FC2ブログ

菊花賞

●レース傾向(JRA公式サイトの「データ分析」を編集したもの)

グレード制が導入された1984年以降の菊花賞における優勝馬36頭中、4分の3にあたる27頭は、この菊花賞でGⅠ初制覇を果たした馬だった。現在のところ2013年から7年連続でGⅠ未勝利馬が優勝を果たしているが、その2013年以降は計5頭のGⅠウイナーが出走していたものの、3着以内に入った馬は1頭もいない。


過去10年の3着以内馬30頭中27頭は、前走の着順が「3着以内」だった(10-9-8-74)。「4着以下」だった馬は3着内率3.8%と苦戦している(0-1-2-76)。
→前走の着順が「3着以内」だった馬は
1、2、3、6、7、9、10、11、13


過去10年の3着以内馬30頭中24頭は、前走がJRAのレース、かつそのレースでの上がり3ハロンタイム(推定)順位が「3位以内」だった(8-8-8-65)。「4位以下」だった馬は3着内率6.7%と苦戦している(2-2-2-84)。


過去10年で馬場状態が良だった年(2013年と2017年を除く8回)に限ると、前走がJRAのレース、かつそのレースでの上がり3ハロンタイム(推定)順位が「4位以下」だった馬の3着内率は4.2%にとどまっている(2-0-1-68)。


過去10年の3着以内馬30頭中26頭は、“同年4月以降のJRAのGⅠ・GⅡ”において4着以内に入った経験があった(9-10-7-63)。この経験がなかった馬は3着内率4.4%と苦戦している(1-0-3-87)。
→“同年4月以降のJRAのGⅠ・GⅡ”において4着以内に入った経験があった馬は
2、3、4、5、6、8、10、11、13、14


過去10年の連対馬20頭は、いずれも前走が「JRAの重賞」だった(10-10-5-99)。「JRAの重賞以外」だった馬は連対がなく3着内率は8.9%にとどまっている(0-0-5-51)。
→前走が「JRAの重賞以外」だった馬は
1、7、9


過去10年、前走が「JRAの重賞」だった3着以内馬25頭のうち18頭は前走が「神戸新聞杯」だった(8-6-4-46)。「セントライト記念」から臨んだ馬は3着内率9.6%と苦戦している(1-3-1-47)。
→前走が「神戸新聞杯」だった馬は
3、4、6、8、12、13、16、18


過去7年の3着以内馬21頭中19頭は、通算出走数が「8戦以内」だった(7-5-7-58)。「9戦以上」だった馬は3着内率4.1%と苦戦している(0-2-0-47)。
→通算出走数が「9戦以上」の馬は
①ディアマンミノル


過去7年の優勝馬7頭は、いずれも「通算出走数が7戦以内」、「前走の馬体重が470キログラム以上」、「前走がJRAの重賞で3着以内」という共通点がある。
→「通算出走数が7戦以内」、「前走の馬体重が470キログラム以上」、「前走がJRAの重賞で3着以内」すべての条件に該当する馬は
②ガロアクリーク、⑥ヴェルトライゼンデ、⑩サトノフラッグ、⑬ロバートソンキー




●買い目

馬1:03,06,11
馬2:03,06,11,14
馬3:01,03,06,07,08,09,11,13,14
スポンサーサイト



富士ステークス

●レース傾向(JRA公式サイトの「データ分析」を編集したもの)

過去10年の3着以内馬30頭中14頭は3番人気以内で、過去10年のいずれの年においても3番人気以内の馬が少なくとも1頭は連対を果たしている(8-4-2-16)。また、3着以内馬30頭中22頭が5番人気以内だった(10-6-6-28)。近年は特に上位人気馬の活躍が顕著で、過去5年に限ると6番人気以下で3着以内に入った馬は2017年3着のクルーガー(11番人気)だけ。


過去10年、7歳以上の馬は全く好走できていない(0-0-0-20)。6歳馬は2着が2度あるものの優勝がない(0-2-0-35)。4歳馬が3着内率42.3%と上々の数値をマークしており、その中でも3番人気以内に支持された馬が〔5-2-1-2〕(勝率50.0%、連対率70.0%、3着内率80.0%)と非常に優秀な成績となっている。


過去10年、芝1600メートルのJRA・GⅠで3着以内に入った経験があった馬(6-3-3-30)が好走率で経験なしの馬(4-7-7-101)を大きく上回っている。
→芝1600メートルのJRA・GⅠで3着以内に入った経験がある馬は
②タイセイビジョン、⑦スマイルカナ、⑨ケイアイノーテック、⑩ペルシアンナイト、⑪ラウダシオン


過去10年、芝1600メートルのJRA・GⅠで3着以内に入った経験がなかった馬(4-7-7-101)のうち、同年に行われたオープンクラス・芝1600メートルのレースでの勝利経験ありの馬が勝利数や好走率でリードしている(3-2-2-18)。いずれの経験もなかった馬は勝率が1.1%と極端に低くなっている(1-5-5-83)。
→いずれの経験もなかった馬は
1、3、5、6、8、12




●買い目

馬1:02,07,09,11
馬2:02,04,05,07,08,09,10,11,12
馬3:02,04,05,07,08,09,10,11,12

秋華賞

●レース傾向(JRA公式サイトの「データ分析」を編集したもの)

過去10年の連対馬20頭中18頭が5番人気以内と、上位人気馬の好走が多い。


過去10年、該当馬が1頭のみの3勝クラス(旧1600万下)(0-0-1-0)組を除けば、前走クイーンS(1-0-1-5)、ローズS(4-6-7-55)、紫苑S(2-2-0-15)(GⅢとして行われた2016年以降)の3レースだけが3着内率で20%を超えている。近2年は、オークス以来の休み明けで臨んだ馬が連勝を飾っているが、オークス以来の出走で3着以内に入ったのはその2頭のみ(2-0-0-11)。


過去10年、「過去2走共に1着」(4-2-0-19)、または過去2走で勝ち馬とのタイム差が最大「0秒4以内」(6-2-4-29)だった馬の3着内率が高く、タイム差が大きくなるほど好走率は下がる傾向にある。
→「過去2走共に1着」または過去2走で勝ち馬とのタイム差が最大「0秒4以内」だった馬は
②リアアメリア、⑤ウインマイティー、⑦ムジカ、⑫マジックキャッスル、⑬デアリングタクト、⑮ミスニューヨーク、⑰ウインマリリン


過去10年、前走の4コーナーの通過順が「5〜9番手」(5-6-5-53)だった馬の3着内率が最も高く、同組は3着以内馬30頭中16頭を占めている。その他のグループは全て3着内率が13%前後で並んでいる。


過去10年の3着以内馬30頭中26頭は、同年の芝重賞で3着以内実績があった(9-8-9-74)。中でも「1着」組が勝率・連対率・3着内率の全てで最も高い数値を記録している。
→同年の芝重賞で3着以内実績があった馬は
1、2、3、4、5、7、9、10、12、13、14、16、17、18


過去10年の優勝馬10頭中7頭は直近で出走していた重賞で1番人気で、残る3頭も2〜4番人気だった。
→直近で出走していた重賞で4番人気以内だった馬は
①ミヤマザクラ、②リアアメリア、④ホウオウピースフル、⑤ウインマイティー、⑩クラヴァシュドール、⑬デアリングタクト




●買い目

馬1:02,05,13
馬2:02,03,05,10,13,17
馬3:02,03,05,06,07,08,10,11,13,14,15,16,17,18

合計/円

府中牝馬ステークス

●レース傾向(JRA公式サイトの「データ分析」を編集したもの)

1番人気は過去10年で1勝。


過去10年、1着馬が出ているのは4枠(3-1-0-15)、7枠(5-0-1-14)、8枠(2-3-3-15)の3つだけ。特に7枠と8枠の3着内率が高く、それらの枠の馬がそろって4着以下に敗れた年はなかった。成績が悪いのは5枠(0-0-2-16)と6枠(0-0-1-19)で、2017年2番人気3着のアドマイヤリード(5枠)、2016年1番人気3着のスマートレイアー(5枠)、2013年2番人気4着のマイネイサベル(5枠)のように、直線で鋭い脚を使いながらも差し届かず惜敗というケースがみられた。


ローテーションの主流は夏季開催(6月から9月上旬)にレースを使われてここが秋初戦になる馬(9-9-8-78)。夏以降を休養に充てた馬(0-0-2-14)や、すでに秋季開催で出走していた馬(1-0-0-21)の成績はいまひとつで、春の牝馬限定GⅠ・ヴィクトリアマイルからの休み明けでは3着が最上位、秋季開催の京成杯オータムHやオールカマーからの転戦馬は1頭も馬券に絡んでいない。


過去10年、前走で夏の中距離重賞(クイーンS、新潟記念、札幌記念など)を使われた馬が好成績。頭数は少ないが、関屋記念(0-2-2-2)や米子S(1-1-0-0)などマイル戦を使われていた馬の成績も悪くない。ちなみに出走頭数が最も多いクイーンS組(3-3-2-23)の中では、同レースで2着以内だった馬(3着内率37.5%)や、同じく2番人気以内だった馬(3着内率44.4%)の好走率が高い。


過去10年、4歳馬(7-4-3-41)の勝率が高い。直近の3年に限定すると、4歳馬の3着内率が31.8%なのに対し、5歳以上の馬は11.8%にとどまっている。また、4歳馬の中でも2歳重賞で掲示板(5着以内)に載った経験のある馬が有力で、2019年スカーレットカラー(アルテミスS5着)、2018年ディアドラ(ファンタジーS3着)、2017年クロコスミア(アルテミスS3着ほか)と3年連続で優勝している。




●買い目

馬1:01,03,04,05,06,07,08
馬2:01,03,04,05,06,07,08
馬3:01,03,04,05,06,07,08

合計/円

京都大賞典

●レース傾向(JRA公式サイトの「データ分析」を編集したもの)

過去10年、1番人気が3勝、2番人気が2勝、3番人気が1勝と上位人気馬の勝利が目立つ。ただし、2013年のヒットザターゲット、2019年のドレッドノータスと11番人気の馬が2勝を挙げ、共に3連単の配当が“100万馬券”となった。


過去10年の3着以内馬30頭中18頭は前走でJRAのGⅠに出走していた(5-5-8-23)。中でも、前走が宝塚記念だった馬は〔5-1-5-11〕と半数が3着以内に入っている。


過去10年、前走でJRAのGⅠ以外のレースに出走して3着以内に入った12頭中9頭は中6週以内だった(4-4-1-35)。中7週以上だった馬は3着内率8.8%と低調な成績になっている(1-1-1-31)。


過去10年の3着以内馬30頭中22頭は同年のJRAのGⅠへの出走が1回(3-4-5-23)または2回(5-1-4-12)で、特に2回の馬が3着内率45.5%と好走率が高い。そのうち天皇賞(春)と宝塚記念の2レースに出走していた馬の成績は〔4-1-4-7〕で、3着内率が56.3%とより高い数値になっている。


過去10年、4歳馬(3-5-2-17)と5歳馬(5-4-3-23)がともに3着内率で30%を超えている。3着以内馬30頭中22頭を4歳馬と5歳馬で占めており、6歳以上の馬が3着以内に2頭以上入った年はなかった。


過去5年の優勝馬は、京都競馬場で行われた芝2000メートル以上の重賞において、3番人気以内で連対した経験があった。ちなみに、昨年の優勝馬ドレッドノータスは6歳で、2017年の優勝馬スマートレイアーは7歳だった。




●買い目

馬1:01,02,03,04,06,08,13,15,17
馬2:01,02,03,04,06,08,13,15,17
馬3:01,02,03,04,06,08,13,15,17

合計/円
キーワードでブログ内を検索
「イメージ化」「プラグイン」「有馬記念」など、当ブログで見たい記事の単語を入力して下の検索ボタンをクリックしてください。
AndroidでWordやExcelを使うならコレがオススメ
■iBUFFALO USB接続 有線スタンダードキーボード  Android端末をPCライクに使いたいという人に超オススメのキーボード。有線なのでUSB端子で接続するだけで簡単に使えるし、キーが打ちやすい。そしてキーの数が多いのでファンクションキーがPCと同じように使えるのが非常に大きい。価格が安いのも嬉しいところ(2020年5月で1255円)。
エミュレータ用携帯ゲーム機として使うなら充分アリ
■GALAXY Note 3 SC-01F  2013年10月17日発売。最新ゲームをプレイするにはさすがに厳しいが、通話、メール、ブラウザ、Youtube程度がメインの使い方という人には充分な性能。「ePSXe」は普通に遊べるので、携帯電話としてではなくPS1エミュレータなどの携帯ゲーム機として使うのもいい。特筆すべきはバッテリーが自分で交換可能ということ。私は2014年10月に購入して以来、バッテリー交換しながら5年以上経った今も使い続けている。アップデートでOSをAndroid5.0にできるので、SDカードに書き込みもできるのも○。買うならバッテリーも一緒に買うのがオススメ。
GalaxyNote9の半額以下で充分な高性能
■Galaxy Note8 SC-01K  2017年10月26日発売。ディスプレイは6.3インチで、GALAXY Note 3と比べて横はほとんど同じだがタテに18mmほど長くなっていて、ブラウザやメールを使う場合には画面が大きいNote 8の方が断然見やすく使いやすい。CPUはSnapdragon 835、ストレージ64GB、メモリ6GB。一般的な使い方をするぶんには充分過ぎるスペックであり、「グランブルーファンタジー」「プロジェクト東京ドールズ」「オルタナティブガールズ2」といった人気ゲームを最高画質設定にしても快適にプレイできる。強いて欠点を挙げれば、「バッテリー交換ができない」ことと「スピーカーがモノラル」という点。特にバッテリー交換不可は今後長く使っていくことを考えると気になる部分である。
ステレオスピーカーと本体ストレージ512GBは大きな魅力
■Samsung Galaxy Note 9 2018年10月発売。まだ実際に購入していないのでWebサイトでスペックを見ての想像だけで書いているが、Note8に比べてディスプレイがさらに大きく(6.4インチ)、メモリー8GB、ステレオスピーカー搭載、SペンにBluetooth機能がついたりと全ての部分で上位機種となっている。特にスゴいのが本体ストレージ512GB。最大512GBのmicroSDカード対応で、最大で合計1TBのストレージを利用することができるのは大きな魅力。スマホでたくさんのゲームを遊びたいという人は、とにもかくにも買いたい端末。
価格的に9を買うくらいなら10+を買う方が良さそう
■Samsung Galaxy Note 10+ Plus 2019年10月発売。まだ実際には買っていないけど、次に買うならこれかなと思う。ディスプレイ6.8インチ、CPUはSnapdragon 855、RAM12GB、ストレージ256GB、防水、ステレオスピーカー。レビューを読むと海外版のようだが、設定で日本語も選べるようだし、何より価格がGalaxy9とほとんど変わらないのにスペックは明らかにこちらが上。特にメモリ12GBは複数のアプリを同時に使ってもまだまだ余裕がありそうだ。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

♪みほぴょん

Author:♪みほぴょん
初代プレイステーションのゲームをより快適に遊ぶ方法の紹介と、競馬予想、グランブルーファンタジー攻略wikiのストーリーイベント攻略ページを初心者向けに編集。

★各サイトのハンドル★
モバゲー:♪みほぴょん
GREE:♪みほぴょん
mixi:男の娘好きみほぴょん(mixiキーワード:♪みほぴょん)
Twitter:♪みほぴょん@mihopyonpyon
将棋ウォーズ:mihopyon

※SNSはROMがほとんどです。個人的なメッセージはこのブログのコメント機能でお願いします。

Amazon:♪みほぴょん
Google:debeso kerokero

※AmazonとGoogleは購入して印象に残った商品およびアプリのレビューを書いています。

ブロとも申請
ブロとも申請(友達申請)は100%許可しています。

♪みほぴょんにブロとも申請する

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
464位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
83位
アクセスランキングを見る>>
友達リスト

ロードアの場土采果

マイナーゲーム攻略サイトもどき