天皇賞(春)

●レース傾向(JRA公式サイトの「データ分析」を編集したもの)

過去10年の優勝馬10頭のうち前年の最後に国内のレースに出走していた9頭は、いずれもそのレースで「1~4番人気」に支持されていた(9-6-4-61)。「6~9番人気」組が0-0-3-34、「10番人気以下」組が0-2-1-32。


過去10年の優勝馬10頭は、いずれも前走がJRAのレースで、前走の4コーナーを「6番手以内」で通過していた(10-6-6-84)。「7番手以下」が0-4-3-56。


過去10年、「1番人気」は0-0-1-9で、1番人気での優勝は2006年のディープインパクトが最後。「6番人気以下」は3-3-4-113で、優勝馬3頭(2009年のマイネルキッツが12番人気、2011年のヒルノダムールが7番人気、2012年のビートブラックが14番人気)はいずれも「1枠」だった。2009年以降は8年連続で「6番人気以下」の馬が3着以内に入っている。


過去10年、過去3走における芝2400m以上のレースでの最低着順が「1着」だった馬は0-1-0-8と優勝がなく、3着以内に入ったのも1頭のみと苦戦気味。


2013年以降の過去4年間の優勝馬4頭は、いずれも過去3走以内に芝2500m以上の重賞で優勝経験があった。




●買い目

馬1:01,02,03,04,05,06,07,08,09,10,11,12,13,14,15,16,17,18
馬2:01,02,03,04,05,06,07,08,09,10,11,12,13,14,15,16,17,18
馬3:01,02,03,04,05,06,07,08,09,10,11,12,13,14,15,16,17,18

合計/円


●結果

投資額/円
払戻金/円

トータル投資額/円
トータル払戻金/円
トータル収支/円
トータル回収率/%
スポンサーサイト

青葉賞

●レース傾向(JRA公式サイトの「データ分析」を編集したもの)

過去10年間の3着以内馬30頭中12頭は6番人気以下だった。


過去10年の優勝馬10頭中8頭は前走で「1~2番人気」に支持されていた(8-7-8-42)。おり、残る2頭は共に前走で「6番人気(2007年ヒラボクロイヤル、2011年ウインバリアシオン)」だった。


過去10年、過去4走以内で「2勝以上」している馬が7-7-6-53と好成績。「1勝」組は2-2-4-80、「0勝」組が1-1-0-9。


過去10年、過去3走以内での芝2000m以上のレースへの出走回数が「3回」だった馬が5-4-5-37、「2回」だった馬が3-3-4-39。「1回」組が1-2-0-41、「0回」組が1-1-1-25。2012年以降の過去5年に限れば、3着以内馬15頭は全て過去3走以内に芝2000m以上のレースに「2回以上」出走していた。


2013年以降の過去4年の優勝馬4頭は、いずれも前走で「芝2200m以上の500万下特別」に出走して「3着以内」に入っていた。




●買い目

馬1:01,02,03,04,05,06,07,08,09,10,11,12,13,14,15,16,17,18
馬2:01,02,03,04,05,06,07,08,09,10,11,12,13,14,15,16,17,18
馬3:01,02,03,04,05,06,07,08,09,10,11,12,13,14,15,16,17,18

合計/円


●結果

投資額/円
払戻金/円

トータル投資額/円
トータル払戻金/円
トータル収支/円
トータル回収率/%

グランブルー攻略157 決戦!星の古戦場

グラブルのアニメだけど、4話まで見た感じだと、原作ゲームのメインクエストを忠実にアニメ化したような印象。キャラデザも原作ゲームと近いし、キャラの声や音楽まで原作ゲームと同じなので違和感が全くない。ゲームやマンガが原作のアニメの中には原作ファンが「コレじゃない」と感じるものもあるが、グラブルにおいてはその心配はまず無いと思った。


※以下は攻略wikiを編集したものを掲載

◆イベント日程
予選バトル:4/22 19:00 ~ 4/23 23:59
予選集計結果:4/24 00:00 ~ 4/24 06:59
インターバル:4/24 07:00 ~ 4/25 06:59
本戦バトル:4/25 07:00 ~ 4/29 23:59

開催期間中は全騎空団に以下の制限がつく。
アサルトタイムの変更は、開催期間中1回のみ。
イベント期間のうち下記期間中は、所属騎空団の退団、解散が出来ない。
 4/22 18:59 ~ 4/30 06:59
古戦場開始後に入団した団員が獲得した「貢献度」は入団当日に限り騎空団の貢献度には反映されない (個人貢献度にのみ加算)。

●騎空団スタックサポート
ソウルパウダー使用で、HP・攻撃力が1%アップ。それぞれに30個ずつ使用可能。翌朝5時にリセット。
●予選・本戦共通
貢献度は、敵に与えたダメージに比例して多く貰える。MVP報酬を得るのが一番貢献度が高い。ただしオーバーキル分のダメージは貢献度計算からは除外される。
各難易度とも発見者が自分の場合、初回クリア時のみ宝晶石50を獲得。
古戦場専用アイテムは支給品ポーション4個、クリアハーブ4個、蘇生薬2個まで1回のバトルに持ち込むことができる。
アイテムはイベント終了後に全てルピに変換され、次回イベントに持ち越すことはできない。
●本戦進出騎空団
本戦に進出できる騎空団は、本イベントでのシード権を持つ1200のシード騎空団と、今回の予選バトル9000+74位以内にランクインした騎空団のみ。
シード権保有騎空団と予選3000位以内騎空団は「Aクラス」、予選6000位以内騎空団は「Bクラス」、それ以外の形で本戦に出場した騎空団は「Cクラス」となる。
今回の予選ランキング上位120位以内にランクインすると、次回以降の古戦場イベントにおいて予選免除になるシード権を獲得。
解散等でシード騎空団の数が1200に満たない場合は、1200に足りない分を今回の予選ランキング5001位以下から繰り上げる (前記数字には反映済み)。
●アディショナルランキング
本戦バトル1戦目~4戦目において、本戦未進出騎空団を対象に騎空団ランキング(アディショナルランキング)を行う。ランキング上位120騎空団は翌日の本戦(Cクラス)に進出、4エリアに割り振られる。
●勲章
予選、本戦時において、一定値の貢献度を稼いだり、条件を満たすことで勲章を獲得する事ができる。獲得した勲章は、イベント内、もしくはショップ内トレジャー交換ページで報酬と交換が出来る。報酬の在庫数は、次回の決戦イベント開催時にリセットされる。獲得した勲章は、次回の決戦イベントに持ち越しできる。
●個人ランキング
予選バトル開始からXX/XX 7:00までに獲得した個人累計貢献度を対象にランキングデータを集計し、上位80,000位以内にランクインすると、勲章が獲得できる。
●ブックメーカー
ベッティングカードを使い勝利エリアを予想する。当たれば宝晶石を獲得できる。勝利エリアへのベットは 4/25 7:00以降に解禁。
予想の締め切りはバトル当日の18:00まで。本戦期間中、毎日騎空団貢献度12万、個人貢献度4,000以上獲得でベッティングカード1枚を得ることが出来る。
●騎空団グレード
予選期間内に獲得した貢献度に応じて騎空団にSSS、SS、S、A、B、C、D、E、Fの9段階のグレードが付与される。グレードに影響する要素は「騎空団全体の貢献度」「団員一人あたりの平均貢献度」の2つ。


■初心者向け攻略
古戦場は騎空団単位のポイント競争、いわゆるソーシャルゲーにおけるGvG(Guild vs Guild:団対抗戦)イベント。イベント限定の敵を倒すことで「貢献度」というポイントが得られる。団員全員の獲得ポイント合計を競う。四象降臨イベントで入手出来る短剣「フローレンベルク」を装備(サブ装備でも可)すると獲得貢献度が+10%される。持っていたらぜひ装備しよう。

まず大前提として、騎空団に所属しなければならない (自分で団を作れば1人でも参加できるが、1人だけで本戦に出場することは現実的ではない)。
騎空団に入団したら、まず団長に古戦場での動きについて相談することをお勧めする。本戦狙いの団、自由参加の団など、団ごとにプレイスタイルは様々。特に団での決め事などが無い時や単独で活動するときは以下のポイントに注意しよう。


■基本的な考え
敵は全て火属性なので、水属性のキャラは有利に戦える。逆に風属性は不利となってしまう。また、難易度HELLでは水属性以外のキャラは与ダメージが減る。
騎空団に所属している場合、団長などに必ず基本方針を確認しよう(重要)。完全自由なゆるいところもあれば、きっちりルールを決めて集団で取り掛かる所もある。
おそらくソロでの討伐は厳しいので、団参加でもソロでも、基本的には救援依頼を出すかまたは救援に参加する事になる。
このイベントの主な目的は、

本戦に出場、勝利して勲章報酬を獲得する
個人貢献度や討伐章を稼いで各種報酬を獲得する
戦貨を集めてイベントガチャを回し、古戦場武器を獲得する

の3つ。勲章報酬は総獲得貢献度による個人ランキングもあるが、難易度は高め。貢献度、討伐章、戦貨は予選落ちしても狙える。
開始時に設定した天星器がイベント期間中の戦貨ガチャラインナップとなる。1本でもいいので入手を目指そう。

ストーリーイベントのイベントガチャ1回目の中身が通常1,196枚分であるのに対して、倍以上と非常に多くなっている。


■イベント限定報酬
トラドール(SR銃・水):スキルが攻刃(中)なので、初心者は実用的な武器と言える。
ブラウジャベリン(SR槍・水):スキルが攻刃ではないので、スキルLvアップの素材として活用しよう。
アクゥ(SR):獲得するとアビー (SR・火)が加入する。
ロンギヌス(SR):獲得するとノイシュ (SR・光)が加入する。光属性で非常に貴重な被ダメージカットを使えるキャラなので、まだ加入させていない場合は是非とも加入させたい。武器そのものはスキルが弱く、エレメント化も通常武器と同等に引き下げられているのでスキル上げの素材に使おう。


■予選:所属している騎空団が本戦を目指している場合
予選のみ団外の救援で獲得した貢献度でも自騎空団の獲得貢献度に加算される。
救援依頼は「騎空団」のみに出す方針の騎空団が多い。自分の所属する騎空団の方針を確認しておこう。
短時間でのソロ討伐、もしくはMVP確定が難しい間はマルチバトル開始後即救援依頼を出すのが基本。
自発のマルチはヴァルカンライオ(EXTREME+)にして、開始直後から救援依頼を出せば、グラッジチャンクのドロップ狙いで救援が来やすい。ヴェスパ・レジーナの自発はランキングとの相談だが、かなりしっかりとした常連団以外では貢献度稼ぎで使用する事になるので、自発時に必要なグラッジチャンクを集めて損はない。
ただしヴァルカンライオにせよヴェスパ・レジーナにせよ万が一救援がこないと厳しい戦闘になるので、団員のいる時間帯を確認しよう。救援要請から参戦する場合は難易度が高いほどグラッジチャンク等の報酬がよくなる。


■予選:団が本戦を目指していない(自由参加)、ソロ団の場合
救援依頼を出す対象を「騎空団」のみにすると討伐が滞る場合があるので、「みんな」や「フレンド」に出そう(自由参加の場合は要相談)。特にソロの場合、無理はせず倒せる敵を倒し、最初から救援頼みでも初心者としては十分な稼ぎになる。
ベオウルフのVERY HARDを短時間で倒せるようになるとイベントガチャの効率がよくなるので、まずはこれを目指そう。


■本戦期間中のプレイについて
決戦イベントは「予選」「インターバル」「本戦」に分かれる。予選終了後~インターバル開始、本戦マッチ終了(24:00)~翌日のマッチ開始(7:00)はプレイ出来ない。

本戦通過したら、本戦はマッチごとに勲章報酬を受け取る最低ポイントが設定されている。時間制約がきついが、忘れずに稼ごう。
今回の古戦場では、本戦にて最低限要求される貢献度が団貢献度・個人貢献度ともに前回と比べ大幅に引き上げられている。後でトラブルにならないよう、団内で十分な周知徹底を心掛けよう。
また、所属している騎空団のクラス(A~Cの3段階)によっても要求量が異なるため、各自で必要な貢献度は確認しておこう。
また本戦は予選までとは貢献度ルールが異なり、団外からの救援要請に参入しても団の貢献度には計上されない(重要!)。団長他に方針を確認しよう。特に救援ルールはトラブルの元になりやすい。
団員が発見したマルチバトルで「騎空団」以外に救援依頼を出すと、団員メンバーのみで討伐した時より団外のプレイヤーが稼いだ分だけ総貢献度が少なくなってしまう。貢献度を抑えてくれという指令が出ている時は逆に「騎空団」以外の救援を利用すると、団の貢献度を上げずに自分の貢献度を稼ぐことが出来る。
予選敗退しても、インターバル、本戦期間はバトル可能。「貢献度」、討伐章の獲得、戦貨ガチャを引くことは可能。
予選突破するより難易度は高めだが「アディショナルランキング」という敗者復活制度があるので、団として狙うのであれば是非貢献しよう。
敗退しても、本戦の開催期間の制約を受ける。0:00~7:00はプレイできない。
自発したマルチバトルで救援依頼を「みんな」に出すときは状況に注意しよう。基本的に個人貢献度目当て (ヴェスパ・レジーナHELL)、グラッジチャンク目当て (ヴァルカンライオEXTREME+) には救援が来やすいが、それ以下は旨みが少ないので討伐に時間が掛かることがしばしば。


アーフラー
NORMAL: Lv10(火)、HP7万5000、最大チャージターン3、消費AP-10、必要BPなし(シングルバトル)、貢献度500、戦貨3枚
HARD:Lv30(火)、HP70万、最大チャージターン3、消費AP-15、必要BP1、貢献度約540、戦貨11枚
VERY HARD:Lv40(火)、HP110万、最大チャージターン3、消費AP-25、必要BP1、貢献度約1500、戦貨22枚
特殊技
熱線(単体に火属性ダメージ+絶命)
凝視(全体に火属性ダメージ+全体に1ターンアビリティ封印)
焦光(全体に火属性ダメージ+全体に3ターン攻撃力&防御力ダウン)

妖しい臓肉をドロップ。グラッジチャンク目当てのプレイヤーには見向きもされないので救援は期待できない。初心者でもアサルトタイムにSSRヨダルラーハの三幕奥義+フルチェインバーストで1ターン撃破を狙いやすい。AP効率はよくないが戦貨狙いで時間効率を重視するならおすすめ。


ベオウルフ
VERY HARD:Lv50(火)、HP450万、最大チャージターン2、消費AP-30、必要BP1、貢献度1万2000(ソロ討伐時1万3000)、戦貨28枚
EXTREME:Lv60(火)、HP940万、最大チャージターン2、消費AP-35、必要BP1、貢献度3万(ソロ討伐時3万1000)、戦貨44枚
特殊技
フレアライン(全体に火属性ダメージ+全体に1ターンアビリティ封印+自分に60秒間ダブルアタック率アップ)
イラプトホーン(単体に火属性ダメージ+3ターン攻撃力ダウン)
ギガンティックパルサー(全体に火属性ダメージ+全体に3ターン防御力ダウン)
特殊行動
残りHP30%以下で真の力解放(難易度EXTREME)(最大チャージターンが2→1に減少)
残りHP20%以下で真の力解放(難易度VERY HARD)(最大チャージターンが2→1に減少)

妖しい臓肉とグラッジチャンクをドロップ。VERY HARDは救援が期待できないのでソロ討伐できなければ発見しないのが賢明。EXTREMEはEXTREME+と必要BPが同じであるため不人気だが、救援時に限りグラッジチャンク効率はほぼ同等なので穴場かも。赤箱からはグラッジチャンクがドロップしないのでチャンク目当ての自発はあまり得ではない。

難易度VERY HARD~EXTREMEは最大チャージターンが2と短いうえ、特殊技の攻撃力が高い(特にギガンティックパルサーは難易度VERY HARDであっても全体に6000前後のダメージを食らう)。このため被ダメージカットを使えるキャラが2人以上欲しい。理想は1回目をリリィの「氷晶結界」、2回目をシャルロッテの「ケーニヒシルト」と召喚石「カーバンクル・ガーネット」の組み合わせで耐えるような流れ。特殊技の弱体効果は、ダークフェンサーにEXアビリティで「クリアオール」を設定しておけば使用間隔が間に合うので問題ない。長期戦狙いの場合はメインおよびサポーターにネプチューンを選択するとラクだ。


グラブル476
難易度EXTREMEソロ討伐パーティ例。主人公はダークフェンサーにEXブラインド。暗闇による通常攻撃ミスはかなり大きいので、EXアビリティをブラインド以外にする場合は暗闇を狙えるキャラを編成したい。特殊技は1回目を「氷晶結界」、2回目を「ケーニヒシルト」+「ガーネット」で耐える。重要なのがギガンティックパルサーの防御力ダウンを「ホワイトヒール」で速やかに回復すること。リリィを加入させていない場合は瑞樹などの弱体回復を使えるキャラを編成させよう(弱体無効だとフレアラインやイラプトホーンの弱体で弱体無効が消えてしまうのでイマイチ信頼性に欠ける)。イベント限定キャラの中で使いやすいのは魅了と全体HP回復と全体弱体回復を使える瑞樹、暗闇を狙える凛。


ヴァルカンライオ
EXTREME+:Lv75(火)、HP1550万、最大チャージターン3、消費AP-40、必要BP1、貢献度5万1000、戦貨56枚
特殊技
ヒートウェイブ(全体に火属性ダメージ+全体に3ターン灼熱)
咆哮(全体に火属性ダメージ+自分に300秒間ダブルアタック率アップ)
クリムゾンブロー(ランダムに10回火属性ダメージ+最後の攻撃対象に3ターン敵対心アップ+自分に120秒間攻撃力アップ)
特殊行動
残りHP50%以下でクリムゾンブロー
残りHP25%以下で真の力解放(最大チャージターンが3→2に減少、攻撃力アップ)

グラッジチャンクをドロップ。HARDからEXTREME+まで必要BPが1になったので、グラッジチャンク目当ての参戦者はEXTREME+に集中しやすい。自発ソロと救援準MVPがほぼ同じドロップ数との検証がある。救援3位以下ならEXTREMEとさほどドロップ率が変わらない。確定でない箱にチャンクが入っているためトレハンが有効との情報あり。

クリムゾンブローは合計ダメージが非常に高い。防御アビリティ等で対策を。特殊技も強力だが、通常攻撃のダメージも非常に高い(3000以上ダメージ)ため、ソロ撃破を狙う場合は特殊技発動後は敵の強化効果が切れるのを待ってから行動を再開した方が無難。通常攻撃の被ダメージを軽減するためには暗闇と魅了が有効。そのうえで特殊技にあわせて被ダメージカットを使うのが基本。真の力解放後は通常攻撃の被ダメージが4000以上となり危険。


グラブル543
難易度EXTREME+ソロ討伐パーティ例。時間短縮のためEXアビリティはディスペルを選んだが、無難にいくならブラインド。攻略のポイントとしては、オーバードライブ技と特殊行動のクリムゾンブローへの対処と奥義発動のタイミング。クリムゾンブローはケーニヒシルトと☆3ガーネットの併用で被ダメージをゼロにしてやり過ごす。通常モード時の特殊技は氷晶結界で耐える。そして残りHP25%手前ギリギリから奥義を発動して、真の力解放後の時間を少しでも短くするのも重要。真の力解放後は通常攻撃のダメージが非常に大きいためだ。ガーネットやガルーダを複数装備して真の力解放後のリスクを減らすのもオススメ。


ヴェスパ・レジーナ
グラブル544
HELL:Lv90(火)、HP4000万、最大チャージターン2、消費AP-30+グラッジチャンク×5、必要BP2、貢献度26万、戦貨78枚
魅了無効
通常モード時特殊技
集中攻撃指令(全体に火属性ダメージ+全体に3ターン防御ダウン+単体に3ターン警報フェロモン)
※警報フェロモンはダブルアタック率&敵対心アップ。強化効果扱いのため弱体無効では防げず、弱体回復でも回復できない
親衛隊突撃(ランダムに複数回火属性ダメージ+最後の攻撃対象に2ターン麻痺&2ターン防御ダウン)
オーバードライブ時特殊技
女王の一刺(単体に火属性ダメージ+3ターン服従+絶命)
※服従は敵へのダメージを無効化し、味方を攻撃する状態
※絶命は3ターン後に戦闘不能になる状態
特殊行動
警報フェロモンを付与されているキャラクターがいる場合、親衛隊突撃
残りHP75~60%で集中攻撃指令
残りHP50%以下で真の力解放
残りHP25%以下で女王の一刺、さらなる真の力解放
※特殊行動の「集中攻撃指令」は残りHPが60%以下になると発動しない。

初登場の新ボス。オーバードライブまでの必要ダメージ量が少なく、ブレイクまでの必要ダメージ量が多い。オーバードライブが残りHP96%頃で、ブレイクは残りHP17%あたり。

「女王の一刺」は単体に大ダメージ+服従+絶命。弱体無効で防ぐ、弱体回復で絶命を回復する、クリアハーブを使う、などの対応が必要になる。

通常モード時の特殊技と特殊行動「集中攻撃指令」は全体にダメージ+防御力ダウン+警報フェロモン。警報フェロモンが付与したキャラがいると特殊行動で「親衛隊突撃」を発動する。警報フェロモンは強化なので弱体無効では防げず、弱体回復で回復できない。対処法としては、①召喚石ロボミの召喚効果(敵味方全体に強化消去)で警報フェロモンを消去する、②メンバー入れ替えで警報フェロモンが付与されたキャラをサブメンバーと入れ替える、といったものがある。

「親衛隊突撃」はランダムにダメージ+最後の攻撃対象に麻痺+防御ダウン。麻痺はうっとうしいが、1発あたりの威力は低いため、それほど脅威ではない。


HELL:Lv95(火)、HP1億2500万、最大チャージターン2、消費AP-40+グラッジチャンク×10、必要BP3、貢献度91万、戦貨92枚
魅了無効
通常モード時特殊技
集中攻撃指令(全体に火属性ダメージ+全体に3ターン防御ダウン+単体に3ターン警報フェロモン)
※警報フェロモンはダブルアタック率&敵対心アップ。強化効果扱いのため弱体無効では防げず、弱体回復でも回復できない
親衛隊突撃(ランダムに複数回火属性ダメージ+最後の攻撃対象に2ターン麻痺&2ターン防御ダウン)
オーバードライブ時特殊技
女王の一刺(単体に火属性ダメージ+3ターン服従+絶命)
※服従は敵へのダメージを無効化し、味方を攻撃する状態
※絶命は3ターン後に戦闘不能になる状態
特殊行動
警報フェロモンを付与されているキャラクターがいる場合、親衛隊突撃
残りHP75~60%で集中攻撃指令
残りHP50%以下で女王の一刺、真の力解放
残りHP25%以下で女王の一刺、さらなる真の力解放
※特殊行動の「集中攻撃指令」は残りHPが60%以下になると発動しない。

本戦2日目から解放。

読売マイラーズカップ

●レース傾向(JRA公式サイトの「データ分析」を編集したもの)

2011年以前は阪神競馬場で行われた。2012年に開催時期が1週繰り下げられ、京都競馬場で行われている。移設初年度は馬場状態がやや重で行われたが、2013年以降は良馬場で行われて速いタイムでの決着が続いており、2014年には1分31秒4というコースレコードが記録された。


過去10年、1番人気馬は2-1-2-5といまひとつ。単勝オッズ「30倍以上」は0-2-1-65で優勝なし。「100倍以上」は0-0-0-31で3着以内なし。


過去10年、好成績を残しているのは前走が「前年12月以降に行われた1600m以上のGI」だった馬(3-1-1-5)で、その他のGI から臨んだ馬は0-0-1-13と苦戦傾向。前走がGII だった馬は、「2000m以上のGII」(0-0-1-5)より「1800m以下のGII」(2-2-1-11)から臨んだ馬の方が良好な成績。GIII から臨んだ馬は、「1600mのGIII」が0-2-6-40で優勝なし、それ以外の距離が2-2-0-16。


京都競馬場で行われた過去5年、優勝馬を出しているのは「2枠」(2-2-0-6)と「7枠」(1-1-0-11)と「8枠」(2-0-0-11)のみ。2着馬は5頭のうち4頭が「1~3枠」となっている(2-4-2-21)。


過去10年、「4走前までにオープン特別または1600万下で優勝していた」という馬が2009年を除いて連対している。


過去3年の優勝馬3頭は、いずれも2走前までに「2番人気以内で5着以下に敗れていた」。




●買い目

馬1:03,04,05,06,07,08,09,11
馬2:03,04,05,06,07,08,09,11
馬3:01,03,04,05,06,07,08,09,11

合計/円


●結果

投資額/円
払戻金/円

トータル投資額/円
トータル払戻金/円
トータル収支/円
トータル回収率/%

フローラステークス

●レース傾向(JRA公式サイトの「データ分析」を編集したもの)

2011年以降の6回中4回で3連単の配当が10万円を超えており、2011年と2014年には“100万馬券”となるなど、波乱の決着が多い。


過去10年の3着以内馬30頭は、いずれも“JRAの芝1600~2000mのレース”において優勝経験がある馬だった(10-10-10-111)。


過去10年、“JRAの芝1600~2000m、かつ1番人気だったレース”において優勝経験があった馬は、9-5-3-33とより優秀な成績を収めている。


過去10年、前走で「3着以内」だった馬は9-7-5-71、「4着以下」だった馬は1-3-5-73。前走で「10着以下」だった馬は0-0-0-23で3着以内なし。


過去10年の3着以内馬30頭中18頭は、前走「3番人気以内」だった(9-5-4-58)。「4番人気以下」だった馬は1-5-6-86で、優勝を果たしたのは2008年のレッドアゲートが最後、2着となったのは2012年のアイスフォーリスが最後。


過去10年、最も3着内率が高いのは「3枠」(2-3-4-10)、2番目に高いのは「1枠」(2-1-1-16)。また「1~4枠」は6-6-5-62で3着内率が21.5%、「5~8枠」は4-4-5-82で3着内率13.7%。


過去10年、単勝オッズが10倍以上で「1~4枠」だった馬は1-4-3-51、「5~8枠」だった馬は0-0-2-70で連対なし。


過去8年の優勝馬は、いずれも“JRAの芝1600~2000m、かつ1番人気だったレース”において優勝経験があり、「前走の着順が4着以内」、「前走3番人気以内」という共通点がある。




●買い目

馬1:01,02,03,04,05,06,07,08,09,10,11,12,13,14,15,16,17,18
馬2:01,02,03,04,05,06,07,08,09,10,11,12,13,14,15,16,17,18
馬3:01,02,03,04,05,06,07,08,09,10,11,12,13,14,15,16,17,18

合計/円


●結果

投資額/円
払戻金/円

トータル投資額/円
トータル払戻金/円
トータル収支/円
トータル回収率/%
キーワードでブログ内を検索
「イメージ化」「プラグイン」「有馬記念」「マグナ討伐戦攻略」「ハイレベルマグナ戦」「共闘クエスト」「十天衆」など、当ブログで見たい記事の単語を入力して下の検索ボタンをクリックしてください。
みほぴょんのオススメ商品
私が今までに購入した4個のAndroidタブレットの中で、ダントツで買って良かったと思えたのがコレ。私は2016年12月に近所のHARD OFFで中古を税込1万6200円で購入したが、2万円以上の価値というか性能はあると思う。グラブルのようなタテ画面アプリには不向きだが、横画面ゲームや動画を楽しむにはちょうど良い。
みほぴょんのオススメ商品2
Android端末のエミュレータアプリでPS1をプレイするには、上で挙げているようなタブレットにPS3のコントローラをUSBで有線接続してやるのがベスト…なのだが、端末を外に持ち出して遊びたい時はスペースを取らないXperiaPlayに軍配が上がる。私は近所のリサイクルショップで8000円台で売られているのを購入したのだが、これくらいの値段なら買う価値アリ。ただし端末のスペックが低いので3Dゲームは重く、快適に遊べるのは2Dゲームに限られる。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

♪みほぴょん

Author:♪みほぴょん
いまだに初代プレイステーションのゲームをプレイしている♪みほぴょんのブログというかPS1ソフトの紹介および攻略。

★各サイトのハンドル★
モバゲー:♪みほぴょん
GREE:♪みほぴょん
mixi:男の娘好きみほぴょん(mixiキーワード:♪みほぴょん)
Twitter:♪みほぴょん@mihopyonpyon

※モバゲーとmixi以外のSNSはROMがほとんどです。個人的なメッセージはmixiのメッセージ機能でお願いします。

Amazon:♪みほぴょん
Google:debeso kerokero

※AmazonとGoogleは購入して印象に残った商品およびアプリのレビューを書いています。

リンク
ブロとも申請
ブロとも申請(友達申請)は100%許可しています。

♪みほぴょんにブロとも申請する

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
531位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
98位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
友達リスト

ロードアの場土采果

マイナーゲーム攻略サイトもどき