グランブルー攻略181 四象降臨

※以下は攻略wikiを編集したものを掲載。


■前回からの変更点
ショップのトレジャー交換に「ヒヒイロカネ」の在庫を1個追加。
四象の輝き交換に「クロム鋼」の在庫を15個追加。


■初心者向けガイド
イベントバトル、イベントマルチバトルで獲得した「四象の輝き」「討伐章」を交換して報酬を獲得できる。

マルチバトルで敵の残りHPが多い時に参戦すれば攻撃力、HP、輝き獲得量アップ。敵の残りHPが少ないときは必要BPがダウン。貢献度による輝きの倍率は宝箱から獲得できた四象の輝きと参戦タイミングボーナスの合算に適用される。

輝きボーナスタイム中はクエストで得られる「四象の輝き」がEXTREME以下は1.2倍、EXTREME+なら1.5倍になるのでうまく活用しよう。輝きボーナスタイムのスケジュールは、イベントTOPページの「BonusTime」から確認できる。輝きボーナスタイムのスケジュールは、全てのユーザーグループ共通で毎日0時に更新される。

デイリーミッションは報酬がクロム鋼なので毎日クリアしておきたい。ミッション内容はイベントマルチバトルのEXTREME討伐戦を各5回クリアすること。EXTREMEは自分で発見して救援依頼を出してもいいが、初心者はほとんど貢献度を稼げないため他人の救援要請から参戦する方がいいだろう。

初心者はクリアできる最高難易度のイベントバトルを周回するのが基本。前述した輝きボーナスタイムで指定された敵を倒すとより多く輝きを獲得できる。また、必要BPが1の救援依頼があったら積極的に参戦して輝きを稼ごう。他人に倒してもらうつもりでEXTREME+を発見するのは時間切れになる可能性が高いためオススメできない。


●初心者が優先的に獲得したい四象交換報酬

SSR武器「玄武甲槌」「青竜牙矛」「白虎咆拳」「朱雀光剣」(それぞれ、水/風/土/火属性の斧/槍/格闘武器/刀、輝き3万)とトレジャー「玄武印符」「青竜印符」「白虎印符」「朱雀印符」(輝き1万5000)
これらのSSR武器は最初から3段階まで解放済み、武器スキル「攻刃(大)」つき (最終上限解放で「攻刃II」になる。最終上限解放には対応する「印符」が必要)。交換に必要な輝き数が多く初心者には厳しい目標だが、入手できれば長く使える武器になるハズ。

ルピ、エリクシールハーフ、ソウルシード、栄光の証、覇者の証
他イベントよりも短時間でかつ大量に獲得出来る。消耗品なので出来るだけ多く獲得したい。

SSR武器「フローレンベルク」(火属性の短剣、輝き1万)
3段階まで上限解放済み、MAX攻撃力2000以上の武器。武器レベルをLv100にすると習得できるスキル「獲得貢献度10%アップ」はストーリーイベントの貢献度報酬を獲得しやすくなる(復刻イベントでも有効)。古戦場イベントでは貢献度アップ効果の対象外になったため、取得優先順位は朱雀/玄武/白虎/青竜武器の方が上。また、どうしても火属性のSSR短剣が欲しいのであればサイドストーリーとして常設された降焔祭で不死鳥の嘴刃が交換入手できる。不死鳥の嘴刃は攻撃力1930だが守護スキルがあるので、火属性編成で使うならフローレンベルクより高性能といえる。

クロム鋼
十天衆の入手に必要なアイテム。四象イベントは開催が不定期なため十天衆を入手したい人は集めておきたい。

Sレア武器確定ガチャチケット
キャラ解放以外のSR武器の可能性もあり、また使用してもSSR武器は手に入らない事が確定しているので不要。

「四象の輝き」は次回の四象降臨に持ち越されるので、欲しい報酬に届かなくても可能な限り貯めておこう (上限3万)。

備考
討伐章報酬で得られるアネモイの銀琴は、スキルの「修練の心得」(獲得経験値5%アップ)が便利で共闘でスライム爆破などのレベリングするつもりなら必須。ただし次回開催までに共闘レベリングするつもりがないなら輝き交換で獲得するほどのものではない。SSRLv1相当のスキル値(固定値)があるので、いらなくなればスキルレベルアップの素材やエレメント化してもよいのでムダになることはない。救援を主体に輝きを集めている場合には青竜討伐章100枚での獲得を目指すとよいだろう。

同じく討伐章報酬で得られるセプティアンバーナーのスキル「繁栄の祭火」はレア度低~中のアイテムドロップを狙う際にとても便利。こちらも1つは確保しよう。


■初心者向け攻略(1人用イベントバトル:VERY HARDまで)
「四象の輝き」および「討伐章」はソロ用のイベントバトルでも獲得できる。時間帯や時期によりマルチバトルが時間切れになる可能性もあるので、初回クリア報酬の星晶石GETも兼ねてイベントバトルVERY HARDまで一通りクリアしつつ、自分が周回しやすい属性を探そう。難易度VERY HARDまでならメインクエストとイベント限定で加入するSRキャラだけで充分クリアできる。

デイリーミッションやボーナスタイムがあるためマルチバトルに参加するプレイヤーは多い。特に22時~24時はアサルトタイムに設定している騎空団が多いため、プレイヤーが集中しやすい。マルチバトルの回転も速く、この時間帯に自発して救援依頼を出せば参戦してもらいやすい。騎空団内や同じグループのフレンド同士で協力し合える体制があると良いかもしれない。マルチバトルのソロクリアが厳しい場合は、プレイ人数の少ない時間帯は無理な自発は避けてVERY HARDの周回を検討しよう。


■中級者向け攻略(EXTREMEソロ狙い時の注意点)
発見者には攻撃力とHPに25%の強化ボーナスがかかるためより有利に戦える(初期参戦者には各15%)。また、武器スキルの方陣・攻刃、アンノウンATK、召喚石の加護の属性攻撃力アップ、カーバンクル召喚時の属性攻撃力アップ、ペトラ(SSR)のアビリティ「エレメンタルブレス」はより高い効果を発揮する。逆にレイジ等の攻撃力アップアビリティは強化ボーナスの影響で前述の強化効果に比べると効果が低い。

ソロ討伐を狙う際に気をつけておきたいのは、朱雀、玄武、白虎、青竜ともに真の力解放後は攻撃力が大幅にアップするということだ(厳密には残りHPが25%未満になったと同時に攻撃力アップになるため、「真の力を解放した」という表記が出る前になる)。対策としては、まず残りHPが25%以下になる直前のところから各種強化効果→フルチェインバーストを発動し、少しでも真の力解放状態の時間を短くすること。そして、各ボスの属性に対応した被ダメージカット手段を真の力解放後のために残しておくこと。特に☆3カーバンクルは3ターンの間被ダメージ50%カットなので非常に心強い。パーティの戦力がソロでボスのHPを半分以下にできないほどで、なおかつ救援依頼しても参戦を期待できないようであればムリにEXTREMEを自発せず、難易度VERY HARD以下を繰り返そう。


■四象の試練
四大天司の試練と同様、有利属性以外の攻撃に強い耐性がある。発見には四神に対応した印符を1つ消費する(印符を1枚も所持していない場合、入口のバナーが表示されない)。

ドロップ報酬で、武器スキル追加に使用するトレジャーを入手できる。〇〇の霊宝は1~3個ドロップ。トレハン使用で高確率で金箱が2個以上になるので、発見条件を考えるとトレハン必須。霊宝が入っている金箱の1つは〇〇の札と枠を共有しているものがある。トレハンや雫などで確率アップしていないと霊宝1個だけになりかねない。エリクシールを使ってでもトレハンを使った方が結局は楽になる。運が良ければ2回の挑戦で霊宝5個入手できるが、ドロップする金箱の数や金箱の中身が札だったりすると3回以上の挑戦が要る。

四象の試練を討伐すると「四象の水晶」が最大まで輝く。よって試練に挑戦するのはEXTREME+発見後の方がお得。

●挑戦に必要なトレジャー一覧
朱雀の試練 朱雀印符を1個消費
玄武の試練 玄武印符を1個消費
白虎の試練 白虎印符を1個消費
青竜の試練 青竜印符を1個消費

四象の試練では後述の「武器スキル追加」に使用するトレジャーが入手できる。「武器スキル追加」は特定の武器に対し、複数の中から一つ選択してスキルが付与できる。対象武器は「朱雀光剣」「玄武甲槌」「白虎咆拳」「青竜牙矛」。

●スキル追加方法
「ショップ」>「トレジャー交換」に追加された各種「秘文書」を使用する事で、スキルが追加可能。
※アイテムのアイコンをタップする事で、そのアイテムで追加できるスキルを確認する事ができる
秘文書は「トレジャー交換」>「アイテム・装備」内の「育成アイテム」より入手可能。手に入れた秘文書は「MENU」>「アイテム」の「育成アイテム」より使用可能。


朱雀
●難易度NORMAL~VERY HARD
難易度NORMAL:推奨戦力★6
難易度HARD:推奨戦力★12
難易度VERY HARD:推奨戦力★16
メインクエストやイベント限定で加入させられる水属性キャラは、メインクエストがカタリナ(SR)、イオ(SR)の2人。イベント限定が凛(SR)、ヴェイン(SR)、瑞樹(SR)、ロミオ(SR)、シグ(SR)、ペンギー(SR)、春麗(SR)、薫(SR)、ナーガ(SR)、ランスロット(SR)、ローアイン(SR)など。火属性耐性ダウンを付与されるとその後の通常攻撃で大ダメージを受けるため、弱体無効か弱体回復の最低どちらかは欲しいところ。メインスクエストおよびイベント限定キャラでは、カタリナのディスペルマウント(弱体無効)、イオのクリア(弱体回復)、瑞樹のアンチエイジング(弱体回復)の3人が該当。中でもカタリナは被ダメージカットを使えるので役立つ。シャルロッテやリリィを加入させていない場合は優先して編成しておきたい。

1戦目
ジャターユ(火)、最大チャージターン1
カバンダ(火)、最大チャージターン3
サーラメーヤ(火)、最大チャージターン2
カバンダはHPがやや高め。サーラメーヤの通常攻撃はダブルアタック固定。チャージターンが少ない順(ジャターユ→サーラメーヤ→カバンダ)に倒すのが基本。特殊技を発動されそうな場合はアビリティも使っていくこと。

2戦目
難易度NORMAL:Lv10朱雀(火)、HP約6万、最大チャージターン3
難易度HARD:Lv20朱雀(火)、HP約24万、最大チャージターン3
難易度VERY HARD:Lv30朱雀(火)、HP約60万、最大チャージターン3
通常モード時特殊技
紅蓮風(ランダムに4回火属性ダメージ+最後の攻撃対象に強化効果消去) 
火雨(全体に火属性ダメージ+4ターン光属性耐性ダウン+4ターン火属性耐性ダウン)
オーバードライブ時特殊技
号斗光翼(ランダムに20回光属性ダメージ+4ターン光属性耐性ダウン)

攻撃力は低めだが、通常攻撃のダブルアタック率が高い。現在HPの管理には十分気をつけよう。特殊技の「火雨」は火属性・光属性両方の属性耐性ダウンを付与してくるので厄介。放っておくと大ダメージを受けてしまうので、弱体無効で防ぐか弱体回復で回復しよう。


●難易度EXTREME
グラブル592
Lv60朱雀(火)、HP720万、最大チャージターン3、灼熱・即死無効
通常モード時特殊技
紅蓮風(ランダムに4回火属性ダメージ+最後の攻撃対象に強化効果消去) 
火雨(全体に火属性ダメージ+4ターン光属性耐性ダウン+4ターン火属性耐性ダウン)
オーバードライブ時特殊技
号斗光翼(ランダムに20回光属性ダメージ+4ターン光属性耐性ダウン)
特殊行動
残りHP25%以下で真の力解放(攻撃力アップ、最大チャージターンが3→2に減少)

真の力解放後は弱体なしだと通常攻撃で2000以上の大ダメージを食らう。ダブルアタックになるとかなりキツい。ソロ討伐パーティ例としては、ダークフェンサー(EXブラインド)、シャルロッテ、瑞樹、リリィ。真の力解放後の攻撃に耐えるため、サブ召喚石にガーネットを装備。さらにオパールがあるとベター。通常モード時の特殊技に対しては「氷晶結界」と☆3ガーネットを併用することで被ダメージを100%カットできる(ただし弱体効果は食らうので、瑞樹とリリィで弱体回復を使うこと。瑞樹をカタリナにして弱体無効にするのもいいだろう)。オーバードライブ時の特殊技は「ケーニヒシルト」と☆3オパールを併用すれば被ダメージを100%カットできる。なお、「号斗光翼」の光属性耐性ダウンは真の力解放前であれば次の特殊技発動までにターン経過で回復するので弱体回復を使う必要はない(ディレイとグラビティがミスしない場合)。オーバードライブ技の「号斗光翼」は光属性ダメージのため、リリィの「氷晶結界」では被ダメージカットできない点に注意。

ちなみに私が戦力★23のダークフェンサー(EXメディク)、リリィ、シャルロッテ、ランスロット、メイン★4コキュートス、サポーター★4マキュラ・マリウス、サブにアクアマリン、ガーネットという編成でソロ討伐にかかった時間が5分だった。この場合、1回目の特殊技発動までにオーバードライブするので1回目はケーニヒシルトで耐えて、真の力解放に合わせてガーネット、奥義発動に合わせてアクアマリンといった感じ。


●朱雀の試練
Lv120朱雀(火)、HP2000万、最大チャージターン3、グラビティ・ブレイクキープ・暗闇無効
特殊技
赤琉牙(全体に火属性ダメージ+自分に300秒間火属性攻撃力アップ+180秒間ダブルアタック率アップ)
焔槍(全体に火属性ダメージ+4ターン灼熱)
紅蓮風(ランダムに4回火属性ダメージ+最後の攻撃対象に全強化効果消去)
特殊行動
残りHP75%以下で号斗光翼(ランダムに複数回光属性ダメージ+光属性耐性ダウン)
残りHP50%以下でチャージターンMAX、姿が変化、最大チャージターンが3→2に減少、グラビティ無効の消失
残りHP25%以下で号斗光翼(ランダムに複数回火属性&光属性ダメージ+6ターン弱体耐性ダウン+2ターン暗闇)


玄武
●難易度NORMAL~VERY HARD
難易度NORMAL:推奨戦力★6
難易度HARD:推奨戦力★12
難易度VERY HARD:推奨戦力★16
2連戦のソロバトル。EXTREMEに挑める戦力の人も、2戦目が玄武単体のVERY HARDは周回がラクなので時間効率に優れている。VERY HARDを周回してEXTREME+を出現させるのも手だ。メンバーは2戦目に備えて弱体無効を使えるキャラを編成するのがベスト。土属性キャラで弱体無効を使えるのはラムレッダ (SR)とアルルメイヤ (SSR)の二人。ジャスミン (SR)のレジストポーションも代用できる。いずれも加入させていない場合はカタリナ (SR)のディスペルマウントで。

1戦目
チャーミーペンギン(水)、最大チャージターン2
エレクトリックレイ(水)、最大チャージターン3
ブラッディカクタス(水)、最大チャージターン1
ブラッディカクタス→攻撃力が高いエレクトリックレイ→HPの低いチャーミーペンギンの順に倒そう。特殊技を使われると痛い(特にチャーミーペンギンの特殊技は全体にダメージ+魅了なので危険)ので、使われる前に倒すこと。通常攻撃だけで倒すのがキツい場合は、アローレインや召喚石などで3体まとめてダメージを与えてから通常攻撃でトドメをさすようにするとラクだ。

2戦目
難易度NORMAL:Lv10玄武(水)、HP約5万5000
難易度HARD:Lv20玄武(水)、HP約24万
難易度VERY HARD:Lv30玄武(水)、HP約52万
特殊技
式占 (単体に水属性ダメージ+1ターン奥義封印)
轟咢 (単体に水属性ダメージ+3ターン攻撃力ダウン)
特殊行動
残りHP50%以下で玄武印 (単体に水属性ダメージ+5ターンアビリティ封印+5ターン奥義封印)
玄武印の次のターンに金剛殻 (自分にリフレクト(反射は8回で300ダメージ固定))

リフレクト状態になったら攻撃する前にこちらの現在HPに注意。反射ダメージは300固定だが、ダブル・トリプルアタックや複数回ダメージを与えるタイプの攻撃アビリティを使った場合はその回数分反射ダメージを受ける。召喚は追加ダメージのみ反射。


●難易度EXTREME
グラブル593
Lv60帝翁(水)、HP約198万
Lv60玄武(水)、HP約500万
Lv60帝公(土)、HP約132万

帝翁特殊技
水宴 (全体に水属性ダメージ)
白矛 (単体に水属性ダメージ)

玄武特殊技
式占 (単体に水属性ダメージ+1ターン奥義封印)
轟咢 (単体に水属性ダメージ+3ターン攻撃力ダウン)
玄武特殊行動
残りHP50%以下で玄武印 (単体に水属性ダメージ+5ターンアビリティ封印+5ターン奥義封印)
玄武印の次のターンに金剛殻 (自分にリフレクト(反射は8回で300ダメージ固定、被ダメージカット効果あり)
※特殊行動の玄武印や金剛殻はチャージターンがリセットされる。
残りHP25%以下で真の力解放(攻撃力&防御力大幅アップ、玄武印を特殊技で使ってくるようになる)

帝公特殊技
凝視 (全体に土属性ダメージ+全体に1~4ターン睡眠)
帝公特殊行動
玄武印の次のターンに鈍麻眼 (全体に土属性ダメージ+全体に奥義ゲージ-50%)
※特殊行動の鈍麻眼はチャージターンがリセットされる。

主人公はダークフェンサーが無難。EXTREMEの玄武は難易度VERY HARDまでと違い、帝翁、玄武、帝公の3体にわかれている。モードゲージは3体で共有となっている。ソロ討伐時は特殊行動が厄介な帝公(土)を最初に倒し、その後に玄武(水)を攻撃するのが良いだろう(3体のうち玄武を倒せばクリアなので、戦力に自信がある場合は玄武のみ集中攻撃でもいい)。帝公は玄武印発動後の次のターンで特殊行動を発動するので、帝公を倒すまでは玄武の残りHPを50%以下にしないこと。

チェインバーストダメージで帝公を倒してしまえるだけの戦力がある場合は、救援依頼を出さずに玄武のHPを残り50%以上のところまで削り、帝翁と帝公を攻撃して奥義ゲージを溜めてから、玄武に攻撃アビリティを使ったあと奥義発動するといいだろう。フルチェインバーストでイッキに倒したい場合はアレーティアやサマーバージョンヴィーラ、ナルメアやSSRヨダルラーハのような攻撃タイプのキャラがオススメ。ひつじのうたやニオで玄武を眠らせて、奥義ゲージを溜めて強化効果奥義もラク。

反射ダメージはダブルアタック、トリプルアタック、攻撃アビリティで複数回ダメージを与えた場合はその回数だけ受ける点に注意(召喚は基本的に反射ダメージの対象外だが、ブリュンヒルデのような追加ダメージがあるものだけは追加ダメージの回数分反射ダメージを受ける)。また、金剛殻のリフレクトは被ダメージカットの効果もある(約50%カット)。特に奥義を発動する際は強化効果消去で消去するか、8回攻撃してリフレクトの効果がなくなってから発動するようにしたい。ちなみに金剛殻は玄武印の弱体効果が「MISS」だった場合は使ってこない(弱体無効による「GUARD」の場合は使ってくる)。

玄武印や凝視対策としては、以下のようなものがある。
・メインメンバーに土属性で弱体無効を使えるラムレッダ (SR)かアルルメイヤ (SSR)を編成する。SRジャスミンを加入させている場合は「レジストポーション」を使って回避。いずれも加入させていない場合はカタリナで代用。
・杏と召喚石きらりの組み合わせも有効。特殊技の被ダメージを「頑張らない魔法」で軽減し、睡眠をきらり召喚のダメージで回復させる。
・SSRヨダルラーハで三幕時に「百承」を使って玄武印を回避する。

敵のHPが高く長期戦になるため、メインおよびサポーター召喚石をキュベレーにすると加護の再生でラクに戦える。それ以外では召喚時に暗闇を3体同時に狙えるウォフマナフと、奥義発動前に使って与ダメージアップを狙えるカーバンクル・ジルコンが使いやすい。真の力解放後は通常攻撃のダメージが2000を超える。玄武印は被ダメージカットなしだと即戦闘不能の威力なので、救援要請から参戦する場合は特殊行動の玄武印に要注意。

●玄武の試練
Lv120帝翁(水)、HP約380万、最大チャージターン2
Lv120玄武(水)、HP約1200万、最大チャージターン3、グラビティ・ブレイクキープ無効
Lv120帝公(土)、HP約320万、最大チャージターン4

帝翁特殊技
水宴 (全体に水属性ダメージ)
白矛 (単体に水属性ダメージ)

玄武特殊技
五湖閃空(全体に水属性ダメージ+弱体)
玄武特殊行動
残りHP90%以下で金剛殻 (自分にリフレクト(反射は8回で800ダメージ固定、被ダメージカット効果あり)
残りHP75%以下で玄武印 (単体に水属性ダメージ+5ターンアビリティ封印+5ターン奥義封印)
残りHP50%以下で真の力解放(チャージターンMAX、スロウ無効)
残りHP25%以下で地殻変動(全体に水属性ダメージ+3ターンダブルアタック率&トリプルアタック率ダウン+2ターン重圧)
※特殊行動の玄武印や金剛殻はチャージターンがリセットされる

帝公特殊技
凝視 (全体に土属性ダメージ+全体に1~4ターン睡眠)
帝公特殊行動
玄武印の次のターンに鈍麻眼 (全体に土属性ダメージ+全体に弱体)
※特殊行動の鈍麻眼はチャージターンがリセットされる。

3体だが他の試練ボスよりHPが少ない。戦い方は難易度EXTREMEと同じで帝公→帝翁→玄武の順で倒していくのが安定。注意したいのは残りHP50%以下の特殊行動「真の力発動」。スロウ無効になるためチャージターンMAXになった時に特殊技発動を遅らせることが出来ない。アビリティの使用間隔に気をつけよう。残りHP25%以下の特殊行動「地殻変動」は被ダメージカットなしだとパーティが壊滅する。被ダメージカットで対応するかフルチェインで発動させずに一気に倒すこと。

ダークフェンサーは残りHP50%以下でグラビティとディレイが使えなくなるので非推奨。火力に自信がないなら手堅くセージ系かスパルタ系で。魅了が有効なので、キャサリンや水着ヴィーラを編成すると行動をかなり制限できる。特に水着ヴィーラは同時にリフレクトも消去できるので加入しているなら優先的に編成しよう。


白虎
●難易度NORMAL~VERY HARD
難易度NORMAL:推奨戦力★6
難易度HARD:推奨戦力★12
難易度VERY HARD:推奨戦力★16

メインストーリーで加入する風属性キャラはロゼッタ(SR)、リーシャ(SR)の2人のみ。イベント限定の風属性キャラはエルタ(SR)、セレフィラ(SR)、フィーナ(SR)、アステール(SR)、スィール(SR)、みく(SR)、翼(SR)、ファラ(SR)、リュウ(SR)など。ロゼッタ、フィーナ、アステールの3人は分身(被ダメージ無効)を使えるので、1回だけは確実に特殊技に耐えることができる。HP回復を使えるのはロゼッタ(自分にHP回復)、エルタ(味方全体に再生)、セレフィラ(味方単体にHP回復)の3人。弱体付与はエルタは魅了、セレフィラ、フィーナ、アステールの3人は防御力ダウン、スィールは攻撃力ダウンとダブルアタック率ダウン、スィールとみくは暗闇をそれぞれ狙える。

1戦目
ファエシュレー(土)、最大チャージターン1
エウドーレ(土)、最大チャージターン2
ポリュクソー(土)、最大チャージターン3
最大チャージターンが少ない順(ファエシュレー→エウドーレ→ポリュクソー)に倒すのが基本。

2戦目
難易度NORMAL:Lv10白虎(土)、HP約6万、最大チャージターン3
難易度HARD:Lv20白虎(土)、HP約24万、最大チャージターン3
難易度VERY HARD:Lv30白虎(土)、HP約60万、最大チャージターン3
通常モード時特殊技
光牙(単体に土属性ダメージ+強化効果消去)
参絶(ランダムに3回土属性ダメージ)
オーバードライブ時特殊技
白帝呼(ランダムに複数回土属性ダメージ+2ターン暗闇)

現時点では風属性で弱体無効を使えるキャラはいないので、白帝呼の暗闇に対しては食らってから弱体回復で回復させるか、2ターン経過で自然回復するのを待つくらい。白虎は弱体耐性が低めなので、弱体を使えるキャラを編成して短期決戦を狙う方がラク。特に魅了と暗闇、ダブルアタック率ダウンは被ダメージを軽減できるので、キャラクターや召喚石の編成の際はそのあたりも考えて選ぶといい。


●難易度EXTREME
Lv60白虎(土)、HP720万、最大チャージターン3
特殊技
難易度VERY HARDまでと同じ
特殊行動
残りHP25%以下で真の力解放(攻撃力アップ)

白虎はダブルアタック率が高めなので、スィールを編成しておくと暗闇・ダブルアタック率ダウン・攻撃力ダウンの弱体効果でかなりラクになる。「メランコリックメロディ」で防御力をダウンさせられるセレフィラもオススメだ。主人公はダークフェンサーにEXアーマーブレイクか、スーパースターやホークアイ、サイドワインダーにEXミゼラブルミストといった与ダメージ重視の組み合わせにするといい。セレフィラのメランコリックメロディも併用して防御力を下限近くまでダウンさせ、真の力解放条件である残りHP25%以下になる前のところからフルチェインバーストでイッキにトドメを刺すのが理想だ。

白虎はターン数経過で攻撃力がアップしていくという特性を持っているため、長期戦になるほどこちらが不利。具体的には1ターン目ではミゼラブルミストとアローレインⅢを使用すれば通常攻撃の被ダメージは300程度なのだが、10ターン目になると900、20ターンを超えると2000前後にもなる。パーティの攻撃力が低い場合は四象降臨のボスの中では最も難易度が高いと言える。特殊技は通常モード時、オーバードライブ時ともに単体およびランダム攻撃なので、「かばう」系アビリティや「幻影」効果が有効。特に幻影は通常モード時の特殊技を比較的安全にやり過ごせるため、召喚石ガルーダを持っている場合は防御手段として使っていける。真の力解放後は弱体なしだと通常攻撃で風属性キャラですら3000もの大ダメージなので、ダブルアタックだと即死もありえる。白帝呼は1発あたりのダメージが1000以上になるため、まともに食らうとほぼ全滅。


グラブル406
難易度EXTREMEのソロ討伐パーティ例。メインメンバーが戦闘不能になった場合を想定し、サブメンバーには攻撃力の高い風属性キャラを編成しておくといい。主人公はダークフェンサーにEXアーマーブレイク。召喚石はメインは加護の攻撃力重視、サブは召喚時の防御効果を重視して装備する。サブは「カーバンクル・ジルコン」と「ガルーダ」がオススメ。サポーターに「アナト」を選択。

長期戦になるほど不利なので、1ターン目から「エレメンタルブレス」→「上昇気流」→「アナト」→「ミゼラブルミスト」→「グラビティ」→「アーマーブレイク」と各種強化および弱体を全部使っていく。スロウアビリティは「隼落とし」を先に使うこと。すると7ターン目に「隼落とし」の使用間隔が回復するため、8ターン目に「カーバンクル・ジルコン」が使えるようになる。翼の「Fly High」とペトラの「イリュジオン」、召喚石の「ジルコン」と「ガルーダ」は白虎の特殊技に合わせて使用する。よって例えば奥義などでブレイクを狙えそうな場合は全員の奥義ゲージが溜まっていなくてもブレイクを優先し、それらの防御手段を温存しておくこと。白帝呼の暗闇は翼の「緑の風」で回復するのを忘れずに。

オススメキャラ
・メーテラ(SSR・風):魅了付与の「飾り穿ち」、安定したダメージを与える「綺羅星」、スロウの「隼落とし」。特に「隼落とし」はダークフェンサーのアビリティと組み合わせることにより特殊技発動までの時間を最大で8ターン稼げる。これにより、白虎の特殊技発動前にジルコン召喚を間に合わせることが可能になる。
・ペトラ(SSR・風):サポートアビリティにより味方全体に毎ターンHP150回復の再生効果。また、アビリティ「エレメンタルブレス」で属性攻撃力を50%アップさせられる。
・ネツァワルピリ(SSR・風):単体としては風属性最強の攻撃力を誇るキャラ。白虎を奥義無しでブレイクさせることが出来るなら是非編成したい。
・ガウェイン(SSR・風):オーバードライブ技発動を避けられない場合に被ダメージ60%カットの「ノブレスオブリーシュ」で耐える。残り2つのアビリティも攻撃技なのが魅力。
・レナ(SSR・風):HP1500回復+再生の「ルネサンス」と弱体回復の「エスポワール」が魅力。
・クリスティーナ(SSR・風):カジノの景品交換で加入させることができる。弱体耐性ダウンの「セカンドディール」、風属性ダメージ+トレハンの「ジャックポット・ノック」、味方全体にHPと弱体回復の「ステアウェイ・トゥ・ヘヴン」というバランスタイプ。レナに比べて弱体回復の使用間隔は長いものの、攻撃力もありトレハンを付与できる。サポートアビリティ「クイーン・オブ・カジノ」による味方全体に攻撃力5%アップも有用。
・ヨダルラーハ(SSR・水):三幕が3ある状態で奥義を発動するだけでラクに貢献度を稼げる。アサルトタイム中ならバトル開始後即発動すればいいが、そうでない場合はサポートするキャラが必須(土が弱点である水属性の為、通常攻撃で3000以上の大ダメージを食らう)。
・ロゼッタ(リミテッドVer・SSR):白虎の連続攻撃率の高さを利用して結界を完成させやすい。ただしオーバードライブ時の特殊技が彼女一人に集中してしまう点に注意。
・ミルムメモル(SR・風):モードゲージ減少の「不思議なハーモニー」とブレイク状態維持の「レヴェリーホーン」が役に立つ。なお不思議なハーモニーの減少値は残りゲージからの割合なので、オーバードライブ直後に使用するのがもっとも効果的。
・前川みく(SR・風):シンデレラファンタジーのイベント限定キャラ。累積可能な攻撃力アップの「あたっくShall We~?」と暗闇付与の「にくきゅうぺったん!」が魅力。攻撃力アップを累積させていけば、SSRキャラに迫るダメージを出すことが出来る。また、みくの得意武器は格闘なので、風属性のSSRマグナ攻刃(格闘)で装備欄を埋めるとSSR級の攻撃力となる。特にティターン戦は長期戦になるので累積攻撃力アップが最大値までいきやすく、その際の通常攻撃ダメージはネツァワルピリに匹敵する。
・リーシャ(サマーバージョン)(SR・風):味方全体のHP回復「ウインドヒール」、魅了付与の「ビーチストライク」、被ダメージ20%反射の「ブリーズトリック」。サポートアビリティの「エール」は味方全体の攻撃力をアップさせることが出来る。

●白虎の試練
Lv120白虎(土)、HP2200万、最大チャージターン3
残りHP100%~HP50%特殊技
通常モード時
光牙(単体に土属性ダメージ+強化効果1つ消去)
参絶(ランダム3回土属性ダメージ)
オーバードライブ時
白帝呼(ランダムに複数回土属性ダメージ+全体に2ターン暗闇)
残りHP50%以下特殊技
通常モード時
光牙(単体に土属性ダメージ+3ターン絶命+強化効果消去)
地裂閃尾(全体に土属性ダメージ+全体に3ターンダブルアタック率&トリプルアタック率ダウン)
オーバードライブ時
白針毛(全体に土属性ダメージ+全体に2ターン暗闇)
特殊行動
残りHP75%以下でチャージターンMAX
残りHP50%以下で真の力を解放(グラビティ・昏睡無効)
残りHP40%以下で地裂閃尾(全体に土属性ダメージ+全体に3ターンダブルアタック率&トリプルアタック率ダウン)


青竜
●難易度NORMAL~VERY HARD
難易度NORMAL:推奨戦力★6
難易度HARD:推奨戦力★12
難易度VERY HARD:推奨戦力★16
2連戦。青竜のオーバードライブ技「青帝之焔」が火属性攻撃なので風属性のキャラは不向き。風属性に強い火属性か、火属性に強い水属性のキャラがオススメだ。HP回復アビリティを使えるカタリナ(SR)、未央(SR)、瑞樹(SR)などが使いやすい。カーバンクル・ガーネット (SR)を持っている場合はサブに装備しておくと、攻守両方で使える。

1戦目
アペリオテス(風)、最大チャージターン1
ドラゴンバチルス(風)、最大チャージターン3
ノトスラビット(風)、最大チャージターン2
最大チャージターンが1のアペリオテス→通常攻撃がダブルアタック固定のドラゴンバチルス→HPが低いノトスラビットの順に倒すといい。倒す前に特殊技を使われそうであればノトスラビットを先に倒してしまおう。

2戦目
難易度NORMAL:Lv10青竜(風)、HP約6万、最大チャージターン2
難易度HARD:Lv20青竜(風)、HP約24万、最大チャージターン2
難易度VERY HARD:Lv30青竜(風)、HP約60万、最大チャージターン2

特殊行動の「竜湯」による「自分に風属性攻撃力アップ」が付与された状態だと通常攻撃のダメージが大きいので、60秒待って効果が切れたのを確認してから攻撃を再開するといい。最初のターンはミゼラブルミストなどの効果時間がリアルタイムのアビリティは最初から使わずに攻撃し、「竜湯」の効果が切れてから使うようにすると、よりラクに戦える。


●難易度EXTREME
グラブル591
Lv60青竜(風)、HP720万、最大チャージターン2
通常モード時特殊技
七宿(単体に風属性ダメージ+3ターン暗闇)
竜湯(全体に風属性ダメージ+全体に4ターン火属性耐性30%アップ+自分に60秒間風属性攻撃力アップ)
オーバードライブ時特殊技
青帝之焔(ランダムに30回火属性ダメージ)
特殊行動
残りHP75%以下で竜湯
残りHP25%以下で真の力解放(攻撃力アップ、通常モード時にも青帝之焔を使用してくる)

ソロ討伐を狙う場合はダークフェンサーが安定。EXアビリティは「アローレインⅢ」か「ブラインド」にして通常攻撃の被ダメージを軽減したい。メインメンバーは、全体HPを回復を使えるティナ(SR・火)やユエル(SSR・火)、被ダメージカットを使えるノイシュ(イベント限定SR・火)やサマーバージョンイオ(期間限定SSR・火)が使いやすい。オーバードライブ技が火属性のため、シャルロッテ、リリィ、カタリナなどの水属性で被ダメージカットを使えるキャラも有効だ。特にリリィの「氷晶結界」は火属性ダメージを70%カットできるので、オーバードライブ技に対しては最強と言える。ただし水属性キャラだと与ダメージが低いうえ、弱体が成功しにくいというデメリットもある。参戦者が弱体を付与してくれるのを期待するか、スーパースターのソウルピルファーで弱体耐性をダウンさせないと苦しい。

サポーター召喚石はアテナがオススメ。サポーターに選ぶことで召喚時の全属性ダメージ30%カットを1回目の特殊技に合わせて使うことができる(自分で持っている場合は、サポーターとサブの両方に装備したい)。メイン召喚石には加護が再生のサテュロスや、HPアップのフラム=グラスが有用だ。火属性と水属性の混成パーティならメインやサポーターにオクシモロンを装備して水属性キャラの攻撃力も上げておきたい。サブ召喚石にはペリドットやガーネットを装備しておくと、それぞれ風属性ダメージと火属性ダメージを3ターンの間25%(☆3で50%)カットできるぞ。特にペリドットはゲーム序盤に無料で取得可能なので、忘れずに装備しておきたい。

通常モード時の特殊技「七宿」はミゼラブルミストとアローレインⅢで攻撃力をダウンさせていても3000以上の大ダメージを受ける。暗闇効果もあるため、これを喰らう前にオーバードライブさせたい。特に戦闘開始後の1回目はサブ召喚石のペリドットが使えない状態のため、サポーター召喚石がアテナ以外の場合は七宿をを喰らう前にオーバードライブさせることができる攻撃力があるか、または七宿を喰らっても戦闘不能にならずにすむだけのHPがあるかどうかでソロの難易度が大きく変わる。

オーバードライブ技「青帝之焔」は「竜湯」の火属性耐性アップを利用して被ダメージを軽減できる。ただし軽減しても1回のダメージが200前後あるため、攻撃対象が特定のキャラにかたよると戦闘不能になる可能性がある。パーティメンバーのHPが2000以下の場合は、かばうで1人を犠牲にするかファランクスなどでさらに被ダメージカットをするなどの対策ができると安心。

特殊行動の「竜湯」は各プレイヤーごとに発動されるため、残りHP75%以下で新規に参戦するorされる場合は注意。強化効果中は通常攻撃のダメージが大きくなるので、ソロ撃破を狙う場合は効果が切れるまで待つといいだろう。救援依頼を出す場合は、途中で参戦者が「竜湯」を食らうとその時点からまた60秒間風属性攻撃力がアップする。なお、竜湯で火属性耐性アップが付与している状態でカーバンクル・ガーネットを召喚すると火属性耐性アップがミスになってもったいないので使わないように。

参考までに、戦力★22でメンバーがマギサ、ユエル、クラリス、メインおよびサポーター召喚石はどちらも火属性50%アップ(アテナや3段階上限解放イフリートなど)の場合でソロ撃破に10分かかった。また戦力★24でメンバーがマギサ、アギエルバ、ユエル、メイン☆3イフリート、サポーター☆3アテナでソロ撃破に5分かかった(どちらも非アサルトタイム、騎空団サポートなし)

オススメキャラ
・マリー (R/SR・火):スロウを使える。ダークフェンサーとあわせて編成することで特殊技発動を最大2ターン遅らせることが出来るため、カーバンクルの使用間隔などに余裕が出来る。他にめぼしいキャラが居ない場合は編成してみよう。
・アニラ (SSR・火):マリーの上位互換。スロウの他に奥義ゲージ上昇量アップと、サポートアビリティによる味方全体の攻撃力アップが強力。
・クラリス (SSR・火):モードゲージを最大で1/3近く削れ、強化効果消去、防御力ダウンを使える。
・アギエルバ (SSR・火):HP次第ではあるが各種カーバンクルを使った状態で豪毅(かばう)を使う事で敵の特殊技に耐える事も可能。
・リリィ (SSR・水):水属性キャラではあるが氷晶結界により火属性ダメージを70%カット可能。オーバードライブ技対策に。

●青竜の試練
Lv120青竜(風)、HP2100万、最大チャージターン2、グラビティ・恐怖・魅了無効
通常モード時特殊技
つむじ風(ランダムに複数回風属性ダメージ)
オーバードライブ時特殊技
青帝の焔(ランダムに30回火属性ダメージ)
特殊行動
残りHP75%以下で竜湯(全体に風属性ダメージ+自分に風属性攻撃力アップ+全体に4ターン火属性耐性30%アップ)
残りHP50%以下で真の力解放(ブレイクキープ無効、グラビティ無効が消失)
残りHP40%以下で風刃(全体に火属性ダメージ+灼熱1000)
残りHP20%以下でチャージターンMAX


■難易度EXTREME+攻略
デイリーミッションの報酬が破格のクロム鋼であるため、EXTREMEに人が散りやすい。以前と比べHPがかなり下げられたので輝きやドロップ目当ての参戦者が期待できる。アグニスはフィンブル実装による火力アップ、ウォーロック取得者増に伴いチョークで大幅に稼ぎやすくなった為、一番人気が有るようだ。

上位プレイヤーの火力が大幅に増したため、「みんな」に救援依頼を出すと自発者の獲得量が少なくなることもある。「騎空団」で討伐するなど、メンバーを限定させると効率的。その場合は事前に団員と連絡をとっておこう。時間短縮のために終盤に救援依頼を出すのも有効。ボスの残りHPが少なくなると必要BPがダウンするため、救援依頼を出せば参戦者はすぐ集まる。バトル開始後すぐに「みんな」に救援依頼を出す場合は、twitter救援依頼も使うとよい。


水晶の輝きは10段階あり、初期状態は0。EXTREME自発は1回で1つ、EXTREME救援とVERY HARDは4回で1つ、段階が進む。10段階目になるとEXTREME+自発が可能となる。EXTREME+を自発した後は0段階になる。
各段階とメッセージ
 0 : 水晶は静かに佇んでいる……
 1 : 水晶は沈黙を保っている…
 2 : 水晶から微かな力を感じる…
 3 : 水晶が微かな光を灯した…
 4 : 水晶に光が灯っている
 5 : 水晶が淡い光を放っている
 6 : 水晶が強い光を放っている!
 7 : 水晶が輝きだした!
 8 : 水晶の放つ輝きが強くなった!
 9 : 水晶が眩い輝きを放っている!!
 10: 水晶は神々しく光り輝いている!!


●EXTREME+オススメジョブ
※四象の輝きは赤箱を除き宝箱のうち1個のみなので、四象の輝きだけを狙う場合はトレジャーハントはあまり意味が無いと言える。

ダークフェンサー
高い弱体成功率で戦局を有利にする定番のジョブ。ソロ・マルチを問わず初心者から上級者まで幅広く活躍できる。メイン武器に四天刃・真以上を装備することができるので、攻守共にスキが無い。EX+にあまり救援が入ってこないので自発するなら基本的にこれ。EXアビリティはアローレインIII、アーマーブレイク、ブラインド、メディクがオススメ。他心陣と四天刃の組み合わせも強力。

サイドワインダー
参戦者が複数いるところに参戦する場合はサイドワインダーもオススメだ。無敵&攻撃力アップの「ライトウェイトⅡ」から、「アローレインⅢ」→「キルストリーク」で手軽に大ダメージを狙える。参戦タイミングボーナスの強化効果をより多く得るため、なるべく敵の残りHPが多いときに参戦するようにしたい。最大の狙いであるキルストリークの威力が「他の参戦者が各種弱体効果を付与してくれるかどうか」で大きく変わるので、安定度ではダークフェンサーに劣る。非アサルトタイムで必要BP1参戦時の単発攻撃用ジョブとしても優秀。この場合はEXアビリティにハードラインをセットして、左から順にアビリティを使うといい。限定的だが二王弓・真以降の奥義効果(味方全体の通常攻撃全体化)と合わせて連続攻撃率アップアビリティでアグニスをアグネアと一緒に攻撃する作戦もあり。

ハーミット
アグニス戦の序盤で真価を発揮するジョブ。ゼニスアビリティのチョークでアグニスとアグネアをまとめて攻撃し、貢献度を稼ぐのがメイン。チョーク+連続攻撃率アップの維持が重要なので、アグネアのディスチャージで全体化を消去されないようにしよう。他属性だがSSRフェリを編成してトリプルアタック確定を使えば、通常攻撃全体化+トリプルアタック+光属性追加ダメージで毎ターンフルチェインレベルで貢献度を稼げる。攻撃力やHPに自信がなければ、フォーカス→エーテルブラストII、EXアローレインIIIやキルストリーク、ハードラインなどのアビリティでも十分に稼げるなど応用も可能。アグニスだけになると効率が激減するため、如何に序盤で大きく稼げるかがポイント。ソシエを編成すればミゼラブルミストを代用できるのでハーミットで自発することも可。弱体を他人任せにして自発すると参戦者が来ないまま討伐失敗も十分ありうる。

ビショップ、ホーリーセイバー
戦力不足で普通に戦っていてもなかなか貢献度が稼げないという人は、参戦者に強化効果および回復効果のあるアビリティを持つジョブ(ウェポンマスターの「レイジ」、ホーリーセイバーの「ファランクス」、ビショップの「ヒールオール」、スーパースターの「オーヴァチュア」など)がオススメ。参戦者が多い時にこれらのアビリティを使うと大量に貢献度を獲得できるので、戦力が低くて四象の輝きを集めるのに苦戦している人は試してみよう。


アグニス討伐戦:難易度EXTREME+
Lv90アグニス(火)、HP6000万、最大チャージターン2
Lv90アグネア(上)(火)、HP1500万、最大チャージターン3
Lv90アグネア(下)(火)、HP1000万、最大チャージターン2

アグニス真の力解放前特殊技
エレバス(全体に火属性ダメージ+5ターン攻撃力ダウン)
イグナイトゾーン(全体に火属性ダメージ)
アグニス真の力解放後特殊技
裁きの炎(単体に火属性ダメージ+3ターン裁きの炎)
アグニス特殊行動
残りHP75%以下で真の力解放
残りHP50%以下で赤の螺旋階段(全体に火属性ダメージ+全体に5ターン裁きの炎)
残りHP25%以下で更なる力解放

アグネア通常モード時特殊技
オ・ゴン(全体に火属性ダメージ)
アグネアオーバードライブモード時特殊技
ハ・グニ(全体に火属性ダメージ+2ターン防御力ダウン)
アグネア特殊行動
残りHP75%以下、50%以下、25%以下でディスチャージ(全体に火属性ダメージ+強化効果消去)
イグナイトゾーン使用後にオ・ゴン(全体に火属性ダメージ)
オ・ゴン使用後にハ・グニ(全体に火属性ダメージ+2ターン防御力ダウン)
ハ・グニ使用後にウ・グヌ(全体に火属性ダメージ+1ターン呪い(上)、1ターン奥義封印(下))

アグニス1体とアグネア2体。アグネアの特殊行動はアグニスの特殊技「イグナイトゾーン」が発動条件になっているため、グラビティやディレイでアグニスの特殊技を遅らせること。アグネアの攻撃力はかなり低い。

アグニスの特殊技および特殊行動で付与してくる「裁きの炎」は、毎ターン10%のダメージを受ける弱体効果。「裁きの炎」状態のキャラクターがアビリティを使用すると他のキャラクターにも「裁きの炎」が付与されるので、弱体無効や弱体回復を使えるキャラ(カタリナ、イオ、瑞樹など)を編成しておくと安心だ。ただし、アグニアの特殊行動「ディスチャージ」で強化効果が消去されるため、弱体無効はタイミングを見計らって使うようにしよう。

アグニスの攻撃力はそこまで高くないので、攻撃力ダウンとHP回復を使えるキャラを多めに編成しておけば参戦ボーナスのHP上昇も相まって粘り強く戦える。サポーター召喚石にネプチューンを選択して再生の加護を得るのもいい。

戦力不足で与ダメージによる貢献度を稼ぐのが難しい人は、ダークフェンサーで弱体を付与したり、ビショップやクレリックで回復することで稼げる。セットする人が少ないであろうブラインドをセットしたり、春麗(SR)で気絶を狙うのもいい。

オススメキャラ
・シャルロッテ(SSR・水):被ダメージカットの「ケーニヒシルト」が重宝する。ブレイクするまでに必要なダメージ量が多いので「ソード・オブ・リュミエール」の攻撃力も安定しやすく、使いやすい。
・カタリナ(リミテッドver)(SSR・水):水属性のSSRキャラ中で唯一弱体無効を使え、使用間隔の短い被ダメージカットが役に立つ。また奥義効果が重複しにくい水属性攻撃力25%アップ。アルタイルとスーパースターで奥義ゲージを上げればMVPも狙える。
・リリィ(SSR・水):序盤に全体に水属性ダメージの「フローズンゲイル」を使って貢献度を稼げる。また、味方全体の火属性ダメージを70%カットできる「氷晶結界」、味方全体にHP1500と弱体回復の「ホワイトヒール」が役に立つ。他の参戦者から回復量アップの強化効果が付与されれば、ホワイトヒールの回復量が1800になる。
・ソシエ(SSR・水):アグニス戦では1人に攻撃が集中してピンチになってしまうことがあるため、使用間隔の短い単体回復「神楽」が有用。またダークフェンサーの「ミゼラブルミスト」と「ディレイ」に相当するアビリティを使えるため、主人公のジョブをダークフェンサー以外にできるのも長所。ダークフェンサーと併用して編成するのもいい。
・ランスロット(SSR・水):アグニス戦は敵が3体なので、全体攻撃の「ヴォーゲンシュトローム」で貢献度を稼ぎやすい。アビリティが完全に攻撃系のみなのでMVP狙いにもオススメ。
・アルタイル(SSR・水):攻撃力&防御力アップの「方円」、奥義ゲージアップの「偃月」で安定したダメージアップが見込める。朱雀戦では弱体効果はアルタイルの「鶴翼」(攻撃力・防御力20%ダウン)だけでも十分戦えるので、EXアビリティの選択肢も増やしやすい。アグニス戦でも序盤のチェインバーストは貢献度を3倍稼げるので、1ターン目「偃月」からフルチェインバーストが狙えるのも非常に大きい。
・シルヴァ(SSR・水):序盤に3体へフルチェインバーストがキマれば強力な奥義ダメージで貢献度を稼げる。
・クラリス(SSR・火):アグニスの残りHPが2100万以上残っていれば、「アトミック・レゾリューション」で70万ダメージを与えられる。アグニスのHPは約6000万なので、残りHP25%で1500万。
・ヨダルラーハ(SSR・水):アサルトタイム中なら三幕状態の奥義でラクに貢献度を稼ぐことが出来る。
・カタリナ(通常ver/サマーver)(SR・水):攻撃力は低いものの、被ダメージカットと弱体無効はアグニス戦、朱雀戦ともに活躍する。
・川島瑞樹(SR・水):魅了付与の「マジカル☆ステッキ」、全体回復の「ブルーライトヒール」、弱体回復の「アンチエイジング」で長期戦も戦える。アイドルマスターキャラはアビリティ使用時に自分の奥義ゲージがアップする特性を持っている。渋谷凛と一緒に編成すると、奥義発動時に追加ダメージを狙える。
・テレーズ(SR・水):アビリティダメージアップの「インサニア」でリリィ等の全体攻撃アビリティのダメージアップを見込める。自分にダブルアタック率アップの「モエニア」で奥義ゲージも溜まりやすいので、マルチへ参戦するときに貢献度を稼ぐのに向いている。
・ウラムヌラン(SR・水):防御力ダウンの「ジャグリング」が強力。自分にトリプルアタック率アップの「ハイテンション」で奥義ゲージも溜まりやすいため、貢献度稼ぎに向いている。
・渋谷凛(SR・水):アイドルマスターキャラはアビリティ使用時に自分の奥義ゲージがアップする特性を持っており、凛はさらに全体攻撃力アップの「ホワイトソング」を使うことで、奥義による貢献度稼ぎに役立つ。また川島瑞樹と一緒に編成すると、奥義発動時に追加ダメージを狙える。
・スフラマール(サマーver)(SR・水):味方全体にHP最大1500回復の「ヒールクーリング」、味方全体に追い撃ち効果の「フロストバイト」が強力。
・ルナール(R):クラリスと一緒に編成し、「ファクシミリ」で「アトミック・レゾリューション」を模倣することで70万ダメージ2連発を狙える。


ネプチューン討伐戦:難易度EXTREME+
Lv90ルヴェリエ(水)、HP2719万5000、最大チャージターン3、グラビティ無効
Lv90ネプチューン(水)、HP4851万、最大チャージターン3

ルヴェリエ通常モード時特殊技
アクアブレス (全体に水属性ダメージ+全体に2ターン窒息)
ディープブルースパーク(全体に水属性ダメージ+全体に3ターンアビリティ封印)
ルヴェリエオーバードライブ時特殊技
ヘヴィ・オーバーフロー (全体に水属性ダメージ+全体に奥義ゲージ-80%)
ルヴェリエ特殊行動
ネプチューンがアーク・オーダーまたはラスト・オーダーを使用した次のターンに大暗斑(全体に水属性ダメージ+3ターン暗闇+ネプチューンに3分間被ダメージカット)

ネプチューン通常モード時特殊技
トライデント・ストリーム(全体に水属性ダメージ)
ディヴァイン・トレント (ランダムに6回水属性ダメージ)
ネプチューン特殊行動
ネプチューンの残りHP%以上時に参戦して1ターン目にアーク・オーダー (敵全体のHP回復)
ネプチューンの残りHP%以下時に参戦して1ターン目にラスト・オーダー(全体に攻撃力ダウン)
残りHP%以下で真の力解放(攻撃力、ダブルアタック率、トリプルアタック率アップ)

ルヴェリエとネプチューンの2体。2体ともにHPが高く、ソロ討伐は非現実的。モードゲージは各々独立している。特殊技が強力なルヴェリエを倒すまでが勝負と言っていい。ルヴェリエの特殊技対策として、アルルメイヤの弱体無効かSRジャスミンの弱体耐性アップが欲しい。

ルヴェリエは最大チャージターンが2と低いうえにグラビティ無効でスロウの成功率が低く、オーバードライブ技「ヘヴィ・オーバーフロー」で全体の奥義ゲージを大幅にダウンさせてくる(奥義ゲージダウンは弱体無効でも防げない)。このため、奥義ゲージがMAXのキャラが1人以上いてヘヴィ・オーバーフローの発動を避けられそうにない場合はいったん奥義を使ってしまおう。誰かがブレイクさせてくれるのを待つのも一つの手だ。

グラビティやスロウはネプチューンに使うのが良い。ただしルヴェリエの特殊技でアビリティ封印状態にされ、ネプチューンの特殊技を被ダメージカット出来ずに食らうと非常に危険。チャージターン調整のためにわざとスロウを使わない方が良い場面も有る。ルヴェリエの最大チャージターンが2と少ないので、サブ召喚石には弱体回復のバアル、被ダメージカットのアクアマリンが非常に有効。

参加者が増えて弱体効果の攻撃力ダウンを複数付与すると、真の力解放までは食らうダメージが3ケタ程度になる。メインとサポーター両方にキュベレーをセットしてその状態までもっていければほぼ安全だ。


ティターン討伐戦:難易度EXTREME+
Lv90ティターン(土)、HP7756万、最大チャージターン3
通常モード時特殊技
オールコンプレッション(ランダムに4回土属性ダメージ+最後の攻撃対象に3ターン攻撃力ダウン)
オーバードライブ時特殊技
ティタノマキア(全体に土属性ダメージ+1ターン強圧)
※強圧はHPが回復しなくなる弱体効果
特殊行動
残りHP25%以下でスレートウォール(全体に5ターン攻撃力ダウン+自分に150秒間防御力アップ)
残りHP25%以下で真の力解放

攻撃力は高いが弱体耐性が低く、暗闇や魅了などの弱体効果を複数付与できればそう難しくない。EXTREME白虎をソロで安定して倒せるならまず苦戦することは無いだろう。

特殊行動のスレートウォール発動時にチャージターンがリセットされるため、残りHPが25%付近になったら被ダメージカットアビリティやカーバンクルを使うタイミングに注意しよう。

オススメキャラ
・クラリス(SSR・火):「アトミック・レゾリューション」は敵の現在HPの約3%ダメージで、HPが多いティターン戦では減衰値の70万ダメージが簡単に出せる。


ゼピュロス討伐戦:難易度EXTREME+
Lv90ゼピュロス(風)、HP7718万、最大チャージターン2
特殊技
トラキアの風(全体に風属性ダメージ+全体に防御力ダウン+自分に最後に付与した弱体効果を1つ回復)
オーレイテュイア(ランダムに複数回風属性ダメージ)
ファウォーニウス(ランダムに複数回風属性ダメージ+最後の攻撃対象に強化効果消去)
特殊行動
残りHP25%以下でトラキアの風
残りHP25%以下で真の力解放

オススメジョブはダークフェンサー。EXアビリティはメディク、ブラインド、アローレインⅢ、アーマーブレイクなど、長期戦を見越したものが良い。被ダメージカットを使えるキャラが一人の場合、使用間隔が間に合わない場合もあるのでアテナや☆3ペリドットで耐える必要がある。青竜用の編成とゼピュロス用の編成とでパーティをわけておくといいだろう。

通常攻撃のダメージが大きくダブルアタック率も高いので攻撃力ダウン、暗闇、ダブルアタック率ダウンが有効。団内で共闘する場合は弱体効果が重複しないようにパーティメンバーを事前に打ち合わせしておくと効率が良い。弱体が複数付与されていれば特殊技のダメージは低いので、味方全体にHP1500回復を使えるキャラを2人編成できれば被ダメージカットなしで戦うことも可能だ(アテナ、ペリドットは必要)。

「トラキアの風」対策として、グラビティやブラインド等重要な弱体効果は再使用可能になってもすぐに使わず、「トラキアの風」を見計らってから使用するように心がけよう。特に一度効果が切れた後に再付与された『恐怖』を回復されると、特殊技を連続で発動されて戦線が崩壊する可能性が高い。回復される弱体は最後に付与したものなので、ブラインドやグラビティの使用後すぐに別の弱体効果をかけて、重要な弱体効果が消えないようにブロックするという戦略が必要。

なお、特殊行動の「トラキアの風」は参戦者ごとに発生するため、参戦者数が多いと弱体効果もそれだけ回復されてしまう。参戦者が多い場合は全員が発動されたのを確認して弱体効果を再度付与するのは面倒くさいので、攻撃だけで押し切ってしまおう。途中参戦者で単発攻撃狙いの人は、まず弱体を付与してからにしたほうが良い。輝きだけ獲得できればいいという人は、特殊行動を発動させないため攻撃ボタンを押さずに攻撃アビリティもしくは参戦者に効果のあるアビリティだけ使ってマイページに戻った方が無難。

パーシヴァルを加入させている場合は、「イクスゼーレ」で恐怖状態を維持し続けられれば特殊行動「トラキアの風」以外の特殊技発動を抑えられるため、格段にラクに戦える。

総貢献度は160万~180万程度と予測されるが、かなり少人数で討伐しないと参加に必要なBPに見合うだけの貢献度が得られない(難易度EXTREMEと比較した場合)。高倍率を狙う際はあまり救援依頼せず、限られた人数で倒す戦略が必要になる。

オススメキャラ
・マリー (R・火/SR・火):スロウを使える。ダークフェンサーとあわせて編成することで特殊技発動を最大2ターン遅らせることが出来るため、カーバンクルの使用間隔などに余裕が出来る。他にめぼしいキャラが居ない場合は編成してみよう。
・アニラ (SSR・火):マリーの上位互換。スロウの他に奥義ゲージ上昇量アップと、サポートアビリティによる味方全体の攻撃力アップが強力。
・クラリス (SSR・火):モードゲージを最大で1/3近く削れ、強化効果消去、防御力ダウンを使える。アトミック・レゾリューションでダメージ減衰値である70万ダメージを簡単に狙える。
・アギエルバ (SSR・火):HP次第ではあるが各種カーバンクルを使った状態で豪毅(かばう)を使う事で敵の特殊技を防ぎきる事も可能。
・イオ (サマーバージョンSSR・火):風属性被ダメージカットを使える。小説版グラブル2巻の特典アイテムを装備していれば味方全体のアビリティダメージアップも嬉しい。最大の難点は期間限定キャラのため現在は入手不可能なこと。
・ノイシュ (イベント限定SR・火):被ダメージカットを使える。昨年9月末日のシナリオイベント限定キャラなので加入させていない人もいるかも。
・ティナ (SR・火):上限1200のHP回復と味方全体に攻撃力10%アップ効果のあるアビリティを使える。
・ユエル (SSR・火):上限1500のHP回復+弱体回復を使え、攻撃アビリティも強力。ティナと一緒に編成するとより長期戦に耐えられる。

オススメ召喚石
・サテュロス(SSR):かなりの長期戦となるため、加護効果の火属性キャラに再生は大きい。
・アテナ(SSR):召喚効果の全属性被ダメージ30%カットはアビリティの被ダメージカットと重複するため特殊技のダメージを大きく減らすことが出来る。☆4で召喚効果に再生が付き、微量ながらダメージ回復も可能。サブとしても優秀。可能ならばサポーター召喚石と合わせて2つは装備したい。
・カーバンクル・ペリドット(SR):無料で入手可能。☆0で風属性被ダメージ25%カット、☆3で50%カット。加護は弱体耐性30%アップなのでサブに装備しよう。
・カーバンクル・ガーネット(SR):☆0で火属性ダメージ25%アップ、☆3で50%アップ。奥義発動に合わせて使用する事で奥義ダメージやチェインバーストダメージを大きく引き上げることが出来る。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

キーワードでブログ内を検索
「イメージ化」「プラグイン」「有馬記念」「マグナ討伐戦攻略」「ハイレベルマグナ戦」「共闘クエスト」「十天衆」など、当ブログで見たい記事の単語を入力して下の検索ボタンをクリックしてください。
みほぴょんのオススメ商品
私が今までに購入した4個のAndroidタブレットの中で、ダントツで買って良かったと思えたのがコレ。私は2016年12月に近所のHARD OFFで中古を税込1万6200円で購入したが、2万円以上の価値というか性能はあると思う。グラブルのようなタテ画面アプリには不向きだが、PS1エミュレータなどの横画面ゲームアプリやYoutubeなどの動画を楽しむにはちょうど良い。1万円以下で売られているのを見かけたら即買いレベル。
みほぴょんのオススメ商品2
Android端末のエミュレータアプリでPS1をプレイするには、上で挙げているようなタブレットにPS3のコントローラ(対応していないタブレットにはPS2コントローラを使うといい)をUSBで有線接続してやるのがベスト…なのだが、端末を外に持ち出して遊びたい時はスペースを取らないXperiaPlayに軍配が上がる。私は近所のリサイクルショップで8000円台で売られているのを購入したのだが、これくらいの値段なら買う価値アリ。ただし端末のスペックが低いので3Dゲームは重く、快適に遊べるのは2Dゲームに限られる。1万円以上なら実用性を考えてタブレットを買う方がいいかと思われる。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

♪みほぴょん

Author:♪みほぴょん
いまだに初代プレイステーションのゲームをプレイしている♪みほぴょんのブログというかPS1ソフトの紹介および攻略。

★各サイトのハンドル★
モバゲー:♪みほぴょん
GREE:♪みほぴょん
mixi:男の娘好きみほぴょん(mixiキーワード:♪みほぴょん)
Twitter:♪みほぴょん@mihopyonpyon

※モバゲーとmixi以外のSNSはROMがほとんどです。個人的なメッセージはmixiのメッセージ機能でお願いします。

Amazon:♪みほぴょん
Google:debeso kerokero

※AmazonとGoogleは購入して印象に残った商品およびアプリのレビューを書いています。

リンク
ブロとも申請
ブロとも申請(友達申請)は100%許可しています。

♪みほぴょんにブロとも申請する

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
451位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
86位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
友達リスト

ロードアの場土采果

マイナーゲーム攻略サイトもどき