FC2ブログ

PSPでスクリーンショットを保存する

PSPでスクリーンショットを保存するには、カスタムファームウェア用のプラグインを使う。

メモリースティックの所定のフォルダにprxファイルをコピーし、txtファイルにパスを書き込むだけなので簡単だ。


スクリーンショット01
まず「ScreenShotPNG_Speady_Plugin_v030」をダウンロードし、解凍する。

解凍したら中にある「seplugins」フォルダをメモリースティックにコピーしよう。ディレクトリは(ms:/seplugins/)になるようにすること。


スクリーンショット02
次に、sepluginsフォルダ内に新規作成でテキストファイルを3つ作成する。

ファイル名は「Game.txt」「Vsh.txt」「pops.txt」にして、メモ帳などでファイルを開き、それぞれに「ms0:/seplugins/ScreenShotPNG_Plugin.prx」という文字を追記する。

「Game.txt」はPSPのゲーム、「Vsh.txt」はメニュー画面、「pops.txt」はPS1のゲームという意味で、「ms0:/seplugins/ScreenShotPNG_Plugin.prx」はプラグインを使用したい場所のパスを表している。

ここまで出来たらメモリースティックをPCから抜いてPSPに挿入し、PSPの電源を入れよう。


スクリーンショット03
カスタムファームウェアに切り替えたら、メニュー画面でセレクトボタンを押して「VSH Menu」を開き、「ENTER RECOVERY ->」を選択してリカバリーモードに入る。


スクリーンショット04
リカバリーメニューで「Plugins ->」を選択し…


スクリーンショット05
プラグインを適用させたいものをEnabledに変更しよう。

例えば「ScreenShotPNG_Plugin.prx〔GAME〕」をEnabledにすれば、ゲーム画面のスクリーンショットを保存できるようになる。

リカバリーメニューを抜けると、自動的に再起動になるぞ。


スクリーンショット06
使い方は、スクリーンショットを保存したい画面で「♪」ボタンを押すだけ。


スクリーンショット07
スクリーンショットの画像ファイルは、フォトの「Capture」フォルダに保存されるぞ。
スポンサーサイト



手持ちのPS1ソフトをPSP用イメージファイルに変換する

カスタムファームウェアの導入に成功したら、後は手持ちのPS1ソフトをイメージ化してメモリースティックに入れるだけだ。


イメージファイル作成01
PS1のソフトは普通のCD-ROMなので、PCのCDドライブに入れて直接読み込むことが出来る。


イメージファイル作成02
リッピング(ディスクを読み込んでイメージファイルを作成すること)ソフトはいろいろあるが、ここではフリーソフトのCD Manipulatorを使ってのイメージ化のやり方を紹介する。


「CD Manipulator」で検索し、ダウンロードしたファイルを解凍したら、実行ファイルをダブルクリックして起動。

「イメージ作成」を選択し、「シングルセッションモード」を選択。

ファイル名を付けたら、読み込み設定画面で「高度な設定」にチェックを入れ、「エラーの無視」「エラーの高速スキップ」「CDDA読み込みコマンドの自動検出」の3つだけにチェックを入れる。

OKをクリックすればリッピング開始。

imgとcueの2つのファイルが作成されれば成功だ。


イメージファイル作成03
お金に余裕がある人は、市販されているリッピングソフトを購入してもいいだろう。


PSP09
イメージファイルを作成したら、PSPで使うメモリースティックをPCに挿入しよう。イメージファイルをメモリースティックにコピーするのはもう少し先。

PCやAndroidのPS1エミュレータはCD Manipulatorで作成したイメージファイルを読み込んでゲームが起動するが、PSPに搭載されている公式エミュレータはそのままだとイメージファイルを読み込めない。

そのため、PSPで読み込めるファイル形式に変換する必要があるのだ。


PSP10

http://downloads.exophase.com/

上記のURLのページを開いて、ページの右上にあるSearchボックスに「PSX2PSP」と入力して、「Search」ボタンをクリックしよう。

「PSX2PSP」のダウンロードページが表示されるので、ファイルをダウンロードして解凍。

実行ファイルから起動したら、「ISO/PBP File」から変換したいイメージファイルを選択。変換後のファイルの保存先を決めたら、「Convert」ボタンをクリックして変換開始。


PSP11
左下に「Done」と表示されたら変換終了だ。


PSP12
作成されたフォルダごと、メモリースティックの「GAME」フォルダの中にコピーしよう。


PSP13
メモリースティックをPSPに挿入し、電源を入れて「LME Launcher for 660」を起動してカスタムファームウェアに切り替える。

メニュー→ゲーム→メモリースティックからイメージファイルを選択すると…


PSP14
ゲームが起動。

公式エミュレータだけあって、再現度は非常に高い。L2、R2ボタンが使えない以外は操作性も良好。

PCやAndroidのPS1エミュレータと違って、ステートセーブやチートコードなどの便利機能は無し。ほとんど実機と同じだが、実機よりロード時間が短くてすむことと、メモリースティック内に仮想ファイルとしてメモリーカードを作成するのでメモリーカードを買う必要がないこと、PSPなので手軽に持ち運んでプレイできることが利点だ。

手持ちのPS1ソフトをPSPでプレイする

PSPにはSCEの公式PS1エミュレータが搭載されているが、これは通常、ダウンロード販売されているPS1ソフトしかプレイできない。しかし、カスタムファームウェアを使用すれば手持ちのPS1ソフトをPSPでプレイできるようになるぞ。

ファームウェアはハードウェアの基本的な制御を行うために機器に組み込まれたソフトウェアのことで、公式ファームウェアに様々な機能を追加したファームウェアがカスタムファームウェアだ。

ここでは、カスタムファームウェアをPSPに導入するまでの流れを紹介する。

まずはネットから「660.PBP」と「Custom Firmware 6.60 LME-1.8」をダウンロードし、それぞれファイルを解凍しよう。ダウンロードページは「LCFW 6.60LME」で検索すれば出てくるぞ。


PSP00
PCにPSPで使うメモリースティックを挿入。このメモリースティックにはあとで手持ちのPS1ソフトのイメージを入れることになる。CD-R1枚の最大容量が700MBだということを考えると、なるべく空き容量が大きいものを用意したい。

FW 6.60のアップデータ「660.PBP」のファイル名を「EBOOT.PBP」に変更する。ファイル名の変更は、変更したいファイルをマウスなどで選択した状態で「F2」キーを押せばできるぞ。

次に「Custom Firmware 6.60 LME-1.8」を解凍し、「6.60 LME-1.8」フォルダ内にある「GAME」フォルダ(中に「installer」フォルダと「launcher」フォルダがある)をPSPの「PSP」フォルダへコピーする。

わかりづらいかもしれないが、要はディレクトリの階層が

ms0:/PSP/GAME

となっていればいい。

そして「GAME」フォルダ内に「UPDATE」という名前のフォルダを作成し、その中に先ほどファイル名を変更した「EBOOT.PBP」をコピーする。


PSP01
PCからメモリースティックを取り出し、PSPに挿入。

電源を入れたら、メニュー→ゲーム→メモリースティックから…


PSP02
「PSP アップデート Ver 6.60」を選択して起動しよう。


PSP03
「開始する」→「同意する」→「決定」でアップデート開始。アップデート中は絶対に電源を切ったり、メモリースティックを抜いたりしないように。最悪の場合、PSPが起動できなくなるぞ。

アップデートが完了したらこの画面が表示されるので、○ボタンを押して再起動しよう。



PSP04
再起動したら、メニュー→ゲーム→メモリースティックから「LME Installer for 660」を選択して起動。


PSP05
するとこのような画面になる。×ボタンでinstall modules、□ボタンでuninstall modules、Rボタンでexitと表示されている。×ボタンでインストールしよう。


PSP06
インストールが完了するとメニューに戻る。今度はメニュー→ゲーム→メモリースティックから「LME Launcher for 660」を選択して起動。

再びメニューに戻るので、メニュー→設定→本体設定→本体情報で「6.60 LME-1.8」になっているかどうか確認しよう。


PSP07
「6.60 LME-1.8」になっていれば成功。

なお、カスタムファームウェアは電源を切ると通常のファームウェアに戻る。次回からは電源を入れて「LME Launcher for 660」を起動させればカスタムファームウェアに切り替えできる。


PSP08
カスタムファームウェア時は、ホーム画面でSELECTボタンを押すとVSHメニューが表示される。

※VSHメニューでは×ボタンが決定になっている
※Enabled:有効、Disabled:無効

CPU CLOCK XMB (XMBのCPUクロック)
CPU CLOCK GAME (GAMEのCPUクロック)
USB DEVICE (USBデバイス)
UMD ISO MODE (UMD ISOモード)
ISO VIDEO MOUNT (VIDEOのISOをマウント)
BACK COLOR (背景色)
XMB PLUGINS (XMBプラグイン)
GAME PLUGINS (ゲームプラグイン)
POPS PLUGINS (POPSプラグイン)
PLUGINS MANAGER (プラグインマネージャー)
ENTER RECOVERY (リカバリー)
SHUTDOWN DEVICE (シャットダウンデバイス)
SUSPEND DEVICE (サスペンドデバイス)
RESET DEVICE (リセットデバイス)
RESET VSH (VSHのリセット)
Exit (VSHメニュー終了)
キーワードでブログ内を検索
「イメージ化」「プラグイン」「有馬記念」など、当ブログで見たい記事の単語を入力して下の検索ボタンをクリックしてください。
AndroidでWordやExcelを使うならコレがオススメ
■iBUFFALO USB接続 有線スタンダードキーボード  Android端末をPCライクに使いたいという人に超オススメのキーボード。有線なのでUSB端子で接続するだけで簡単に使えるし、キーが打ちやすい。そしてキーの数が多いのでファンクションキーがPCと同じように使えるのが非常に大きい。価格が安いのも嬉しいところ(2020年5月で1255円)。
エミュレータ用携帯ゲーム機として使うなら充分アリ
■GALAXY Note 3 SC-01F  2013年10月17日発売。最新ゲームをプレイするには厳しいが、通話、メール、ブラウザ、Youtubeといった使い方がメインという人には充分な性能。「ePSXe」は普通に遊べるので、PS1エミュレータ専用機として使うには全然アリ。バッテリーが自分で交換可能なのも嬉しい点で、私は2014年10月に購入して以来、バッテリー交換しながら5年以上経った今も使い続けている。アップデートでOSをAndroid5.0にできるので、SDカードに書き込みもできるのも○。
GalaxyNote9の約半額で充分な高性能
■Galaxy Note8 SC-01K  2017年10月26日発売。ディスプレイはGALAXY Note 3と比べて横はほとんど同じだがタテに18mmほど長くなっていて、ブラウザやメールを使う場合には画面が大きいNote 8の方が断然見やすく使いやすい。2GHz以上のオクタコアCPU、メモリ6GBは現在販売されているスマホの中でもトップクラスのスペックであり、「グランブルーファンタジー」「プロジェクト東京ドールズ」「オルタナティブガールズ2」といった人気ゲームを最高画質設定にしても快適にプレイできる。強いて欠点を挙げれば、「バッテリー交換ができない」ことと「スピーカーがモノラル」という点。特にバッテリー交換不可は今後長く使っていくことを考えると気になる部分である。私はSIMを入れずに携帯ゲーム機として使っている。
ステレオスピーカーと本体ストレージ512GBは大きな魅力
■Samsung Galaxy Note 9 2018年発売。これだけはまだ購入していないのでWebサイトでスペックを見ての想像だけで書いているが、Note8に比べてディスプレイがさらに大きく(6.4インチ)、メモリー8GB、ステレオスピーカー搭載、SペンにBluetooth機能がついたりと全ての部分で上位機種となっている。特にスゴいのが本体ストレージ512GB。最大512GBのmicroSDカード対応で、最大で合計1TBのストレージを利用することができるのは大きな魅力。スマホでたくさんのゲームを遊びたいという人は、とにもかくにも買いたい端末。
価格的に9を買うくらいなら10+を買う方が良さそう
■Samsung Galaxy Note 10+ Plus まだ実際には買っていないけど、次に買うならこれかなと思う。ディスプレイ6.8インチ、CPUはSnapdragon 855、RAM12GB、ストレージ256GB、防水、ステレオスピーカー。レビューを読むと海外版のようだが、設定で日本語も選べるようだし、何より価格がGalaxy9とほとんど変わらないのにスペックは明らかにこちらが上。特にメモリ12GBは複数のアプリを同時に使ってもまだまだ余裕がありそう。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

♪みほぴょん

Author:♪みほぴょん
初代プレイステーションのゲームをより快適に遊ぶ方法の紹介と、競馬予想、グランブルーファンタジー攻略wikiのストーリーイベント攻略ページを初心者向けに編集。

★各サイトのハンドル★
モバゲー:♪みほぴょん
GREE:♪みほぴょん
mixi:男の娘好きみほぴょん(mixiキーワード:♪みほぴょん)
Twitter:♪みほぴょん@mihopyonpyon
将棋ウォーズ:mihopyon

※SNSはROMがほとんどです。個人的なメッセージはこのブログのコメント機能でお願いします。

Amazon:♪みほぴょん
Google:debeso kerokero

※AmazonとGoogleは購入して印象に残った商品およびアプリのレビューを書いています。

ブロとも申請
ブロとも申請(友達申請)は100%許可しています。

♪みほぴょんにブロとも申請する

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
388位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
70位
アクセスランキングを見る>>
友達リスト

ロードアの場土采果

マイナーゲーム攻略サイトもどき