fc2ブログ

おすすめブラウザゲーム03「天空のスカイガレオン」

「天空のスカイガレオン」(以下スカイガレオン)はモバゲー、GREE、mixiで配信されているブラウザゲームだ。


スカイガレオン01
タイトル画面は数種類あり、トップページ読み込み時にランダムで選択される。

これは2周年記念イベント期間中だけの特別版。個人的にはゲーム内のキャラクターもこの画風でやって欲しかった。


スカイガレオン02
マイページは実にシンプル。

「探索」はRPG風クリック育成ゲームでいうところのクエスト。
たいていのソーシャルゲームは、クエストを繰り返すだけでもキャラクターが強くなっていく様子を楽しめるように作られている。

だが

スカイガレオンでは、探索を何百回何千回といくら繰り返したところで、それだけでは全く強くなれない。


スカイガレオン04
スカイガレオンの一番のだいご味は、他のユーザーとのバトルにある。

ソーシャルゲームのバトルは、パラメーターが高いか低いかだけで勝敗が決まる単純なものがほとんど。
そのため相手のレベルがこちらよりも高い場合どうやっても勝てないという単なる力比べ状態となり、お互いの攻防を楽しめるようなゲームは非常に少ない。

そんな中、スカイガレオンでは戦略性の高いカードバトルを採用している。

手持ちのカードの中から複数枚選び、3×3のマスの中に配置してデッキを作成するのだが、これが実に楽しい。本作では「相手の攻撃力を下げるカード」や「相手の動きを封じるカード」といった特殊能力を持つカードが数多く存在するため、単に攻撃力の高いカードを配置するだけで勝ち続けるのは難しいのだ。


スカイガレオン03
ユーザーバトルに勝っていくとバトルレベルが上がる。

といっても、べつに何か強くなるワケではない。


スカイガレオン05
肝心のカードの入手方法は複数用意されている。ここでは代表的な2つを紹介しよう。

ひとつめは「カードから召喚する」。

…まぁ、一般的なソーシャルゲームでいうところの「ガチャ」やね。


スカイガレオン06
もうひとつは「作成する」。

これは他のソーシャルゲームにはないもので、錬金書を購入すると、カードを作成できるようになる。
カードの作成には各種アイテムが必要になっていて、このアイテムはユーザーとのバトルや探検で入手することができる。

面白いのが、カードの作成には成功率があること。たとえ成功率が95%でも失敗することがあるので気が抜けないのだ。


スカイガレオン07
実際のバトル画面を見ながら、デッキの一例を紹介しよう。


スカイガレオン08
1ターン目は、SRマアト、SRアフラマズダ、SRルシファーの3枚のカードで特殊能力「威光(いこう)」を発動させる。
威光は自陣のカード全ての特技ゲージを1減少させる効果がある。3枚のカードで威光を発動したので、特技ゲージは合計3減少したことになる。

バトルの進行はFLASHアニメで行われるのでわかりやすい。行動するカードが大きく表示され、ダメージやステータスの変化もカードの上に数字やマークが出てくる。


スカイガレオン09
特技ゲージが3減少したことで、Rスルーズの特技「雷神の加護」が1ターン目に発動。
この特技は自陣の赤属性カードの特技ゲージを1減少させる効果がある。


スカイガレオン10
そして2ターン目に必殺技「赤の疾風」をセットしておくのがポイント。これで赤属性のカードのAG(すばやさ)をアップさせ、相手が動き出す前に…


スカイガレオン11
SRスルトの特技「殲滅(せんめつ)のレーヴァテイン」を発動させる!

これが狙いだったのだ。


スカイガレオン12
「殲滅のレーヴァテイン」は敵陣のカードを9回攻撃できる技。これ1発で勝負が決まってしまうほどの威力を誇る。


スカイガレオン14
これはLEセトの「暴神の凶塵」をキメるのを目的としたデッキ。

流れとしては…

EXシルフ(AG45)をRコウテイの横に配置して、「風の援護」でRコウテイのAGを30以上アップさせる(シルフのレベルが9なら、このあとRコウテイをLEセトより先に行動させられる)

→Rコウテイ(風の援護の効果によりAG37以上)が「昇竜の兆し」で敵味方全体のAGを20以上アップさせる(Rコウテイのレベルが9であればAGを24アップさせることができる)

→LEセト(AG41)が「暴神の凶塵」で敵陣を即死させる

というもの。

LEセトの後列時の行動である「暴神の凶塵」は、敵陣のAG56以上のカードを全て即死させる効果がある。上記の例では、Rコウテイのレベルが0の時はAG36以上、Rコウテイのレベルが9の時はAG32以上のカードが即死となる。

恐ろしいのが2ターン目。もし1ターン目で敵カードが残っていても、「昇竜の兆し」の効果は次のターンにも残るのだ。そのため、「緑の加護」を2ターン目に発動させてRコウテイのATをアップさせ、2ターン目の「昇竜の兆し」で再度AGを上昇値させれば、ほぼ全てのカードを「暴神の凶塵」の効果対象にしてしまえるぞ。

前列にSRオーディンとSRツクヨミを配置しているのは盾の役目。昇竜の兆しと暴神の凶塵が重要な決め手なので、隊列の乱れは勝敗を大きく左右する。SRオーディンは護神で1ターン目が完全無敵。SRツクヨミは前列の敵の行動を「魅惑の月」で封じることができるので、HPが低い割に実質的な防御性能は高め。


このように、各カードの特性を生かした攻撃のコンビネーションを作るのがデッキ作成のポイントとなる。

スカイガレオンは課金アイテムを購入しなくても充分楽しめるし、思考要素があって面白いので、モバゲー、GREE、mixiのいずれかに登録している人はぜひプレイしてみて欲しい。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

キーワードでブログ内を検索
「イメージ化」「向かい飛車」「有馬記念」など、当ブログで見たい記事の単語を入力して下の検索ボタンをクリックしてください。
ディスプレイが大きくテレビゲーム機のモニターとしても使用可能
■富士通 FMV LIFEBOOK NH90/D2 2019年発売。以前使っていたPCが壊れたのでコレに買い替えたのだが、まず電源を入れた時の起動の速さ(10秒程度)に驚かされる。液晶ディスプレイは17.3インチと大きく、HDMI入力端子がついているためPS3などのテレビゲーム機のモニターとしても使用可能なのが嬉しい。CPUはCore i7、メモリは8GB(最大32GB)、ストレージ容量はSSD 256GB+HDD 1TB、Microsoft Office 2019あり。発売当時のノートPCの中では最上級のスペックで、エロゲとブラウザと文書作成がメインの人間には充分すぎる。欠点はファンの音がうるさいことくらいで、エロゲや映画を楽しむときはイヤホンを使えば問題ない。私が買ったのは2019年12月で、その時は税込み20万円だった。2021年2月現在でAmazonでは16万4360円。オススメ。
PS2やPS1を実機でプレイしている人には超オススメ
■POUND PS2 & PS1 専用 HDMI変換コンバータ HD LINK CABLE  PS2とPS1に対応しているHDMI変換コンバータ。PS2とPS1本体は480pのRGB信号で映像を出力している(PS1は240pで表示されているゲームがほとんど)のだが、これを720pにアップコンバートしてHDMIに変換出力する。従来のコンポジットAVケーブルに比べると画質は格段によくなるが、PS1ソフトの画質においてはPS3のアップコンバートに劣る。ただし、PS1やPS2専用の特殊コントローラーを使える点ではPS2の方が優れており、PS2やPS1を実機でプレイしている人にはぜひオススメしたい。
バッテリー交換可能なので携帯ゲーム機として
■GALAXY Note 3 SC-01F  2013年10月17日発売。スマホで使う機能が通話、メール、ブラウザ、Youtube、ePSXeくらいという人には非常にオススメ。携帯電話としてではなく携帯PS1エミュレータとして使うのもいい。「バッテリーが自分で交換可能」なのが非常に大きく、私は2014年10月に購入して以来、バッテリー交換しながら7年以上経った今でも使い続けている。アップデートでOSをAndroid5.0にできるので、SDカードに書き込みもできるのも○。コレを買うなら予備のバッテリーもいくつか一緒に買うことをすすめる。PS1エミュレータ用に買うなら、端末のストレージが32GBしかないので64GBのSDカードもぜひ買っておきたい。
値下がりして充分な高性能だが…
■Galaxy Note8 SC-01K  2017年10月26日発売。ディスプレイは6.3インチで、GALAXY Note 3と比べてタテに18mmほど長くなった。ブラウザやメールを使う場合には断然見やすく使いやすい。CPUはSnapdragon 835、ストレージ64GB、メモリ6GB。一般的な使い方をするぶんには充分過ぎるスペックであり、「グランブルーファンタジー」「オルタナティブガールズ2」といったゲームを最高画質設定にしても快適にプレイできる。ただし「バッテリー交換ができない」ため、発売時期を考えると今後長く使っていけるという点においてはGalaxy Note3に劣る。
ステレオスピーカーと本体ストレージ512GBは大きな魅力
■Samsung Galaxy Note 9 2018年10月発売。まだ実際に購入していないのでWebサイトでスペックを見ての想像だけで書いているが、Note8に比べてディスプレイがさらに大きく(6.4インチ)、メモリー8GB、ステレオスピーカー搭載、SペンにBluetooth機能がついたりと全ての部分で上位機種となっている。特にスゴいのが本体ストレージ512GB。最大512GBのmicroSDカード対応で、最大で合計1TBのストレージを利用することができるのは大きな魅力。スマホでたくさんのゲームを遊びたいという人は、とにもかくにも買いたい端末。
カテゴリ一覧
最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

♪みほぴょん

Author:♪みほぴょん
初代プレイステーションのゲームをより快適に遊ぶ方法の紹介と、競馬予想。

★各サイトのハンドル★
モバゲー:♪みほぴょん
GREE:♪みほぴょん
mixi:男の娘好きみほぴょん(mixiキーワード:♪みほぴょん)
Twitter:♪みほぴょん@mihopyonpyon
将棋ウォーズ:mihopyon

※SNSはROMがほとんどです。個人的なメッセージはこのブログのコメント機能でお願いします。

Amazon:♪みほぴょん
Google:debeso kerokero

※AmazonとGoogleは購入して印象に残った商品およびアプリのレビューを書いています。

ブロとも申請
ブロとも申請(友達申請)は100%許可しています。

♪みほぴょんにブロとも申請する

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
555位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
101位
アクセスランキングを見る>>
友達リスト

ロードアの場土采果

マイナーゲーム攻略サイトもどき