fc2ブログ

グランブルー攻略149 どうして空は蒼いのか

グラブル3周年大感謝祭に合わせて配信されたストーリーイベント「どうして空は蒼いのか」は、メインクエスト序盤~中盤で登場したキャラたちが協力して危機に立ち向かうという内容になっている。共闘クエストのパンデモニウムの正体が原初の星晶獣を封印するための場所であることがわかったり、4大天司やビィ、ユグドラシルなどの新規イラストもあって面白かった。


※以下は攻略wikiを編集したものを掲載

■イベント限定報酬
ドミニオンハープ(SSR楽器・光):スキル1はメイン装備時に味方全体に防御力と弱体耐性を10%アップ。Lv100でEX攻刃(大)を習得。奥義効果の弱体耐性ダウンはスーパースターの「ソウルピルファー」と召喚石「超鋼巨人・ゴッドギガンテス」の両方と重複可能。ソーンの麻痺運用なら九界琴の方が使える為、九界琴が無い人向け。

闇の炎の子(SSR召喚石・闇):

ヴァーチャークリス(SR短剣・光)、ヴァーチャーボウ(SR弓・光):素材。

ダマスカス骸晶:可能な限り3個全て確保しよう。

バハムートの角:討伐章報酬(金400枚)で1個、累計貢献度報酬(380万、440万)で2個入手可能。

バハムートの紫電角:累計貢献度報酬(500万)で1個入手可能。

バハムートの鉤爪:「竜の試練」のクリア報酬。「バハムートウェポン・ノヴム」(☆3、スキルレベル1) 1個と交換が可能。


■バハムートウェポン・ノヴムの交換について
「竜の試練」クリア報酬の「バハムートの鉤爪」は、「バハムートウェポン・ノヴム」という非常に強力なSSR武器と交換できる。交換できるバハムートウェポンは☆3まで上限解放済みで、武器Lv1、スキルLv1の状態で手に入る。通常の方法で入手するのは大変なバハムートウェポン・ノヴムが簡単に入手できるのは嬉しい。

バハムートウェポンは適正Rankが80と高く設定されているが、デメリットは武器のステータスが少し下がるだけでスキル効果には影響がないので、普通に装備して大丈夫。

どれと交換するかだが、バハムートウェポンを1本も所持していない場合は「バハムートダガー・ノヴム」(短剣)がオススメ。スキルはスキルLv1でヒューマンの攻撃力を+20%、スキルLv10まで強化すると攻撃力を+30%。バハムートウェポンを装備編成にどう組み込むかは攻略Wikiのオススメ装備編成のページを参照。

バハムートウェポンを既に所持している人は、同じものを複数持っても片方しか効果が無く、今あるバハムートウェポン(製作に使用した角)を無駄にする必要は無いので、まだ所持していない武器と交換しよう。
※☆3まで上限解放済みとはいえスキルLv1なのでスキルLvを上げるために大量の素材が必要な事には変わりなく、ノヴム化に必要な角3本と竜鱗などの素材が浮いた程度。討伐章報酬と累計貢献度報酬でバハムートの角を合計3本入手可能なので、既にSRのバハムートウェポンを所持している人は比較的簡単に普通の手段でノヴム化ができる。

もうこれ以上バハムートウェポンが必要ないという人は、エレメント化すると武器エレメント100個になる。


■イベント限定キャラクター
イベントクエスト1話クリアでルリア(闇・SR)が加入。今回のイベントではイベントクエスト、イベントマルチバトルともにクエスト開始条件に「ルリア編成」は無し。


■イベントクエスト
初回クリア時まではAP消費なし。
イベントクエスト第3話クリアでマルチバトル「ドミニオンズ・コア討伐戦」、フリークエスト「ポート・ブリーズの逃走劇」「下位天司掃討戦」解放。
※攻略wikiでは「ポート・ブリーズの逃走劇」の解放条件が「イベントクエスト第2話クリア」になっているが間違いで、正しくは「イベントクエスト第3話クリア」。
自分で発見したマルチバトル「ドミニオンズ・コア討伐戦」クリアでイベントクエスト第4話解放。
イベントクエスト第6話クリアでマルチバトル「サンダルフォンとの戦い」解放。
自分で発見したマルチバトル「サンダルフォンとの戦い」クリアでエンディング解放。
3月6日のアップデートでイベントクエスト第7話追加。
イベントクエスト第7話クリアで竜の試練解放。

竜の試練ではLv??試練を齎す者1体とのバトルになる。
Lv??試練を齎す者(闇)、HP1000万、最大チャージターン3、弱体耐性ダウン・毒・灼熱・腐敗・暗闇・アンデッド・魅了・睡眠・麻痺・ダブルアタック率ダウン・トリプルアタック率ダウン・即死無効
最大チャージターン増加後特殊技
終焉の光(自分が戦闘不能)
特殊行動
バトル開始時に竜の試練(全体に竜の試練(永続)+全体に2ターンアビリティ封印)
※竜の試練は再生+致死ダメージでもHP1で耐える状態
残りHP90%以下で火属性に変化
残りHP80%以下で水属性に変化
残りHP70%以下で土属性に変化
残りHP60%以下で風属性に変化
残りHP50%以下で闇属性に変化、最大チャージターンが3→2に減少
残りHP25%以下で最大チャージターンが2→7に増加、防御力大幅アップ(約10倍)

HPが約1000万と多いが攻撃力は低く、バトル開始で付与される竜の試練の効果もあるので難易度は低め。「致死ダメージでもHPが1の状態で耐える」は、HPが1の状態で攻撃を受けると戦闘不能になるので注意。苦戦する場合は、加護が再生の召喚石(キュベレー、サテュロス)やペトラ(サポートアビリティで毎ターンHP150回復)をメインに編成してHPを保つ手もある。最大チャージターンが7に増加後、特殊を発動させるとクリアとなる。

全滅してもリベンジボーナスを利用すれば300%まで強化できる。初心者はヨダルラーハ (SSR・水)を編成して三幕3状態の奥義を10回使うといい。

●3ターン討伐攻略
3ターンで討伐を成功すると、称号と宝晶石×100 を獲得できる。ポイントはバトル開始直後のアビリティ封印への対処と、残りHPを25%以下まで削らないようにすることの2つ。特殊行動で防御力がアップすると3ターン討伐はほぼ不可能なので、残りHP26%以上から一気に倒すことになる。

バトル開始時のアビリティ封印への対処法としては、

・主人公のジョブをセージにする
セージはサポートアビリティによりアビリティ封印無効。セージにミゼラブルミスト、デュアルインパルス、キュアーフェン(ゼニスアビリティ)をセットして、味方のアビリティ封印を回復。3ターン目に反骨やチェインバーストを狙おう。
・サポーター召喚石にバアルを選ぶ
1ターン目に召喚すれば召喚効果の弱体回復で味方全体のアビリティ封印を回復することができる。
・エリクシールを使用する
エリクシールを使用すると弱体回復&奥義ゲージMAXなので、1ターン目からチェインバーストを発動できる。3ターン連続で「エリクシール→チェインバースト」という手もあるが、その場合は2ターン目に残りHP25%以下まで削らないように注意。


フリークエスト
■難易度NORMAL「ポート・ブリーズの逃走劇」 AP-10、貢献度1000
Lv10荒くれ者(光)、HP、最大チャージターン1
Lv10荒くれ者(光)、HP、最大チャージターン2

ゲームを始めたばかりという人でも、サポーター召喚石にバハムートを選べば楽勝。ルリアをサブメンバーに編成している状態では召喚ができないので、召喚を使いたい場合は編成しないかメインに編成すること。


■難易度HARD「下位天司掃討戦」 AP-15、貢献度3000
Lv20ヴァーチャーズ・コア(光)、HP8万、最大チャージターン1
Lv20ヴァーチャーズ・コア(光)、HP10万、最大チャージターン2
Lv20ヴァーチャーズ・コア(光)、HP13万、最大チャージターン2

下位天司(かいてんし)と呼ばれる天司の下っ端。フォーカス→エーテルブラストⅡなら一撃で倒せる。


イベントマルチバトル
■難易度VERY HARD AP-20、高潔のレッドクリスタル×3、貢献度約2万1000(ソロ討伐時2万6000)
グラブル528
Lv30ドミニオンズ・コア(光)、HP400万、最大チャージターン2
通常モード時特殊技
フィフスアロー(全体に光属性ダメージ+強化効果消去)
オーバードライブ時特殊技
ドミニオン・レイ(ランダムに複数回光属性ダメージ+1ターンダブルアタック率&トリプルアタック率ダウン)
キュリオテラス(全体に光属性ダメージ+1ターン奥義封印)

中位天司(ちゅういてんし)と呼ばれるもので、下位天司の親玉。特殊行動はないが、オーバードライブ特殊技が全体に弱体を付与してくるため、弱体回復や弱体無効を使えるキャラを編成できると戦いやすい。

サンダルフォン発見に必要なトレジャー目当てで参戦者が入ってくるので、ソロで倒せるだけの戦力が無い人は早々に救援依頼を出そう。


■難易度EXTREME AP-30、支配のパープルクリスタル×3、貢献度約7万9000(ソロ討伐時8万9000)
グラブル530
Lv50サンダルフォン(光)、HP922万、最大チャージターン2、睡眠無効
通常モード時特殊技
エクリプティカ(ランダムに3回光属性ダメージ)
ロウ・プリズン(全体に光属性ダメージ+3ターンアビリティ封印+3ターン攻撃力ダウン)
オーバードライブ時特殊技
エクリプティカ(ランダムに3回光属性ダメージ)
特殊行動
残りHP90%以下でロウ・プリズン
残りHP50%以下でアイン・ソフ・オウル(全体に最大HP40%の無属性ダメージ)
残りHP30%以下で力が暴走(連続攻撃率アップ、ブレイク延長(時間)無効)
※ブレイク延長(ダメージ)は有効

サンダルフォンは原初の星晶獣であり、天司長ルシフェルのスペアとして造られた。

連続攻撃率がやや高め。戦力や編成にもよるが、EXアビリティはアローレインIIIよりブラインドの方がいいかも。攻撃力下限(50%ダウン)時で有利なしなら通常攻撃の被ダメージは1000前後、「エクリプティカ」は1回あたり2000強ダメージ。光属性に対しては属性不利が無いため、闇属性が戦力不足なら他属性で挑むのも手。

特殊行動や通常モード時の特殊技「ロウ・プリズン」はアビリティ封印に注意。弱体成功率は100%ではないものの、付与されると3ターンアビリティが使えなくなるうえ、アビリティ封印→攻撃力ダウンの順に付与されるため弱体回復1回だけだとアビリティ封印を回復できない。対策としてはグラビティを付与して次の特殊技までに弱体が自然回復させるか、弱体無効で防ぐこと。ルリア (SR)を編成するなら「豊穣の土」でアビリティ封印の方はほぼ防げる。また土属性パーティならジャスミン (SR)の「グロースポーション」も有効。

特殊行動の「アイン・ソフ・オウル」は最大HP割合の無属性ダメージのため、被ダメージカットやバリア、分身、被ダメージ無効が無効(召喚石ティターンやレスラーの「一度だけ戦闘不能にならずにHP1で耐える」、ジャンヌダルク (SSR・闇)の「エターナルカオス」による不死身は有効)。残りHP50%付近ではパーティメンバーのHPを40%以上に保つように。食らった後の回復手段には、チャット送信や「みんな」への救援依頼で入手できるオールポーションを利用するといい。

前回のイベント限定キャラ、ルナ (SR・闇)の「ソウルコンバージョン」からの「ロストハート」でわざと倒されて敵に大ダメージを与える作戦も悪くない。

オーバードライブまでに必要なダメージ量が多く、オーバードライブ発動するのは残りHP55%前後。オーバードライブ時は特殊技が「エクリプティカ」に固定されるため、「アイン・ソフ・オウル」の対処さえ失敗しなければ弱体対策が不要になる分ラクになる。グラビティとディレイIIを併用すれば特殊技の発動が5ターン毎になるため、サラ (SSR・土)を編成して被ダメージを軽減することも可能。


グラブル529
難易度EXTREMEソロ撃破パーティ例。EXアビリティはメディク。サブ召喚石にオパールを2個装備。1ターン目にヴィーラの「イーヴィング・イグジスタンス」を使い、弱体無効状態にしておく。残りHP90%を切るターンに合わせてダヌアの「エンヴィードール」を使えば、最初の特殊行動の被ダメージを大幅に軽減できる。後はダークフェンサーの「ディレイⅡ」と「グラビティ」、ヴァンピィの「スカーレットギフト」を使って特殊技の発動を遅らせながらダメージを与えていく。残りHP50%前と特殊技発動後の回復に「メディク」とオールポーションを使う。後は2個装備しているオパールと使用間隔回復後の「エンヴィードール」を使って被ダメージを軽減しながら残りのHPを削っていく。


■難易度EXTREME+ AP-40、支配のパープルクリスタル×5、貢献度約26万
Lv100サンダルフォン(無)、HP4444万、最大チャージターン2、睡眠・昏睡・誘惑無効、残りHP20%まで麻痺無効
攻撃の属性は1回毎に火・水・土・風のいずれかランダムとなる。光・闇属性ダメージに対する耐性有(最終ダメージを10%減算)
通常モード時特殊技
エクリプティカ(ランダムに3回ランダム属性ダメージ)
ロウ・プリズン(全体にランダム属性ダメージ+3ターンアビリティ封印+3ターン攻撃力ダウン)
オーバードライブ時特殊技
エクリプティカ(ランダムに3回ランダム属性ダメージ)
特殊行動
残りHP90%以下でロウ・プリズン
残りHP50%以下でロウ・プリズン
残りHP30%以下で力が暴走(連続攻撃率アップ)
残りHP20%以下でアイン・ソフ・オウル(全体に現在HP95%の無属性ダメージ)

無属性の敵で、弱点属性は無し。攻撃力自体は難易度EXTREMEとさほど変わらないものの、ダブルアタック率が高いため被ダメージは大きい。攻撃属性がランダムのため、カーバンクル召喚などによる属性耐性アップが使いにくい。

ブレイクに必要なダメージ量が多く、最大チャージターンが少なくHPが多い。対策無しで食らうとパーティが半壊し得る特殊技「エクリプティカ」(1回の被ダメージが5000程度)に、いかにコンスタントに対応できるかがソロ討伐の成否のカギ。

弱体耐性はかなり低めで、ソウルピルファーで弱体耐性ダウンを付与すればどの属性でもかなりの高確率で弱体を付与できる。ただし睡眠・昏睡・誘惑は無効。また弱体耐性が低いといっても時間がかかりすぎると耐性の累積で弱体性効率も低くなっていく。戦力が足りないなら素直に救援依頼を出そう。

敵が使う特殊攻撃の弱体成功率は低めで、賢者の天眼陣の強化でかなり回避できる。召喚石バアルや弱体無効など、アビリティ封印に対処できる手段があると心強い。

特殊行動「アイン・ソフ・オウル」はEXTREMEやHELLと違い現在HPに対する割合ダメージなので、それによって戦闘不能になることはない。残りHP20%以降は麻痺が成功するようになるので、ソーンを加入させている人は狙ってみるといいだろう。

ソロ討伐狙いなら、弱点属性が無い光や闇より被ダメージカットや回復がそろっている火水土風の4属性パーティがオススメ。特にカルメリーナ(SSR・風)は暴走後に有効な連続攻撃率ダウンを持ち、奥義効果の味方全体幻影がオーバードライブ時特殊技に有効だ。


■難易度HELL AP-0、貢献度2万5000
Lv70サンダルフォン(光)、HP約1000万、最大チャージターン2
通常モード時特殊技
ロウ・プリズン(自分に被ダメージ50%カット(6回)+全体に攻撃力ダウン+アビリティ封印)
エクリプティカ(ランダムに3回光属性ダメージ+自分に300秒間トリプルアタック率アップ)
オーバードライブ時特殊技
エクリプティカ(ランダムに3回光属性ダメージ+自分に300秒間トリプルアタック率アップ)
特殊行動
バトル開始時にロウ・プリズン
残りHP90%以下でエクリプティカ
残りHP50%以下でアイン・ソフ・オウル(全体に最大HP50%の無属性ダメージ)
残りHP50%以下で暴走(最大チャージターンが2→1に減少)
残りHP10%以下でアイン・ソフ・オウル(全体に最大HP90%の無属性ダメージ)

難易度EXTREMEを余裕でソロ討伐出来る人でも、今回のHELLはかなり難しい。称号狙いでない限りはスルーするのも一つの手。

バトル開始時の「ロウ・プリズン」で主人公がアビリティ封印を付与されると、敵に弱体を付与できないまま特殊技を食らってしまい、壊滅へと追い込まれてしまう。バトル開始時に発動されるため弱体無効による対策はできない。

対策としては、

・メイン召喚石を☆3カーバンクル(オパールだと防御にも使える)にして加護の弱体耐性アップ、コスモスPC武器の効果、レディ・グレイ (SSR)のサポートアビリティの弱体耐性アップなどで耐える
・サポーター召喚石にオリヴィエを選んで召喚効果のスロウで特殊技発動前に自然回復する
・HPと攻撃力をアップして特殊技発動前に残りHP90%以下の特殊行動「エクリプティカ」を発動させてアビリティ封印を自然回復させる
・ジョブをセージにしてサポートアビリティでアビリティ封印を無効にする

など。

攻撃力が高く、特殊技で自分にトリプルアタック率アップを付与するので、暗闇か強化効果消去、連続攻撃率ダウンで対抗したい。特殊技の被ダメージも高く、被ダメージカットは必須。

計3回の特殊行動発動条件を通過するタイミングには充分注意すること。残りHP90%の「エクリプティカ」はサンダルフォンの最大チャージターンが2と少なく、バトル開始時のアビリティ封印と被ダメージカットの特性から、ダメージを与えすぎて特殊技の「ロウ・プリズン」で4000近いダメージを食らった直後に発動される場合があるので気を付けよう。最初のチャージターンMAX時に残りHP90%以下にできればベストだが、バトル開始時のアビリティ封印もありなかなか難しい。

特に気を付けたいのは特殊行動「アイン・ソフ・オウル」。無属性の割合ダメージで被ダメージカット無効のため、HPを高く保っていないと耐えきれない。残りHP10%以下の「アイン・ソフ・オウル」は最大HPの90%ダメージなので耐えるのも難しい。発動条件の手前からフルチェインバーストで倒してしまうのが理想だが、ルナを編成してソウルコンバージョンなどで墓場1以上にし、ロストハートで大ダメージを狙う手もある。その場合はルナが戦闘不能にならないように注意。


■フェローバトル【覇者】
闇属性のRキャラは6人しかいないので、選択肢は多くない。装備と召喚石の揃い具合で難易度が大きく変わるので、どうしても覇者の証が欲しいのでなければ無理に挑む必要は無い。

ゼヘク (R・闇)
成功率は低いが「ダークミスト」で暗闇を付与可能。
ルナール (R・闇)
状況に応じて味方のアビリティを模倣することができる。ゼヘクの「ダークミスト」やターニャの「シャドウステップ」に使うのが無難。
ターニャ (R・闇)
分身と追い撃ちを使え、メインとサブどちらに編成していても柔軟に動くことができる。


■フェローバトル【栄光】
ルナの「ソウルコンバージョン」と「ロストハート」にリヴァイヴを組み合わせ、連続攻撃率アップをディスペルで消去できるビショップ系がオススメ。

ルナ (SR・闇)
「ソウルコンバージョン」と「ロストハート」をリヴァイヴと組み合わせて戦えればかなりラクになる。
ルリア (SR・主人公と同属性)
本イベント限定キャラ。実用的なアビリティを4つも持つ。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

キーワードでブログ内を検索
「イメージ化」「向かい飛車」「有馬記念」など、当ブログで見たい記事の単語を入力して下の検索ボタンをクリックしてください。
ディスプレイが大きくテレビゲーム機のモニターとしても使用可能
■富士通 FMV LIFEBOOK NH90/D2 2019年発売。以前使っていたPCが壊れたのでコレに買い替えたのだが、まず電源を入れた時の起動の速さ(10秒程度)に驚かされる。液晶ディスプレイは17.3インチと大きく、HDMI入力端子がついているためPS3などのテレビゲーム機のモニターとしても使用可能なのが嬉しい。CPUはCore i7、メモリは8GB(最大32GB)、ストレージ容量はSSD 256GB+HDD 1TB、Microsoft Office 2019あり。発売当時のノートPCの中では最上級のスペックで、エロゲとブラウザと文書作成がメインの人間には充分すぎる。欠点はファンの音がうるさいことくらいで、エロゲや映画を楽しむときはイヤホンを使えば問題ない。私が買ったのは2019年12月で、その時は税込み20万円だった。2021年2月現在でAmazonでは16万4360円。オススメ。
PS2やPS1を実機でプレイしている人には超オススメ
■POUND PS2 & PS1 専用 HDMI変換コンバータ HD LINK CABLE  PS2とPS1に対応しているHDMI変換コンバータ。PS2とPS1本体は480pのRGB信号で映像を出力している(PS1は240pで表示されているゲームがほとんど)のだが、これを720pにアップコンバートしてHDMIに変換出力する。従来のコンポジットAVケーブルに比べると画質は格段によくなるが、PS1ソフトの画質においてはPS3のアップコンバートに劣る。ただし、PS1やPS2専用の特殊コントローラーを使える点ではPS2の方が優れており、PS2やPS1を実機でプレイしている人にはぜひオススメしたい。
バッテリー交換可能なので携帯ゲーム機として
■GALAXY Note 3 SC-01F  2013年10月17日発売。スマホで使う機能が通話、メール、ブラウザ、Youtube、ePSXeくらいという人には非常にオススメ。携帯電話としてではなく携帯PS1エミュレータとして使うのもいい。「バッテリーが自分で交換可能」なのが非常に大きく、私は2014年10月に購入して以来、バッテリー交換しながら7年以上経った今でも使い続けている。アップデートでOSをAndroid5.0にできるので、SDカードに書き込みもできるのも○。コレを買うなら予備のバッテリーもいくつか一緒に買うことをすすめる。PS1エミュレータ用に買うなら、端末のストレージが32GBしかないので64GBのSDカードもぜひ買っておきたい。
値下がりして充分な高性能だが…
■Galaxy Note8 SC-01K  2017年10月26日発売。ディスプレイは6.3インチで、GALAXY Note 3と比べてタテに18mmほど長くなった。ブラウザやメールを使う場合には断然見やすく使いやすい。CPUはSnapdragon 835、ストレージ64GB、メモリ6GB。一般的な使い方をするぶんには充分過ぎるスペックであり、「グランブルーファンタジー」「オルタナティブガールズ2」といったゲームを最高画質設定にしても快適にプレイできる。ただし「バッテリー交換ができない」ため、発売時期を考えると今後長く使っていけるという点においてはGalaxy Note3に劣る。
ステレオスピーカーと本体ストレージ512GBは大きな魅力
■Samsung Galaxy Note 9 2018年10月発売。まだ実際に購入していないのでWebサイトでスペックを見ての想像だけで書いているが、Note8に比べてディスプレイがさらに大きく(6.4インチ)、メモリー8GB、ステレオスピーカー搭載、SペンにBluetooth機能がついたりと全ての部分で上位機種となっている。特にスゴいのが本体ストレージ512GB。最大512GBのmicroSDカード対応で、最大で合計1TBのストレージを利用することができるのは大きな魅力。スマホでたくさんのゲームを遊びたいという人は、とにもかくにも買いたい端末。
カテゴリ一覧
最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

♪みほぴょん

Author:♪みほぴょん
初代プレイステーションのゲームをより快適に遊ぶ方法の紹介と、競馬予想。

★各サイトのハンドル★
モバゲー:♪みほぴょん
GREE:♪みほぴょん
mixi:男の娘好きみほぴょん(mixiキーワード:♪みほぴょん)
Twitter:♪みほぴょん@mihopyonpyon
将棋ウォーズ:mihopyon

※SNSはROMがほとんどです。個人的なメッセージはこのブログのコメント機能でお願いします。

Amazon:♪みほぴょん
Google:debeso kerokero

※AmazonとGoogleは購入して印象に残った商品およびアプリのレビューを書いています。

ブロとも申請
ブロとも申請(友達申請)は100%許可しています。

♪みほぴょんにブロとも申請する

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
421位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
77位
アクセスランキングを見る>>
友達リスト

ロードアの場土采果

マイナーゲーム攻略サイトもどき