グランブルー攻略174 決戦!星の古戦場

※以下は攻略wikiを編集したものを掲載

■開催スケジュール
予選バトル 8/16 19:00 ~ 8/17 23:59
予選集計結果 8/18 00:00 ~ 8/18 06:59
インターバル 8/18 07:00 ~ 8/19 06:59
本戦バトル 8/19 07:00 ~ 8/23 23:59


古戦場は騎空団単位のポイント競争、いわゆるソーシャルゲーにおけるGvG(Guild vs Guild:団対抗戦)イベント。イベント限定の敵を倒すことで「貢献度」というポイントが獲得できる。団員全員の獲得ポイント合計を競う。

まず大前提として、騎空団に所属しなければならない (自分で団を作れば1人でも参加できるが、1人だけで本戦に出場することは現実的ではない)。騎空団に入団したら、まず団長に古戦場での動きについて相談することをお勧めする。本戦狙いの団、自由参加の団など、団ごとにプレイスタイルは様々。特に団での決め事などが無い時や単独で活動するときは以下のポイントに注意しよう。


■基本的な考え
敵は全て水属性なので、土属性のキャラは有利に戦える。また、難易度HELLでは土属性以外のキャラは与ダメージが減る。
騎空団に所属している場合、団長などに必ず基本方針を確認しよう(重要)。完全自由なゆるいところもあれば、きっちりルールを決めて集団で取り掛かる所もある。
おそらくソロでの討伐は厳しいので、団参加でもソロでも、基本的には救援依頼を出すかまたは救援に参加する事になる。
このイベントの主な目的は、

本戦に出場、勝利して勲章報酬を獲得する
個人貢献度や討伐章を稼いで各種報酬を獲得する
戦貨を集めてイベントガチャを回し、天星器を獲得する

の3つ。勲章報酬は総獲得貢献度による個人ランキングもあるが、ハードルは高め。貢献度、討伐章、戦貨は予選落ちしても狙える。
開始時に設定した天星器がイベント期間中の戦貨ガチャラインナップとなる。1本でもいいので入手を目指そう。

ストーリーイベントのイベントガチャ1回目の中身が通常1,196枚分であるのに対して、倍以上と非常に多くなっている。


■予選:所属している騎空団が本戦を目指している場合
予選のみ団外の救援で獲得した貢献度でも自騎空団の獲得貢献度に加算される。
救援依頼は「騎空団」のみに出す方針の騎空団が多い。自分の所属する騎空団の方針を確認しておこう。
短時間でのソロ討伐、もしくはMVP確定が難しい間はマルチバトル開始後即救援依頼を出すのが基本。
自発のマルチはビザールビースト(EXTREME+)にして、開始直後から救援依頼を出せば、グラッジチャンクのドロップ狙いで救援が来やすい。オクトポーデ(HELL)の自発はランキングとの相談だが、かなりしっかりとした常連団以外では貢献度稼ぎで使用する事になるので、自発時に必要なグラッジチャンクを集めて損はない。
ただしビザールビーストにせよオクトポーデにせよ万が一救援がこないと厳しい戦闘になるので、団員がログインしている時間帯を確認しよう。救援要請から参戦する場合は難易度が高いほどグラッジチャンク等の報酬がよくなる。


■予選:団が本戦を目指していない(自由参加)、ソロ団の場合
救援依頼を出す対象を「騎空団」のみにすると討伐が滞る場合があるので、「みんな」や「フレンド」に出そう(自由参加の場合は要相談)。特にソロの場合、無理はせず倒せる敵を倒し、最初から救援頼みでも初心者としては十分な稼ぎになる。
ベヒーモスのVERY HARDを短時間で倒せるようになるとイベントガチャの効率がよくなるので、まずはこれを目指そう。

予選期間の総貢献度で所属騎空団のグレード(SSS~F)が決まり、ドロップ率アップなどのサポートの発動が最大7割引きされる。なおグレードFでも割引き率以外のデメリットはない。


■本戦期間中のプレイについて
決戦イベントは「予選」「インターバル」「本戦」に分かれる。予選終了後~インターバル開始、本戦マッチ終了(24:00)~翌日のマッチ開始(7:00)はプレイ出来ない。

本戦通過したら、本戦はマッチごとに勲章報酬を受け取る最低ポイントが設定されている。時間制約がきついが、忘れずに稼ごう。
2017年4月開催の古戦場から、本戦にて最低限要求される貢献度が団貢献度・個人貢献度ともに以前と比べ大幅に引き上げられている。後でトラブルにならないよう、団内で十分な周知徹底を心掛けよう。
また、所属している騎空団のクラス(A~Cの3段階)によっても要求量が異なるため、各自で必要な貢献度は確認しておこう。Aクラスの場合は敗北時のみ要求個人貢献度が前回より更に増加している。勘違いのないよう注意。 
今回より、前項の最低限必要な貢献度とは別に追加で勲章を獲得できる条件が設定されている。総じて団貢献度・個人貢献度ともにかなり高めの要求量となっている。こちらも団内での意思疎通を忘れずに。

また本戦は予選までとは貢献度ルールが異なり、自騎空団以外からの救援要請に参入しても団の貢献度には計上されない場合がある(重要!)。所属している団が加算を認めているかは各自確認の上、加算する設定であっても団長他に方針を確認しよう。特に救援ルールはトラブルの元になりやすい。
団員が発見したマルチバトルで「騎空団」以外に救援依頼を出すと、団員メンバーのみで討伐した時より団外のプレイヤーが稼いだ分だけ総貢献度が少なくなってしまう。貢献度を抑えてくれという指令が出ている時は逆に「騎空団」以外の救援を利用すると、団の貢献度を上げずに自分の貢献度を稼ぐことが出来る。Bクラス及びCクラスに所属する騎空団は「昇格戦ランキング」という1つ上位のクラスへ挑戦できる制度の対象になる。団の方針次第だが、予選で目指していたクラスに入れなかった場合にはこちらでの昇格を狙うのも手。

予選敗退しても、インターバル、本戦期間はバトル可能。「貢献度」、討伐章の獲得、戦貨ガチャを引くことは可能。
予選突破するより難易度は高めだが「アディショナルランキング」という敗者復活制度があるので、団として狙うのであれば是非貢献しよう。
敗退しても、本戦の開催期間の制約を受ける。0:00~7:00はプレイできない。
自発したマルチバトルで救援依頼を「みんな」に出すときは状況に注意しよう。基本的に個人貢献度目当て (オクトポーデHELL)、グラッジチャンク目当て (ビザールビーストEXTREME+) には救援が来やすいが、それ以下は旨みが少ないので討伐に時間が掛かることがしばしば。


シアエガ(推奨戦力★16以上)
グラブル240
難易度NORMAL:Lv10、HP6万3000、最大チャージターン3、消費AP-10、貢献度500(シングルバトル)
難易度HARD:Lv30、HP68万、最大チャージターン3、消費AP-15、貢献度約1200(ソロ討伐時約1300)
難易度VERY HARD:Lv40、HP126万、最大チャージターン3、消費AP-25、貢献度約2800(ソロ討伐時約3000)
特殊技
熱線(単体に水属性ダメージ+絶命+自分に30秒間防御力ダウン)
邪眼(全体に水属性ダメージ+3ターン攻撃力&防御力ダウン)

妖しい臓肉がドロップ。グラッジチャンク目当てのプレイヤーには見向きもされないので救援は期待できない。通常攻撃が高確率でダブルアタックになっているものの、攻撃力もHPも低め。ミゼラブルミストとアローレインで攻撃力をダウンさせながらダメージを与えていけば特に問題なく倒せるだろう。特殊技は弱体の絶命(次のターンで戦闘不能)に注意。戦力的に特殊技を発動される前に倒せない場合は弱体無効か弱体回復を使えるキャラを編成しておきたい。

VERY HARDはHPが100万強と初心者でもアサルトタイムにヨダルラーハ奥義+フルチェインバーストで1ターン撃破を狙いやすい。貢献度は度外視で戦貨(天星器)目的ならシアエガ(VH)を集中的に倒す手もある。簡単に倒せるので時間効率が良いが、AP効率は悪いので大量のエリクシールハーフ消費は覚悟しよう。


アウズンブラ
グラブル241
難易度VERY HARD:Lv50、HP466万、最大チャージターン2、消費AP-30、貢献度約1万2900(ソロ討伐時約1万3300)
難易度EXTREME:Lv60、HP984万、最大チャージターン2、消費AP-35、貢献度約3万(ソロ討伐時約3万800)
通常モード時特殊技
ウェイブライン(全体に水属性ダメージ+3ターンダブルアタック率ダウン+自分に攻撃力アップ(永続))
スクリューホーン(単体に水属性ダメージ+3ターン攻撃力ダウン+自分にダブルアタック率アップ(永続))
オーバードライブ時特殊技
ギガンティックパルサー(全体に水属性ダメージ+全体に3ターン防御力ダウン+自分に強化効果消去)
特殊行動
残りHP30%以下で真の力解放(最大チャージターンが2→1に減少)※EXTREME
残りHP20%以下で真の力解放(最大チャージターンが2→1に減少)※VERY HARD

妖しい臓肉とグラッジチャンクがドロップ。やはり救援は期待できないのでソロ討伐できなければ発見しないのが賢明。赤箱からはグラッジチャンクがドロップしないのでチャンク目当ての自発はあまり得ではない。

難易度VERY HARDはミゼラブルミストとアローレインⅢを複数回成功させることでギガンティックパルサーの被ダメージを3ケタまで軽減できるため、ソロ撃破は難しくない。ただしウェイブライン使用後は攻撃力がアップしているため、サブ召喚石にアクアマリンを装備してギガンティックパルサーの被ダメージを軽減するか、EXアビリティ「ディスペル」や杏の「飴くれ」で強化効果を消去しよう。

難易度EXTREMEの方は攻撃力もHPも高いため、戦力的にソロで倒せない場合は発見しないほうが無難。オーバードライブ技のギガンティックパルサーは被ダメージカットを使わないと全滅の危険。


グラブル440
難易度EXTREMEソロ討伐パーティ例。EXアビリティはディスペルをセット、召喚石はメインとサポーターにキュベレー、サブにアクアマリンとウォフマナフを装備通常モード時の特殊技はマエスティティアとエメスの併用で耐える。「ウェイブライン」と「スクリューホーン」のどちらを食らった場合でも、すぐにディスペルを使って強化効果を消去しておくこと。オーバードライブ時の「ギガンティックパルサー」にはクアドリガ(グラビティがミスしてクアドリガの使用間隔が回復していない場合は★3アクアマリン)を使う。「ギガンティックパルサー」の防御力ダウンは放置すると危険なのでとろける魔法(味方全体に弱体回復)ですぐに回復する。「ウェイブライン」と「スクリューホーン」の弱体は無視してかまわない。ウォフマナフの暗闇と甘い魔法の魅了が成功かつ発動してアウズンブラの行動を無効化できれば、キュベレーの再生とカリオストロのリーンフォースだけで回復はなんとかなる。真の力解放後は最大チャージターンが1に減少するため、ブレイクさせてフルチェインバーストでイッキに押し切る展開が理想。ただし攻撃力が低いと、上の画像のように難易度EXTREMEを倒すのに20分かかる…。


ビザールビースト(推奨戦力★25以上)
グラブル242
難易度EXTREME+:Lv75、HP1555万、最大チャージターン3、消費AP-40、貢献度約5万(ソロ討伐時約5万500)
通常モード時特殊技
ヴォーテックス(全体に水属性ダメージ+腐敗)
咆哮(全体に水属性ダメージ+自分に300秒間ダブルアタック率アップ)
オーバードライブ時特殊技
トーレントブロー(ランダムに10回水属性ダメージ+最後の攻撃対象に2ターン窒息+自分に防御力ダウン。真の力解放後は自分に攻撃力アップ追加)
※窒息は最大HPの約40%の割合ダメージ
特殊行動
残りHP50%以下でトーレントブロー
残りHP25%以下で真の力解放(攻撃力とトリプルアタック率と弱体耐性がアップ、最大チャージターンが3→1に減少)

グラッジチャンクがドロップ。HARDからEXTREME+まで救援に必要なBPが一律1になったので、グラッジチャンク目当ての参戦者はEXTREME+に集中しやすい。自発ソロと救援準MVPがほぼ同じドロップ数との検証がある。救援第3位以下ならEXTREMEのそれとさしてドロップ率が変わらない。確定でない箱にチャンクが入っているためトレハンが有効との情報あり。

特殊技が強力なので長期戦は避けたい。ソロで倒せない場合はすぐ救援を出そう。攻撃力をダウンさせていない場合は通常攻撃で2000もの大ダメージを食らうため、複数のプレイヤーでミゼラブルミストなどをかけるのはもちろん、魅了や暗闇を付与して攻撃がミスするのを期待したい。「トーレントブロー」は1回あたりのダメージが特殊技版が3000、特殊行動版が2000程度。どちらにしてもまともに食らうとほぼ全滅させられてしまう。被ダメージカットを使っても耐えるのは難しいので、「かばう」で1人を犠牲にして耐えるのが無難。なお、土属性で「かばう」を使えるのはSSRサラ(マエスティティア)、SRユーリ(かばう)、Rボレミア(身代わり)の3人だ。SSRサラ以外はトーレントブローを食らうと戦闘不能になるので、1人をメインメンバーに、もう1人をサブメンバーの1人目にそれぞれ編成して2回目のトーレントブローにも対応できるようにしておくのがベスト。

救援依頼を出して複数のユーザーで倒す場合はモードゲージと残りHPに注意してトーレントブロー対策を確実に行うことが重要になる。チャージターンがMAXであと少しでオーバードライブという時は、オーバードライブするのを待ってから「かばう」を使うといい(「かばう」を空振りさせないため)。

「かばう」なしだとトーレントブローがキツい。10回ダメージに耐えきっても窒息の割合ダメージで戦闘不能になりやすい。弱体無効等何らかの対策が必要。成功率はあまり高くないので弱体耐性アップも有効。★4リッチの召喚効果やエリュシオンの解放の歌声による死の祝福効果があれば窒息のダメージを回復に変えることができる。


グラブル568
難易度EXTREME+ソロ討伐パーティ例。戦力★25で10数分。ここではより安全確実に倒すために、攻撃力より安定度を優先している。EXアビリティは「ディスペル」をセットし、「咆哮」や「トーレントブロー」で付与した強化を即時消去する。召喚石はメインとサポーターにキュベレー、サブにウォフマナフ、ジルコン、アクアマリン×2を装備。これなら毎ターンHP600回復で長期戦にも耐えられるし、ウォフマナフの暗闇で通常攻撃の被ダメージ軽減を期待できる。通常モード時の特殊技はクアドリガ、オーバードライブ時と特殊行動のトーレントブローはタブラ・ラーサ(弱体無効)とマエスティティア(かばう)とエメス(自分に防御力アップ)の併用で耐える。タブラ・ラーサの使用間隔が回復していない場合はファアンタズマゴリア(味方全体に弱体回復)で窒息を回復させること。残りHP25%手前から★3ジルコン召喚→フルチェインバーストで真の力解放時間を短くするのがポイント。真の力解放後の攻撃を★3アクアマリン×2で耐えながらトドメを刺す…というのが狙い。


オクトポーデ
グラブル569
HELL:Lv90、HP4000万、最大チャージターン2、消費AP-30とグラッジチャンク5個、必要BP-2、貢献度約26万
通常モード時特殊技
オーバードライブ時特殊技
シー・ミーティア(全体に水属性ダメージ+防御力ダウン+アビリティ封印)
ホームラン(単体に水属性ダメージ)
特殊行動
残りHP75%~60%で蛸墨(全体に水属性ダメージ+3ターン蛸墨)
残りHP50%以下で真の力解放、ホームラン
残りHP25%以下でシー・ミーティア
※蛸墨はHPが見えなくなり、攻撃がミスしやすくなる状態。2つの効果がある1つの弱体なので、弱体回復1回で回復可能

今回初登場の敵。オーバードライブまでに必要なダメージ量が非常に少なく、ブレイクまでに必要なダメージ量が多い。通常攻撃はランダムに4~8回攻撃+最後の攻撃対象に1ターンダブルアタック率ダウン。弱体自体はたいしたものではないが、弱体無効が消えるためバトル開始してすぐに弱体無効を使うと特殊技の弱体に対処できなくなってしまう。

残りHP50%以下の特殊行動「ホームラン」は被ダメージカットなしだと約1万6000ダメージ。

残りHP25%以下の特殊行動「シー・ミーティア」は、発動直前に弱体無効を使ってレジストしたい。バアルを持っていればサブに装備して、最初にバアルでアビリティ封印を回復してから、弱体回復アビリティで防御力ダウンを回復すると良いだろう。


HELL:Lv95、HP万、最大チャージターン、消費AP-40とグラッジチャンク10個、必要BP-3、貢献度約91万
本戦2日目から解放。救援BPを考えると、Lv100解放後は救援に来てくれる人が減少すると思われる。ソロできない場合は自発には注意が必要。


HELL:Lv100、HP万、最大チャージターン、消費AP-50とグラッジチャンク20個、必要BP-3、貢献度約265万
本戦4日目から解放。HPが多いので貢献度を稼ぎやすく、また救援時の戦貨効率が高いため競争率が非常に高い。可能な限り騎空団内で処理を心がけたいところ。
スポンサーサイト

札幌記念

●レース傾向(JRA公式サイトの「データ分析」を編集したもの)

※2007年は9月に延期して行われた。
※2013年は函館競馬場で行われた。
※データは2007年と2013年を除く過去10回(2005、2006、2008~2012、2014~2016年)を対象。


対象とした過去10回、1番人気馬が連対率80.0%(3-5-0-2)と好成績。2番人気馬は1-0-3-6、3番人気馬は0-0-1-9、4番人気馬は1-0-3-6、5番人気馬が3-2-0-5で3着以内馬30頭中22頭が5番人気以内。


対象とした過去10回、単勝1倍台に支持された4頭(2009年ブエナビスタ、2012年ダークシャドウ、2014年ゴールドシップ、2016年モーリス)は全て2着(0-4-0-0)。連対馬20頭中19頭、3着以内馬30頭中27頭が単勝30倍未満(10-9-8-56)。単勝100倍以上は3着以内なし(0-0-0-30)。


対象とした過去10回、7歳以上は苦戦気味(0-2-3-31)。1965年の創設以来7歳以上の馬で優勝したのは2000年のダイワカーリアン(7歳)だけ。


対象とした過去10回、古馬で好走率が上位なのは前走「宝塚記念」組(2-2-1-7)と「安田記念」組(0-1-1-2)。3歳馬で3着以内に入った4頭は、いずれも前走がオークスまたは日本ダービーだった(2-1-1-4)。GI以外のレースでは同じサマー2000シリーズの函館記念から参戦する馬が多いが、率の上ではいまひとつの成績(2-1-3-40)。


対象とした過去10回、「5走前までにローカル場(札幌、函館、福島、新潟、中京、小倉)のGIIIで3着以内に入っていた」という経験を持つ馬が毎回1頭連対している。
→該当馬は6.タマモベストプレイだけ。

過去3年の優勝馬3頭は、いずれも「3走前が同年の1~3月に行われた重賞」で、「5走前までにローカル場(札幌、函館、福島、新潟、中京、小倉)のGIIIで3着以内に入っていた」。




●買い目

馬1:01,03,04,07,11,13
馬2:01,03,04,07,11,13
馬3:01,03,04,07,11,13

合計/円


●結果

投資額/円
払戻金/円

トータル投資額/円
トータル払戻金/円
トータル収支/円
トータル回収率/%

北九州記念

●レース傾向(JRA公式サイトの「データ分析」を編集したもの)

過去10年、「前々走、前走共に1着」が3着内率66.7%(1-1-2-2)、「前々走が2着以下で前走が1着」が34.5%(2-4-4-19)。「前々走が1着で前走が2着以下」組が3着内率15%(0-2-1-17)。「前々走、前走共に2着以下」の馬は7-3-3-97で、過去3年のうち2年で優勝しているが、その優勝馬2頭はいずれも過去2走以内に「2、3着」に入った経験があった。


過去10年、前走が「阪神・芝1600m以下」だった馬が3着内率40%(1-2-1-6)でトップ。次いで「小倉・芝1200m」組が3着内率28%(2-4-1-18)。過去4年に限れば、前走で「福島・芝1200m」(2-0-1-16)、「新潟・芝1000m」(4-1-3-45)のレースに出走していた馬が勝利を収めている。


過去10年、前走「1番人気」組が3着内率55%でトップ(3-6-2-9)。


過去10年、8番人気の馬が5勝を挙げているのを含め、6番人気以下の馬が10頭連対を果たしている。


2012年以降の過去5年の優勝馬5頭はいずれも同年の5月に出走していなかった。




●買い目

馬1:03,05,07,14,16
馬2:01,02,03,04,05,07,08,09,10,12,13,14,16,17
馬3:01,02,03,04,05,07,08,09,10,11,12,13,14,16,17

合計/円


●結果

投資額/円
払戻金/円

トータル投資額/円
トータル払戻金/円
トータル収支/円
トータル回収率/%

グランブルー攻略173 舞い歌う五花

2016年3月に配信された「舞い歌う五花」がリニューアル復刻。


※以下は攻略wikiを編集したものを掲載

■前回からの変更点
イベントクエストのクリア状況をリセット。
難易度MANIACを追加。
「戦貨ガチャ」「貢献度報酬」「討伐章報酬」がなくなり、「トレジャー交換」に一本化。
難易度HELLのドロップアイテム「ヒヒイロカネ」を「ダマスカス磁性粒子」に差し替え。(ドロップ率は「ヒヒイロカネ」より上とされている)
トレジャー交換に「ダマスカス骸晶」「レジェンドガチャチケット」「風のプシュケー」「玉鋼」を追加。


■イベント報酬
全ての報酬交換に「巫女のメダリオン」が必要となるので、不足しないように交換の優先順位には気を配りたい。

ショロトルリッパー(SSR剣・風):スキルは攻刃(中)。他の風属性SSR剣を持っていない人にとっては、剣使用ジョブのメイン武器として有用。武器がそろっている人には素材として有用。

ショロトルケーン (SR杖・風):スキルが守護なので素材に使おう。

ショロトルスタンプ (SR格闘・風):スキルは攻刃なので風属性の格闘武器がない初心者は作っても良いかもしれない。

ティクニウトリ・ショロトル (SSR召喚石・光):加護は「全属性キャラのHPが10%アップ」と初心者でも不要なレベルの性能だが、召喚効果の「味方全体にテンションアップ」は優秀なのでサブ用としてはあり。

ダマスカス骸晶:ダマスカス骸晶×10→ダマスカス鋼×1 のトレジャー交換は、最大4回まで可能。武器や召喚石がいらないという人も優先して交換しておこう。十天衆の最終上限解放などダマスカス骸晶を必要とするコンテンツもあるため、交換しすぎには注意。

風のプシュケー:交換レートがあまりにも悪いので無理して交換しなくていい。

レジェンドガチャチケット:単発のチケットを合計3枚入手可能。

玉鋼:SR武器の上限解放を行える他、六道武器の真化やジョブ専用武器の強化でも用いる。余裕があればなるべく交換しておこう。

その他
エリクシールハーフは、難易度EXTREMEをノーコンティニュークリアできる人なら消耗分以上を獲得して黒字にできるはず。余裕があれば上限いっぱいまで貰っておこう。その他の報酬も比較的効率が良いので、必要に応じて獲得しよう。


■イベント限定召喚石
イベントクエスト第1話エピソード4クリア後、5人の中から護衛する巫女を選択してイベント限定召喚石を獲得。
イベント終了までに信頼度をMAX(200)にすると正式に獲得。イベント終了までに信頼度が200に到達していなかった場合、イベント終了後に編成した状態でクエストをプレイすることができなくなる。信頼度はサブ召喚石に編成した状態でクエストをクリアすると獲得できる。正式に獲得するまでは「メイン召喚石」「サポーター専用召喚石」に編成することはできない。
選んだ巫女の信頼度をMAXにすることで、別の巫女を選択することが出来るようになる。
5人の信頼度をMAXにすると「ティクニウトリ・ショロトル (SSR召喚石・光)」を獲得。(ティクニウトリ・ショロトルは3段階上限解放された状態で獲得)
昨年の初回配信時はイベントマルチバトルで獲得できる信頼度が多く、ソロでクリアすればわずか1~2回で1人を信頼度MAXにできたが、復刻版では獲得できる信頼度が大幅に下がっている。

あと、ショチトル島にとって重要な伝統なのに書物として書かれてないのはなんか不思議…。あと祭司さん、5人組という人数制限と16歳で卒業という年齢制限を変えようという考え自体は悪くないと思うんだけど、リナリア以外のメンバーに相談せずに決めたのはいただけない。特に自分にとって最終公演だと考えていたディアンサは、公演開始直前に「巫女卒業後も単独公演」なんて言われたら動揺して振り付けを失敗するのも仕方ないだろう。祭司がリナリア以外のメンバーを嫌っていたわけでもないのに全く相談なしはヒドすぎる。


■イベントクエスト
イベントクエストは初回のみAP消費なし。

グラブル408
オープニングで巫女たちが叫ぶ開幕の呪文「ティクニウトリ・ショロトル」。その意味はストーリー後半で明らかになる。

グラブル409
イベントクエスト第1話エピソード4クリア後、5人の中から護衛する巫女を選択してイベント限定召喚石を獲得できる。

イベントクエスト第6話エピソード3のLv??ショロトル戦は全滅するとクリア。
イベントクエスト第6話エピソード4クリアでエンディング解放。
エンディングクリアで「台詞集」「Never Ending Fantasy MV」「エクストラクエスト(舞い歌う五花)」解放。
エクストラクエスト難易度VERY HARDクリアで難易度EXTREME解放。
エクストラクエスト難易度EXTREMEクリアで難易度MANIAC解放。


エクストラクエスト「舞い歌う五花」(シングルバトル)
巫女のメダリオン集めはシングルバトルの方が効率がいい。

■難易度VERY HARD
貢献度2万、信頼度25。2連戦。

1戦目
Lv15エアグレイブ(風)、HP3万、最大チャージターン2
Lv15エアグレイブ(風)、HP3万2000、最大チャージターン3
Lv15風のエレメンタル(風)、HP6万、最大チャージターン4

2戦目
Lv30先史の遺像(風)、HP67万、最大チャージターン3


■難易度EXTREME
貢献度7万5000、信頼度。3連戦。

1戦目
Lv20スケール(風)、HP6万4000、最大チャージターン1
Lv20スケール(風)、HP6万5000、最大チャージターン2
Lv20リトルホーク(風)、HP13万3000、最大チャージターン3

最大チャージターンが少ない順に、通常攻撃のみで倒して奥義ゲージを溜めよう。

2戦目
Lv20グリフォン(風)、HP51万、最大チャージターン2
特殊技
グリフィンバイト(単体に風属性ダメージ)
暴走(ランダムに複数回風属性ダメージ)

3戦目に備えてなるべく通常攻撃のみで倒して奥義ゲージを溜める。特殊技はダメージのみで弱体無しなので食らっても特に問題なし。

3戦目
Lv50ショロトル(風)、HP190万、最大チャージターン2
特殊行動
残りHP50%以下で彼方ヘノ遠吠エ(全体に風属性ダメージ+因果歪曲)
残りHP25%以下でチャージターンMAX、最大チャージターンが2→1に減少

彼方ヘノ遠吠エはミゼラブルミストをかけても3000前後のダメージ。チェインバーストでイッキに倒せる戦力がなく、特殊行動に耐えられるだけのHPがなければ被ダメージカット手段が必要。


■難易度MANIAC
貢献度15万。4連戦。

1戦目
Lv30ドリフトフライ(風)、HP39万、最大チャージターン1
Lv30ドリフトフライ(風)、HP53万、最大チャージターン2
Lv30風のエレメンタル(風)、HP79万、最大チャージターン3

2戦目
Lv50先史の遺像(風)、HP440万、最大チャージターン2

3戦目
Lv30ワイバーン(風)、HP64万、最大チャージターン3
Lv30イウイヤ(風)、HP120万、最大チャージターン2

4戦目
Lv75ショロトル(風)、HP1350万、最大チャージターン2
通常モード時特殊技
怨恨ノ炎(ランダムに複数回風属性ダメージ)
彼方ヘノ遠吠エ(全体に風属性ダメージ+3ターン因果歪曲)
オーバードライブ時特殊技
断裂スル因果ノ鎖(全体に風属性ダメージ+自分に90秒間ダブルアタック率アップ)
特殊行動
残りHP50%以下で彼方ヘノ遠吠エ(全体に風属性ダメージ+因果歪曲)


エクストラクエスト「舞い歌う五花」(マルチバトル)
■難易度VERY HARD
グラブル410
Lv30先史の遺像(風)、HP300万、最大チャージターン3、消費AP-20、貢献度約1万5000、信頼度20
通常モード時特殊技
彼方ヘノ遠吠エ(全体に風属性ダメージ+因果歪曲)
オーバードライブ時特殊技
声ナキ叫ビ(全体に風属性ダメージ+全体に奥義ゲージ-20%)

主人公はダークフェンサー、EXアビリティはブラインドかアローレインⅢがオススメ。パーティメンバーはラカム (SR・火)、リナ=インバース (イベント限定SR・火)、アニラ (イベント限定SR・火)などの火属性キャラで編成しよう。ラカム、リナ、アニラの3人で編成すると、奥義ゲージアップと敵のモードゲージ減少に長けたパーティになる。オーバードライブ時にフルチェインバーストを発動してブレイクを狙おう。声ナキ叫ビの奥義ゲージダウンは弱体無効で防げないので注意。


■難易度EXTREME
グラブル411
Lv50ショロトル(風)、HP820万、最大チャージターン3、消費AP-30、貢献度約6万5000、信頼度30
通常モード時特殊技
怨恨ノ炎(ランダムに複数回風属性ダメージ)
彼方ヘノ遠吠エ(全体に風属性ダメージ+因果歪曲)
オーバードライブ時特殊技
断裂スル因果ノ鎖(全体に風属性ダメージ+自分に90秒間ダブルアタック率アップ)
特殊行動
残りHP30%以下で真の力解放(弱体耐性アップ、最大チャージターンが3→2に減少)
※因果歪曲は1ターン攻撃力アップ→2ターン攻撃力ダウンと変動する弱体。

ショロトルは覇空戦争時代に空の民とともに戦っていた大きな犬。星晶獣でさえも倒すほどの強さを持っていたために星の民に狙われ、星晶獣に変えられて操られていまい、空の民の敵になってしまった。その後自分の力で星の民の呪縛を逃れ、空の民のもとに帰ってきたショロトルだったが、空の民はショロトルを恐れて剣を向けた。暴れ疲れ、泣き疲れて長い眠りについたショロトルは祭りの歌い子の歌声で目を覚ます。戦争で傷ついていた人々はショロトルを友として迎え入れ、「ティクニウトリ・ショロトル(我ら、ショロトルの友なり)」と言った。ショロトルは因果を曲げる力を使って島に繁栄をもたらした。その時の歌い子たちに倣って、5人の14歳から16歳の女の子が巫女となり歌を捧げるようになった。

…というのがイベントクエスト第6話で老婆がリナリアに語る物語。難易度VERY HARDの「先史の遺像」はショロトルの像で、いつも誰かが側にいてあげられるように島中に建てられたものらしい。巫女の歌や踊りはショロトルを慰めるためのもの。ショロトル戦は巫女たちの歌が盛り上がるまで、ショロトルを食い止める…という状況なのだ。

ソロ撃破を狙う場合はダークフェンサーが無難。通常攻撃のダメージが大きいため、EXアビリティはブラインドがオススメ。特殊技対策として弱体無効、弱体回復、被ダメージカットを使えるキャラを編成しておくといい。ノイシュ(イベント限定SR・火)の「リッターシルト・エレメン」は被ダメージ20%カットだが、風属性耐性アップが付与されるため実際はそれ以上に被ダメージを軽減できる。なお、ブレイクに必要なダメージ量が多いためデュレーションなどのモードゲージ減少アビリティは効果が低い。

パーティの戦力が低く長期戦が避けられない場合はメインおよびサポーターを再生の「サテュロス」と回復性能アップの「シルフ」の組み合わせにする手もあるが、イフリートに比べると与ダメージがかなり下がってしまう。ノイシュを加入させていない場合は、サポーター召喚石にアテナ、サブ召喚石にペリドットを装備して代用しよう。ソロ撃破狙い時はオーバードライブ技発動前は弱体付与を控えて、発動後に時間経過でダブルアタック率アップが終了したのを確認してから弱体を付与させるようにするといい。


グラブル412
難易度EXTREMEのソロ撃破パーティ例。EXアビリティには「ブラインド」を設定し、メイン召喚石にイフリート、サポーター召喚石にはサテュロスを選択した。サブ召喚石には「カーバンクル・ペリドット」「フェニックス」「オータム・マイコニド」「ティクニウトリ・ショロトル」を装備。

メインメンバーにノイシュ(イベント限定SR・火)を編成し、特殊技の被ダメージを「リッターシルト・エレメン」で軽減させるのが非常に重要。あとの2人には「彼方ヘノ遠吠エ」の「因果歪曲」を防ぐために弱体無効を使えるマギサと、味方全体のHP回復と弱体回復が使えるユエルを選んだ。「リッターシルト・エレメン」は使用間隔が5ターンなので、ダークフェンサーの「ディレイ」および「グラビティ」が失敗しないかぎりは間に合う。真の力解放後はスロウやグラビティが失敗することもあるのでその時だけ「ペリドット」を使う。「ティクニウトリ・ショロトル」は奥義発動に合わせて使用するのがベスト。


時限クエスト
■難易度HELL
エクストラクエスト[VERY HARD、EXTREME、MANIAC]を討伐時にランダムで発生。
消費AP0、貢献度約2万5000、信頼度

2016年3月の初回配信時は2連戦だったが、1戦のみに変更されている。

Lv70 ショロトル(風)、HP760万、最大チャージターン2
通常モード時特殊技
怨恨ノ炎(ランダムに複数回風属性ダメージ)
オーバードライブ時特殊技
彼方ヘノ遠吠エ(全体に風属性ダメージ+因果歪曲)
断裂スル因果ノ鎖(全体に風属性ダメージ+自分に90秒間ダブルアタック率アップ)
特殊行動
残りHP50%以下で彼方ヘノ遠吠エ(全体に風属性ダメージ+因果歪曲)
残りHP25%以下でチャージターンMAX、最大チャージターンが2→1に減少

難易度EXTREMEに比べてHPは少し低いが、攻撃力が大幅にアップしている。通常攻撃の被ダメージも2000以上と大きいので攻撃力ダウン付与はもちろん、ブラインドで暗闇状態を維持しながら戦いたい。特殊技の彼方ヘノ遠吠エは被ダメージカットなしだと5000前後の大ダメージなので、被ダメージカットが使えるノイシュ(イベント限定SR・火)やイオ(SSR・火)を編成しているのといないとでは安全度がかなり変わる。サポーター召喚石にアテナを選ぶのもいい。戦力的に不安がある場合はサブ召喚石に★3ペリドットを複数装備しておき、要所で使って被ダメージを軽減するといいだろう。もちろん★3ガーネット召喚からのフルチェインバーストなどで長期戦を避けるのも重要だ。


■「Never ending fantasy」歌詞
いつもありがとう あなたが一番大好き 宝物
せーの 「愛してる」

そう これはねお伽噺(it's like a fantasy)
「信じること」 みんなが忘れた世界に
舞い降りた 希望の星(We are the idol)
その光で翳った大地を照らすよ
きらめく五ぼう星の 光をもって清める
願わく未来は いいことがいっぱいって わたしたちが 祝詞(いのり)込めて
いつもありがとう あなたが一番大好き 宝物
せーの 「愛してる」(wah wah)
あなたの心 全力で癒やすよ
笑顔で どうか幸せになれるように 祝詞(いのり)込めて

傷つけるつもりじゃない(You are so senstive)
隠してても 瞳の優しさ知っている
だってわたし お見通しよ(We are the mediums)
手と手重ね いきます極星降臨
彩る五色閃華 暗闇裂く破魔となれ
願わく未来は いつだって大丈夫 わたしたちが そばにいるよ
いつもありがとう あなたが一番大好き 宝物
せーの 「愛してる」(wah wah)
にっこり笑って あなたが嬉しいと
私もとても嬉しいと気づいたよ 胸がふわり

声を声を声を聴かせて 響け明日へNever ending fantasy
いつもありがとう あなたが一番大好き 宝物
せーの 「愛してる」(wah wah)
にっこり笑って あなたが嬉しいと
私もとても嬉しいと気づいたよ
一緒に歌おう 全力で楽しもう
笑顔で どうか幸せになれるように祈る 祝詞(いのり)込めて

声を声を声を聞かせて 響け明日へNever ending fantasy
La La La…

エルムステークス

●レース傾向(JRA公式サイトの「データ分析」を編集したもの)

※2009年は新潟・ダート1800mで行われた。
※2013年は函館・ダート1700mで行われた。

過去10年、「7歳以上」の馬は優勝なし(0-4-1-31)。「8歳以上」だった馬は連対なし(0-0-1-14)。


過去10年、「5歳以上」だった馬(6-8-5-83)のうち、前走の着順が「7着以下」だった馬は3着以内なし(0-0-0-40)。


過去10年の3着以内馬30頭中25頭は、前走が国内のレースで、そのレースの4コーナーを「4番手以内」で通過していた(7-8-10-32)。「5番手以下」で通過していた馬3-2-0-63で、3着内率7.4%と苦戦している。


過去10年の3着以内馬30頭中26頭は、枠番が「4~8枠」だった(9-9-8-70)。「1~3枠」の馬は1-1-2-26で、3着内率13.3%とやや苦戦している。ちなみに、2011年以降に札幌・ダート1700mで行われた5回(2011年、2012年、2014~2016年)に限ると、枠番が「1~3枠」だった馬は3着以内なし(0-0-0-15)。


夏の北海道開催が短縮されて開催時期が7月下旬~8月下旬に繰り上げられた2012年以降の過去5年の3着以内馬15頭は、いずれも前走との間隔が「中3週以上」だった(5-5-5-35)。前走から「中2週以内」で臨んだ馬は0-0-0-12。


過去5年の優勝馬5頭は、いずれも年齢が「6歳以下」、前走の着順が「6着以内」、前走の4コーナーの通過順が「5番手以内」、エルムSの枠番が「4~8枠」、前走との間隔が「中3週以上」という共通点があった。




●買い目

馬1:01,02,03,04,05,09,13
馬2:01,02,03,04,05,09,11,13
馬3:01,02,03,04,05,09,11,13

合計/円


●結果

投資額/円
払戻金/円

トータル投資額/円
トータル払戻金/円
トータル収支/円
トータル回収率/%
キーワードでブログ内を検索
「イメージ化」「プラグイン」「有馬記念」「マグナ討伐戦攻略」「ハイレベルマグナ戦」「共闘クエスト」「十天衆」など、当ブログで見たい記事の単語を入力して下の検索ボタンをクリックしてください。
みほぴょんのオススメ商品
私が今までに購入した4個のAndroidタブレットの中で、ダントツで買って良かったと思えたのがコレ。私は2016年12月に近所のHARD OFFで中古を税込1万6200円で購入したが、2万円以上の価値というか性能はあると思う。グラブルのようなタテ画面アプリには不向きだが、横画面ゲームや動画を楽しむにはちょうど良い。
みほぴょんのオススメ商品2
Android端末のエミュレータアプリでPS1をプレイするには、上で挙げているようなタブレットにPS3のコントローラをUSBで有線接続してやるのがベスト…なのだが、端末を外に持ち出して遊びたい時はスペースを取らないXperiaPlayに軍配が上がる。私は近所のリサイクルショップで8000円台で売られているのを購入したのだが、これくらいの値段なら買う価値アリ。ただし端末のスペックが低いので3Dゲームは重く、快適に遊べるのは2Dゲームに限られる。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

♪みほぴょん

Author:♪みほぴょん
いまだに初代プレイステーションのゲームをプレイしている♪みほぴょんのブログというかPS1ソフトの紹介および攻略。

★各サイトのハンドル★
モバゲー:♪みほぴょん
GREE:♪みほぴょん
mixi:男の娘好きみほぴょん(mixiキーワード:♪みほぴょん)
Twitter:♪みほぴょん@mihopyonpyon

※モバゲーとmixi以外のSNSはROMがほとんどです。個人的なメッセージはmixiのメッセージ機能でお願いします。

Amazon:♪みほぴょん
Google:debeso kerokero

※AmazonとGoogleは購入して印象に残った商品およびアプリのレビューを書いています。

リンク
ブロとも申請
ブロとも申請(友達申請)は100%許可しています。

♪みほぴょんにブロとも申請する

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
393位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
73位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
友達リスト

ロードアの場土采果

マイナーゲーム攻略サイトもどき