fc2ブログ

グランブルー攻略119 エクストラクエスト討滅戦

今年の新作水着キャラももう終わりと思っていたら、


グラブル462
真逆ゾーイちゃんのサマーバージョンを出してくるとは…!!
これでクレジットカードが作れない人もガチャを回してゾーイちゃんGETできますな。


8ヶ月振りの配信となるケルベロスとフェンリルの討滅戦。上位プレイヤーの戦力がアップしているのに対応するため、さらに上位レベルの難易度が追加されている。最高難易度のLv120は上級プレイヤーであっても力押しだけではクリアできないようになっており、このあたりのゲーム性の面白さはさすがサイゲームズといったところ。

前回の配信時にSSRケルベロス、SSRヘルウォードダガー、SSRフェンリル、SSRグレイプニルの最終上限解放が出来なかった人は頑張ろう。


※以下は攻略wikiの内容を加筆・修正したものを掲載。なお前回の配信時には表記されていた推奨戦力が削除されたので、参考までに前回配信時のものを記載している。


●前回からの変更点
難易度HELLが3段階の難易度に細分化 (Lv60、Lv100、Lv120)。前回のHELL (Lv70) のクリアー状況はLv60に引継がれている。
ドロップトレジャーにマジックヘイローとクレセントシャックルが追加(HELL限定でドロップ)
難易度MANIAC追加 (Lv75)。1日2回まで挑戦可能。
難易度NORMAL削除。
トレジャー交換にケルベロス・オーダー(SSR・闇・銃、奈落の三手/闇の背水)とフィンブル(SSR・水・弓、霧氷の渾身/水の守護)追加。トレジャー交換は3つまで可。最終上限解放対応。
称号追加・変更。


●イベント限定武器・召喚石
ヘルウォードダガー(SSR・闇・短剣):イベント限定としてはスキルが貴重な奈落の攻刃(闇属性キャラの攻撃大アップ)な上、ダークフェンサーを含む複数のジョブで装備できる短剣なのでぜひとも取っておきたい。トレジャー交換で4本獲得できるが、最終上限解放にもトレジャーが相当数必要なので交換は最後にしておこう。
ケルベロス・オーダー(SSR・闇・銃):交換に必要なトレジャーの「マジックヘイロー」がドロップするのは難易度HELLのみ。3つしか交換出来ないので最大解放させるにはドロップでの入手が必要。ステータスは高いがスキルが攻刃ではないため優先度は低め。闇属性の銃は珍しいのでコスモス銃の恩恵を受けたい、連続攻撃率を少しでもアップしたい場合は取るのも手。バレットを5種装填できるのでガンスリンガー向きか。
ケルベロス(SSR・闇・召喚石):ステータスは高めで最終上限解放にドロップを要しない点は魅力だが、加護は最終上限解放でも40%なのが玉にキズ。召喚効果も弱いとされており、最終上限解放にトレジャーを多数必要とするなど、あくまで繋ぎとしての存在か。闇属性の召喚石ではメインやサブとして優秀なディアボロスが18日の18:59までAP1/2キャンペーン中なので、そちらを狙うのも手。

グレイニプル(SSR・水・斧):スキルが攻刃小なうえに水属性の斧なら玄武甲槌もあるため、あまり重宝されていない様子。
フィンブル(SSR・水・弓):奥義、スキルが破格の性能なので最大解放したいが、交換に必要なトレジャーのドロップがHELL限定の為時間がかかる。
フェンリル(SSR・水・召喚石):コキュートスに比べると加護が弱いが、金剛石無しで最終解放可能なのでカツウォヌス用に作るのも有り。


●イベント限定武器・召喚石の最終上限解放について
3段階まで上限解放してある召喚石や武器は、強化→上限解放から該当装備を選び最終上限解放を行うことができる。3段階までと違って上限解放に必要なトレジャーが多く、難易度は高め。金剛晶やヒヒイロカネ、ダマスカス鋼がある場合はそれらを使うことでトレジャーなしでも最終上限解放できるがオススメはしない。


ケルベロス討滅戦
メインクエストで加入する光属性キャラはなし。イベント限定の光属性キャラはセイラン (SR)、ソフィ (SR)、ロボミ (SR)、島村卯月 (SR)、ヨハン (SR)、輿水幸子 (SR)、エリカ・フォンティーヌ (SR)、ティア・グランツ (SR)、シロウ (SR)がいる。イベント限定ではシロウ (SR)、ガチャではバウタオーダ (SR)とアルシャ (SR)がオススメだ。


■難易度HARD~VERY HARD
2連戦。

1戦目はチャッキー(闇)、テラーモス(闇)、エンシェントボーン(闇)の3体。攻略wikiには「テラーモス→チャッキー→エンシェントボーンの順に倒すとよい」と書かれているが、チャッキーの通常攻撃が100%ダブルアタックであることを考えると、チャッキーを先に倒して少しでも被ダメージを抑えた方がいいだろう(1ターン目に通常攻撃だけでチャッキーを倒せないようであれば戦力不足。難易度を下げるかレベルを上げてから再挑戦しよう)。1ターンに1体以上倒せば特殊技は食らわずにすむ。よって倒す順番はチャッキー→テラーモス→エンシェントボーンをオススメする。ちなみに、難易度VERY HARDでチャッキーのHPが1万5000、テラーモスのHPが1万程度。

2戦目はケルベロス(闇)1体。
難易度HARD:Lv20ケルベロス、HP14万5000、最大チャージターン2
難易度VERY HARD:Lv30ケルベロス、HP36万、最大チャージターン2

過去イベントで卯月とヨハンを加入させていれば特に苦戦はしないハズ。連続攻撃率は高いが攻撃力が低めなので被ダメージは小さいし、ジョブをダークフェンサーにしておけば特殊技の発動までに最短でも4ターンかかる。ケルベロスはオーバードライブしてからブレイクするまでに必要なダメージ量が少なく、簡単にブレイクを狙えるので実際は特殊技発動までもっとターンがかかる。

特殊技を発動されそうな時は、シロウやバウタオーダの「かばう」で1人を犠牲にして耐えるといいだろう。

以前の配信時には攻略wikiで被ダメージカットアビリティを使った戦法が紹介されていた。カタリナ、ノイシュ(ゲーム招待3人達成の報酬キャラ)、ナイト系ジョブ主人公のファランクスといった、被ダメージカットアビリティを使えるキャラが2人いれば、ケルベロスの特殊技発動ターンにそれを交互に使うことで特殊技のダメージを大きく軽減できる、というものだ。


■難易度EXTREME(推奨戦力★14)
3連戦。主人公はいつものダークフェンサーで安定。EXアビリティは、「ブラインド」か「アローレインⅢ」がオススメ。ブラインドは成功しても通常攻撃がミスになるかどうかは運の要素が強いため、確実に被ダメージを減らしつつ与ダメージもあるアローレインをより推奨する。メインメンバーにノアやフェリを編成しておくと、アビリティで奥義ゲージを上昇させられるので2戦目と3戦目がラクになる。2戦目を考えて無属性ダメージを使えるキャラを編成するのも良い。

メイン召喚石はルシフェル、オーディン、アポロンといった光属性攻撃力アップ重視でいいとして、サポーターには光属性の最大解放SSR召喚石を選ぶこと。サブにはヘカトンケイルやシュヴァリエを装備しておくと、3戦目で特殊技の被ダメージを軽減できる。


グラブル185
1戦目はチャッキー(闇)、テラーモス(闇)、エンシェントボーン(闇)の3体。

Lv20チャッキー(闇)、HP約5万、最大チャージターン2
特殊技
ブラッククラウド(全体に闇属性ダメージ)

Lv20テラーモス(闇)、HP約3万、最大チャージターン1
特殊技
黒粉(全体に闇属性ダメージ+毒)
ゾンビスケール(全体に闇属性ダメージ+5ターンアンデッド)

Lv20エンシェントボーン(闇)、HP約7万、最大チャージターン3
特殊技
デススラッシュ(単体に闇属性ダメージ)

EXアビリティにアローレインⅢをセットしている場合は開始時に使うことで1戦目をラクに倒すことができるが、ケルベロス戦をラクにするためにここで少しでも奥義ゲージをためておきたい。チャッキーを4人の通常攻撃のみで1ターン撃破できるのであればチャッキーから、1ターンで倒せないようであればテラーモス→チャッキー→エンシェントボーンの順に倒そう。


グラブル186
2戦目はアビスキーパーとオルトロスの2体。

Lv20アビスキーパー(闇)、HP8000、最大チャージターン2
特殊技
ヘヴィ(全体に闇属性ダメージ+全体に奥義ゲージ-5%)
悪霧(全体に闇属性ダメージ+全体に3ターン暗闇)

Lv20オルトロス(闇)、HP60万、最大チャージターン3
特殊技
ダークフォース(全体に闇属性ダメージ+自分にダブルアタック率アップ)

オルトロスの特殊技「ダークフォース」が全体に約3000ダメージと強力なので、アビリティを使ってでも特殊技を使われる前に倒すこと。オルトロスはHPは多いが防御力が低いので倒すのにそう時間はかからない。

アビスキーパーは通常攻撃耐性と弱体耐性が高く、無属性ダメージか奥義または召喚石でないとあまりダメージを与えられない。アビスキーパーの特殊技は2種類ともに全体に約500ダメージ程度なのでさほど怖くない。オルトロスを倒した後にフルチェインバーストか、光属性の召喚石2~3回(最大上限解放した光属性SSR召喚石なら1~2回)で倒すとラク。ケルベロス戦を考えると、奥義ゲージをある程度溜めてからサポーター召喚石で倒すのがいいだろう。


グラブル188
3戦目はケルベロス1体。

Lv50ケルベロス(闇)、HP136万、最大チャージターン1
通常モード時特殊技
ラヴァスピット(単体に火属性ダメージ+魅了+灼熱)
アビスハウリング(単体に闇属性ダメージ+3ターン攻撃力ダウン+1ターンアビリティ封印)
オーバードライブ時特殊技
トライアド・ダムネーション(ランダムに複数回闇属性ダメージ+自分に攻撃力アップ(永続))
特殊行動
残りHP25%以下で真の力解放(攻撃力アップ、通常モード時でもトライアド・ダムネーション使用)

難易度EXTREME以上は最大チャージターンが1と非常に少ないため、ダークフェンサーのディレイとグラビティで特殊技発動までのターン数を稼ぐのが重要になる。ダブルアタックおよびトリプルアタック率が非常に高いため、攻撃力ダウン効果のアビリティを持つキャラや召喚石を編成しておくとラクだ。

弱体効果に苦戦するようであれば、カタリナをメインメンバーに編成して1戦目で「ディスペルマウント」を使って弱体無効状態で3戦目を迎えるといい。ケルベロスはHPが低く、オーバードライブからブレイクまでに必要なダメージ量が少ないので簡単にブレイクを狙える。イベント限定の光属性SRキャラだけでも特に問題なく倒せるハズだ。

最大の攻略ポイントは、フルチェインバーストの発動タイミング。真の力を開放後は通常攻撃のダメージも大きくなるので、ケルベロスのHPが残り25%を切る前に「フルチェインバーストでイッキに倒す」こと。真の力解放後にダブルアタック、トリプルアタックを食らうと全滅の危険があるので、それだけは避けよう。


■難易度MANIAC攻略
4連戦。
1戦目は1戦目はLv30チャッキー(闇)、Lv30テラーモス(闇)、Lv30エンシェントボーン(闇)の3体。
HPはチャッキーが約50万、テラーモスが約25万、エンシェントボーンが約50万。HPがそこそこ高いので、最初にミゼラブルミストと全体攻撃アビリティを使ってから攻撃するといいだろう。

2戦目はLv50ヒドラ(火)1体。HP200万、最大チャージターン3。
ダブルアタック率が高く、被ダメージもミゼラブルミストを使って1500以上と大きいため、弱体をケチらず攻撃アビリティをフルに使って早めに倒してしまいたい。特殊技はフィフスフレア(ランダムに5回火属性ダメージ)。

3戦目はLv40オルトロス(闇)とLv40アビスキーパー(闇)の2体。
HPはオルトロスが約100万、アビスキーパーが約1万。オルトロスはHPは高いが防御力が低いので楽勝。アビリティなどは使わず通常攻撃だけで倒して4戦目に備えよう。アビスキーパーは防御力が高いので、最大解放のSSR召喚石を使って倒したい。

4戦目はケルベロス1体。
Lv75ケルベロス(闇)、HP約850万、最大チャージターン1
特殊行動
残りHP25%以下で真の力解放(最大チャージターンが1→2に増加、通常モード時の特殊技がトライアド・ダムネーションに変化)
難易度EXTREMEに比べてHPが大幅にアップしている。暗闇や魅了で被ダメージを軽減しよう。真の力解放後を少しでもラクにするために、残りHP25%手前からフルチェインバーストを発動するのはもちろん、ヘカトンケイルやオニキス、シュヴァリエといった被ダメージカット手段を複数装備して常に被ダメージカット状態で戦えるようにしたい。


■難易度HELL攻略(推奨戦力★20)
難易度VERY HARD以上をクリアすると、ランダムで難易度HELLが60分間限定で出現。エリクシールの使用可能回数は1個まで。1度挑戦すると再度出現するまで挑戦はできない。

Lv60ケルベロス(闇)、HP約370万、最大チャージターン1
Lv100ケルベロス(闇)、HP
Lv120ケルベロス(闇)、HP
1戦のみ。

Lv60は前回配信時までの難易度HELLとほぼ同じで、HPが上がっている点以外はEXTREMEとさほど変わらない。真の力解放後はミゼラブルミストで攻撃力をダウンさせていても1600以上のダメージを受ける。トリプルアタックされると非常に危険なので、EXTREME以上にフルチェインバーストを発動するタイミングに注意しよう。

Lv100とLv120はココ、ミミ、ケルベロスの3体。
特殊行動
ココorミミを倒すとパワーダウン
ケルベロスの火の力が~(攻撃力アップ(永続)、特殊技がラヴァ・ダムネーション(ランダムに複数回火属性ダメージ)に変化)
残りHP50%以下でケルベロスの闇の力が~(自分の弱体全消去、特殊技がトライアド・ダムネーション(ランダムに複数回闇属性ダメージ)に変化

主人公は定番のダークフェンサーにEXアローレイン、メンバーはジャンヌ、セルエル、フェリ、サルナーン、レ・フィーエ、アーミラ、ソーンがオススメ。メインにはシロウを編成する手もある。オーバードライブ技をメガ・スクトゥム(かばう)でシロウを犠牲にしてサブメンバーと交代させるというわけだ。幸子の「アライト・ウイングス」&「自称・サプライズ」も、確実ではないものの敵対心アップ回避を4ターン使えるのは大きい。

メイン召喚石はルシフェル、サポーターは最終解放アポロン。サブ召喚石にはヘカトンケイル、オニキス、アテナといった被ダメージカット系を装備しておこう。ブレイク維持のマキュラマリウスも有効。

特殊行動の「パワーダウン」は特殊技よりも優先順位が高いため、チャージターンMAXになったらココとミミのどちらか片方を倒す→特殊行動→チャージターンMAXになったらもう片方を倒す→特殊行動とやれば特殊技発動を4ターン遅らせることができる。オーバードライブ技のダムネーションは1発の被ダメージが2000前後と強力。「トライアド・ダムネーション」は闇属性被ダメージカットで耐えられるが、「ラヴァ・ダムネーション」は火属性ダメージで威力がトライアドの三倍近いためかばうで1人犠牲にして対処したい。

残りHP50%手前からフルチェインバーストという展開が理想。シロウを編成している場合は残りHP50%手前からフルチェイン発動+シロウのかばうを使うとラク。残りHP50%の特殊行動「トライアド・ダムネーション」は自分の弱体全回復するので、弱体アビリティの使用タイミングに注意。

オススメキャラ
レ・フィーエ (光・SSR):全体攻撃の「グロリアスフレイム」は1~2戦目で便利。カウンターの「ジュエルミラー」はケルベロス戦で、味方全体に再生の「リジェネレーション」は2戦目のアビスキーパーで有用。1戦目でアンデッドを付与されないよう、テラーモスを最優先で倒す事。
ヨダルラーハ(水・SSR):三幕状態の奥義でEXTREMEケルベロスのHPを7割以上減らせる。三幕の調整には2戦目のアビスキーパーを利用すると良い。三幕効果がない時に集中攻撃されると1~2戦目でも簡単に戦闘不能になるためサポートが必要。
セルエル (光・SSR)・カタリナ (水・SR):複数の弱体を同時に付与してくるので、弱体回復より弱体無効の方が安定する。
ロザミア(光・SSR):「陸踏符」の敵対心アップで攻撃を攻撃を引き付けつつ、「活冑符」で被ダメージ無効にするのが目的。

オススメ召喚石
ロボミ発進指令(光・SSR):召喚効果の強化効果消去で「トライアド・ダムネーション」の攻撃力アップ (永続) を消すことが出来る。
ヘカトンケイル、オニキス、アテナ、シュヴァリエ:ケルベロスは連続攻撃率が高いため、被ダメージカットが有効。
シュヴァリエ・マグナ(光・SSR):召喚効果はまれに強化効果消去。確実性には欠けるが、ロボミを持っていない場合の代替として。


フェンリル討滅戦
1回目の配信は2014年の12月で、2回目が2015年の12月だった。

特殊行動「フロストラウド」の麻痺を防ぐために、弱体無効を使えるキャラを編成しておきたい。アルルメイヤとラムレッダのどちらも加入させていない場合はカタリナでも十分役に立つ。オーバードライブ時の特殊技「フローズヴィトニル」は「かばう」を使えるキャラを編成しておくと一人を犠牲にしてラクに耐えられる。暗闇が成功しやすいのでウォフマナフ、ジャック・オー・ランタンやコロゥを装備していくと被ダメージを抑えられる。 また「フローズヴィトニル」は自分の弱体全回復の効果があるので、フローズヴィトニル発動前は弱体を付与するのを控え、発動後に付与するようにタイミングを計ろう。


■難易度HARD
2連戦。主人公はダークフェンサーがベスト。EXアビリティは1戦目用にアローレインか、フェンリル戦用にブラインドがいいだろう。サポーター召喚石にウォフマナフを選びEXアビリティにアローレインをセットすると、暗闇と攻撃力ダウンでフェンリル戦がかなりラクになる。メインメンバーは、メインストーリー10章クリアで加入するオイゲンと、イベント「若き義勇の振るう剣」で加入するユーリがオススメ。残り1人は、特殊行動「フロストラウド」の麻痺で苦戦するようならカタリナ、そうでなければそれ以外の土属性キャラを入れるといい。

召喚石はウォフマナフかサタンがオススメ。加護が土属性攻撃力40%アップで使いやすく、召喚時に暗闇効果があるのでフェンリル戦で通常攻撃の被ダメージを抑えられる。ウォフマナフを持っていない場合はジャック・オー・ランタンやコロゥでもいいのでサブに編成して暗闇を狙おう。

1戦目は特殊技が麻痺のゲルギャを優先して倒す。麻痺は弱体無効で防ぐことができるが、1戦目で弱体無効が消されるのは避けたい。ギョッルは防御力が高いがHPが少ないので特に問題なく倒せる。特殊技もたいしたことはない。スヴィティの特殊技「マーキング」は青の楔(くさび)を付与する。青の楔は自分の攻撃が水属性の敵に吸収され、水属性の攻撃を無効化する弱体効果。青の楔状態になった場合は、効果がきれるまで待つしかない。

2戦目のフェンリルは通常モード時の特殊技が強力。特殊技はオーバードライブ時に発動させるようにしよう。通常モード時の特殊技に備えて2戦目に入る前に必ず弱体無効状態にしておこう。オーバードライブ技のフローズヴィトニルは「かばう」を使うことで一人だけにダメージを受けさせることが出来る。土属性で「かばう」系アビリティを使えるのはサラ(SSR)、ガラドア(SR)、ユーリ(SR)、ボレミア(R)の4人。特にサラ(SSR)の「マエスティティア」は「エメス」と併用することでダメージを受けつつ戦闘不能にならずにすむ。フェンリルのHPは約24万。


■難易度VERY HARD~EXTREME(推奨戦力EXTREME★14)
グラブル115
難易度VERY HARDとEXTREMEは3連戦。1戦目はギョッル(水)、スヴィティ(水)、ゲルギャ(水)の3体。

ギョッル(水)、HP約1万2000、最大チャージターン1
特殊技
呪詛(全体に水属性ダメージ+防御力ダウン+奥義ゲージ-5%)

スヴィティ(水)、HP約8万、最大チャージターン2
特殊技
マーキング(全体に2ターン青の楔)

ゲルギャ(水)、HP約5万、最大チャージターン1
特殊技
アイスシックル(麻痺)

弱体無効を使えるキャラを編成している場合は1ターン目で使用し、なるべく弱体無効を維持したままで3戦目を迎えたい。1戦目はわざと「マーキング」を食らって奥義ゲージを溜めるという手もあるが、マーキングを食らっても必ずしも4人全員が青の楔状態になるわけではないため、失敗すると余計なダメージを受けることなる。よってマーキングを含めてどの敵も特殊技を食らう前に倒すのが基本。主人公のEXアビリティをアローレインにしているなら、戦闘開始時に使うことで1戦目をラクに突破することができるハズ。アローレインがない場合はサポーター召喚石で敵全体にダメージを与えるといいだろう。


グラブル116
2戦目はリングヴィ(水)とドローミ(水)の2体。

Lv15リングヴィ(水)、HP9万、最大チャージターン4
Lv20リングヴィ(水)、HP16万、最大チャージターン4
特殊技
スーパー・コンボ(ランダムに複数回水属性ダメージ+奥義封印)

Lv15ドローミ(水)、HP7万5000、最大チャージターン2
Lv20ドローミ(水)、HP16万、最大チャージターン2
特殊技
ビューティニードル(全体に水属性ダメージ+20ターン毒)
ヒール(味方全体にHP回復)

2戦目はドローミ→リングヴィの順に倒す。敵のHPがやや高めなので、戦力が低いようであれば戦闘開始時にミゼラブルミストを使うといいだろう。アビリティは使用間隔が短いものだけを使って、奥義ゲージを溜めて3戦目に移行したい。特殊技を食らわないように。


グルブル119
3戦目はフェンリル(水)1体。

Lv30フェンリル(水)、HP約60万
Lv50フェンリル(水)、HP約160万
通常モード時特殊技
ルナークライ(全体に水属性ダメージ+自分に攻撃力アップ+自分にダブルアタック率アップ+自分にトリプルアタック率アップ)
ヴァナルガンド(全体に水属性ダメージ+全体に2ターンアビリティ封印+全体に3ターン防御力ダウン+全体に奥義ゲージ-50%)
オーバードライブ時特殊技
フローズヴィトニル(ランダムに14回水属性ダメージ+自分の強化効果全消去)
特殊行動
残りHP50%以下でフロストラウド(全体に水属性ダメージ+全体に1ターン麻痺+自分に攻撃力アップ(永続))

※2014年12月の初回配信時は残りHP50%以上でグラビティを使うと特殊行動で「ルナークライ」を発動してきたが、2015年12月配信時より削除されている。また初回配信時は特殊行動ではチャージターンを消費しない仕様だったため、チャージターンがMAXの状態で「フロストラウド」を使われると、「かばう」を使えるキャラが麻痺してしまい次のターンで「フローズヴィトニル」がきて全滅、なんていうことがよくあった。2015年に特殊行動でもチャージターンが消費されるように仕様変更されたため、難易度は大きく下がった。2015年12月配信時ではEXTREMEのHPは約120万だった。今回は約40万増えて約160万になっている。

3戦目までに奥義ゲージが溜まり、召喚石も使用できるようになっているとベスト。特殊行動の「フロストラウド」はダメージが小さく麻痺も1ターンだけなので、通常モード時の特殊技を食らうことがないという人は弱体無効のためだけにカタリナをムリにメインメンバーに編成する必要はない。特殊技「ヴァナルガンド」は弱体効果がやっかいなので、通常時に特殊技を食らってしまう場合は弱体無効状態にしておくこと。オーバードライブ技の「フローズヴィトニル」は「かばう」を使って1人に受けさせて耐えるのがラク。「かばう」を使えるキャラを加入させていない場合は被ダメージカットや防御力アップ、攻撃力ダウンを使って耐えることになるため、難易度がかなり高くなる。


■難易度MANIAC攻略
1戦目はLv30ミミック(光)、Lv30ミミック(闇)、Lv30ゲルギャ(水)の3体。
ミミック特殊技
噛み砕き(単体に自属性ダメージ)
ドレイン(全体に自属性ダメージ+自分のHP回復)
3体とも最大チャージターンが1しかない。ゲルギャはHP約30万で防御力が低いので、先に倒してしまおう。ミミックはHP約10万と低めだが防御力が高いため倒すのに時間がかかる。攻撃力も高く、ミゼラブルミストとアローレインを使っても被ダメージ1000以上で連続攻撃率が高い。特殊技は「噛み砕き」はミゼラブルミストとアローレインを使っても4000以上のダメージなので注意。2戦目を考えずに全力で倒す方がいいだろう。

2戦目はLv50ガルム(闇)1体。HP160万、最大チャージターン3
特殊技
喉笛切り(単体に闇属性固定9999ダメージ+自分にダメージ)
死者の見張り(全体に弱体)
通常攻撃はミゼラブルミストとアローレインを使えば3ケタダメージなので、キュベレーの再生で回復しながら戦えば問題なし。ただし特殊技は被ダメージカットしないと即戦闘不能なので注意。なるべくここで奥義ゲージとアビリティ使用間隔を回復しておきたい。

3戦目はLv40リングヴィ(水)とLv40ドローミ(水)の2体。行動パターンは難易度EXTREMEと同じだが、攻撃力とHPがアップしている。リングヴィがHP160万、ドローミがHP80万。4戦目でフルチェインバーストを早めに使いたいため、奥義ゲージとアビリティを回復させた状態で倒すようにしたい。

4戦目はフェンリル1体。
Lv75フェンリル(水)、HP960万、最大チャージターン2
通常モード時特殊技
ルナークライ(全体に水属性ダメージ+自分に攻撃力アップ(永続)+自分にダブルアタック率アップ(永続)+自分にトリプルアタック率アップ(永続))
ヴァナルガンド(全体に水属性ダメージ+全体に2ターンアビリティ封印+全体に3ターン防御力ダウン+全体に奥義ゲージ-50%)
オーバードライブ時特殊技
フローズヴィトニル(ランダムに14回水属性ダメージ+自分の弱体全回復+自分の強化効果全消去)
特殊行動
残りHP25%以下で真の力解放(攻撃力アップ)
通常モード時の特殊技はどちらもその後の展開がキツくなる。特にルナークライの自分強化は効果が永続なので、なるべく早くオーバードライブさせたい。オーバードライブ中はグラビティとディレイが失敗しなければサラのエメスとマエスティティアでオーバードライブ技をラクに耐えられる。通常攻撃の被ダメージ軽減には暗闇が有効。サブ召喚石にはウォフマナフやサタンなどを装備しておこう。特殊行動は真の力解放のみ。真の力解放後は攻撃力が大幅にアップするので、最大解放アクアマリンをうまく使って押し切ろう。


■難易度HELL(推奨戦力★20)
難易度VERY HARD以上をクリアすると、ランダムで難易度HELLが60分間限定で出現。エリクシールの使用可能回数は1個まで。1度挑戦すると再度出現するまで挑戦はできない。

Lv60フェンリル(水)、HP約280万、最大チャージターン2
通常モード時特殊技
ルナークライ(全体に水属性ダメージ+自分に攻撃力アップ(永続)+自分にダブルアタック率アップ+自分にトリプルアタック率アップ)
ヴァナルガンド(全体に水属性ダメージ+全体に2ターンアビリティ封印+全体に3ターン防御力ダウン+全体に奥義ゲージ-50%)
オーバードライブ時特殊技
フローズヴィトニル(ランダムに14回水属性ダメージ+自分の弱体全回復+自分の強化効果全消去)
特殊行動
残りHP50%以下でフロストラウド(全体に水属性ダメージ+全体に1ターン麻痺+自分に攻撃力アップ(永続))
残りHP25%以下で真の力解放

主人公はダークフェンサー、EXアビリティはアローレインにして通常攻撃の被ダメージを軽減するのが無難。メインおよびサポーター召喚石はキュベレーにして生存率を高めよう。サブ召喚石には、ウォフマナフなど召喚時に暗闇を狙えるものを選びたい。主人公をホーリーセイバーにして「ファランクス」と「かばう」を併用すればオーバードライブ技の「フローズヴィトニル」に耐えることが出来るが、ディレイとグラビティがない分特殊技発動が早くなるうえ、弱体成功率が下がるので厳しい戦いを強いられることになる。よってメインメンバーに「かばう」を使えるキャラを編成しておきたい。ベストはサラ(SSR)。次点でイベント限定キャラのユーリ(SR)。ボレミア(R)でも代用が可能だが、Rなので与ダメージが落ちる点に注意。残り2人は弱体無効、HP回復、スロウが使えるキャラを編成したい。アルルメイヤとカリオストロがベストだが、加入させていない場合はラムレッダ、カタリナなどで代用しよう。その場合もスロウを使えるキャラが1人減る、及び与ダメージの低下(特にカタリナを使う場合)を考慮して戦う必要がある。

まずアローレインⅢとミゼラブルミストで攻撃力をダウンさせる。アルルメイヤを編成している場合は、ダークフェンサーの「ディレイ」とアルルメイヤの「ナクシャトラ」で特殊技の発動を遅らせられるのでラクだ。アルルメイヤなしだと1回目の特殊技を通常モード時に発動されやすい。ルナークライによる自分強化もキツいが、ヴァナルガンドの弱体効果も厳しいので通常モード時に特殊技を発動される場合は弱体無効を使えるキャラを編成するようにしたい。「ルナークライ」や「フロストラウド」による自分強化はオーバードライブ技の「フローズヴィトニル」使用で消去される。「フローズヴィトニル」はまともに受けるとパーティが壊滅するので、必ず「かばう」を使って1人を犠牲にして対処すること。

Lv100フェンリル(水)、HP
通常モード時特殊技
ルナークライ(全体に水属性ダメージ+自分に攻撃力アップ(永続)+自分にダブルアタック率アップ+自分にトリプルアタック率アップ)
ヴァナルガンド(全体に水属性ダメージ+全体に2ターンアビリティ封印+全体に3ターン防御力ダウン+全体に奥義ゲージ-50%)
オーバードライブ時特殊技
フローズヴィトニル(ランダムに14回水属性ダメージ+自分の弱体全回復+自分の強化効果全消去)
フロストラウド(全体に水属性ダメージ+全体に1ターン麻痺+自分に攻撃力アップ(永続))
特殊行動
残りHP50%以下でフロストラウド(全体に水属性ダメージ+全体に1ターン麻痺+自分に攻撃力アップ(永続))
フロストラウドの麻痺を主人公がミスしなかった場合、次のターンでフローズヴィトニル
残りHP25%以下で真の力解放

Lv60よりステータスがアップしており、フロストラウドの麻痺の成功率が高い。パーティメンバーの戦力が低いとブレイクまでに1度は特殊技を発動されるだろう。通常モード時の特殊技「ルナークライ」ークライによる強化効果がかなり大きいため、発動された場合はオーバードライブ技の「フローズヴィトニル」を発動させて弱体・強化を全て消去させたほうがいい。キャサリンを加入させているならブレイク中に魅了or誘惑を付与してメドゥーサでブレイク維持するとラク。

Lv120フェンリル(水)、HP
通常モード時特殊技
ルナークライ(全体に水属性ダメージ+自分に攻撃力アップ(永続)+自分にダブルアタック率アップ+自分にトリプルアタック率アップ)
ヴァナルガンド(全体に水属性ダメージ+全体に2ターンアビリティ封印+全体に3ターン防御力ダウン+全体に奥義ゲージ-50%)
オーバードライブ時特殊技
フロストラウド(全体に水属性ダメージ+全体に1ターン麻痺+自分に攻撃力アップ(永続))
特殊行動
残りHP75%、50%、25%以下でフロストラウド(全体に水属性ダメージ+全体に1ターン麻痺+自分に攻撃力アップ(永続))
フロストラウドの麻痺を主人公がミスしなかった場合、次のターンでフローズヴィトニル
残りHP25%以下で真の力解放

特殊行動のフロストラウドの発動条件がLv60、Lv100と比べて増えていて、しかも麻痺の成功率が非常に高いため弱体無効なしだとまず麻痺になる。麻痺を食らうと(GUARDも含む)次ターンで特殊行動「フローズヴィトニル」を発動し、被ダメージカットなしだと大ダメージを食らうことになる。またオーバードライブ技がフロストラウドのみになっている。最悪なのが、オーバードライブ技の「フロストラウド」→「フローズヴィトニル」連係発動直後に残りHPが特殊行動の「フロストラウド」発動条件になる展開。

正攻法だとフロストラウドの麻痺を弱体無効で防ぎ、フローズヴィトニルは被ダメージカットで耐えることになるが、SRジャスミンのレジストポーションでフロストラウドをMISSにする(麻痺をMISSで回避した場合は特殊行動「フローズヴィトニル」の発動条件に該当しない)という手もある。ちなみにセンチュリオン、ライトウェイトII、空蝉などの完全回避系ではダメ。

具体的には、正攻法だとカリオストロ、アルルメイヤ、サラで弱体無効を使ってスロウで特殊技発動の時間を遅らせながら奥義発動で残りHP75%以下→弱体無効→残りHP50%以下→弱体無効→奥義発動で残りHP25%以下のような流れでエリクシール無しでクリア可能。通常攻撃の被ダメージはアローレインとアクアマリンで軽減して耐える。通常攻撃の与ダメージが1発5万くらいなら25ターンくらいで倒せる。ルナークライの攻撃力アップが強力なので、特殊行動「フローズヴィトニル」の弱体・強化全消去で消すのがポイント。ウォフマナフやサタンで暗闇を付与して被ダメージを軽減しよう。

ジャスミンのレジストポーションを使うパターンだと、残りHP75%の特殊行動発動後に奥義発動して、レジストポーションの効果が残ってる間に残りHP50%以下の特殊行動発動。ジャスミン以外は攻撃アビリティを使えるキャラを編成するとHP調整しやすい。難しいなら残りHP75%以下の特殊行動はレジストポーションで耐えて、残りHP50%以下の特殊行動は最大解放アクアマリンで「フロストラウド」→「フローズヴィトニル」の連係を耐える(これで戦闘不能になるようなら厳しい)。あとは強化・弱体のタイミングを合わせて残りHP25%手前から一気にフルチェインバーストで倒すか、再度レジストポーションで耐えるか。

戦力的に倒せそうに無いのであれば、無理せずLv100以下にしておこう。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

キーワードでブログ内を検索
「イメージ化」「向かい飛車」「有馬記念」など、当ブログで見たい記事の単語を入力して下の検索ボタンをクリックしてください。
ディスプレイが大きくテレビゲーム機のモニターとしても使用可能
■富士通 FMV LIFEBOOK NH90/D2 2019年発売。以前使っていたPCが壊れたのでコレに買い替えたのだが、まず電源を入れた時の起動の速さ(10秒程度)に驚かされる。液晶ディスプレイは17.3インチと大きく、HDMI入力端子がついているためPS3などのテレビゲーム機のモニターとしても使用可能なのが嬉しい。CPUはCore i7、メモリは8GB(最大32GB)、ストレージ容量はSSD 256GB+HDD 1TB、Microsoft Office 2019あり。発売当時のノートPCの中では最上級のスペックで、エロゲとブラウザと文書作成がメインの人間には充分すぎる。欠点はファンの音がうるさいことくらいで、エロゲや映画を楽しむときはイヤホンを使えば問題ない。私が買ったのは2019年12月で、その時は税込み20万円だった。2021年2月現在でAmazonでは16万4360円。オススメ。
PS2やPS1を実機でプレイしている人には超オススメ
■POUND PS2 & PS1 専用 HDMI変換コンバータ HD LINK CABLE  PS2とPS1に対応しているHDMI変換コンバータ。PS2とPS1本体は480pのRGB信号で映像を出力している(PS1は240pで表示されているゲームがほとんど)のだが、これを720pにアップコンバートしてHDMIに変換出力する。従来のコンポジットAVケーブルに比べると画質は格段によくなるが、PS1ソフトの画質においてはPS3のアップコンバートに劣る。ただし、PS1やPS2専用の特殊コントローラーを使える点ではPS2の方が優れており、PS2やPS1を実機でプレイしている人にはぜひオススメしたい。
バッテリー交換可能なので携帯ゲーム機として
■GALAXY Note 3 SC-01F  2013年10月17日発売。スマホで使う機能が通話、メール、ブラウザ、Youtube、ePSXeくらいという人には非常にオススメ。携帯電話としてではなく携帯PS1エミュレータとして使うのもいい。「バッテリーが自分で交換可能」なのが非常に大きく、私は2014年10月に購入して以来、バッテリー交換しながら7年以上経った今でも使い続けている。アップデートでOSをAndroid5.0にできるので、SDカードに書き込みもできるのも○。コレを買うなら予備のバッテリーもいくつか一緒に買うことをすすめる。PS1エミュレータ用に買うなら、端末のストレージが32GBしかないので64GBのSDカードもぜひ買っておきたい。
値下がりして充分な高性能だが…
■Galaxy Note8 SC-01K  2017年10月26日発売。ディスプレイは6.3インチで、GALAXY Note 3と比べてタテに18mmほど長くなった。ブラウザやメールを使う場合には断然見やすく使いやすい。CPUはSnapdragon 835、ストレージ64GB、メモリ6GB。一般的な使い方をするぶんには充分過ぎるスペックであり、「グランブルーファンタジー」「オルタナティブガールズ2」といったゲームを最高画質設定にしても快適にプレイできる。ただし「バッテリー交換ができない」ため、発売時期を考えると今後長く使っていけるという点においてはGalaxy Note3に劣る。
ステレオスピーカーと本体ストレージ512GBは大きな魅力
■Samsung Galaxy Note 9 2018年10月発売。まだ実際に購入していないのでWebサイトでスペックを見ての想像だけで書いているが、Note8に比べてディスプレイがさらに大きく(6.4インチ)、メモリー8GB、ステレオスピーカー搭載、SペンにBluetooth機能がついたりと全ての部分で上位機種となっている。特にスゴいのが本体ストレージ512GB。最大512GBのmicroSDカード対応で、最大で合計1TBのストレージを利用することができるのは大きな魅力。スマホでたくさんのゲームを遊びたいという人は、とにもかくにも買いたい端末。
カテゴリ一覧
最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

♪みほぴょん

Author:♪みほぴょん
初代プレイステーションのゲームをより快適に遊ぶ方法の紹介と、競馬予想。

★各サイトのハンドル★
モバゲー:♪みほぴょん
GREE:♪みほぴょん
mixi:男の娘好きみほぴょん(mixiキーワード:♪みほぴょん)
Twitter:♪みほぴょん@mihopyonpyon
将棋ウォーズ:mihopyon

※SNSはROMがほとんどです。個人的なメッセージはこのブログのコメント機能でお願いします。

Amazon:♪みほぴょん
Google:debeso kerokero

※AmazonとGoogleは購入して印象に残った商品およびアプリのレビューを書いています。

ブロとも申請
ブロとも申請(友達申請)は100%許可しています。

♪みほぴょんにブロとも申請する

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
570位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
98位
アクセスランキングを見る>>
友達リスト

ロードアの場土采果

マイナーゲーム攻略サイトもどき