FC2ブログ

チェインクロニクル攻略04 高レベルの敵との戦い方

ストーリー後半(メインストーリーで言えば8章あたり)になると敵のレベルも30以上になり、何の戦略もなしにプレイしていてはクリアは厳しくなる。

復活の実でゴリ押しするという手もなくはないが、ここでは正攻法というか、復活の実を使わずにレベル30以上の敵と戦う場合の攻略ポイントを紹介する。

まず重要なのが、パーティ構成だ。結論から言うと、戦士3人+僧侶2人(次いで騎士3人+僧侶2人)。この組み合わせが、どんな敵にも対応できる最強の職業構成だと思う。


チェンクロ11
戦士3人+僧侶2人が安定。


なぜこのような構成にするかというと、パーティを構成するメンバーの職業を特定のものに絞ることにより、スキルの発動効率を上げるためである。WAVE開始時のマナスロットと、ボスWAVEでのピリカのマナスロットにはパーティメンバーの職業にあったマナしか出てこない。

つまり、戦士3人と僧侶2人という構成であれば、赤と緑の2種類しか出現しない。実際に試してみるとよくわかるが、これだと1つの戦闘中にスキルを使える状態というか場面が確実に増える。またピリカのマナスロットでは2種類が交互に表示されるだけなので、狙った色で止める目押しが非常に簡単なのも大きい。

スキル発動効率重視なのはいいとして、なぜ戦士3人と僧侶2人なのか。それは、攻撃面において戦士がもっとも安定しているからである。僧侶魔法使いや弓使いの場合、接近戦を挑まれたときに不利というのと、暗闇攻撃や盾を持った敵が出てきた場合にどうしても苦戦を強いられる。よってどんな敵にも対応できるようにするには戦士か騎士ということになるのだが、全体的に見て、戦士の方が攻撃力が高く、スキルも攻撃重視のものが多いので戦士をオススメしておく。僧侶を2人にしたのは、高レベルの敵とのバトルは僧侶1人だと回復が追いつかない、または厳しいから。

オススメのキャラクターをいくつか挙げると…


●ヨシツグ(戦士★★★★★)
MAXレベルの80まで成長させると、攻撃力が9400という高い数値が魅力。武器を装備させれば1万オーバーだ。スキルの「散花繚乱」は範囲攻撃だが、自身もダメージを受けるため使いがってはイマイチ。通常攻撃メインで使っていくといい。

●アカツキ(戦士★★★★★)
MAXレベル80で攻撃力8800と高く、通常攻撃は一定確率で毒。敵にトドメを刺すごとに攻撃力と移動速度アップなど使いやすい。スキルの「アサシネイト」は単体攻撃だが攻撃力が非常に高く、アビリティの攻撃力アップを活用することでさらに大ダメージを狙える。

●サプラス(戦士★★★★★)
クリティカル攻撃時に与えたダメージ量に応じて自身のHPを回復できるので、僧侶の援護なしでもある程度単独で戦える。スキルの「デモンズフルコース」は小ダメージ×8+毒。ダメージはそれなりだが、消費マナが2なので狙えるチャンスも多い。

●リンセ(戦士★★★★★)
MAXレベル80で攻撃力は7620。移動速度が速く、HPが徐々に回復するアビリティを持つ。スキルの「ニャインライブス」は小ダメージ9回でダメージ量は小さめだが、消費マナが1なのは魅力。

●スルスタン(戦士★★★★★)
MAXレベル80で攻撃力7600。与えたダメージ量に応じて自身のHP回復のアビリティを持つ。

●オリョウ(戦士★★★★★)
スキルの「呪詛の鬼魂」は、小ダメージ+呪い。呪いは20回までの追加固定ダメージで、トータルダメージ量を考えると消費マナ2は安いが、短期決戦向きではない。とはいえ、戦士と僧侶だけの構成ならマナスロットで緑マナを狙って溜め、長期戦に対応することも充分可能だ。

●メルヴィナ(僧侶★★★☆☆)
スキルの「解毒薬調合」はマナ1で使用でき、味方全員の毒回復およびHP小回復。毒を回復できる僧侶自体が少ないので、ガチャで出たら大事に育てたい。レベルを上げてランクの高い武器を装備させれば通常攻撃のHP回復量も高くなるので、終盤まで使っていくことができる。


なお、メインストーリーやサブクエスト、イベントクエストでランクの高い武器が手に入ることがあるが、それらはレアリティの高いキャラに優先して装備させるようにしよう。特にAランク武器は★5のキャラに装備させたい。

次に戦い方だが、戦士キャラクターのHPに余裕があるうちは普通に前進させて接近戦を挑めばいいとして、HPが減ってきた場合にどうするかが戦略の分岐点となる。

まず敵の構成を見て、戦士と騎士だけであれば、いったん後退して自陣の僧侶の回復エリア内で敵を迎え撃つのがいい。これだと僧侶の通常回復を受けつつ戦うことができるので、僧侶のスキルを使うにしても結果的にマナを節約できるのだ。

弓使いや魔法使い、僧侶がいる場合は、こちらの戦士のうち最低1人は僧侶スキルで回復させてでも敵の弓使い、魔法使い、僧侶を倒すようにする。これら3つのユニットはHPが低いので、接近してしまえば倒すのはそう難しくない。範囲攻撃スキルを持っている戦士がいれば、思い切って使うのも手だ。


上記の戦法でも勝てないようであれば、各ユニットのレベルが低いのが原因だと思われる。金を払えば高レアリティカードや成長アルカナの入手もラクなのでクリアも早いが、金を使わなくても曜日クエストやリング交換などといった手段が用意されているので、プレイを続けていればいずれクリアできるようになる。
スポンサーサイト

チェインクロニクル攻略03 変身する敵への対処法

250万ダウンロード記念のクエストには、プレイヤーのパーティキャラクターに変身してくる敵が登場する。

変身後の敵の能力は変身したキャラクターと同じで、スキルもしっかり使ってくる。このため、パーティメンバーが強ければ強いほど、変身後の敵が危険な存在となる。

今回は、何の作戦もなしに攻撃していると全滅させられてしまうこの敵への対処法を紹介する。


チェインクロニクル15
まずパーティメンバーの構成を、戦士系(戦士または騎士)3人と僧侶2人にする。

変身する敵は「攻撃された時に、攻撃を仕掛けてきたキャラに変身する」ので…


チェインクロニクル16
2人いる僧侶のうち1人を敵陣に突っ込ませて攻撃させる(変身させる)のだ。

僧侶であれば戦闘能力は低いので、変身後に戦士や騎士が接近して攻撃してラクに倒すことができるぞ。僧侶を2人にしているのは、敵陣に突っ込んだ僧侶が敵から受けたダメージを、自陣の僧侶に回復させるためだ。


チェインクロニクル17
上記の方法が難しいという人は、低レベルの弓使いまたは魔法使いを1人入れるといい。


チェインクロニクル18
変身する敵が出てきたら、同じ列に低レベルの弓使いまたは魔法使いを移動して攻撃させ、変身したら戦士系に攻撃させる。これを繰り返そう。

変身後の敵のHPは変身したキャラのHPに比例しているので、低レベルのキャラに変身させればラクに倒すことができるぞ。

チェインクロニクル攻略02 パーティ編成

チェインクロニクルの味方ユニットには「戦士」「騎士」「魔法使い」「弓使い」「僧侶」の5種類の職業があり、その中から4人を選んでパーティを編成することになる。

さらにクエスト開始前にフレンドから1人を選び、合計5人でクエストに挑む。

そこで悩むのが、どういう編成で行くのか…ということだ。

5人のうち、最低1人は欲しいのが僧侶。クエストに出現する敵よりもパーティメンバーのレベルが圧倒的に上の場合をのぞき、HPを回復することができる僧侶は必須と言える。


チェインクロニクル11
攻撃メンバーを選ぶ際に注意したいのが、各種アビリティとスキル。

特にスキルの性能と発動に必要なマナは戦局を大きく左右する要素の1つなのでマジメに考えたい。

単純に言えば、マナが1つで発動できるスキルは、WAVEやピリカのマナ補充でこまめに発動できるという利点がある。マナが2つあるいは3つ必要なスキルは、主にボス戦用と考えてもいいだろう。


チェインクロニクル13
WAVE開始時やピリカが運んでくるマナの種類は、パーティメンバーの職業の中からランダムで選ばれる。つまり、パーティメンバーを構成する職業の種類が多いほど、出現するマナの種類が多く、振り分けが困難になる。

例えばパーティメンバーを戦士と僧侶の2種類だけで構成すれば、出現するマナも赤と緑だけとなり、戦略も立てやすくなる。


チェインクロニクル14
あとは、出現する敵によって有利なキャラ(武器や職業)を選ぶ。

暗闇攻撃をしてくる敵が多いクエストなら戦士と騎士を主力にし、火属性の敵が多いクエストなら氷属性の攻撃を持つキャラを入れる。

適の攻撃が激しくて僧侶1人では回復が追いつかないと感じたら、僧侶を2人にするといいだろう。


チェインクロニクル10
最終的にはプレイヤーの好みにゆだねられる。

キャラクター性能で選んでもいいし、好きなイラストレーターや声優で選ぶというのもありだろう。

チェインクロニクル攻略01 効率的なキャラクター育成

メインストーリーのクエストに登場する敵に苦戦するようであれば、しばらくはキャラクターの育成に専念するといい。

今回は、キャラクター育成のポイントを紹介する。


チェインクロニクル01
リアルマネーを使ってもいいというユーザーは、リングを成長アルカナと交換して合成するのが手っ取り早い。


チェインクロニクル02
そうでない場合は、はじまりの村のフリークエストである、曜日クエストで成長アルカナを稼ぐといい。

月曜は魔法使い、火曜は戦士、水曜は騎士、木曜は僧侶、金曜は弓使いの成長アルカナがそれぞれ入った宝箱が出現するようになっている。


チェインクロニクル03
曜日クエストは消費APが24と多いが、獲得できる成長アルカナの内容を考えると仕方ないか。

パーティには宝箱出現確率をアップさせるキャラを入れておこう。ただ、プレイヤーのランクかキャラクターのレベルが上がってくると、曜日クエストの宝箱が出にくくなるように感じる。成長アルカナが簡単に出てしまうとゲームバランスが崩れるので、セガもそのあたりは調整しているのだと思う。


チェインクロニクル09
キャラクターの中には、レベルが一定以上になると絆クエストが発生するものもいる。絆クエストをクリアすることでアビリティを習得することができ、ゲームをより優位に進めることができるようになる。


チェインクロニクル05
武器アルカナで武器を進化させたり、鍛冶アルカナで武器のパラメータを上げるのも重要。


チェインクロニクル06
各武器には「攻撃」「クリティカル」「防御」「アビリティ」の4つのパラメータがあり、攻撃は1上がるごとに装備しているキャラの攻撃力が100増加する。

注意したいのは、アビリティで火属性や氷属性がついている武器。火属性武器は氷属性の敵に2倍ダメージ、氷属性武器は火属性の敵に2倍ダメージなのだが、同属性だとダメージが半減になるのだ。このため、火属性および氷属性武器はメインパーティに入れるメンバーには装備させない方が安定してクエストをクリアできる。


チェインクロニクル12
成長アルカナや鍛冶アルカナ、武器アルカナの合成に必要なゴールドは、キャラクターのレベルが上がるほど大きくなっていく。ゴールドが足りなくなったら、土日に配信される曜日クエストでゴールドを稼ごう。
キーワードでブログ内を検索
「イメージ化」「プラグイン」「有馬記念」など、当ブログで見たい記事の単語を入力して下の検索ボタンをクリックしてください。
スマホは通話・メール・ブラウザ・Youtubeができれば充分という人に
■GALAXY Note II SC-02E  2012年11月16日発売。私は2016年1月に購入し、IIJのSIMを入れて通話用として今も使っているがAndroid4.3、メモリ2GB、クアッドコアというスペックはみおふぉん(通話)、LINE、Chrome、Youtube、カメラ程度の使い道であれば動作は快適で安定しており、6年前の機種とは思えないほど。交換用バッテリーもまだAmazonで購入できるし、携帯電話でゲームなんてまずやらないという人にはマジメにオススメしたい。
Android5.0なのでSDカードに書き込みできる
■GALAXY Note 3 SC-01F  2013年10月17日発売。GALAXY Note2同様ゲームをするには厳しいが、通話、メール、ブラウザ、Youtubeといった使い方がメインという人には充分な性能。「ePSXe」は普通に遊べるので、PS1エミュレータ用として使うには全然アリ。バッテリーが自分で交換可能なのも嬉しい点で、私は2014年10月に購入して以来、バッテリー交換しながら4年以上経った今も使い続けている。アップデートでOSをAndroid5.0にできるので、SDカードに書き込みもできる。
最新のスマホゲームを高画質でプレイしたい人に
■Galaxy Note8 SC-01K  2017年10月26日発売。ディスプレイはGALAXY Note 3と比べて横はほとんど同じだがタテに18mmほど長くなっていて、ブラウザやメールを使う場合には画面が大きいNote 8の方が断然見やすく使いやすい。2GHz以上のオクタコアCPU、メモリ6GBは現在販売されているスマホの中でもトップクラスのスペックであり、「グランブルーファンタジー」「プロジェクト東京ドールズ」「オルタナティブガールズ2」といった人気ゲームを最高画質設定にしても快適にプレイできる。強いて欠点を挙げれば、「バッテリー交換ができない」ことと「スピーカーがモノラル」という点。特にバッテリー交換不可は今後長く使っていくことを考えると気になる部分である。私はSIMを入れずにゲーム機として使っている。
値段は高いが本体ストレージ512GBは大きな魅力
■Samsung Galaxy Note 9 2018年発売。これだけはまだ購入していないのでWebサイトでスペックを見ての想像だけで書いているが、Note8に比べてディスプレイがさらに大きく(6.4インチ)、メモリー8GB、ステレオスピーカー搭載、SペンにBluetooth機能がついたりと全ての部分で上位機種となっている。特にスゴいのが本体ストレージ512GB。最大512GBのmicroSDカード対応で、最大で合計1TBのストレージを利用することができるのは大きな魅力。スマホでたくさんのゲームを遊びたいという人は、とにもかくにも買いたい端末。
自宅でYoutubeやAbemaTVなどの動画をよく見る人に
■ARROWS Tab F-02F  2013年11月発売。私は2016年12月に近所のHARD OFFで中古を税込1万6200円で購入し、以来ほぼ毎日愛用している。スマホ用ゲームには不向きだが、「PS1エミュレータ」「Youtube」「AbemaTV」などを楽しむにはちょうど良い。2018年3月現在、近所のHARD OFFで税込1万2960円。これくらいの値段なら買って文句なしの性能。ただしバッテリー交換不可のため、発売時期を考えるとスタンド型充電器はほぼ必須。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

♪みほぴょん

Author:♪みほぴょん
初代プレイステーションのゲームをより快適に遊ぶ方法の紹介と、競馬予想、グランブルーファンタジー攻略wikiのストーリーイベント攻略ページを初心者向けに編集。

★各サイトのハンドル★
モバゲー:♪みほぴょん
GREE:♪みほぴょん
mixi:男の娘好きみほぴょん(mixiキーワード:♪みほぴょん)
Twitter:♪みほぴょん@mihopyonpyon
将棋ウォーズ:mihopyon

※SNSはROMがほとんどです。個人的なメッセージはこのブログのコメント機能でお願いします。

Amazon:♪みほぴょん
Google:debeso kerokero

※AmazonとGoogleは購入して印象に残った商品およびアプリのレビューを書いています。

ブロとも申請
ブロとも申請(友達申請)は100%許可しています。

♪みほぴょんにブロとも申請する

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
344位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
57位
アクセスランキングを見る>>
友達リスト

ロードアの場土采果

マイナーゲーム攻略サイトもどき