fc2ブログ

グランブルー攻略133 過日の痕、明日への扉

2014年11月に配信されたイベント「過日の痕、明日への扉」が2年振りの復刻。初期のイベントということもあり、バトルが発生するエピソードが多い。テキストも毎回のように会話の途中で敵が現れて「魔物が現れやがった!」だし、いろんな意味で懐かしさを感じるイベントだ。

初回配信当時は武器もキャラも今ほど充実しておらず、ボスのマルドゥークに苦戦したユーザーが多かったと思われる。当時は今と違ってマルチバトルをソロで倒せる人が少ないうえに、マルドゥークの特殊技が強力。他のソーシャルゲームのレイドボスが協力プレイ前提の設定だったこともあり、当時は「こういうものなんだ」と納得していた。真逆グラブルがこんなに人気ゲームになるとは思っていなかったし、今ではEXTREMEマルドゥークも普通にソロで倒せる。これもまた懐かしい。


※以下は攻略wikiを編集したものを掲載

■前回からの変更点
ストーリー構成、イベントマルチバトルの解放条件、一部クエストの内容や難易度を調整。
前回イベント時のクエストのクリア状況、ルリアノートの登録内容がリセット。
戦貨ガチャ、貢献度報酬、討伐章報酬、マルチバトルのドロップ報酬の内容を調整。
SSR召喚石「マルドゥーク」の最終上限解放が可能になった。
称号、チャレンジクエスト、フェローバトルを追加。


■イベント限定報酬
バビロンの導杖(SSR杖・土):スキルは攻刃大だが攻撃力は低め。土属性武器がそろっているのであればスキルレベルアップなどの素材に使おう。

バビロンの刀剣(SR剣・土)、バビロンの竪琴(SR楽器・土):どちらもスキルが攻刃中。土属性武器がそろっていない初心者にはどちらも有用。

マルドゥーク(SSR召喚石・土):最終上限解放後の加護効果は土属性キャラの攻撃力50%アップ&味方全体の奥義ゲージ上昇20%アップ。召喚効果は土・光・火属性ダメージ&味方全体の土属性攻撃力アップ。★3まではほとんど使い道がなかったが、今回の最終上限解放で有用な召喚石となった。


■イベント限定キャラクター
イベント期間中は「アステール (風・SR)」が加入。
イベント終了までに信頼度をMAX(750)にすると正式加入。イベント終了までに信頼度が750に到達していなかった場合、イベント終了後に仲間から外れ、編成することができなくなる。信頼度はパーティーメンバー(サブでも可)にアステールを編成した状態でクエストをクリアすると獲得できる。


グラブル82
2年前のイベントトップページ。レイアウトなどは現在とほぼ全く同じ。


■イベントクエスト
イベントクエストは初回のみAP消費なし。
バトルが発生するクエストは初回クリア時までアステールを編成していることが開始条件。
イベントクエスト第2話クリアでフリークエスト「キンギアナム討伐戦」解放。
イベントクエスト第3話クリアでフリークエスト「神殿への魔物道」、マルチバトルVERY HARD「マルドゥーク」解放。
自分で発見したマルチバトルVERY HARD「マルドゥーク」クリアでイベントクエスト第4話解放。
イベントクエスト第6話クリアでマルチバトルEXTREME「マルドゥーク」解放。
自分で発見したマルチバトルEXTREME「「マルドゥーク」クリアでエンディング解放。
エンディングクリアでチャレンジクエスト「女戦士、決意の復讐」解放。


■フリークエスト「キンギアナム討伐戦」難易度NORMAL
消費AP-10、貢献度1000、信頼度
Lv10キンギアナム(土)

攻略wikiでは「ギンギアナム」になっているが間違い。HPは5万。


■フリークエスト「神殿への魔物道」難易度HARD
消費AP-15、貢献度3000
Lv20ゴブリンソルジャー(土)、Lv20ラウンドウルフ(土)、Lv20ゴブリン突撃兵(土)

HPはゴブリンソルジャーが10万、ラウンドウルフが7万、ゴブリン突撃兵が8万5000。ハーミットで「フォーカス」→「エーテルブラストⅡ」とやれば1発で倒せるだろう。


■難易度VERY HARD
グラブル85
憎悪の嘆き×3、消費AP-20、ソロ討伐時獲得戦貨数22枚、貢献度1万6000(ソロ討伐時2万1000)、信頼度
Lv30マルドゥーク(土)、HP300万、最大チャージターン2
初回クリア時までアステールを編成していることが開始条件。

通常モード時特殊技
トゥプシマティ(全体に火属性ダメージ+全体に攻撃力アップ(永続)+自分に攻撃力アップ(永続))
ネビル(全体に土属性ダメージ攻撃+全体にダブルアタック率アップ(永続)+自分にダブルアタック率アップ(永続))
※効果中は必ず連続攻撃
オーバードライブ時特殊技
天地創造(全体に土属性ダメージ+全体に火属性ダメージ+全体に光属性ダメージ+敵味方強化効果全消去+自分の弱体効果全回復)
特殊行動
残りHP30%以下で真の力解放(攻撃力アップ)

ソロ討伐を狙う場合は、主人公をダークフェンサーにして特殊技発動を遅らせながら戦うのが無難。EXアビリティはブラインドかアローレインⅢがオススメ。イベント限定キャラで使いやすいのは「風属性ダメージ+防御力ダウン」のアビリティを使えるフィーナとアステール。

オーバードライブ技の「天地創造」は強化効果全消去と弱体効果全回復の効果があるため、発動を止められそうにない場合は弱体効果を付与するタイミングを調整したい。通常モード時にわざと特殊技を発動させてチャージターンをリセットする手も有効だ。オーバードライブしたら強化効果付与からフルチェインバーストで大ダメージを与えたい。


■難易度EXTREME
憤怒のイドラ×3、消費AP-30、ソロ討伐時獲得戦貨数44枚、貢献度7万1600(ソロ討伐時8万2000)、信頼度
Lv50マルドゥーク(土)、HP860万、最大チャージターン2
初回クリア時までアステールを編成していることが開始条件。

通常モード時特殊技
トゥプシマティ(全体に火属性ダメージ+全体に攻撃力アップ(永続)+自分に攻撃力アップ(永続))
ネビル(全体に土属性ダメージ攻撃+全体にダブルアタック率アップ(永続)+自分にダブルアタック率アップ(永続))
※効果中は必ず連続攻撃
オーバードライブ時特殊技
天地創造(全体に土属性ダメージ+全体に火属性ダメージ+全体に光属性ダメージ+敵味方強化効果全消去+自分の弱体効果全回復)
特殊行動
残りHP30%以下で真の力解放(攻撃力アップ、通常モード時でも天地創造を使用)

HPと攻撃力が上がっているだけで、行動パターンはVERY HARDと同じ。HPが上がっている分ブレイクに必要なダメージ量もアップしているので、戦力的にソロが難しい場合は早めに救援依頼を出した方がよいだろう。

ソロ討伐を狙う場合は、ダークフェンサーにEXディスペルをセットするのが断然オススメ。マルドゥークの通常攻撃はミゼラブルミストをかけていれば真の力解放前は3ケタダメージだが、特殊技「トゥプシマティ」と「ネビル」で強化効果が付与されると危険。この強化効果は効果時間が永続なので、ディスペルでマルドゥーク側を消去すれば味方の強化効果は「天地創造」を発動されるまで持続する。これを利用しよう。暗闇や魅了などを付与できれば通常攻撃による被ダメージを軽減できるのでよりラクに戦える。

ディスペルだけならジョブをビショップにすれば使えるが、ミゼラブルミストやディレイなしでは厳しい戦いを強いられる。また主人公の代わりに強化効果消去を使えるキャラを編成する場合、現時点では強化効果消去を使える風属性キャラが存在しないため他属性キャラを編成することになり、戦力ダウンが避けられない。召喚石の「ロボミ発進司令」や「ゼピュロス」召喚で代用する場合、ロボミは味方の強化効果も消してしまうし、どちらにしても使用間隔が長いのが難点。

具体的には、チャージターンとモードゲージを見ながら攻撃して、1回目の特殊技をオーバードライブ前に発動させる。次にディスペルを使ってマルドゥークの強化効果を消去し、オーバードライブさせてから特殊技発動前にフルチェインバーストを狙う。

真の力解放後は攻撃力がアップし特殊技が「天地創造」のみになるため、残りHP30%手前からフルチェインバーストを発動して真の力解放後の時間を短くするのが攻略ポイント。ジルコンなどの防御手段を真の力解放後に残しておくのも手だ。また通常モード時でも「天地創造」を使ってくるため、チャージターンやモードゲージを見ながら特殊技を発動されないようにして倒す展開が理想。


グラブル490
難易度EXTREMEソロ討伐パーティ例。

1回目の特殊技発動までは、攻撃アビリティや弱体効果、強化効果はオーバードライブしない程度に使っていく。特殊技発動ターンにはガウェインのノブレスオブリージュを使って被ダメージを軽減すること。予定通り通常モード時に特殊技を発動させたら「ディスペル」。その後にオーバードライブ→「ペリドット」召喚と「エレメンタルブレス」→「アナト」召喚→フルチェインバースト→ブレイクという展開を狙う。

最初の特殊技が「ネビル」だった場合は効果中必ず連続攻撃になるのでよりラクに奥義ゲージを溜められる。「トゥプシマティ」だった場合は与ダメージがアップするのでブレイクさせやすい。ブレイク後は通常攻撃を繰り返し、奥義ゲージを溜める。残りHP50~45%くらいでブレイクが終了した場合は再度通常モード時に特殊技を発動させてチャージターンをリセットし、ディスペル。

そして残りHP30%前から2回目のフルチェインバースト。フルチェインバーストはブレイク中かオーバードライブ時に発動する。これで倒せる攻撃力がない場合はサブ召喚石にジルコン、ガルーダ、バイヴカハなどを防御手段として装備しておくと安全だ。HP回復を使えるキャラを編成しない場合は、サブ召喚石にオータム・マイコニドやフェニックスを装備しておくといいだろう。参考までに、上記メンバーの戦力★24でメインサジタリウス、サポーター最大解放アナト、サブにジルコン、ペリドットでソロ討伐にかかった時間は最短9分だった(非アサルトタイム)。


■難易度HELL
消費AP-0、貢献度2万5000
Lv70マルドゥーク(土)、HP300万、最大チャージターン2
攻撃力が難易度EXTREMEの真の力解放後以上で、ミゼラブルミストをかけても通常攻撃で1500以上のダメージを食らう。暗闇を付与して少しでも被ダメージを軽減したい。HPが300万しかないのでEXTREMEをソロ討伐可能ならさほど苦労せずに倒せるだろう。ブレイク維持を使えるキャラを編成するとよりラクに倒せる。


■フェローバトル【覇者】(Rキャラ限定)
HELLに主人公とRキャラのみで挑むクエスト。

攻略wikiのクリア報告で挙げられていたキャラとアビリティ効果
ペトラ(R・風):味方全体にHP回復、単体に風属性ダメージ
スタン(R・風):単体に風属性ダメージ、オーバードライブ時の敵に4倍風属性ダメージ
ガラドア(R・土):自分に防御力アップ+攻撃力ダウン、味方全体に被ダメージ25%カット


■フェローバトル【栄光】(SRキャラ限定)
HELLに主人公とSRキャラのみで挑むクエスト。

攻略wikiのクリア報告で挙げられていたキャラとアビリティ効果
フィーナ(イベント限定SR・風):単体に風属性ダメージ+防御力ダウン、自分に1ターン回避、自分に2ターン連続攻撃
リュウ(イベント限定SR・風):全体に風属性ダメージ、全体に風属性ダメージ+カウンター、全体に風属性ダメージ
ヘイゼン(SR・風):味方全体に防御力アップ、味方全体にHP回復、かばう
ミムルメモル(SR・風):味方全体にダブルアタック率アップ、モードゲージ減少、ブレイク維持
ザザ(SR・闇):自分に防御力アップ、かばう、味方全体に被ダメージ40%カット


■チャレンジクエスト「女戦士、決意の復讐」
敗北条件:マライアの戦闘不能・全滅
初回クリアまでAP消費はなし。

マライア(SR・土)、スーテラ(SR・風)、アステール(SR・風)のゲストキャラ3名パーティでの戦闘になる。主人公なしのため、サポーター召喚石の選択はなし。

Lv30マライア HP1万5600
Lv30スーテラ HP1万3400
Lv30アステール HP1万2200

キャラセリフ
マライア「必ず姉さんの仇を討ってやる!」
アステール「強大な力を持った敵なので、使ってくる技を回避しながら、技の効果をうまく利用するのです!」
スーテラ「敵が技を使ってきた時は、私は「見切り」、アステールは「警戒」で回避できそうですね。」
マライア「ただ、奴の「天地創造」はものすごく強力だよ! 技を使わせないように、奥義とかでコントロールしなきゃ。」
アステール「その時はアステールに任せてほしいのですよ! 「薫風」を使って、敵の防御力を下げるのです!」
マライア「姉さん見てて、私やるから!」

マライアを戦闘不能にさせないためにも、オーバードライブ技の「天地創造」を発動させないように戦うのがポイント。具体的には、1度目の特殊技発動までは通常攻撃のみで戦う。1回目の特殊技発動にあわせて「見切り」と「警戒」を使ってダメージを回避する。オーバードライブしたら、アステールの「薫風」で防御力をダウンさせてから全ての攻撃アビリティを使い、通常攻撃でブレイクさせよう。ブレイクモード中に通常攻撃を繰り返し、3人の奥義ゲージが溜まったら奥義発動。あとは通常攻撃をしていれば倒せる。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

キーワードでブログ内を検索
「イメージ化」「向かい飛車」「有馬記念」など、当ブログで見たい記事の単語を入力して下の検索ボタンをクリックしてください。
ディスプレイが大きくテレビゲーム機のモニターとしても使用可能
■富士通 FMV LIFEBOOK NH90/D2 2019年発売。以前使っていたPCが壊れたのでコレに買い替えたのだが、まず電源を入れた時の起動の速さ(10秒程度)に驚かされる。液晶ディスプレイは17.3インチと大きく、HDMI入力端子がついているためPS3などのテレビゲーム機のモニターとしても使用可能なのが嬉しい。CPUはCore i7、メモリは8GB(最大32GB)、ストレージ容量はSSD 256GB+HDD 1TB、Microsoft Office 2019あり。発売当時のノートPCの中では最上級のスペックで、エロゲとブラウザと文書作成がメインの人間には充分すぎる。欠点はファンの音がうるさいことくらいで、エロゲや映画を楽しむときはイヤホンを使えば問題ない。私が買ったのは2019年12月で、その時は税込み20万円だった。2021年2月現在でAmazonでは16万4360円。オススメ。
PS2やPS1を実機でプレイしている人には超オススメ
■POUND PS2 & PS1 専用 HDMI変換コンバータ HD LINK CABLE  PS2とPS1に対応しているHDMI変換コンバータ。PS2とPS1本体は480pのRGB信号で映像を出力している(PS1は240pで表示されているゲームがほとんど)のだが、これを720pにアップコンバートしてHDMIに変換出力する。従来のコンポジットAVケーブルに比べると画質は格段によくなるが、PS1ソフトの画質においてはPS3のアップコンバートに劣る。ただし、PS1やPS2専用の特殊コントローラーを使える点ではPS2の方が優れており、PS2やPS1を実機でプレイしている人にはぜひオススメしたい。
バッテリー交換可能なので携帯ゲーム機として
■GALAXY Note 3 SC-01F  2013年10月17日発売。スマホで使う機能が通話、メール、ブラウザ、Youtube、ePSXeくらいという人には非常にオススメ。携帯電話としてではなく携帯PS1エミュレータとして使うのもいい。「バッテリーが自分で交換可能」なのが非常に大きく、私は2014年10月に購入して以来、バッテリー交換しながら7年以上経った今でも使い続けている。アップデートでOSをAndroid5.0にできるので、SDカードに書き込みもできるのも○。コレを買うなら予備のバッテリーもいくつか一緒に買うことをすすめる。PS1エミュレータ用に買うなら、端末のストレージが32GBしかないので64GBのSDカードもぜひ買っておきたい。
値下がりして充分な高性能だが…
■Galaxy Note8 SC-01K  2017年10月26日発売。ディスプレイは6.3インチで、GALAXY Note 3と比べてタテに18mmほど長くなった。ブラウザやメールを使う場合には断然見やすく使いやすい。CPUはSnapdragon 835、ストレージ64GB、メモリ6GB。一般的な使い方をするぶんには充分過ぎるスペックであり、「グランブルーファンタジー」「オルタナティブガールズ2」といったゲームを最高画質設定にしても快適にプレイできる。ただし「バッテリー交換ができない」ため、発売時期を考えると今後長く使っていけるという点においてはGalaxy Note3に劣る。
ステレオスピーカーと本体ストレージ512GBは大きな魅力
■Samsung Galaxy Note 9 2018年10月発売。まだ実際に購入していないのでWebサイトでスペックを見ての想像だけで書いているが、Note8に比べてディスプレイがさらに大きく(6.4インチ)、メモリー8GB、ステレオスピーカー搭載、SペンにBluetooth機能がついたりと全ての部分で上位機種となっている。特にスゴいのが本体ストレージ512GB。最大512GBのmicroSDカード対応で、最大で合計1TBのストレージを利用することができるのは大きな魅力。スマホでたくさんのゲームを遊びたいという人は、とにもかくにも買いたい端末。
カテゴリ一覧
最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

♪みほぴょん

Author:♪みほぴょん
初代プレイステーションのゲームをより快適に遊ぶ方法の紹介と、競馬予想。

★各サイトのハンドル★
モバゲー:♪みほぴょん
GREE:♪みほぴょん
mixi:男の娘好きみほぴょん(mixiキーワード:♪みほぴょん)
Twitter:♪みほぴょん@mihopyonpyon
将棋ウォーズ:mihopyon

※SNSはROMがほとんどです。個人的なメッセージはこのブログのコメント機能でお願いします。

Amazon:♪みほぴょん
Google:debeso kerokero

※AmazonとGoogleは購入して印象に残った商品およびアプリのレビューを書いています。

ブロとも申請
ブロとも申請(友達申請)は100%許可しています。

♪みほぴょんにブロとも申請する

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
745位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
135位
アクセスランキングを見る>>
友達リスト

ロードアの場土采果

マイナーゲーム攻略サイトもどき