ePSXe2.0のHELPの翻訳05

赤文字は補足

3.5. Emulator Preferences.
3.5. 設定

Basically you need to configure the bios, input, cpu and sound options.
基本的にはBIOS、入力、CPU、サウンドオプションを設定する必要があります。

3.5.1. Configuring the bios.
3.5.1. BIOSの設定

Bios file. In the combo file selector, you can see the files which are on sdcard, select the BIOS you want to use. During testing we found that the scph1001.bin and scph7502.bin BIOS are compatible, but the scph1000.bin won't work. Please remember you may only be in possession of the copyrighted BIOS when you're legally entitled.
BIOSファイル。 ファイル選択でSDカード内にあるファイルを見て、使用したいBIOSを選択することができます。 scph1001.binとscph7502.binのBIOSは互換性がありますが、scph1000.binは動作しないことがわかっています。著作権で保護されたBIOSを所有している時のみ合法だということを覚えておいてください。

Simulated/HLE Bios: From 1.9.21 ePSXe include a HLE bios, if you enable this option you do not need to use a bios to play (Compatibility is limited).
シミュレートBIOS:バージョン1.9.21よりePSXeにHLE BIOSが含まれています。このオプションを有効にすると、プレイするためにBIOSを使用する必要はありません(互換性は限られています)。

3.5.2. Configuring the cpu.
3.5.2. CPUの設定

Cpu frame skip. It will speed up the emulator, but the video frame rate will be lower. It uses a experimental mode, which has been tested only in some games. You can choose "disabled", "enabled", or "enabled only in high resolution games".
CPUフレームスキップ:エミュレータの速度はアップしますが、ビデオフレームレートは低くなります。 いくつかのゲームでのみテストされた実験的なモードを使用します。 「無効」、「有効」、または「有効(高解像度向け)」を選択できます。

Show FPS. If you want to see the number of frame per second on gameplay, enable this option.
FPSの表示:ゲームプレイ中に1秒あたりのフレーム数を確認したい時は、このオプションを有効にします。
画面左上にFPS値を表示する。

Set Custom FPS. If you want to select the frames per second. You will get sound glitches.
任意のFPSを設定:1秒あたりのフレーム数を選択したい場合。 不具合が起こるでしょう。
FPS値を任意に設定する。端末の処理速度に応じてゲーム速度を実機より速くすることができる。

MME Enable. Enable/Disable/Force multimedia extension. With MME enabled it should be faster, but could be less accurate in some cases. Don't force in devices without neon support, or it will crash!
MMEの有効/無効:マルチメディア拡張を有効/無効/強制します。 MMEを有効にすると速くなりますが、精度が低下する場合もあります。 neonをサポートしていないデバイスでは強制にしないでください、クラッシュします。

Gte Precission. 32/64 Bits. It will be very accurate in 64bits and faster in 32 bits
Gte Precission:32/64ビット。 64ビットは非常に正確で、32ビットはより高速になります。

3.5.3. Configuring the screen.
3.5.3. 画面の設定

Screen orientation. You can choose landscape, portrait, or reverse landscape screen orientation.
画面の向き:横向き、縦向き、または反転横向きを選択できます。

Screen ratio. You can choose stretch, 4:3 ratio or widescreen (Widescreen is a internal hack and it could be wrong in some games).
画面の比率:引き延ばし、4:3、ワイドスクリーンを選択することができます(ワイドスクリーンは内部ハックであり、一部のゲームでは不具合が起こる可能性があります)。

Screen color depth. You can choose 16 or 32 bits. With 32 bits you will get better mdec colors.
スクリーンの色数:16ビットまたは32ビットを選択できます。 32ビットを使用すると、ムービーがよりきれいになります。
ゲームに使用する色数。通常は16ビットで問題なし。

Top/bottoms black bands. You can remove the top/bottom black bands in the games, getting more bigger image, but it can break some games (like Alundra 2).
上下の黒帯:ゲームの上下の黒帯を取り除いてより大きな画面にすることができますが、(Alundra 2のような)いくつかのゲームで表示が崩れる可能性があります。

VR Modes. Used to play the emulator with a cardboard. Not enable this modes when not using a cardboard or the screen will be drawn 2 times.
VRモード:cardboard(段ボール製VRゴーグル)を使ってエミュレータをプレイするために使用します。 cardboardを使用していないときにこのモードを有効にしないと、画面が2つ表示されます。

3.5.4. Configuring the video.
3.5.4. ビデオの設定

Video Renderer. You can select Hardware, Hardware + shaders, Software renderer or OpenGL Plugin. In general you should choose the Hardware renderer (faster and smoother graphics). Use the software renderer only in old devices (for example with GPU Adreno 200). From the version 1.8.0, you can use a external OpenGL Plugin, which gets HI-RES graphics, but in general worse performance and glitches (see GPU Plugin below 3.10).
ビデオレンダラ:ハードウェア、ハードウェア+shaders、ソフトウェアレンダラ、OpenGL プラグインを選択できます。 一般的には、ハードウェアレンダラ(高速でスムーズなグラフィックス)を選択するべきです。 ソフトウェアレンダラは、古い端末(GPU Adreno 200など)でのみ使用してください。 バージョン1.8.0から、外部OpenGLプラグインを使用することができます。これはHI-RESグラフィックを得られますが、一般的にパフォーマンスが悪くなったり不具合になります(GPUプラグイン3.10を参照)。

Internal Resolution. You can choose x1/x2. x1 is accurate, x2 will increase resolution x2, it is smother, but it requires a very powerful CPU and it can create artifacts mainly in 2D games.
内部解像度:x1 / x2を選択できます。 x1は正確で、x2は解像度を2倍に上げ滑らかになりますが、非常に強力なCPUを必要とし、主に2Dゲームでアーティファクトを作ることができます。

Video Filtering. You can enable/disable the filtering in the hw/plugin opengl renderer.
ビデオフィルタリング:HW / プラグイン OpenGLレンダラのフィルタリングを有効/無効にすることができます。

Filter for 2D games. You can enable filters for 2D games (2xsai and xbrz), but it is not compatible with increasing internal resolution x2/x4 and it is just for 2D games.
2Dゲーム用のフィルタ:2Dゲーム(2xsaiとxbrz)のフィルタを有効にできますが、内部解像度x2 / x4の増加には互換性がなく、2Dゲーム用です。
2×Saiアルゴリズムを使い、ボケを抑えてテクスチャの解像度を上げる。2Dに適用。

HW/Soft Threading Mode. There are 2 modes, no-threading the most accurated, and 2-thread faster in dual/quad core low end devices.
HW /ソフトスレッディングモード:2つのモードがあり、「なし」は最も正確で、「2スレッド」はデュアル/クワッド・コアのローエンド端末では高速です。

Overscan top/Bottom. It emulates the overscan in old TVs. You can select the number of lines.
オーバースキャン:古いテレビのオーバースキャンをエミュレートします。 ラインの数を選択することができます。

Brightness Profile. The brightness can be increased using this resolution, interesting in dark games.
明るさ:暗いゲームは解像度を使って明るさを上げることができます。

GPU Shader. From the version 2.0 shaders are supported. You can select the shader in this section. Warning: it requires a very fast phone.
GPUシェーダ:バージョン2.0から、シェーダがサポートされています。 このセクションでは、シェーダを選択できます。 警告:非常に速い端末が必要です。

GPU Plugin. If you want to use external OpenGL Plugin, you have to download the plugin from Google play (https://play.google.com/store/apps/details?id=com.epsxe.opengl) choose it with this option. If you do not have this file, it falls down to the Hardware renderer. More info below.
GPUプラグイン:外部OpenGLプラグインを使用する場合は、Googleプレイ(https://play.google.com/store/apps/details?id=com.epsxe.opengl)からこのプラグインをダウンロードする必要があります。 このファイルがない場合は、ハードウェアレンダラにダウンします。 詳細は下記をご覧ください。

Plugin Reduce Internal Resolution. You can reduce the internal resolution from the GPU plugin. (Interesing in devices as Ouya).
プラグイン内部解像度の設定:GPUプラグインの内部解像度を下げることができます。 (Ouyaの端末に興味がある)。

Plugin Texture Mode. It will use a different texture size, required to speed up the opengl plugin in Adreno 3XX cards.
プラグインテクスチャーモード:Adreno 3XXカードのOpenGLプラグインを高速化するには、別のテクスチャサイズを使用します。

Plugin Threading Mode. You can choose "none", 2-threads, 2-threads+effects, 2-threads+most effects. If you have a fast phone with 2 or 4 cores, you can enable the 2-threads mode to speed up or add extra effects as final fantasy series swirls.
プラグインスレッディングモード:「なし」、「2スレッド」、「2スレッド+エフェクト」、「2スレッド+ほとんどのエフェクト」を選択できます。 2つまたは4つのコアを搭載した高速端末の場合は、2スレッドモードを有効にして、スピードアップしたりファイナルファンタジーシリーズの渦巻きのようなエフェクトを追加することができます。

Common options:
一般的なオプション:

Plugin Subpixel precision. Less shaking and better polygon precision, but a fast cpu is required.
プラグインサブピクセル精度:振れが少なくポリゴンの精度は良くなりますが、高速なCPUが必要です。

PSX dithering. Enable/Disable the PSX dithering pattern.
PSXディザリング:PSXディザリングパターンを有効/無効にします。

Scanlines. Enable/Disable the scanlines and select thickness and transparency leve.
スキャンライン:スキャンラインを有効/無効にし、太さと透過度を選択します。
TV風に黒い横線を表示する。目の錯覚を利用した脳内補間。無理な補間より自然に感じる人もいるが嫌いな人もいる。3Dでは効果は薄いが文字などの2D部分のにじみが減り見やすくなる。

3.5.5. Configuring the sound.
3.5.5. サウンドの設定

Sound quality. In ePSXe, you can enable or disable the audio ouput. Disabling the audio will speed up emulation but some games could stop working. High quality have more sounds effects (interpolation and reverb), but more cpu is required.
音質:ePSXeでは、オーディオ出力を有効または無効にすることができます。「サウンドなし」にすると、エミュレーションは最速になりますが、一部のゲームは動作が停止する可能性があります。「エフェクト大」は多くのサウンドエフェクト(補間とリバーブ)がありますが、CPUが必要です。

Sound latency. You can use the normal latency mode, avaliable from the first version, the low latency mode (experimental - frecuency is adjusted to emulation speed, but you need 100% fps to get good sound), or the new low latency mode 2, which doesn't adjust the frecuency.
サウンド遅延:最初のバージョンで使用可能なのは通常モード、最低モード(実験的 - 周波数はエミュレーション速度に調整されていますが、良いサウンドを得るには100%のfpsが必要です)、新しい遅いモード2、周波数を調整しないでください。

3.5.6. Configuring the input
3.5.6. 入力の設定

Numbers of players. ePSXe supports 1/2 Players mode, 1 a fun 2 players mode for tablets (using split screen mode), and 4 players support (in games supported multitap).
プレイヤー数:ePSXeは1/2プレーヤーモード、タブレット用の2プレイヤーモード(分割モードを使用)、4プレーヤーをサポートします(ゲームでサポートされるマルチタップ)。

Player 1-4 settings
プレーヤー1-4の設定

Additional settings for each player including the pad type, draw mode vibration settings and hardware button mapping.
パッドの種類、描画モード、振動設定、ハードウェアボタンのマッピングなど、各プレーヤーの設定をします。

PSX Pad Type. Choose the kind of emulated PAD (Digital or Dual Shock).
PSXパッドの種類:エミュレートされたパッドの種類を選択します(デジタルまたはデュアルショック)。

Androd GamePad Type. Define the kind of gamepad you are configuring: none, Touchscreen, Xbox, Playstation 3, Logitech, Nvidia, Ipega ...
Androidゲームパッドの種類:設定しているゲームパッドの種類を定義します:なし、タッチスクリーン、Xbox、プレイステーション3、Logitech、Nvidia、Ipega ...

Select gamepad. It scans the system for gamepads, and you have to choose the yours. If you have a xperia play to have to choose xperiaplay here.
ゲームパッドの選択:ゲームパッドのシステムをスキャンし、選択する必要があります。xperiaplayを持っている場合はここでxperiaplayを選択する必要があります。

Enable vibration. If vibration is supported in your android, it will enable vibration in the gamepad or touchscreen.
振動モード: Androidで振動がサポートされている場合、ゲームパッドやタッチスクリーンで振動させることができます。

Controller map buttons: allows you to assign a hardware button to each of the virtual controller buttons. This can also be used with gamepads.
ボタン割り当て:各仮想コントローラーボタンにハードウェアボタンを割り当てることができます。 これはゲームパッドでも使用できます。

Controller map axis: allow you to assign axis from native joysticks on Android 3.1+. Gamepad Test Axis: option to see the axis values and help you to config.
軸入力割り当て:Android 3.1以降でネイティブジョイスティックから軸入力を割り当てることができます。 Gamepad Test Axis:軸の値を表示して設定に役立てます。

Accelerometer: usage the accelerometer to emulate dpad/right analog.
加速度計:DPAD / rightアナログをエミュレートする加速度計の使用法。

TouchScreen Settings
タッチスクリーンゲームパッドの設定

Dynamic DPAD/LStick. Enable/Disable dynamic DPAD. It supports move the characters using a dynamic pad with swipes on the left part of the screen.
ダイナミックDPAD / Lスティック:ダイナミックDPADを有効/無効にします。 それは、画面の左の部分にスワイプでダイナミックパッドを使用して文字を移動することをサポートしています。

Dynamic Action Buttons. Enable/Disable dynamic Action Buttons. The action buttons (X,O,Square and Triangle) are replaced by swipes on the right part of the screen.
ダイナミックアクションボタン:ダイナミックアクションボタンを有効/無効にします。 アクションボタン(X、O、□、△)は、画面右側でスワイプ操作をすると置き換えられます。

Pad Skin Lanscape/Portrait. ePSXe includes 3 kind of pads on landscape or no on-screen pad for use with hardware buttons. Choose None if you do not want to see the gamepad on screen (for example if you are using a external gamepad).
パッドスキン 横向き / 縦向き:ePSXeには、ハードウェアボタン用の3種類のパッドが用意されています。 画面上にゲームパッドを表示したくない場合(外部ゲームパッドを使用している場合など)は、「なし」を選択します。

Hide/Show pad skin. Enable/Disable pad skin - to play with a external gamepa
タッチボタンの非表示/表示:パッドスキンを有効/無効にします - 外部ゲームパッドでプレイします

Transparency on skins. You can enable how much the transparency is done to the pad skin.
スキンの透明度:パッドのスキンへの透過度を有効にすることができます。

Gamepad Skint Editor Landscape/Portrait. Edit your touchscreen PAD (move/resize and enable/disable buttons). (Use SWAP MODE to edit the Analog pad - add/remove analog axis)
ゲームパッドスキンエディタ 横向き/縦向き:タッチスクリーンパッドを編集します(移動/サイズ変更とボタンを有効/無効)。 (SWAP MODEを使用してアナログパッドを編集 - アナログ軸の追加/削除)

Vibration on touchscreen buttons. Choose this option to get a vibration when you press a virtual key.
タッチス入力時に振動:仮想キーを押したときに振動を得るには、このオプションを選択します。

Custom Pad Skin. You can create and use your own pad skin. Choose your png file with this option
カスタムパッドスキン:独自のパッドスキンを作成して使用することができます。 このオプションでPNGファイルを選択します。

Input methods
入力方法

Input methods allow you to configure and change android input methods to enable and/or config external pads or hardware buttons to play.
入力方法を使用すると、androidの入力方法を設定および変更して、外部パッドまたはハードウェアボタンを有効/または設定してプレイすることができます。

Extra buttons
エキストラ機能の割り当て

Config options hw buttons: allow you to config some emulator options like the save/load states, and framelimit to hardware buttons
ハードウェアボタンの割り当て:状態セーブ/ロードのようないくつかのエミュレータオプションを設定し、ハードウェアボタンへのフレームリミットを設定できます

Config virtual options buttons: you can add until 6 extra buttons with savestate/loadstate functions, framelimit, combo action buttons and sticky buttons
仮想ボタンの割り当て:状態セーブ / 状態ロード機能、フレームリミット、コンボアクションボタン、およびスティッキーボタン付きの6つの追加ボタンまで追加できます

3.5.7. Memcards
3.5.7. メモリーカードの設定

Memcard1 File Mode. Choose mode: 2 memcards shared by all of games or 2 memcards by game.
メモリーカードファイルモード:「すべてのゲームで共有」か「ゲームごとに変える」かを選択します。

Memcard1 File. Choose file to be used in the first memcard.
メモリーカード1ファイル:1つ目のメモリーカードで使用するファイルを選択します。

Memcard2 File. Choose file to be used in the second memcard.
メモリーカード2ファイル:2つ目のメモリーカードで使用するファイルを選択します。

Enable/Disable memcards. Enable/Disable memcards - required on Lifeforce game.
メモリーカード有効/無効:メモリーカードを有効/無効にします - ライフフォースゲームで必要です。

Memcards/Savestates to Dropbox. Open a gamelist to upload/download files to dropbox
Dropboxへメモリーカード/状態セーブを転送:Dropboxにファイルをアップロード/ダウンロードするためのゲームリストを開きます。

3.5.8. Misc preferences
3.5.8. その他の設定

Game browser mode. Select gamelist/game defailts or browser files. Use it when crashing on scanning for games
ゲームブラウザモード:ゲーム一覧/ゲームの詳細またはファイルブラウザを選択します。 ゲームスキャンでクラッシュするときに使用します

Autosave on exit. Enable to autosave on exit, and show a load dialog at re-start the game.
終了時に状態を自動保存:終了時に自動保存を有効にし、ゲームを再起動するときに読み込みダイアログを表示します。

Show PSX logo. Show the PSX log during the start.
PSXロゴの表示:開始時にPSXログを表示します。

UI Language. Select english or default UI language.
UI言語:英語またはデフォルトのUI言語を選択します。

Menu Mode. Select the type of menu engine (dialog or menu)
メニューモード:メニューエンジンの種類(ダイアログまたはメニュー)を選択します。

3.5.9. Debug preferences
3.5.9. デバッグ設定

CPU Interpreter. Enable/disable CPU interpreter. A lot of slower but very accurate.
CPUインタプリタ:CPUインタプリタを有効/無効にします。 とても遅いですが非常に正確です。

DMA Chaincore. Enable/disable DMA chain core. In order to debug graphics problems.
DMA Chaincore:DMAチェーンコアを有効/無効にします。 グラフィックの問題をデバッグするため。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

キーワードでブログ内を検索
「イメージ化」「プラグイン」「有馬記念」「マグナ討伐戦攻略」「ハイレベルマグナ戦」「共闘クエスト」「十天衆」など、当ブログで見たい記事の単語を入力して下の検索ボタンをクリックしてください。
みほぴょんのオススメ商品
私が今までに購入した4個のAndroidタブレットの中で、ダントツで買って良かったと思えたのがコレ。私は2016年12月に近所のHARD OFFで中古を税込1万6200円で購入したが、2万円以上の価値というか性能はあると思う。グラブルのようなタテ画面アプリには不向きだが、PS1エミュレータなどの横画面ゲームアプリやYoutubeなどの動画を楽しむにはちょうど良い。1万円以下で売られているのを見かけたら即買いレベル。
みほぴょんのオススメ商品2
Android端末のエミュレータアプリでPS1をプレイするには、上で挙げているようなタブレットにPS3のコントローラ(対応していないタブレットにはPS2コントローラを使うといい)をUSBで有線接続してやるのがベスト…なのだが、端末を外に持ち出して遊びたい時はスペースを取らないXperiaPlayに軍配が上がる。私は近所のリサイクルショップで8000円台で売られているのを購入したのだが、これくらいの値段なら買う価値アリ。ただし端末のスペックが低いので3Dゲームは重く、快適に遊べるのは2Dゲームに限られる。1万円以上なら実用性を考えてタブレットを買う方がいいかと思われる。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

♪みほぴょん

Author:♪みほぴょん
いまだに初代プレイステーションのゲームをプレイしている♪みほぴょんのブログというかPS1ソフトの紹介および攻略。

★各サイトのハンドル★
モバゲー:♪みほぴょん
GREE:♪みほぴょん
mixi:男の娘好きみほぴょん(mixiキーワード:♪みほぴょん)
Twitter:♪みほぴょん@mihopyonpyon

※モバゲーとmixi以外のSNSはROMがほとんどです。個人的なメッセージはmixiのメッセージ機能でお願いします。

Amazon:♪みほぴょん
Google:debeso kerokero

※AmazonとGoogleは購入して印象に残った商品およびアプリのレビューを書いています。

リンク
ブロとも申請
ブロとも申請(友達申請)は100%許可しています。

♪みほぴょんにブロとも申請する

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
451位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
86位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
友達リスト

ロードアの場土采果

マイナーゲーム攻略サイトもどき