼き尽くす炎(ランダムに複数回闇属性ダメージ+全体に3ターン防御力ダウン)
残りHP25%以下で真の力解放(最大チャージターンが3→2に減少)

通常モード時の「驚異的なパワー」以外の特殊技はシロウのかばう回避で被ダメージをゼロにできる。


■難易度HELL
消費AP0、貢献度2万5000

四天王4人と覇壊神ダイモンの5連戦。充分な準備をして挑戦したい。1回目の配信時に比べて①HPが高い、②1~2戦目の最大チャージターンが少ない、③1~4戦目に即死無効が追加、④特殊行動の被ダメージが下がった、などの変更点がある。

HELL攻略のポイントは特殊行動対策。5体とも残りHP50%以下で特殊行動を発動するので、毎回まともに食らっているようだとクリアは難しい。ホーリーセイバーやカタリナ、オニキスなどの被ダメージカット手段を複数用意しておき被ダメージカットやかばうで耐える、回復量アップ+HP回復で素早く立て直す、攻撃力重視の編成で特殊行動をさせずに倒す、などの戦略が必要。

主人公のジョブは攻撃重視ならスーパースター、防御重視ならHP回復優先でビショップ、回復量は落ちるがHP回復と弱体回復が使えるクレリック、ファランクスII+かばうでランダム攻撃を100%カットできるホーリーセイバーがいいだろう。サブメンバーにエリーゼやソフィアといった蘇生を使えるキャラを編成するのも手だ。

パーティの戦力が低い場合は、サテュロス、キュベレー、ネプチューンといった加護で再生効果を得られる属性で長期戦重視で戦う手もある。ポイントは被ダメージカットを使えるキャラを編成しておくこと。水属性ならシャルロッテ、土属性ならサラがいる。この作戦の場合、四天王は比較的ラクに倒せるがダイモン戦がキツい。光属性以外のキャラだとダイモンに対して弱体効果が成功しにくいし、被ダメージも大きくなるからだ。5戦目に備えてサブ召喚石にヘカトンケイルやシュヴァリエ、オニキスなどを複数装備しておくといいだろう。

高火力が必要になるが、メカニック&フェリ(SSR)の「ヒン・リヒテン」&弱体回復キャラを編成することで1~4戦目を通常攻撃で倒し、5戦目を3チェイン~フルチェインで倒す5ターン周回が可能。火力が高過ぎると3~4人目の奥義ゲージが溜まらないのでうまく調整したい。

1戦目
グラブル645
Lv60四天王ムスケル(火)、HP172万、最大チャージターン2、即死無効
通常モード時特殊技
雄叫び(全体に火属性ダメージ+自分に60秒間攻撃力アップ+自分に最後に付与された弱体効果を1つ回復)
特殊行動
1ターン目に雄叫び(全体に火属性ダメージ+自分に90秒間攻撃力アップ+自分に最後に付与された弱体効果を1つ回復)
残りHP50%以下で剛断刃(全体に火属性ダメージ)

1ターン目の特殊行動「雄叫び」の効果は60秒程度なので、まずは弱体なしで1ターン目の通常攻撃を行い、「雄叫び」発動後に時間経過で効果が消えるのを待つという手もある。特殊行動の「剛断刃」は「雄叫び」よりも発動優先順位が高いため、1ターン目に残りHPを50%以下にできれば特殊行動「雄叫び」の発動は防げる。特殊行動の「剛断刃」は前回配信時は全体に約5000ダメージとかなり強力だったが、今回は上の画像のように威力が下げられている。これくらいなら被ダメージカットなしでも耐えられるだろう。ただし雄叫びの攻撃力アップ効果中は大幅に増加するため、雄叫びを発動させる場合は最後に付与させる弱体をバトルに影響の少ないグラビティにして、発動後は効果が切れるのを待とう

2戦目
グラブル646
Lv60四天王ウィストム(風)、HP140万、最大チャージターン2、即死無効
通常モード時特殊技
ブラックソニック(ランダムに複数回風属性150ダメージ+最後の攻撃対象に3ターン暗闇)
オーバードライブ時特殊技
リングシャムシール(ランダムに複数回風属性50ダメージ+全体に2ターン毒(500ダメージ))
特殊行動
残りHP50%以下でリングシャムシール(ランダムに複数回風属性50ダメージ+全体に2ターン毒(500ダメージ))

前回配信時はリングシャムシールが「ランダムに25回風属性500ダメージ」と非常に強力だったが、今回は威力が10分の1になり、被ダメージカットなしでもラクに耐えられる。再生の加護で戦う場合は通常攻撃メインでターン数を稼ぎ、再生による回復とアビリティの使用間隔回復を図りながらダメージを与えていくといい。

3戦目
グラブル647
Lv60四天王ディジー(土)、HP100万、最大チャージターン2、即死無効
特殊技
メーザーアイ(単体に土属性ダメージ+2ターン石化)
デス・エンド(ランダムに複数回土属性200ダメージ+全体に3ターン防御力ダウン)
特殊行動
残りHP50%以下でデス・エンド(ランダムに複数回土属性200ダメージ+全体に3ターン防御力ダウン)

前回は特殊行動の被ダメージが「ランダムに10回土属性700ダメージ」だった。1~2戦目と同様、HPは増えたが被ダメージは少なくなるよう調整されている。

4戦目
グラブル648
Lv60四天王フィリー(水)、HP100万、最大チャージターン1、即死無効、通常攻撃なし
特殊技
シンフォニックノイズ(全体に水属性ダメージ+3ターン攻撃力ダウン)
サイク・ポーレン(全体に水属性ダメージ+2ターン麻痺)
特殊行動
残りHP50%以下でサイク・ポーレン(全体に水属性ダメージ+2ターン麻痺)

特殊行動で2ターン麻痺を付与されると2ターン後に特殊技でまた2ターン麻痺というループに陥る可能性あり。弱体無効がない場合は攻撃アビリティや奥義を使って1ターンで倒す方がラク。

5戦目
グラブル649
Lv70覇壊神ダイモン(闇)、HP730万、最大チャージターン3、即死無効
通常モード時特殊技
驚異的なパワー(全体に闇属性ダメージ+1ターン虚脱(-10%))
圧倒的なパワー(ランダムに4回闇属性ダメージ+自分に90秒間攻撃力&ダブルアタック率アップ)
オーバードライブ時特殊技
全てを焼き尽くす炎(ランダムに複数回闇属性ダメージ+全体に3ターン防御力ダウン)
特殊行動
残りHP50%以下で全てを焼き尽くす炎(ランダムに複数回闇属性ダメージ+全体に3ターン防御力ダウン)
残りHP25%以下で真の力解放(最大チャージターンが3→2に減少)

1回目の配信時に比べるとHPは2倍以上にアップしている。それでも難易度EXTREMEマルチより少ない。パーティの戦力が低い場合は、オニキスやヘカトンケイルなどの闇属性被ダメージカット手段を複数用意しておき、被ダメージカット状態を維持しながら戦うとラクに倒せる。「圧倒的なパワー」を発動されてしまったら強化効果が切れるのを待とう。

ちなみに2016年7月の初回配信時は、難易度HELLにフェローバトル【覇者】とフェローバトル【栄光】がまだ存在していた。SRキャラ限定の【栄光】は回避カウンターを使えるシロウ、敵対心アップの輿水幸子、かばうを使えるソリッズやバウタオーダが有力候補。Rキャラ限定の【覇者】は当時光属性のRキャラがフェザー、フィラソピラ、ダエッタ、ロザミア、ヴェリトールの5人のみ。クリア報酬が証だけだし、こんな自己満足用のマゾクエストが廃止されたのは当然だろう。


エクストラクエスト「ロボミ外伝」(マルチバトル)
■難易度VERY HARD
グラブル644
消費AP-20、貢献度約2万1000(ソロ討伐時2万6000)、信頼度120
Lv30覇壊機獣メカゾゴラ(闇)、HP420万、最大チャージターン2、麻痺・毒・恐怖・魅了無効
通常モード時特殊技
咆哮(全体に闇属性ダメージ+1ターン攻撃力ダウン)
デストロイファング(ランダムに2回闇属性ダメージ)
オーバードライブ時特殊技
火炎放射(ランダムに複数回闇属性ダメージ+全体に3ターン灼熱(500ダメージ)+自分に90秒間過熱(5000ダメージ)
特殊行動
残りHP50%以下で咆哮(全体に闇属性ダメージ+1ターン攻撃力ダウン)
残りHP25%以下で真の力解放(攻撃力アップ)
残りHP25%以下で火炎放射(ランダムに複数回闇属性ダメージ+全体に3ターン灼熱(500ダメージ)+自分に90秒間過熱(5000ダメージ)

シングルVERY HARDと比べてHPが上がっており、特殊行動の「咆哮」と真の力解放が追加されている。残りHP25%以下の特殊行動「火炎放射」は真の力解放の効果で被ダメージが大きいことに注意したい。


■難易度EXTREME
消費AP-30、貢献度約7万6000、信頼度
グラブル448
Lv50覇壊神ダイモン(闇)、HP980万、最大チャージターン3
通常モード時特殊技
圧倒的なパワー(ランダムに4回闇属性ダメージ+自分に90秒間攻撃力アップ+自分に90秒間ダブルアタック率アップ)
驚異的なパワー(全体に闇属性ダメージ+1ターン虚脱(-10%))
オーバードライブ時特殊技
全てを焼き尽くす炎(ランダムに複数回闇属性ダメージ+全体に3ターン防御力ダウン)
特殊行動
残りHP50%以下で圧倒的なパワー(ランダムに4回闇属性ダメージ+自分に90秒間攻撃力アップ+自分に90秒間ダブルアタック率アップ)
残りHP25%以下で真の力解放(最大チャージターンが3→2に減少)
残りHP25%以下で全てを焼き尽くす炎(ランダムに複数回闇属性ダメージ+全体に3ターン防御力ダウン)

覇壊神ダイモンの正体は羅生門博士の兄、大門。通常攻撃は攻撃力を下限までダウンさせれば850ダメージ前後で、連続攻撃率は低い。

オーバードライブ技と特殊行動の「全てを焼き尽くす炎」はイベント限定キャラのシロウのメガ・スクトゥム(かばう)+スマッシュカウンター(回避カウンター)の同時使用か、ヘカトンケイルやアテナなどの被ダメージカットで耐えてからHP回復で対応しよう。付与される防御力ダウンはEXアビリティをクリアオールにするか、ヨハンやセイランなどの弱体回復を使えるキャラを編成しよう。イベント限定の光属性キャラは他にエリカ、ソフィ、ティアなどがいる。彼女たちとロボミ、シロウを組み合わせて編成すればなんとかなるだろう。被ダメージカットと弱体無効を使えるカタリナを編成しても良い。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

キーワードでブログ内を検索
「イメージ化」「向かい飛車」「有馬記念」など、当ブログで見たい記事の単語を入力して下の検索ボタンをクリックしてください。
ディスプレイが大きくテレビゲーム機のモニターとしても使用可能
■富士通 FMV LIFEBOOK NH90/D2 2019年発売。以前使っていたPCが壊れたのでコレに買い替えたのだが、まず電源を入れた時の起動の速さ(10秒程度)に驚かされる。液晶ディスプレイは17.3インチと大きく、HDMI入力端子がついているためPS3などのテレビゲーム機のモニターとしても使用可能なのが嬉しい。CPUはCore i7、メモリは8GB(最大32GB)、ストレージ容量はSSD 256GB+HDD 1TB、Microsoft Office 2019あり。発売当時のノートPCの中では最上級のスペックで、エロゲとブラウザと文書作成がメインの人間には充分すぎる。欠点はファンの音がうるさいことくらいで、エロゲや映画を楽しむときはイヤホンを使えば問題ない。私が買ったのは2019年12月で、その時は税込み20万円だった。2021年2月現在でAmazonでは16万4360円。オススメ。
PS2やPS1を実機でプレイしている人には超オススメ
■POUND PS2 & PS1 専用 HDMI変換コンバータ HD LINK CABLE  PS2とPS1に対応しているHDMI変換コンバータ。PS2とPS1本体は480pのRGB信号で映像を出力している(PS1は240pで表示されているゲームがほとんど)のだが、これを720pにアップコンバートしてHDMIに変換出力する。従来のコンポジットAVケーブルに比べると画質は格段によくなるが、PS1ソフトの画質においてはPS3のアップコンバートに劣る。ただし、PS1やPS2専用の特殊コントローラーを使える点ではPS2の方が優れており、PS2やPS1を実機でプレイしている人にはぜひオススメしたい。
バッテリー交換可能なので携帯ゲーム機として
■GALAXY Note 3 SC-01F  2013年10月17日発売。スマホで使う機能が通話、メール、ブラウザ、Youtube、ePSXeくらいという人には非常にオススメ。携帯電話としてではなく携帯PS1エミュレータとして使うのもいい。「バッテリーが自分で交換可能」なのが非常に大きく、私は2014年10月に購入して以来、バッテリー交換しながら7年以上経った今でも使い続けている。アップデートでOSをAndroid5.0にできるので、SDカードに書き込みもできるのも○。コレを買うなら予備のバッテリーもいくつか一緒に買うことをすすめる。PS1エミュレータ用に買うなら、端末のストレージが32GBしかないので64GBのSDカードもぜひ買っておきたい。
値下がりして充分な高性能だが…
■Galaxy Note8 SC-01K  2017年10月26日発売。ディスプレイは6.3インチで、GALAXY Note 3と比べてタテに18mmほど長くなった。ブラウザやメールを使う場合には断然見やすく使いやすい。CPUはSnapdragon 835、ストレージ64GB、メモリ6GB。一般的な使い方をするぶんには充分過ぎるスペックであり、「グランブルーファンタジー」「オルタナティブガールズ2」といったゲームを最高画質設定にしても快適にプレイできる。ただし「バッテリー交換ができない」ため、発売時期を考えると今後長く使っていけるという点においてはGalaxy Note3に劣る。
ステレオスピーカーと本体ストレージ512GBは大きな魅力
■Samsung Galaxy Note 9 2018年10月発売。まだ実際に購入していないのでWebサイトでスペックを見ての想像だけで書いているが、Note8に比べてディスプレイがさらに大きく(6.4インチ)、メモリー8GB、ステレオスピーカー搭載、SペンにBluetooth機能がついたりと全ての部分で上位機種となっている。特にスゴいのが本体ストレージ512GB。最大512GBのmicroSDカード対応で、最大で合計1TBのストレージを利用することができるのは大きな魅力。スマホでたくさんのゲームを遊びたいという人は、とにもかくにも買いたい端末。
カテゴリ一覧
最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

♪みほぴょん

Author:♪みほぴょん
初代プレイステーションのゲームをより快適に遊ぶ方法の紹介と、競馬予想。

★各サイトのハンドル★
モバゲー:♪みほぴょん
GREE:♪みほぴょん
mixi:男の娘好きみほぴょん(mixiキーワード:♪みほぴょん)
Twitter:♪みほぴょん@mihopyonpyon
将棋ウォーズ:mihopyon

※SNSはROMがほとんどです。個人的なメッセージはこのブログのコメント機能でお願いします。

Amazon:♪みほぴょん
Google:debeso kerokero

※AmazonとGoogleは購入して印象に残った商品およびアプリのレビューを書いています。

ブロとも申請
ブロとも申請(友達申請)は100%許可しています。

♪みほぴょんにブロとも申請する

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
715位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
135位
アクセスランキングを見る>>
友達リスト

ロードアの場土采果

マイナーゲーム攻略サイトもどき