PS1最強の将棋ソフト最強東大将棋2に「向かい飛車棒金」で挑む01

ファミコンからゲームボーイ、スーパーファミコン、PCエンジン、ネオジオ、PS1までは結構な数の将棋ソフトと対局したが、その中で一番強いのはPS1の「最強東大将棋2」だと思う。

「最強東大将棋2」ではCPUと対局する際にレベルを0~6の7段階から選べる。レベルに応じてCPUの思考時間の上限が変わり、一番弱いレベル0が常に0秒(!)、最強のレベル6でもわずか1分(毎回1分ではなく、1手あたり最長1分)と他の将棋ソフトと比べても圧倒的に速い。スゴいのが、最弱のレベル0でさえスーパーファミコンまでの家庭用ゲーム機の将棋ソフトの最強レベルより強いということ。

ちなみにゲームを開始したばかりの状態ではレベル5とレベル6は選択できず、レベル4に待ったなしで勝利するとレベル5を、レベル5に待ったなしで勝利するとレベル6をそれぞれ選べるようになる。レベル4はCPUの思考時間の上限が30秒でレベル5は40秒。

このソフトを買ったのは私が学生の時だったのだが、それまでの「将棋ソフトは思考時間は長いし弱くてまともに対局できない」という考えを改めさせられた。従来の将棋ソフトはテキトーに棒銀を使ってなんとなく攻めていれば勝てたのだが、それでは最強東大将棋2のレベル4に何回対局しても勝てなかったのである(まぁ単に私が弱いだけではあるが…)。

結局、私が自分の思考のみで唯一勝てたのがCPU戦特化型ともいえる「向かい飛車棒金」戦法だけだったという…。人間相手だと実用性はそうでもない戦法だが、とにかくCPUにどうしても勝ちたいという人のために紹介する。





Amazonで見てもわかるように、将棋ソフトは新旧問わず値段が高いものが多い。上の「東大将棋2」もBEST版なのに定価以上の値段がつけられている。近くに中古ゲームショップやリサイクルショップがある人はそちらで探す方が安く買えるかも。

もちろん強いだけならPS2以降の将棋ソフトの方が強いので、強さを求めるのであればPC用の最新ソフトを買う方がいい。PS1版「最強東大将棋2」の利点を挙げるとすれば、①PS1エミュレータで遊べるのでソフトをリッピングしてスマホにコピーすればいつでもどこでも気軽に遊べるのと、②エミュレータでプレイできるのでSIMカードが入っていないオフライン端末でも遊べる③エミュレータの機能であるステートセーブ&ロード機能を使うことでCPU戦を使って戦法の研究がしやすいの3点くらいか。


最強東大将棋01
先手が私。後手は最強東大将棋レベル4。

▲7六歩△3四歩▲7八金△3二金▲2二角成(角交換からの向かい飛車棒金が狙いなので、角交換を拒まれる前にこちらから交換してしまう)△同銀▲7七金(飛車の通る道を空け、棒金に向けての配置)△3三銀▲8八飛(向かい飛車)△6二銀▲6八銀△6四歩▲5八玉(4七の地点を守る)△6三銀▲8六歩(8四の歩を突いてこないならこちらから先に行く)△4二玉▲8五歩(▲8六歩に対してゆっくり構えているならもう1つ進める)△3一玉▲3八金(2七の地点を守る)△5二金(東大将棋に限らず、人間側が振り飛車にするとCPUは右側の金を王の近くに寄せて守りに使おうとする将棋ソフトが多い。これで棒金が仕掛けやすくなる)▲8六金△4四歩▲9五金△9四歩▲8四歩△9五歩▲8三歩成(飛車先突破。棒金成功)△6二飛▲8二歩△6一飛▲8一歩成△同飛▲8二と△4一飛▲9一と△6五金(第1図)

予定通り飛車先を突破できたことで先手有利なのは明白だが、△6五金に対しては慎重に対応する必要がある。


最強東大将棋02
▲7九香(このあとの後手の角の打ち込みに備え、先ほど取った香で7六の歩を守る)△9一飛▲8二飛成△5一飛▲8八龍△6二金(第2図)

龍を作れたとはいえ攻めに必要な駒が少ないので悩むところ。


最強東大将棋03
▲9三角△5五金▲7五角成△4五歩▲9四桂△6五金▲9三馬△8一歩▲4八銀△4一飛▲9二馬△7二銀▲5六歩△7四歩▲5七銀右(このあたりは慎重に指す必要がある)△4四角▲9八龍(第2図の▲7九香がここで活きてくる)△6三銀▲9三馬(次に▲6六歩が狙い)△7五歩▲8四馬(重要。△7六歩なら▲6六歩、△7六金なら▲7七歩で金が死ぬ)△5二金▲7五歩△5四歩▲7四歩△5五歩▲同歩△7二歩▲6六歩△5五金▲5六歩(安全に行く)△5四金▲7五馬△7一角▲8八龍△5三角▲8四歩△6五歩▲8五馬△5五歩▲8三歩成△6六歩▲同銀△4四角▲8六馬△5三角▲9五馬△4四角(第3図)

すでにかなり優勢ではあるが、まだ4四の角がしっかり効いているので気は抜けない。


最強東大将棋04
▲5五歩△同金▲同銀△同角▲7七金△6六銀▲同金△同角▲7七銀打(▲5五歩からの流れで5五付近のいざこざを整理する)△7五角▲8五馬△6四角▲6六銀△4六歩▲同歩△5七歩▲同銀上△5六歩▲同銀△4六飛▲6七馬(これ以外の受けだとスキがあってダメ)△4二飛▲5五歩(角道をふさぐ)△5一金▲6五歩△5三角▲7三歩成△同歩▲同と△5二銀▲8三と(△9三歩を防ぐ)△2二玉▲7四歩△2四歩▲7三歩成△4一金▲7四と△3一金寄(第4図)

相手からの攻めを完全に封じつつ、じわりじわりと攻める。


最強東大将棋05
▲7二歩△6三歩▲7一歩成△4三飛▲8一と△3五角▲5七銀△4一飛▲8二桂成△8六歩▲同龍△5三角▲8八龍△2三金打(第5図)

ここまで行けば勝ち確定。あとは「と金」を量産しつつ、「と金」で一歩ずつ近づいていけば誰でも勝てる。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

キーワードでブログ内を検索
「イメージ化」「プラグイン」「有馬記念」「マグナ討伐戦攻略」「ハイレベルマグナ戦」「共闘クエスト」「十天衆」など、当ブログで見たい記事の単語を入力して下の検索ボタンをクリックしてください。
みほぴょんのオススメ商品
私が今までに購入した4個のAndroidタブレットの中で、ダントツで買って良かったと思えたのがコレ。私は2016年12月に近所のHARD OFFで中古を税込1万6200円で購入したが、2万円以上の価値というか性能はあると思う。グラブルのようなタテ画面アプリには不向きだが、PS1エミュレータなどの横画面ゲームアプリやYoutubeなどの動画を楽しむにはちょうど良い。1万円以下で売られているのを見かけたら即買いレベル。
みほぴょんのオススメ商品2
Android端末のエミュレータアプリでPS1をプレイするには、上で挙げているようなタブレットにPS3のコントローラ(対応していないタブレットにはPS2コントローラを使うといい)をUSBで有線接続してやるのがベスト…なのだが、端末を外に持ち出して遊びたい時はスペースを取らないXperiaPlayに軍配が上がる。私は近所のリサイクルショップで8000円台で売られているのを購入したのだが、これくらいの値段なら買う価値アリ。ただし端末のスペックが低いので3Dゲームは重く、快適に遊べるのは2Dゲームに限られる。1万円以上なら実用性を考えてタブレットを買う方がいいかと思われる。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

♪みほぴょん

Author:♪みほぴょん
いまだに初代プレイステーションのゲームをプレイしている♪みほぴょんのブログというかPS1ソフトの紹介および攻略。

★各サイトのハンドル★
モバゲー:♪みほぴょん
GREE:♪みほぴょん
mixi:男の娘好きみほぴょん(mixiキーワード:♪みほぴょん)
Twitter:♪みほぴょん@mihopyonpyon

※モバゲーとmixi以外のSNSはROMがほとんどです。個人的なメッセージはmixiのメッセージ機能でお願いします。

Amazon:♪みほぴょん
Google:debeso kerokero

※AmazonとGoogleは購入して印象に残った商品およびアプリのレビューを書いています。

リンク
ブロとも申請
ブロとも申請(友達申請)は100%許可しています。

♪みほぴょんにブロとも申請する

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
451位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
86位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
友達リスト

ロードアの場土采果

マイナーゲーム攻略サイトもどき