fc2ブログ

グランブルー攻略194 リペイント・ザ・メモリー

2016年5月に配信された「リペイント・ザ・メモリー」のリニューアル復刻。

※以下は攻略wikiを編集したものを掲載


■イベント限定報酬
夢見の書(SSR杖・水):通常攻刃(大)の水杖。水属性のSSR杖には「ワンド・オブ・ガブリエル」「六道・氷逆天の戦棍」があるがそれぞれ武器スキルが異なる。杖装備編成用や通常攻刃枠用の杖として★3を1つ作ってもよいだろう。

オネイロスダガー (SR短剣・水):スキルは守護なのでつなぎとしても使いづらい。強化素材に使おう。

オネイロスボウ (SR弓・水):スキルは通常攻刃なのでSSRの水属性弓を入手できるまでの弓職メイン武器としては使える。

イケロス (SSR召喚石・水):加護効果は属性攻撃力ではなく、キャラの攻撃力である点に注意(与ダメージの計算式が違う)。召喚効果の追加ダメージは主人公の攻撃力から算出されるため、非常に大きなダメージになることも。


■前回からの変更点
イベントストーリーのクリア状況をリセット。
難易度MANIACを追加。
報酬は、「戦貨ガチャ」「貢献度報酬」「討伐章報酬」がなくなり、「トレジャー交換」に一本化。
難易度HELLのドロップアイテム「ヒヒイロカネ」を「ダマスカス磁性粒子」に差し替え。(ドロップ率は「ヒヒイロカネ」より上とされている)
トレジャー交換に「ダマスカス骸晶」(最大3個)、「レジェンドガチャチケット」(最大3個)、「プシュケー」(1個)、「玉鋼」(1個)を追加。
ショップに「ダマスカス鋼」の在庫を1個追加。
称号「夢を操りし者」の種別、獲得条件を変更。


■イベント限定キャラクター
イベントクエスト第2話クリアで「モルフェとヴェトル (SR・水)」が加入。
イベント終了までに信頼度をMAX(750)にすると正式加入。イベント終了までに信頼度が750に到達していなかった場合、イベント終了後に仲間から外れ、編成することができなくなる。信頼度はパーティーメンバー(サブでも可)にモルフェとヴェトルを編成した状態でクエストをクリアすると獲得できる。


■イベントクエスト
イベントクエストは初回のみAP消費なし。
イベントクエスト第1話エピソード3はゲストキャラのカタリナ1人でのバトルになる。
イベントクエスト第2話クリアで「モルフェとヴェトル (SR・水)」が加入。
イベントクエスト第4話エピソード3はカタリナを編成していることが開始条件。
イベントクエスト第4話エピソード4はラカムを編成していることが開始条件。
イベントクエスト第5話エピソード4はゲストキャラのカタリナとラカムの2人でのバトルになる。
イベントクエスト第6話エピソード2とエピソード3はモルフェとヴェトルを編成していないことが開始条件。
エンディングクリアで台詞集、エクストラクエスト「リペイント・ザ・メモリー」解放。


エクストラクエスト「リペイント・ザ・メモリー」(シングルバトル)
■イケロス討伐戦(VERY HARD)
消費AP-20、貢献度2万

1戦目
LV15ラトルギミック(水)、HP5万7000、最大チャージターン2
LV15ラトルギミック(水)、HP6万5000、最大チャージターン2

2戦目
Lv30イケロス(水)、HP65万、最大チャージターン1
モード共通特殊技
スノットバブル(ランダムに5回水属性800ダメージ+全体に5ターン防御力ダウン)
オーバードライブ時特殊技
ピローファイト(全体に水属性ダメージ+2ターン睡眠)
特殊行動
残りHP50%以下でスノットバブル(ランダムに複数回水属性300ダメージ+全体に5ターン防御力ダウン)

イケロスは最大チャージターン1で、特殊技の「ピローファイト」は2ターン睡眠を付与。スロウ・グラビティなしで挑むと睡眠ループで苦戦する危険がある。弱体無効を使えるキャラか、本イベント限定キャラのモルフェとヴェトルを編成して睡眠対策をとろう。


■オネイロスとの戦い(EXTREME)
消費AP-30、貢献度7万5000

1戦目
Lv20ラトルギミック(水)、HP11万、最大チャージターン2
Lv20ポベートール(水)、HP13万、最大チャージターン3

2戦目
Lv20モルペウス(水)、HP19万、最大チャージターン2、通常攻撃なし
Lv20モルペウス(水)、HP9万、最大チャージターン1、通常攻撃なし
Lv20モルペウス(水)、HP25万、最大チャージターン3、通常攻撃なし

モルペウスは通常攻撃なし。特殊技の「スリープ」「ヤーン」を発動される前に倒したい。

3戦目
Lv50オネイロス(水)、HP195万、最大チャージターン3
モード共通特殊技
ディープスリープ(単体に水属性ダメージ+5ターン睡眠)
サイレントラウド(ランダムに15回水属性の固定700ダメージ+自分に90秒間攻撃力アップ+自分に90秒間ダブルアタック率アップ)
デイドリーム(全体に水属性ダメージ+5ターン弱体耐性ダウン)
特殊行動
残りHP50%以下でデイドリーム(全体に水属性ダメージ+5ターン弱体耐性ダウン)
残りHP25%以下で真の力解放(最大チャージターンが2→1に減少)
残りHP25%以下でサイレントラウド(ランダムに15回水属性の固定700ダメージ+自分に90秒間攻撃力アップ+自分に90秒間ダブルアタック率アップ)

オネイロスは特殊技がいずれも高威力。特に「サイレントラウド」はランダムに複数回の固定ダメージなので、防御力アップや攻撃力ダウンで被ダメージを軽減することができない。HP回復・被ダメージカットを使えるキャラを編成したい。


■オネイロスとの戦い(MANIAC)
消費AP-50、貢献度15万

1戦目
Lv30ラトルギミック(水)、HP56万、最大チャージターン2
特殊技
スリープ(全体に水属性ダメージ+1ターン睡眠)
Lv30ポベートール(水)、HP82万、最大チャージターン2
特殊技
うたたね(自分にHP9999回復+自分に180秒間睡眠)

2戦目
Lv30モルペウス(水)、HP80万、最大チャージターン1、通常攻撃なし
Lv30モルペウス(水)、HP126万、最大チャージターン3、通常攻撃なし
Lv30モルペウス(水)、HP91万、最大チャージターン2、通常攻撃なし
特殊技
スリープ(全体に水属性ダメージ+1ターン睡眠)
ヤーン(単体に水属性ダメージ+混乱)

3戦目
Lv50イケロス(水)、HP400万、最大チャージターン1
モード共通特殊技
ピローファイト(全体に水属性ダメージ+2ターン睡眠)
スノットバブル(ランダムに5回水属性ダメージ+全体に5ターン防御力ダウン)
居眠り(自分に180秒間睡眠+自分に弱体1つ回復)

4戦目
Lv75オネイロス(水)、HP1500万、最大チャージターン2、睡眠無効
モード共通特殊技
ディープスリープ(単体に水属性ダメージ+5ターン睡眠)
サイレントラウド(ランダムに15回水属性の固定700ダメージ+自分に90秒間攻撃力アップ+自分に90秒間ダブルアタック率アップ)
デイドリーム(全体に水属性ダメージ+5ターン弱体耐性ダウン)
特殊行動
オーバードライブ時にチャージターンMAX
残りHP90%以下でサイレントラウド(ランダムに15回水属性の固定700ダメージ+自分に90秒間攻撃力アップ+自分に90秒間ダブルアタック率アップ)
残りHP50%以下でチャージターンMAX
残りHP25%以下で真の力解放
残りHP15%以下でディープスリープ(単体に水属性ダメージ+5ターン睡眠)

MANIACのオネイロスはHELLの1.5倍近いHPを持つ強敵。3戦目までに体勢をしっかり整えておきたい。特殊行動のチャージターンMAXの発動条件が2回あるが、大ダメージを与えて一気にHP50%以下まで削ってオーバードライブさせた場合、まずオーバードライブ時のチャージターンMAXが発動し、その後こちらが何か行動すると残りHP50%以下のチャージターンMAXが発動する。2回目のチャージターンMAXを発動させる前に「攻撃」ボタンでターンを進めたり、スロウアビリティを使ったりすると余計に特殊技を食らうことになるので注意したい。


■難易度HELL
消費AP-0、貢献度2万5000
Lv70オネイロス(水)、HP920万、最大チャージターン2
通常モード・オーバードライブ時特殊技
ディープスリープ(単体に水属性ダメージ+睡眠)
サイレントラウド(ランダムに15回水属性の固定999ダメージ+自分に攻撃力アップ+自分にダブルアタック率アップ)
デイドリーム(全体に水属性ダメージ+弱体耐性ダウン)
特殊行動
オーバードライブ時にチャージターンMAX
残りHP50%でデイドリーム(全体に水属性ダメージ+5ターン弱体耐性ダウン)

2016年の1回目の配信時は3連戦だったが、1戦のみに変更されている。ちなみに2016年はまだ難易度HELLにフェローバトルがあり、クリアするとSRキャラまたはRキャラのみのパーティ編成制限があるマゾ仕様のHELLに挑戦できた。


エクストラクエスト「リペイント・ザ・メモリー」(マルチバトル)
■難易度VERY HARD
グラブル441
Lv30イケロス(水)、HP300万、最大チャージターン1、消費AP-20、貢献度約1万7000、信頼度
モード共通特殊技
ピローファイト(全体に水属性ダメージ+2ターン睡眠)
スノットバブル(ランダムに5回水属性ダメージ+全体に5ターン防御力ダウン)
居眠り(自分に180秒間睡眠+自分に弱体1つ回復)
特殊行動
残りHP50%以下でスノットバブル(ランダムに複数回水属性800ダメージ+全体に5ターン防御力ダウン)

イケロスは星晶獣オネイロスのペットで、イベントクエスト第3話ではオネイロスの見せる悪夢の中でカタリナとラカムの扉を守っていた。

2016年の時と違い、特殊行動が追加されている。最大チャージターンが1しかないため、無対策では2ターンおきに特殊技を食らう羽目になる。ダークフェンサーで特殊技発動を遅らせながら戦うといいだろう。ピローファイトを連続で発動されると危険なので、弱体無効や弱体回復を使えるキャラ、もしくはイベント限定キャラのモルフェとヴェトル(サポートアビリティで「睡眠」無効、味方の睡眠を回復するアビリティを使える)を編成しよう。ブレイク時間が長いので、ブレイクさせればそのまま押し切れる。

※弱体無効を使えるキャラ
マギサ(SSR・火)、カタリナ(SR・水)、アルルメイヤ(SSR・土)、ラムレッダ(SSR・土)、セルエル(SSR・光)、ヴィーラ(SSR・闇)

モルフェとヴェトルは奥義が敵味方全体に睡眠付与なのと、弱体回復で睡眠を回復する場合は弱体回復を使えるキャラが睡眠になると回復できなくなる点に注意。モルフェとヴェトルは2~3人目に編成すると、奥義発動時に3~4人目が睡眠状態になってそのターン攻撃できなくなる。フルチェインバーストを狙う場合は4人目に編成すること。


■難易度EXTREME
グラブル443
Lv50オネイロス(水)、HP850万、最大チャージターン2、消費AP-30、貢献度約7万6000、信頼度476
通常モード・オーバードライブ時特殊技
ディープスリープ(単体に水属性ダメージ+5ターン睡眠)
サイレントラウド(ランダムに15回水属性の固定700ダメージ+自分に90秒間攻撃力アップ+自分に90秒間ダブルアタック率アップ)
デイドリーム(全体に水属性ダメージ+5ターン弱体耐性ダウン)
特殊行動
残りHP50%以下でデイドリーム(全体に水属性ダメージ+5ターン弱体耐性ダウン)
残りHP25%以下で真の力解放(最大チャージターンが2→1に減少)

星晶獣オネイロス。その正体はモルフェの姉、ヴェトルだった。

通常攻撃はダークフェンサーのミゼラブルミスト+アローレインIIIで下限まで攻撃力を下げれば700~800ダメージ程度。「ディープスリープ」は単体攻撃ではあるが睡眠の効果時間が5ターンと長く、放置しておくと次の特殊技で大ダメージを食らいかねない。「サイレントラウド」は固定ダメージのため防御力アップでは被ダメージを軽減できない(被ダメージカットは有効)。「デイドリーム」は攻撃力下限でも2000前後のダメージ。タイミングが悪いと特殊行動の「デイドリーム」と特殊技を連続で食らってしまうので気を付けよう。パーティの戦力が低いうちはチャージターンがたまった状態で特殊行動を発動させてチャージターンをリセットするといい。

戦力が低いうちは、被ダメージカットが使えるサラ(SSR)とガラドア(SR)、弱体無効とスロウが使えるアルルメイヤ(SSR)、弱体無効が使えるラムレッダ(SR)、弱体耐性アップが使えるジャスミン(SR)などがオススメ。サブ召喚石にアクアマリンやアテナを装備しておき、特殊技の発動ターンに合わせて使うと被害を大きく軽減することが出来る。クアドリガと★3アクアマリンを併用すると水属性ダメージ100%カットになる。

※被ダメージカットを使えるキャラ、召喚石
サラ(SSR・土)のクアドリガ/被ダメージ50%カット
カタリナ(SR・水)のライトウォール/被ダメージ40%カット
ゴッドガード・ブローディア(SSR・土)/被ダメージ70%カット、★3で100%カット
カーバンクル・アクアマリン(SR・水)/水属性ダメージ25%カット、★3で50%カット
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

キーワードでブログ内を検索
「イメージ化」「向かい飛車」「有馬記念」など、当ブログで見たい記事の単語を入力して下の検索ボタンをクリックしてください。
ディスプレイが大きくテレビゲーム機のモニターとしても使用可能
■富士通 FMV LIFEBOOK NH90/D2 2019年発売。以前使っていたPCが壊れたのでコレに買い替えたのだが、まず電源を入れた時の起動の速さ(10秒程度)に驚かされる。液晶ディスプレイは17.3インチと大きく、HDMI入力端子がついているためPS3などのテレビゲーム機のモニターとしても使用可能なのが嬉しい。CPUはCore i7、メモリは8GB(最大32GB)、ストレージ容量はSSD 256GB+HDD 1TB、Microsoft Office 2019あり。発売当時のノートPCの中では最上級のスペックで、エロゲとブラウザと文書作成がメインの人間には充分すぎる。欠点はファンの音がうるさいことくらいで、エロゲや映画を楽しむときはイヤホンを使えば問題ない。私が買ったのは2019年12月で、その時は税込み20万円だった。2021年2月現在でAmazonでは16万4360円。オススメ。
PS2やPS1を実機でプレイしている人には超オススメ
■POUND PS2 & PS1 専用 HDMI変換コンバータ HD LINK CABLE  PS2とPS1に対応しているHDMI変換コンバータ。PS2とPS1本体は480pのRGB信号で映像を出力している(PS1は240pで表示されているゲームがほとんど)のだが、これを720pにアップコンバートしてHDMIに変換出力する。従来のコンポジットAVケーブルに比べると画質は格段によくなるが、PS1ソフトの画質においてはPS3のアップコンバートに劣る。ただし、PS1やPS2専用の特殊コントローラーを使える点ではPS2の方が優れており、PS2やPS1を実機でプレイしている人にはぜひオススメしたい。
バッテリー交換可能なので携帯ゲーム機として
■GALAXY Note 3 SC-01F  2013年10月17日発売。スマホで使う機能が通話、メール、ブラウザ、Youtube、ePSXeくらいという人には非常にオススメ。携帯電話としてではなく携帯PS1エミュレータとして使うのもいい。「バッテリーが自分で交換可能」なのが非常に大きく、私は2014年10月に購入して以来、バッテリー交換しながら7年以上経った今でも使い続けている。アップデートでOSをAndroid5.0にできるので、SDカードに書き込みもできるのも○。コレを買うなら予備のバッテリーもいくつか一緒に買うことをすすめる。PS1エミュレータ用に買うなら、端末のストレージが32GBしかないので64GBのSDカードもぜひ買っておきたい。
値下がりして充分な高性能だが…
■Galaxy Note8 SC-01K  2017年10月26日発売。ディスプレイは6.3インチで、GALAXY Note 3と比べてタテに18mmほど長くなった。ブラウザやメールを使う場合には断然見やすく使いやすい。CPUはSnapdragon 835、ストレージ64GB、メモリ6GB。一般的な使い方をするぶんには充分過ぎるスペックであり、「グランブルーファンタジー」「オルタナティブガールズ2」といったゲームを最高画質設定にしても快適にプレイできる。ただし「バッテリー交換ができない」ため、発売時期を考えると今後長く使っていけるという点においてはGalaxy Note3に劣る。
ステレオスピーカーと本体ストレージ512GBは大きな魅力
■Samsung Galaxy Note 9 2018年10月発売。まだ実際に購入していないのでWebサイトでスペックを見ての想像だけで書いているが、Note8に比べてディスプレイがさらに大きく(6.4インチ)、メモリー8GB、ステレオスピーカー搭載、SペンにBluetooth機能がついたりと全ての部分で上位機種となっている。特にスゴいのが本体ストレージ512GB。最大512GBのmicroSDカード対応で、最大で合計1TBのストレージを利用することができるのは大きな魅力。スマホでたくさんのゲームを遊びたいという人は、とにもかくにも買いたい端末。
カテゴリ一覧
最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

♪みほぴょん

Author:♪みほぴょん
初代プレイステーションのゲームをより快適に遊ぶ方法の紹介と、競馬予想。

★各サイトのハンドル★
モバゲー:♪みほぴょん
GREE:♪みほぴょん
mixi:男の娘好きみほぴょん(mixiキーワード:♪みほぴょん)
Twitter:♪みほぴょん@mihopyonpyon
将棋ウォーズ:mihopyon

※SNSはROMがほとんどです。個人的なメッセージはこのブログのコメント機能でお願いします。

Amazon:♪みほぴょん
Google:debeso kerokero

※AmazonとGoogleは購入して印象に残った商品およびアプリのレビューを書いています。

ブロとも申請
ブロとも申請(友達申請)は100%許可しています。

♪みほぴょんにブロとも申請する

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
570位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
98位
アクセスランキングを見る>>
友達リスト

ロードアの場土采果

マイナーゲーム攻略サイトもどき