FC2ブログ

2013年の年間トータル収支

●結果

2013年の年間トータル収支は次のようになっている。

トータル投資額/101000円
トータル払戻金/64130円
トータル収支/-36870円
トータル回収率/63.4%

予想対象レースは全86で、

中山金杯:投資額/1500円 払戻金/1110円(トリガミ)
京都金杯:投資額/1300円 払戻金/2150円(的中)
シンザン記念:投資額/1800円 払戻金/0円(ハズレ)
日経新春杯:投資額/1100円 払戻金/0円(ハズレ)
アメリカジョッキークラブカップ:投資額/1100円 払戻金/0円(ハズレ)
東海ステークス:投資額/0円 払戻金/0円(パス)
根岸ステークス:投資額/1500円 払戻金/0円(ハズレ)
シルクロードステークス:投資額/1500円 払戻金/0円(ハズレ)
東京新聞杯:投資額/1000円 払戻金/0円(ハズレ)
きさらぎ賞:投資額/1000円 払戻金/2770円(的中)
共同通信杯:投資額/500円 払戻金/1140円(的中)
京都記念:投資額/1200円 払戻金/0円(ハズレ)
フェブラリーステークス:投資額/1800円 払戻金/10330円(万馬券的中)
小倉大賞典:投資額/1500円 払戻金/0円(ハズレ)
中山記念:投資額/1800円 払戻金/1360円(トリガミ)
阪急杯:投資額/1500円 払戻金/590円(トリガミ)
弥生賞:投資額/1500円 払戻金/0円(ハズレ)
中山牝馬ステークス:投資額/1500円 払戻金/0円(ハズレ)
報知杯フィリーズレビュー:投資額/1300円 払戻金/0円(ハズレ)
スプリングステークス:投資額/1500円 払戻金/1090円(トリガミ)
阪神大賞典:投資額/500円 払戻金/320円(トリガミ)
マーチステークス:投資額/3600円 払戻金/2000円(トリガミ)
高松宮記念:投資額/1800円 払戻金/470円(トリガミ)
ダービー卿チャレンジトロフィー:投資額/1800円 払戻金/1970円(的中)
産経大阪杯:投資額/1400円 払戻金/360円(トリガミ)
桜花賞:投資額/1200円 払戻金/0円(ハズレ)
皐月賞:投資額/1900円 払戻金/840円(トリガミ)
フローラステークス:投資額/1500円 払戻金/870円(トリガミ)
マイラーズカップ:投資額/1500円 払戻金/0円(ハズレ)
天皇賞(春):投資額/1000円 払戻金/3190円(的中)
NHKマイルカップ:投資額/1800円 払戻金/0円(ハズレ)
新潟大賞典:投資額/0円 払戻金/0円(パス)
ヴィクトリアマイル:投資額/1200円 払戻金/0円(ハズレ)
優駿牝馬(オークス):投資額/2100円 払戻金/0円(ハズレ)
東京優駿(日本ダービー):投資額/1500円 払戻金/970円(トリガミ)
目黒記念:投資額/0円 払戻金/0円(パス)
安田記念:投資額/2600円 払戻金/1470円(トリガミ)
エプソムカップ:投資額/1500円 払戻金/2100円(的中)
マーメイドステークス:投資額/2100円 払戻金/0円(ハズレ)
ユニコーンステークス:投資額/1100円 払戻金/950円(トリガミ)
函館スプリントステークス:投資額/0円 払戻金/0円(パス)
宝塚記念:投資額/1200円 払戻金/5150円(的中)
ラジオNIKKEI賞:投資額/0円 払戻金/0円(パス)
CBC賞:投資額/1500円 払戻金/980円(トリガミ)
七夕賞:投資額/0円 払戻金/0円(パス)
プロキオンステークス:投資額/1500円 払戻金/0円(ハズレ)
函館記念:投資額/1000円 払戻金/0円(ハズレ)
中京記念:投資額/0円 払戻金/0円(パス)
函館2歳ステークス:投資額/1000円 払戻金/3980円(的中)
アイビスサマーダッシュ:投資額/0円 払戻金/0円(パス)
クイーンステークス:投資額/500円 払戻金/6370円(的中)
レパードステークス:投資額/1000円 払戻金/780円(トリガミ)
小倉記念:投資額/0円 払戻金/0円(パス)
関屋記念:投資額/0円 払戻金/0円(パス)
北九州記念:投資額/2000円 払戻金/0円(ハズレ)
札幌記念:投資額/1800円 払戻金/0円(ハズレ)
新潟2歳ステークス:投資額/0円 払戻金/0円(パス)
キーンランドカップ:投資額/1000円 払戻金/1020円(的中)
新潟記念:投資額/2100円 払戻金/0円(ハズレ)
小倉2歳ステークス:投資額/1500円 払戻金/720円(トリガミ)
京成杯オータムハンデキャップ:投資額/2100円 払戻金/1500円(トリガミ)
セントウルステークス:投資額/1500円 払戻金/240円(トリガミ)
ローズステークス:投資額/2100円 払戻金/0円(ハズレ)
セントライト記念:投資額/0円 払戻金/0円(パス)
オールカマー:投資額/1800円 払戻金/0円(ハズレ)
神戸新聞杯:投資額/1000円 払戻金/0円(ハズレ)
スプリンターズステークス:投資額/1800円 払戻金/400円(トリガミ)
毎日王冠:投資額/1200円 払戻金/0円(ハズレ)
京都大賞典:投資額/1600円 払戻金/0円(ハズレ)
秋華賞:投資額/1100円 払戻金/0円(ハズレ)
府中牝馬ステークス:投資額/1500円 払戻金/2320円(的中)
菊花賞:投資額/1800円 払戻金/950円(トリガミ)
天皇賞(秋):投資額/1800円 払戻金/1190円(トリガミ)
アルゼンチン共和国杯:投資額/0円 払戻金/0円(パス)
みやこステークス:投資額/400円 払戻金/0円(ハズレ)
武蔵野ステークス:投資額/0円 払戻金/0円(パス)
エリザベス女王杯:投資額/1200円 払戻金/0円(ハズレ)
マイルチャンピオンシップ:投資額/2200円 払戻金/1930円(トリガミ)
福島記念:投資額/1000円 払戻金/1420円(的中)
ジャパンカップ:投資額/900円 払戻金/0円(ハズレ)
ジャパンカップダート:投資額/1800円 払戻金/0円(ハズレ)
カペラステークス:投資額/600円 払戻金/0円(ハズレ)
阪神ジュベナイルフィリーズ:投資額/0円 払戻金/0円(パス)
朝日杯フューチュリティステークス:投資額/1200円 払戻金/0円(ハズレ)
有馬記念:投資額/1800円 払戻金/0円(ハズレ)
阪神カップ:投資額/0円 払戻金/0円(パス)

内訳は

パス:16
ハズレ:35
トリガミ:22
的中:13
合計:86

となっている。予想をパスした16レースをのぞいた70レース中、ハズレが35レース。トリガミも一応買い目の提示はできたと考えても、半分しか当たりの組み合わせを予想できていなかったことになる。
スポンサーサイト



阪神カップ

●レース傾向

過去7年、直近で出走した芝のレースにおける着順が「5着以内」だった馬が5-3-2-34と好走傾向。なお、「6着以下」だった馬で連対した7頭はすべてマイルチャンピオンシップからの臨戦馬だった。
→直近で出走した芝のレースにおける着順が「6着以下」だった馬(前走がマイルチャンピオンシップだった馬を除く)は
2ニンジャ、4タマモナイスプレイ、6サンカルロ、9エピセアローム、11ラインブラッド、12ザッハトルテ、13キングストリート、

過去7年、近3走以内における最低単勝人気が「3~5番人気」だった馬が6-2-1-16と好走。
→近3走以内における最低単勝人気が「5番人気以内」だった馬は
1ラトルスネーク、2ニンジャ、7クラレント、9エピセアローム、

第1回を除く2007年以降の優勝馬6頭は、近3走以内に芝1200mの重賞へ出走した経験があった。
→近3走以内に芝1200mの重賞へ出走している馬は
1ラトルスネーク、2ニンジャ、6サンカルロ、9エピセアローム、12ザッハトルテ、15スギノエンデバー、17プリンセスメモリー、18マジンプロスパー


●買い目

馬連フォーメーション
馬1:01,03,07,08,16,18
馬2:01,03,07,08,10,14,16,18

データで消せる馬が少ないためパス。
合計/0円


●結果

1着 5-10リアルインパクト R.ムーア
2着 7-14ガルボ
3着 4-07クラレント
4着 3-06サンカルロ
5着 1-01ラトルスネーク

◆単勝
10:1540円8人
◆複勝
10:520円8人
14:590円9人
07:490円7人
◆枠連
5- 7:5340円20人
◆馬複
10-14:13870円44人
◆ワイド
10-14:2760円36人
07-10:3140円42人
07-14:3600円46人
◆馬単
10-14:28440円87人
◆三連複
07-10-14:47050円147人
◆三連単
10-14-07:328560円875人

投資額/0円
払戻金/0円

トータル投資額/101000円
トータル払戻金/64130円
トータル収支/-36870円
トータル回収率/63.4%

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

有馬記念

●レース傾向

過去10年、1番人気馬は6-3-0-1と堅実。4着以下に敗れたのは2007年のメイショウサムソン(8着)だけ。近年は1~2番人気が強いという傾向があるが、5番人気以内の馬が3着以内を独占したのは2003年が最後。2007年から昨年まで、6年連続で9番人気以下の馬が3着以内に入っている。


単勝オッズ「2.9倍以下」の馬は6-2-0-1で信頼できる。単勝オッズ100倍以上の馬は0-0-0-16で3着以内なし。
→単勝オッズ「2.9倍以下」の馬は
6オルフェーヴル(当日10時30分現在)
→単勝オッズ100倍以上の馬は
なし(当日10時30分現在)

過去10年、3~4歳馬は9-7-3-51で、5歳以上で勝利したのは2009年のドリームジャーニー(5歳)だけ。第1回からチェックしても、6歳以上で勝利したのは1969年と1970年を連覇したスピードシンボリ(6歳、7歳時)、1979年のグリーングラス(6歳)、1991年に14番人気で優勝したダイユウサク(6歳)の延べ4頭しかいない。
→6歳以上馬は
13トゥザグローリー、16トーセンジョーダン

過去10年の連対馬20頭中17頭が関西馬(7-10-5-80)。
→関東馬は
2ヴェルデグリーン、9ルルーシュ、15ナカヤマナイト

外国人騎手が4-4-3-18とかなりの好成績。
→外国人騎手は
10アドマイヤラクティ、12テイエムイナズマ、13トゥザグローリー、14ゴールドシップ

過去10年の優勝馬10頭は前走で「ジャパンカップ」「天皇賞(秋)」「菊花賞」の3レースのいずれかに出走していた。前走でGI(海外のG1を含む)以外に出走していた馬で3着以内に入ったのは、2010年3着のトゥザグローリー(前走中日新聞杯)と、2012年2着のオーシャンブルー(前走金鯱賞)の2頭だけ。
→前走G1以外に出走している馬は
3、4、5、7、8、11、12、13

過去10年、「3月生まれ」の馬が5-8-2-39と好成績。


過去10年、「同年の京都競馬場で行われた重賞で連対実績がある」馬が2009年を除き毎年連対している。2008年に最低人気ながら2着に入ったアドマイヤモナークも同年1月の日経新春杯を優勝し、10月には京都大賞典で2着となっていた。なお、唯一該当馬が連対していない2009年の優勝馬ドリームジャーニーと2着馬ブエナビスタには、同年の京都競馬場で行われたGIで3着に入った実績があった。
→「同年の京都競馬場で行われた重賞で連対実績がある」馬は
7タマモベストプレイ

→同年の京都競馬場で行われたGIで3着に入った実績がある馬は
なし

過去5年の優勝馬5頭は、いずれも「5走前に重賞を勝利していた」。
→「5走前に重賞を勝利していた」馬は
14ゴールドシップ


●買い目

馬連フォーメーション
馬1:06,10,14
馬2:01,02,06,09,10,14,15,16

18点
合計/1800円


●結果

1着 3-06オルフェーヴル 池添 謙一
2着 2-04ウインバリアシオン
3着 7-14ゴールドシップ
4着 6-11ラブイズブーシェ
5着 4-07タマモベストプレイ

◆単勝
06:160円1人
◆複勝
06:110円1人
04:250円4人
14:170円2人
◆枠連
2- 3:610円2人
◆馬複
04-06:860円3人
◆ワイド
04-06:350円3人
06-14:250円1人
04-14:950円10人
◆馬単
06-04:1020円4人
◆三連複
04-06-14:1420円2人
◆三連単
06-04-14:5240円7人

投資額/1800円
払戻金/0円

トータル投資額/101000円
トータル払戻金/64130円
トータル収支/-36870円
トータル回収率/63.4%

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

朝日杯フューチュリティステークス

●レース傾向

過去10年、連対馬20頭中17頭、3着以内馬30頭中25頭が「5番人気以内」。「1番人気」馬は2-2-4-2と優秀な成績。「6番人気以下」は1-2-2-102で3着内率10%未満。
→5番人気以内の馬は
1ベルカント、3アトム、6アジアエクスプレス、13プレイアンドリアル、14ウインフルブルーム

過去10年の優勝馬10頭すべて、3着以内馬30頭中28頭は直近で勝利したレースが「芝1400m以上」だった(10-8-10)。直近で勝利したレースが「芝1300m以下」だった馬は0-2-0-30。「ダートのレース」だった馬は0-0-0-9。
→直近で勝利したレースが「芝1400m以上」だった馬は
1ベルカント、3アトム、4マイネルディアベル、5サトノロブロイ、9ツィンクルソード、10グリサージュ、11ショウナンアチーヴ、13プレイアンドリアル、14ウインフルブルーム、15ハイアーレート、16ショウナンワダチ

過去10年、直近で勝利したレースにおける2着馬とのタイム差が「0秒2以上」だった馬は8-7-7-66と優秀な成績。
→直近で勝利したレースにおける2着馬とのタイム差が「0秒2以上」だった馬は
1ベルカント、6アジアエクスプレス、7エルカミーノレアル、8ニシノデンジャラス、9ツィンクルソード、11ショウナンアチーヴ、12アポロスターズ、13プレイアンドリアル、14ウインフルブルーム、15ハイアーレート

過去10年、4コーナーの位置が10番手以下だった馬は1-0-2-49。


2008年以降の過去5年、優勝馬5頭すべてが前走「1着」だった。
→前走「1着」だった馬は
1ベルカント、6アジアエクスプレス、7エルカミーノレアル、9ツィンクルソード、10グリサージュ、11ショウナンアチーヴ、14ウインフルブルーム、16ショウナンワダチ


●買い目

馬連フォーメーション
馬1:01,03,13
馬2:01,03,09,11,13,16

12点
合計/1200円


●結果

1着 3-06アジアエクスプレス R.ムーア
2着 6-11ショウナンアチーヴ
3着 7-14ウインフルブルーム
4着 2-04マイネルディアベル
5着 2-03アトム

◆単勝
06:870円 4人
◆複勝
06:390円 4人
11:470円 6人
14:400円 5人
◆枠連
3- 6:4160円 16人
◆馬複
06-11:7710円 28人
◆ワイド
06-11:2400円 30人
06-14:1890円 21人
11-14:2060円 25人
◆馬単
06-11:13000円 44人
◆三連複
06-11-14:27430円 76人
◆三連単
06-11-14:162960円 411人

投資額/1200円
払戻金/0円

トータル投資額/99200円
トータル払戻金/64130円
トータル収支/-35070円
トータル回収率/64.6%

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

阪神ジュベナイルフィリーズ

●レース傾向

「1~3番人気」馬は4-3-5-18といまひとつの成績。「4~10番人気」馬が6-6-4-54と好走傾向。「11番人気以下」は0-1-1-78で、3着以内に入ったのは昨年のクロフネサプライズ(15番人気)と2003年のコンコルディア(12番人気)だけ。昨年は5番人気馬が勝ち、2着が15番人気、3着が10番人気で3連単が300万円を超える配当となった。


「500万下(平場)」や「オープン特別」から臨んだ馬は0-0-2-30で連対なし。前走が「未勝利」だった馬は1-0-0-13で、好走したのは2008年のブエナビスタ(1着)だけ。


過去10年の3着以内馬30頭のうち、前走が「新馬」「未勝利」だった8頭を除いた22頭の前走の着順別成績を調べてみると、前走「3着以内」馬が7-7-5-72と好走傾向。ちなみに、前走「3着」から臨んで連対を果たした2頭はいずれもそのレースがGIIIで、前走「4~5着」から3着以内に入った2頭はともに前走がGIIだった。


阪神競馬場に芝・外回りコースが新設された2006年以降の過去7年、優勝馬を出しているのは「1枠」と「6~8枠」だけ。「1枠」が2-1-0-11、「5~7枠」が5-3-6-56と好走傾向。


過去10年、「7月末までにデビューしていた」という馬が、2005年を除き毎年連対している。


過去5年の優勝馬には、いずれも「初勝利時のレースが芝1500m以上で、2着馬に0秒2秒以上の着差をつけていた」という共通点がある。



●買い目

※今週は私の都合により、前日13時の時点でのオッズを参考に予想買い目を書いています。

馬連フォーメーション
馬1:01,06,07,08,10,13,17,18
馬2:01,02,06,07,08,10,13,16,17,18

前日13時のオッズではまだ消すかどうかの判断が難しいのでパスします。
合計/0円


●結果

1着 4-08 レッドリヴェール 戸崎 圭太
2着 5-10 ハープスター
3着 3-06 フォーエバーモア
4着 6-12 クリスマス
5着 7-13 マーブルカテドラル

◆単勝
08:1460円 5人
◆複勝
08:340円 5人
10:120円 1人
06:460円 7人
◆枠連
4- 5:670円 2人
◆馬複
08-10:1240円 4人
◆ワイド
08-10:570円 4人
06-08:2660円 28人
06-10:860円 8人
◆馬単
08-10:4250円 14人
◆三連複
06-08-10:6220円 19人
◆三連単
08-10-06:42130円 124人

投資額/0円
払戻金/0円

トータル投資額/98000円
トータル払戻金/64130円
トータル収支/-33870円
トータル回収率/65.4%

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

キーワードでブログ内を検索
「イメージ化」「プラグイン」「有馬記念」など、当ブログで見たい記事の単語を入力して下の検索ボタンをクリックしてください。
AndroidでWordやExcelを使うならコレがオススメ
■iBUFFALO USB接続 有線スタンダードキーボード  Android端末をPCライクに使いたいという人に超オススメのキーボード。有線なのでUSB端子で接続するだけで簡単に使えるし、キーが打ちやすい。そしてキーの数が多いのでファンクションキーがPCと同じように使えるのが非常に大きい。価格が安いのも嬉しいところ(2020年5月で1255円)。
エミュレータ用携帯ゲーム機として使うなら充分アリ
■GALAXY Note 3 SC-01F  2013年10月17日発売。最新ゲームをプレイするには厳しいが、通話、メール、ブラウザ、Youtubeといった使い方がメインという人には充分な性能。「ePSXe」は普通に遊べるので、PS1エミュレータ専用機として使うには全然アリ。バッテリーが自分で交換可能なのも嬉しい点で、私は2014年10月に購入して以来、バッテリー交換しながら5年以上経った今も使い続けている。アップデートでOSをAndroid5.0にできるので、SDカードに書き込みもできるのも○。
GalaxyNote9の約半額で充分な高性能
■Galaxy Note8 SC-01K  2017年10月26日発売。ディスプレイはGALAXY Note 3と比べて横はほとんど同じだがタテに18mmほど長くなっていて、ブラウザやメールを使う場合には画面が大きいNote 8の方が断然見やすく使いやすい。2GHz以上のオクタコアCPU、メモリ6GBは現在販売されているスマホの中でもトップクラスのスペックであり、「グランブルーファンタジー」「プロジェクト東京ドールズ」「オルタナティブガールズ2」といった人気ゲームを最高画質設定にしても快適にプレイできる。強いて欠点を挙げれば、「バッテリー交換ができない」ことと「スピーカーがモノラル」という点。特にバッテリー交換不可は今後長く使っていくことを考えると気になる部分である。私はSIMを入れずに携帯ゲーム機として使っている。
ステレオスピーカーと本体ストレージ512GBは大きな魅力
■Samsung Galaxy Note 9 2018年発売。これだけはまだ購入していないのでWebサイトでスペックを見ての想像だけで書いているが、Note8に比べてディスプレイがさらに大きく(6.4インチ)、メモリー8GB、ステレオスピーカー搭載、SペンにBluetooth機能がついたりと全ての部分で上位機種となっている。特にスゴいのが本体ストレージ512GB。最大512GBのmicroSDカード対応で、最大で合計1TBのストレージを利用することができるのは大きな魅力。スマホでたくさんのゲームを遊びたいという人は、とにもかくにも買いたい端末。
価格的に9を買うくらいなら10+を買う方が良さそう
■Samsung Galaxy Note 10+ Plus まだ実際には買っていないけど、次に買うならこれかなと思う。ディスプレイ6.8インチ、CPUはSnapdragon 855、RAM12GB、ストレージ256GB、防水、ステレオスピーカー。レビューを読むと海外版のようだが、設定で日本語も選べるようだし、何より価格がGalaxy9とほとんど変わらないのにスペックは明らかにこちらが上。特にメモリ12GBは複数のアプリを同時に使ってもまだまだ余裕がありそう。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

♪みほぴょん

Author:♪みほぴょん
初代プレイステーションのゲームをより快適に遊ぶ方法の紹介と、競馬予想、グランブルーファンタジー攻略wikiのストーリーイベント攻略ページを初心者向けに編集。

★各サイトのハンドル★
モバゲー:♪みほぴょん
GREE:♪みほぴょん
mixi:男の娘好きみほぴょん(mixiキーワード:♪みほぴょん)
Twitter:♪みほぴょん@mihopyonpyon
将棋ウォーズ:mihopyon

※SNSはROMがほとんどです。個人的なメッセージはこのブログのコメント機能でお願いします。

Amazon:♪みほぴょん
Google:debeso kerokero

※AmazonとGoogleは購入して印象に残った商品およびアプリのレビューを書いています。

ブロとも申請
ブロとも申請(友達申請)は100%許可しています。

♪みほぴょんにブロとも申請する

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
388位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
70位
アクセスランキングを見る>>
友達リスト

ロードアの場土采果

マイナーゲーム攻略サイトもどき