宝塚記念

●レース傾向(JRA公式サイトの「データ分析」を編集したもの)

2003年から2016年の優勝馬14頭中、半数の7頭は単勝オッズ10倍以上だった。昨年の宝塚記念を制したマリアライトは、単勝オッズ25.1倍の8番人気にとどまっていた。


過去10年の連対馬20頭は、いずれも「JRAの2000~2200mのGI かGII」において優勝経験があった(10-10-6-42)。該当馬は連対率29.4%、3着内率38.2%と好走率も優秀だ。


過去10年、「JRAの2000~2200mのGI かGII」で優勝経験がなかった馬(0-0-4-79)の中で3着となった4頭は、いずれも「前年12月以降のJRAのGI」で連対経験があった。


過去10年の3着以内馬30頭中24頭は、「4歳」か「5歳」だった(8-8-8-68)。「3歳」は0-0-0-3、「7歳以上」は0-0-0-28で3着以内なし。


過去10年、「6歳」だった馬(2-2-2-22)の中で3着以内に入った6頭は、いずれも前年8月以降に「JRAの2000~2500mのGI かGII」で優勝経験があった。


過去10年の3着以内馬30頭中23頭は、前走の着順が「3着以内」だった(7-8-8-51)。「4着以下」だった馬は3-2-2-70と苦戦している。


過去10年、前走の着順が「4着以下」だった馬(3-2-2-70)のうち、そのレースが「JRAのGI以外」だった馬は0-1-1-42で優勝なし。


過去7年、同年の天皇賞(春)で4着以内に入っていた馬は0-0-2-13で連対なし。


過去7年の3着以内馬21頭中15頭は、前走が国内のレースで、「3番人気以内」に支持されていた(7-4-4-36)。「4番人気以下」だった馬は0-1-2-39で優勝なし。


2010年以降の過去7年、前走が「国内のレース、かつ4番人気以下」だった馬(0-1-2-39)の中で3着以内に入った3頭は、いずれも牝馬だった。


過去5年の優勝馬5頭は、いずれも前走の4コーナーを4番手以下で通過、「前年以降の、JRAの2000~2200mのGI かGII」で優勝経験があった、5歳以下、前走で2番人気以内だった、という共通点がある。




●買い目

馬1:02,08
馬2:02,08,11
馬3:01,02,05,06,07,08,10,11

合計/円


●結果

投資額/円
払戻金/円

トータル投資額/円
トータル払戻金/円
トータル収支/円
トータル回収率/%
スポンサーサイト

グランブルー攻略164 決戦!星の古戦場

アニメのグラブルは主人公を男性のグランだけにしてあり、女性主人公のジータは出番無しなんだとずっと思っていたのだが、真逆水着回でジータを使ってくるとは…

13話を見た感じだとジータは男性団員と女性団員どちらからも人気があり、剣の腕においてはグランより圧倒的に上に見える。ジータが洗濯した服を干すシーンで、干されていたのがスーパースターやウォーロックといった主人公ジョブのジータ衣装だったのも面白い演出。

水着ジータはゲームで有料スキンとして3000円で売ればみんな買うんじゃ…というか3000円くらいで売ってくれと思いながらアニメを見ていたら、



アニメのブルーレイ7巻の特典が「ジョブスキン「グラン&ジータ(水着Ver.)」」
というね…。


※以下は攻略wikiを編集したものを掲載

■開催スケジュール
予選バトル  6/22 19:00 ~ 6/23 23:59
予選集計結果 6/24 00:00 ~ 6/24 06:59
インターバル 6/24 07:00 ~ 6/25 06:59
本戦バトル  6/25 07:00 ~ 6/29 23:59


■注意事項
開催期間中は全騎空団に以下の制限がつく。
・アサルトタイムの変更は、開催期間中1回のみ。
・イベント期間のうち下記期間中は所属騎空団の退団、解散が出来ない。
 6/22 18:59 ~ 6/30 06:59
・古戦場開始後に入団した団員が獲得した「貢献度」は、入団当日に限り騎空団の貢献度には反映されない(個人貢献度は除く)。


■前回からの変更点
昇格戦ランキングを導入。本戦期間において、B、Cクラスで上位50騎空団が翌日上位クラスへ昇格。昇格戦ランキングの詳細については以下となる。
B、Cクラスにおいて、5戦目を除く本戦各日で実施され、各日の7:00~23:59までに獲得した騎空団貢献度をもとに争われる。
本戦の勝敗に関わらず、B、Cクラスのランキング上位50騎空団が翌日本戦バトルにおいて、ひとつ上のクラスへ昇格する。
同貢献度で複数の騎空団が並んだ場合、先に該当の貢献度に到達した騎空団が順位として優先される。
騎空団貢献度が0の場合は、ランキングの順位表示が圏外となり、1以上獲得で順位表示が行われる。
本戦バトル1戦~4戦目にて実施され、5戦目は実施されない。
下位クラスへの降格はなし。

本戦期間中に獲得できる勲章の追加と、一部獲得勲章数と条件の調整を実施。
獲得勲章の追加については、現状の勝利時、敗北時の勲章とは別に、騎空団、個人で一定の貢献度を獲得する事で、本戦各日で獲得することが出来る。
※貢献度は累積ではなく、1戦毎に獲得する必要がある
獲得勲章の追加について
【Aクラスの敗北勲章】
獲得勲章数:5
獲得条件:Aクラスにて騎空団貢献度1億と個人貢献度250万を獲得して敗北
※Aクラス勝利時の追加勲章はなし
【Bクラスの勝利勲章】
獲得勲章数:5
獲得条件:Bクラスにて騎空団貢献度3500万と個人貢献度36万を獲得して勝利
【Bクラスの敗北勲章】
獲得勲章数:5
獲得条件:Bクラスにて騎空団貢献度3500万と個人貢献度90万を獲得して敗北
【Cクラスの勝利勲章】
獲得勲章数:5
獲得条件:Cクラスにて騎空団貢献度1500万と個人貢献度16万を獲得して勝利
【Cクラスの敗北勲章】
獲得勲章数:5
獲得条件:Cクラスにて騎空団貢献度180万と個人貢献度25万を獲得して敗北
獲得勲章数:5
獲得条件:Cクラスにて騎空団貢献度1500万と個人貢献度40万を獲得して敗北

獲得勲章数と条件の調整について
【Aクラスの敗北勲章】
(変更前)
獲得勲章数:20
獲得条件:Aクラスにて騎空団貢献度1000万と個人貢献度80万を獲得して敗北
(変更後)
獲得勲章数:25
獲得条件:Aクラスにて騎空団貢献度1000万と個人貢献度100万を獲得して敗北
【Bクラスの敗北勲章】
(変更前)
獲得勲章数:7
(変更後)
獲得勲章数:10
※獲得条件に変更はなし
本戦期間中、自騎空団員外のプレイヤーが発見した敵を倒した際、その半分が騎空団貢献度に加算されるようになる(オン/オフ設定可能)。
本戦期間において、より多くの騎空団貢献度獲得の機会を創出するため、自騎空団員外のプレイヤーが発見した敵を倒した際、稼いだ貢献度の半分が騎空団貢献度にも加算されるようになる。
※小数点以下は切り捨て
なお、騎空団ぺージ>騎空団管理内の古戦場設定で設定をオフにすることで、今までどおり騎空団貢献度が加算されないようにすることも可能。
※初期設定はオフ
オン/オフ設定変更が出来る役職も設定可能です。騎空団管理内、役職の権限にて変更出来る。
※古戦場設定ボタンの追加は、古戦場予選開始と同時を予定しております
※古戦場設定ボタン追加に伴い、団長以外の騎空団管理ポップアップ内のレイアウト調整を行います
古戦場作戦板の導入。編集権限は団長のみで、最大40文字まで入力出来る。イベントTOPぺージ、個人戦績横の作戦板タブより編集や作戦内容の確認が出来る。
累計貢献度報酬の貢献度設定と、報酬内容を調整

フローレンベルクについて
2017/06/01のアップデートの際に、フローレンベルク(Lv100)の武器スキル「勇躍の心得」は、古戦場では効果を持たないように変更されている。


古戦場は騎空団単位のポイント競争、いわゆるソーシャルゲーにおけるGvG(Guild vs Guild:団対抗戦)イベント。イベント限定の敵を倒すことで「貢献度」というポイントが得られる。団員全員の獲得ポイント合計を競う。

まず大前提として、騎空団に所属しなければならない (自分で団を作れば1人でも参加できるが、1人だけで本戦に出場することは現実的ではない)。騎空団に入団したら、まず団長に古戦場での動きについて相談することをお勧めする。本戦狙いの団、自由参加の団など、団ごとにプレイスタイルは様々。特に団での決め事などが無い時や単独で活動するときは以下のポイントに注意しよう。


■基本的な考え
敵は全て闇属性なので、光属性のキャラは有利に戦える。また、難易度HELLでは光属性以外のキャラは与ダメージが減る。
騎空団に所属している場合、団長などに必ず基本方針を確認しよう(重要)。完全自由なゆるいところもあれば、きっちりルールを決めて集団で取り掛かる所もある。
おそらくソロでの討伐は厳しいので、団参加でもソロでも、基本的には救援依頼を出すかまたは救援に参加する事になる。
このイベントの主な目的は、

本戦に出場、勝利して勲章報酬を獲得する
個人貢献度や討伐章を稼いで各種報酬を獲得する
戦貨を集めてイベントガチャを回し、天星器を獲得する

の3つ。勲章報酬は総獲得貢献度による個人ランキングもあるが、難易度は高め。貢献度、討伐章、戦貨は予選落ちしても狙える。
開始時に設定した天星器がイベント期間中の戦貨ガチャラインナップとなる。1本でもいいので入手を目指そう。

ストーリーイベントのイベントガチャ1回目の中身が通常1,196枚分であるのに対して、倍以上と非常に多くなっている。


■予選:所属している騎空団が本戦を目指している場合
予選のみ団外の救援で獲得した貢献度でも自騎空団の獲得貢献度に加算される。
救援依頼は「騎空団」のみに出す方針の騎空団が多い。自分の所属する騎空団の方針を確認しておこう。
短時間でのソロ討伐、もしくはMVP確定が難しい間はマルチバトル開始後即救援依頼を出すのが基本。
自発のマルチはウィケッドレブル(EXTREME+)にして、開始直後から救援依頼を出せば、グラッジチャンクのドロップ狙いで救援が来やすい。ドゥンケルハイトの自発はランキングとの相談だが、かなりしっかりとした常連団以外では貢献度稼ぎで使用する事になるので、自発時に必要なグラッジチャンクを集めて損はない。
ただしウィケッドレブルにせよドゥンケルハイトにせよ万が一救援がこないと厳しい戦闘になるので、団員がログインしている時間帯を確認しよう。救援要請から参戦する場合は難易度が高いほどグラッジチャンク等の報酬がよくなる。


■予選:団が本戦を目指していない(自由参加)、ソロ団の場合
救援依頼を出す対象を「騎空団」のみにすると討伐が滞る場合があるので、「みんな」や「フレンド」に出そう(自由参加の場合は要相談)。特にソロの場合、無理はせず倒せる敵を倒し、最初から救援頼みでも初心者としては十分な稼ぎになる。
ベヒーモスのVERY HARDを短時間で倒せるようになるとイベントガチャの効率がよくなるので、まずはこれを目指そう。

予選期間の総貢献度で所属騎空団のグレード(SSS~F)が決まり、ドロップ率アップなどのサポートの発動が最大7割引きされる。なおグレードFでも割引き率以外のデメリットはない。


■本戦期間中のプレイについて
決戦イベントは「予選」「インターバル」「本戦」に分かれる。予選終了後~インターバル開始、本戦マッチ終了(24:00)~翌日のマッチ開始(7:00)はプレイ出来ない。

本戦通過したら、本戦はマッチごとに勲章報酬を受け取る最低ポイントが設定されている。時間制約がきついが、忘れずに稼ごう。
2017年4月開催の古戦場から、本戦にて最低限要求される貢献度が団貢献度・個人貢献度ともに以前と比べ大幅に引き上げられている。後でトラブルにならないよう、団内で十分な周知徹底を心掛けよう。
また、所属している騎空団のクラス(A~Cの3段階)によっても要求量が異なるため、各自で必要な貢献度は確認しておこう。Aクラスの場合は敗北時のみ要求個人貢献度が前回より更に増加している。勘違いのないよう注意。 
今回より、前項の最低限必要な貢献度とは別に追加で勲章を獲得できる条件が設定されている。総じて団貢献度・個人貢献度ともにかなり高めの要求量となっている。こちらも団内での意思疎通を忘れずに。

また本戦は予選までとは貢献度ルールが異なり、団外からの救援要請に参入しても団の貢献度には計上されない場合がある(重要!)。所属している団が加算を認めているかは各自確認の上、加算する設定であっても団長他に方針を確認しよう。特に救援ルールはトラブルの元になりやすい。
団員が発見したマルチバトルで「騎空団」以外に救援依頼を出すと、団員メンバーのみで討伐した時より団外のプレイヤーが稼いだ分だけ総貢献度が少なくなってしまう。貢献度を抑えてくれという指令が出ている時は逆に「騎空団」以外の救援を利用すると、団の貢献度を上げずに自分の貢献度を稼ぐことが出来る。Bクラス及びCクラスに所属する騎空団は「昇格戦ランキング」という1つ上位のクラスへ挑戦できる制度の対象になる。団の方針次第だが、予選で目指していたクラスに入れなかった場合にはこちらでの昇格を狙うのも手。

予選敗退しても、インターバル、本戦期間はバトル可能。「貢献度」、討伐章の獲得、戦貨ガチャを引くことは可能。
予選突破するより難易度は高めだが「アディショナルランキング」という敗者復活制度があるので、団として狙うのであれば是非貢献しよう。
敗退しても、本戦の開催期間の制約を受ける。0:00~7:00はプレイできない。
自発したマルチバトルで救援依頼を「みんな」に出すときは状況に注意しよう。基本的に個人貢献度目当て (ドゥンケルハイトHELL)、グラッジチャンク目当て (ウィケッドレブルEXTREME+) には救援が来やすいが、それ以下は旨みが少ないので討伐に時間が掛かることがしばしば。


■アーリマン(推奨戦力★16以上)
NORMAL: Lv10(闇)、HP6万2500、最大チャージターン3、消費AP-10、必要BPなし(シングルバトル)、貢献度500(固定)
HARD:Lv30(闇)、HP68万、最大チャージターン3、消費AP-15、必要BP-1、貢献度約1200(ソロ討伐時1300)
VERY HARD:Lv40(闇)、HP122万、最大チャージターン3、消費AP-25、必要BP-1、貢献度約2900(ソロ討伐時3000)

妖しい臓肉がドロップ。グラッジチャンク目当てのプレイヤーには見向きもされないので救援は期待できない。

VERY HARDはHPが100万強と初心者でもアサルトタイム中のSSRヨダルラーハ奥義+フルチェインバーストで1ターン撃破を狙いやすい。貢献度度外視で、戦貨(天星器)のみを狙うならアーリマン(VERY HARD)を周回する手もある。簡単に倒せるので時間効率は良いが、AP効率は悪いので大量のエリクシールハーフ消費は覚悟しよう。


■ベヒーモス
VERY HARD:Lv50(闇)、HP450万、最大チャージターン2、消費AP-30、必要BP-1、貢献度約1万2000(ソロ討伐時1万3000)
特殊行動
残りHP20%以下で真の力解放

妖しい臓肉とグラッジチャンクがドロップ。やはり救援は期待できないのでソロ討伐できなければ発見しない方が賢明。


EXTREME:Lv60(闇)、HP930万、最大チャージターン2、消費AP-35、必要BP-1、貢献度約2万6840(ソロ討伐時約3万)
グラブル557
通常モード時特殊技
ノックアウト(単体に闇属性ダメージ+3ターン攻撃力ダウン)
カオスライン(全体に闇属性ダメージ+全体に2ターンアビリティ封印+全体に2ターン光属性攻撃力ダウン+自分に60秒間ダブルアタック率アップ)
オーバードライブ時特殊技
ギガンティックパルサー(全体に闇属性ダメージ+全体に防御力ダウン)
特殊行動
残りHP30%以下で真の力解放

妖しい臓肉とグラッジチャンクがドロップ。救援時に必要なBPがEXTREME+同じなので不人気だが、救援時に限りグラッジチャンク効率はほぼ同等なので穴場かも。赤箱からはグラッジチャンクがドロップしないのでチャンク目当ての自発はあまり得ではない。

パーティの戦力が低いうちは、ダークフェンサーにEXメディクやアローレインⅢ、ブラインドなどが無難。戦力的に余裕がない人はパーティメンバーに卯月を編成しておきたい。「ティンクルスター」の魅了による行動制限が強力で、特に特殊技発動が行動制限された場合は被ダメージゼロのうえにチャージターンをリセットできるので非常に心強い。

特殊技の「カオスライン」は被ダメージは低めだがアビリティ封印と光属性攻撃力ダウンによる与ダメージ減少がキツい。SSRセルエルを加入させていれば編成して弱体無効で防ぎたい。加入させていない場合は弱体回復で回復することになる。ただしアビリティ封印が付与されていると弱体回復アビリティも使えないので注意。オーバードライブ技の「ギガンティックパルサー」は被ダメージがデカいが防御力ダウンも痛い。そのままにしておくと以降のターンで大ダメージを受けるうえ効果時間も6ターンと長いので、食らったらヨハンのプラクリティなどで速やかに弱体回復させること。また、ベヒーモスがオーバードライブ技を使ってくるターンでヘカトンケイルやオニキスを召喚できる場合は、迷わず使って少しでも被ダメージを減らそう。

サポーター召喚石は、召喚効果が弱体無効で加護が攻撃力と最大HPアップの☆4アポロンが低戦力パーティにはベストだろう。メインには加護で最大HPをアップできるコロゥやヘカトンケイルにして、ギガンティックパルサーに耐えられるようにするといい。コロゥは召喚効果の暗闇、ヘカトンケイルは召喚効果の味方全体に闇属性耐性30%アップが役立つ。


■ウィケッドレブル(推奨戦力★25以上)
グラブル398
EXTREME+:Lv75(闇)、HP万、最大チャージターン3、消費AP-40、必要BP-1、貢献度約5万1000
通常モード時特殊技
カオスウェイブ(全体に闇属性ダメージ+3ターン闇属性耐性ダウン)
咆哮(全体に闇属性ダメージ+自分に5分間ダブルアタック率アップ)
オーバードライブ時特殊技
ダークネスブロー(ランダムに複数回闇属性ダメージ+最後の攻撃対象に3ターン暗闇+3ターン呪い)
特殊行動
残りHP50%以下でダークネスブロー
残りHP25%以下で真の力解放(ダブルアタック率アップ、トリプルアタック率アップ、攻撃力アップ)

グラッジチャンクがドロップ。グラッジチャンク目当ての参戦者が集中しやすい。自発ソロと救援準MVPがほぼ同じドロップ数との検証がある。救援第3位以下ならEXTREMEのそれとさしてドロップ率が変わらない。確定でない箱にチャンクが入っているためトレハンが有効との情報あり。


■ドゥンケルハイト
グラブル558
HELL:Lv90(闇)、HP4000万、最大チャージターン2、消費AP-30とグラッジチャンク5個、必要BP-2、貢献度約26万
魅了・麻痺無効
通常モード時特殊技
ボーン・アゲイン(単体に闇属性ダメージ+奥義ゲージ-50%)
キャプチャード(ランダムに複数回闇属性ダメージ)
オーバードライブ時特殊技
キャプチャード(ランダムに複数回闇属性ダメージ+3ターン暗闇+3ターン裂傷)
フォービドゥン(全体に闇属性ダメージ+全体に強化効果1つ消去+全体に3ターン奥義封印)
特殊行動
残りHP75%~61%でボーン・アゲイン(単体に闇属性ダメージ+奥義ゲージ-50%)
残りHP50%以下でキャプチャード(ランダムに複数回闇属性ダメージ+3ターン暗闇+3ターン裂傷)
残りHP25%以下で真の力解放(麻痺無効解除)
残りHP15%以下でフォービドゥン(全体に闇属性ダメージ+全体に強化効果2つ消去+全体に3ターン奥義封印)

今回初登場の敵。オーバードライブまでに必要なダメージ量が少なく、ブレイクまでに必要なダメージ量が多い。

「キャプチャード」の裂傷はターン終了時に1500ぐらいのダメージで、放置するのは危険。エリュシオンのリミットアビリティ「開放の歌声」をセットしたり、持っていれば☆4リッチを装備しておくのも有りだろう。暗闇→裂傷の順で弱体が付与されるので、弱体回復で回復するのは裂傷が先。特殊行動「フォービドゥン」は特殊技版より強化効果消去数が多く、攻撃力下限でも8000近くのダメージを受ける。


HELL:Lv95(闇)、HP1億2500万、最大チャージターン、消費AP-40とグラッジチャンク10個、必要BP-3、貢献度約91万
本戦2日目から解放。救援BPを考えると、Lv100解放後は救援に来てくれる人が減少すると思われる。ソロできない場合は自発には注意が必要。


HELL:Lv100(闇)、HP万、最大チャージターン、消費AP-50とグラッジチャンク20個、必要BP-3、貢献度約265万
本戦4日目から解放。HPが多いので貢献度を稼ぎやすく、また救援時の戦貨効率が高いため競争率が非常に高い。可能な限り騎空団内で処理を心がけたいところ。

函館スプリントステークス

●レース傾向(JRA公式サイトの「データ分析」を編集したもの)

昨年は単勝オッズ39.4倍(12番人気)のソルヴェイグがレコード勝ちを果たし、3連単39万7650円の高配当決着となった。3連単の配当が10万円を超えたのは2013年(16万2690円)、2014年(87万2270円)、2015年(94万4140円)に続き4年連続。2007年から2012年までの6回はいずれも単勝オッズ7倍未満の上位人気馬が優勝していたものの、近年は波乱傾向にある。


過去10年の3着以内馬30頭中15頭は、前走の条件が「JRAのGI かGII」だった(6-4-5-31)。該当馬は3着内率32.6%と好走率も優秀だ。


過去10年、前走が「JRAのGI かGII」以外のレースだった馬(4-6-5-87)のうち、そのレースでの着順が「4着以下」だった馬は0-3-3-61で優勝なし。


過去10年、「4歳」馬が2-2-3-7、「3歳」馬が2-3-2-17と好走。8歳以上馬は0-1-0-17。


過去10年の3着以内馬30頭中12頭は「牝馬」だった(5-2-5-29)。


過去10年、内寄りの「1~3枠」が7-6-4-34と優勢。真ん中寄りの「4~6枠」に入った馬は1-1-3-52とやや苦戦している。


2011年以降の3着以内馬18頭中11頭は、前走の距離が「1400m以上」だった(4-2-5-24)。


過去10年の優勝馬10頭は、いずれも「JRAのGI かGII」で7着以内に入った経験があった。該当馬は10-7-7-58(3着内率29.3%)と好走率も比較的優秀だ。ちなみに、「JRAのGI かGII」で連対経験があった馬は7-3-3-18(3着内率41.9%)と好走率がより高くなっている。




●買い目

馬1:01,02,03,04,05,06,07,08,09,10,11,12,13,14,15,16,17,18
馬2:01,02,03,04,05,06,07,08,09,10,11,12,13,14,15,16,17,18
馬3:01,02,03,04,05,06,07,08,09,10,11,12,13,14,15,16,17,18

合計/円


●結果

投資額/円
払戻金/円

トータル投資額/円
トータル払戻金/円
トータル収支/円
トータル回収率/%

ユニコーンステークス

●レース傾向(JRA公式サイトの「データ分析」を編集したもの)

過去10年のうち、フルゲートとなる16頭に満たない頭数で行われたのは2回だけ(いずれも15頭立て。うち1回は1頭競走除外になってのもの)。「1枠」の馬は0-1-1-17、「8枠」の馬は0-2-2-16で優勝なし。


過去10年の優勝馬全て、2着馬8頭は3番人気以内(10-8-4-8)。12番人気以下は0-0-0-48で3着以内なし。ちなみに1番人気は5-3-0-2で、3着以内に入れなかった2頭はいずれも単勝オッズが1倍台だった。


過去10年、GI からユニコーンSに臨んだ馬は0-0-1-16で、連対した馬はおらず3着馬が1頭いるだけと苦戦している。園田競馬場で行われる兵庫チャンピオンシップから臨んだ馬が3-2-1-5と好走。また、ダートのオープン特別から臨んだ馬は5-6-6-42で、優勝した5頭は全て、4月20日以降に行われたレースからの臨戦馬だった(5-5-5-36)。


過去10年、「2~5走前に東京競馬場のダート1600mのレースで勝利を挙げていた」という馬が2011年と2012年を除き連対している。該当馬が連対していない2011年と2012年は、該当馬が2頭以下しか出走していなかった。該当馬が3頭いた昨年は、そのうちの2頭が1着と2着に入っている。


過去3年の優勝馬は、2走前までに5番人気となった経験があった。




●買い目

馬1:01,02,03,04,05,06,07,08,09,10,11,12,13,14,15,16,17,18
馬2:01,02,03,04,05,06,07,08,09,10,11,12,13,14,15,16,17,18
馬3:01,02,03,04,05,06,07,08,09,10,11,12,13,14,15,16,17,18

合計/円


●結果

投資額/円
払戻金/円

トータル投資額/円
トータル払戻金/円
トータル収支/円
トータル回収率/%

グランブルー攻略163 シンデレラファンタジー ~PINYA HAZARD~

※以下は攻略wikiを編集したもの。

「アイドルマスターシンデレラガールズ」とのコラボイベント第7弾。今回は新たに2人のアイドルが登場するほか、過去のシンデレラガールズコラボで登場したアイドルもすべて仲間にすることが可能。
※難易度HELLからのみドロップする「シャイニングスター」は武器の最終上限解放に必要

本イベントの敵は全て無属性であり、属性間の有利不利が存在しない。光・闇属性のみ敵が若干の耐性を有する反面、こちらが弱点属性で攻撃される恐れもない。

敵の攻撃属性は火水土風から毎回ランダムになるため、カーバンクルなどの各種属性被ダメージカットはほぼ使えない。特殊技の被ダメージ軽減には、ホーリーセイバー、カタリナ (SR)、イベント限定シャルロッテ (SR)などを編成したい。本イベントで簡単に加入させられる双葉杏 (SR)と、召喚石[ラブリーナイト]きらり (SSR)の組み合わせによるバリアも有効。


シンデレラファンタジー ~PINYA HAZARD~
■イベント限定キャラクターおよび加入条件
新田美波 (SR・水) バランス ヒューマン イベントストーリー前編エピソード1クリアで加入。期間中に信頼度をMAXまで上げると正式加入。イベント終了までに信頼度が最大まで到達していなかった場合、イベント終了後に仲間からはずれ、編成することができなくなる。
一ノ瀬志希 (SR・風) 特殊 ヒューマン トレジャー交換


■イベント限定報酬
桃色の団扇、ピンクグリモワール、ピンクピローの3種がドロップする。トレジャー交換のSSR武器は3種とも最終上限解放可能。武器の最終上限解放に必要な「シャイニングスター」は難易度HELLからのみドロップする。初心者でもSSR各1本交換ならば難しくないので狙っていきたい。大幅な戦力アップに繋がるはず。

桃色の団扇(SSR格闘・風):アンノウン攻刃(大)。風属性のアンノウン武器を持ってなければ是非とも取得しておきたい。ストーリーイベントのものと違い、☆0でも攻刃スキルがついている。今後実装を予定されている六道武器(ゼノ・サジタリウス武器)の下位互換になってしまう可能性はあるが、現時点で最強の風アンノウン武器であることは確かなので、余裕があれば☆4を1本分確保しておくと無難。

ピンクグリモワール(SR杖・水):アンノウン攻刃(中)。極めて重要。しかしSSRの秘丹弥虚羅多包丁を欲しいだけ獲得できる人なら、こちらは素材に使っても問題ない。

ピンクピロー(SR楽器・光):スキルはアンノウン守護(中)なのでスキルレベルアップの素材として使おう。

ダマスカス骸晶:SSR武器を上限解放できる「ダマスカス鋼」への交換素材になるほか、十天衆の最終上限解放にも必要となるトレジャー。今回も3つ取得可能。桃色の団扇や秘丹弥虚羅多包丁の確保で大変だと思うが、本イベント開催期間中は出来ればこのアイテムも全て確保しておきたい。

秘丹弥虚羅多包丁(SSR短剣・水)、マルメテル・ハンマー(SSR斧・土):どちらもアンノウン攻刃(大)で最終上限解放が可能。今回はトレジャー交換のみで入手できる。各属性のアンノウン武器を持ってなければ是非とも取得しておきたい。マルメテル・ハンマーにはスキル上位互換として、ゼノ・ウォフマナフ戦で手に入る「裁考天の鳴弦」が存在する。ただし「裁考天の鳴弦」はドロップ率が低く交換素材集めの難度も高いため、最終上限解放も含め自分の戦力を考えた上で選ぼう。「裁考天の鳴弦」を☆4にできない戦力またはそもそも土属性のアンノウン武器を持っていないプレイヤーは、深く考えず1本作っておくとよい。

その他のSR武器:スキルがアンノウン・ATK(中)であるピンクグリモワール(水・杖)と秘丹弥虚羅多鉄砲(闇・銃)は、上位武器を既に十分なだけ持っている人以外はぜひ確保したい。(ただしピンクグリモワールに対しては、本イベントで入手できる秘丹弥虚羅多包丁が上位武器にあたる)

ブリュンヒルデ(SSR召喚石・闇):加護効果は☆3で属性攻撃50%前後に相当し、それなりに優秀。「神崎蘭子」の加入を目指すのであれば最低1個は入手しておきたい。サポート召喚石のフリー枠に入れておけば、神崎蘭子を仲間にする目的で他のプレイヤーが選んでくれる可能性もある。

諸星きらり(SSR召喚石・土):加護、召喚効果ともに微妙。ただし召喚時の敵味方全体にダメージの効果は、「睡眠」「混乱」等を回復する手段として使える。召喚回数が「[ラブリーナイト]きらり」召喚石の獲得に関わってくるため、余裕があれば最大解放しなくとも最低限1つ取っておく選択肢はある。


■復刻要素・前回からの変更点
神崎蘭子 (SR)を除く過去のシンデレラガールズキャラの加入条件を変更。
復刻ストーリー・チャレンジクエストで入手可能になり、「アイドルマスターシンデレラガールズ」をプレイする必要はなくなった。
「神崎蘭子」は下記復刻枠としては加入しないので注意。加入条件には変更が無く、召喚石「[覚醒魔王]神崎蘭子 (SSR)」の最終上限解放で得られる称号報酬として加入する。
召喚石「ブリュンヒルデ」は今回のトレジャー交換でも交換可能になっているため、今回のイベントで仲間にすることができる。
キャラクター復刻に伴い「親密度」を廃止。「親密度」を持つすべてのキャラクターの能力を「親密度」最大時の状態に変更(2017/6/6に変更済)。
シンデレラガールズキャラにリミットボーナス・リミットボーナスアビリティを追加。
城ヶ崎美嘉、双葉杏、城ヶ崎莉嘉に最終上限解放を実装。
秘丹弥虚羅多包丁に最終上限解放を実装。
アンノウンワンド/ブラックアックス/マルメテル・ハンマーの最終上限解放に必要なトレジャーを、「シンデレラファンタジー ~PINYA HAZARD~」で獲得可能な新規トレジャーに変更(2017/6/9のイベント開始前アップデートで変更済)。


■初心者向けガイド
.まずイベントストーリー前編エピソード1クリアで加入する新田美波 (SR)をイベントクエスト周回に使うパーティのサブメンバーに編成して、信頼度を最大まで増やすのが第1の目標となる。信頼度はイベントクエストの他、メインクエストやフリークエストなどイベント外のクエストでも消費APに応じて獲得することが可能。

次に復刻ストーリー「雪降る山の物語」をクリアして赤城みりあとアナスタシアの二人を、チャレンジクエストをクリアして過去イベントで登場した12人のアイマスコラボイベント限定キャラを仲間にしよう。チャレンジクエストはゲストキャラのみのパーティとなっており、プレイヤーの戦力は影響しない。グラブルを始めたばかりのプレイヤーでも簡単にクリアすることができる。

できるだけ難易度の高いイベントエクストラクエストを周回してトレジャーを集め、一ノ瀬志希を仲間にしよう。HARDまででも一ノ瀬志希 (SR)を仲間にすることは可能。しかし低難易度クエストの周回では時間がかかってしまうので、マルチバトルでトレジャーを集めるのも手だ。マルチバトルに参戦した時は画面左下の「救援依頼を送る」ボタンから救援依頼を送るのを忘れないように。

神崎蘭子 (SR)の加入条件を達成するためにはイベント期間中に以下の準備をしておく必要がある。以下の準備が完了していればイベント終了後でも蘭子を仲間にすることが可能だ。
・赤城みりあ、アナスタシア、十時愛梨、輿水幸子、島村卯月、渋谷凛、本田未央を仲間にしている
 それぞれ復刻ストーリーとチャレンジクエストをクリアすることで仲間にできる。
・召喚石「ブリュンヒルデ」を1つ以上所持している
 トレジャー交換で入手可能。所持している個数に応じて条件達成がラクになるのですぐに上限解放をしないように。


エクストラクエスト「甘い香りに誘われて」(シングルバトル)
攻略wikiでは解放条件が「イベントストーリークリア」になっているが、実際はイベントストーリーをクリアしなくても挑戦できる。難易度NORMALをクリアすると難易度HARD解放。

●難易度NORMAL
Lv10桃色の怪火(無)、HP4万1000、最大チャージターン3
特殊技
風玉(ランダムに4回ダメージ)
遊火(単体にダメージ+3ターン攻撃力ダウン+奥義ゲージ-30%)
鬼火(全体にダメージ+2ターン奥義封印)
Lv10桃色の怪火(無)、HP3万、最大チャージターン3
特殊技
風玉(ランダムに4回ダメージ)
遊火(単体にダメージ+3ターン攻撃力ダウン+奥義ゲージ-30%)
鬼火(全体にダメージ+2ターン奥義封印)


●難易度HARD
Lv15桃色の怪火(無)、HP14万、最大チャージターン2
通常モード時特殊技
風玉(ランダムに4回ダメージ)
オーバードライブ時特殊技
遊火(単体にダメージ+3ターン攻撃力ダウン+奥義ゲージ-30%)
鬼火(全体にダメージ+2ターン奥義封印)
Lv15桃色の怪火(無)、HP7万5000、最大チャージターン2
通常モード時特殊技
風玉(ランダムに4回ダメージ)
オーバードライブ時特殊技
遊火(単体にダメージ+3ターン攻撃力ダウン+奥義ゲージ-30%)
鬼火(全体にダメージ+2ターン奥義封印)

グラブルを始めたばかりの人でも、サポーター召喚石に☆3以上のSSR召喚石を選んで使えばクリアできるだろう。


イベントストーリー後編エピソード4クリアでエクストラクエスト解放、チャレンジクエスト解放。難易度VERY HARDクリアで難易度EXTREME解放。難易度EXTREMEクリアで難易度MANIAC解放。
エクストラクエスト「ぴにゃこら狂騒曲」(シングルバトル)
●難易度VERY HARD
2連戦。

1戦目
Lv15謎の生物(無)、HP5万、最大チャージターン2
Lv15謎の生物(無)、HP1000、最大チャージターン2
ぴにゃぁぁぁ!(ランダムに3回ダメージ)
Lv15謎の生物(無)、HP7万5000、最大チャージターン2
中央の謎の生物は防御力が高く、奥義や召喚石、または無属性攻撃でないとほとんどダメージを与えられない。サポーター召喚石を使ってさっさと倒してしまうのが無難。

2戦目
Lv30六地蔵(無)、HP98万、最大チャージターン2、即死無効
通常モード時特殊技
宿命皆通(全体にダメージ+2ターン防御力ダウン&攻撃力ダウン&奥義封印)
菩提不退(ランダムに4回ダメージ+60秒間自分にダブルアタック率アップ)
オーバードライブ時特殊技
畢竟成佛(単体にダメージ+幽体離脱)
※幽体離脱は3ターン後に戦闘不能になり、敵のHPが5万回復する状態

通常モード時の特殊技は攻撃力ダウンを付与していれば大した威力ではないが、オーバードライブ時の特殊技はダメージが大きく幽体離脱を付与してくる。幽体離脱対策として、弱体無効か弱体回復を使えるキャラが1人は欲しい。

アイマスコラボイベントのボスは楽器、アイマスキャラの攻撃やアビリティで大きくモードゲージを減少させることができる。アイマスキャラを編成している場合は、オーバードライブ時にアイマスキャラの攻撃アビリティを使ってブレイクを狙うといいだろう。サポーター召喚石にマキュラ・マリウスやメドゥーサを選んでいる場合はブレイク時間延長を付与してそのまま撃破も狙える。


●難易度EXTREME
3連戦。

1戦目
Lv20謎の生物(無)、HP20万、最大チャージターン2
ぴにゃ!(味方全体に60分間攻撃力アップ)
Lv20謎の生物(無)、HP13万5000、最大チャージターン2
ぴにゃぁぁぁ!(ランダムに3回ランダム属性ダメージ)
ぴにゃ!(全体に奥義ゲージ-50%)
Lv20謎の生物(無)、HP10万、最大チャージターン2
ぴにゃ!(全体に毒)
謎の生物はHPが低い敵から優先して倒すといい。サポーター召喚石は2戦目に使うので1戦目は温存しておく。

2戦目
Lv20謎の生物(無)、HP10万3000、最大チャージターン2
Lv20謎の生物(無)、HP2000、最大チャージターン2
Lv20謎の生物(無)、HP16万4000、最大チャージターン2
中央の謎の生物に注意。サポーター召喚石でさっさと倒してしまおう。

3戦目
Lv50桃色の生物(無)、HP230万、最大チャージターン2、魅了・即死無効
通常モード時特殊技
ぴにゃ~ん(ランダムに6回ダメージ+全体に2ターン魅了)
オーバードライブ時特殊技
ぴにゃぷ~ん(全体にダメージ+3ターン防御力ダウン+1ターン気絶)
○▲※■%×(単体にダメージ+強化消去+2ターン虚脱(奥義-10%))
特殊行動
残りHP50%以下でぴにゃ~ん(ランダムに6回ダメージ+全体に2ターン魅了)
残りHP25%以下で真の力解放
残りHP25%以下で○▲※■%×(単体にダメージ+強化消去+2ターン虚脱(奥義-10%))

オーバードライブ時の特殊技が高威力かつ弱体が厄介なので要注意。特に全体攻撃の「ぴにゃぷ~ん」は大ダメージを受ける上に気絶まで付与される。特殊行動でチャージターンをリセットできることを利用して、敵の残りHPを考えながらダメージを与えていこう。

敵の強さを考えると、シングルバトルの難易度EXTREMEと難易度HELLのLv60を繰り返し周回するのがラクにトレジャーを集めることが出来ると思われる。


●難易度MANIAC
1日に2回のみ挑戦可能。4連戦。

1戦目
Lv30謎の生物(無)、HP44万、最大チャージターン2
Lv30謎の生物(無)、HP20万、最大チャージターン2
Lv30謎の生物(無)、HP37万、最大チャージターン2
1~2戦目はHPが上がっている以外EXTREMEとほぼ一緒。2戦目に備えて召喚石を残しておくのを忘れずに。

2戦目
Lv30謎の生物(無)、HP40万、最大チャージターン2
Lv30謎の生物(無)、HP6000、最大チャージターン2
Lv30謎の生物(無)、HP29万、最大チャージターン2
中央の謎の生物に注意。

3戦目
Lv50秘丹弥虚羅多尊像(無)、HP395万、最大チャージターン2
特殊行動
残りHP50%以下で滅度(単体にダメージ+2ターン秘丹弥呪印)
※秘丹弥呪印はアビリティが封印され、次のターンに敵のHPが5万回復する状態
※倒すとオールポーションをドロップ

秘丹弥虚羅多尊像は致命的な技を使ってこないので、ここで使用間隔や奥義ゲージを整えておこう。HPがあれば「滅度」の素受けも可。4戦目の桃色の生物は魅了無効なので、魅了アビリティがあるならここで使ってしまおう。

4戦目
Lv75桃色の生物(無)、HP1400万、最大チャージターン2、魅了・即死無効
特殊行動
残りHP75%以下でぴにゃ~ん(複数回ランダム属性ダメージ+2ターン魅了)
残りHP50%以下でぴにゃぷ~ん(全体にダメージ+3ターン防御力ダウン+1ターン気絶)
残りHP30%以下で真の力解放
残りHP30%以下で○▲※■%×(単体にダメージ+強化効果解除+奥義ゲージ-15%+虚脱)

特殊技の弱体が厄介なので、弱体回復や弱体無効での対策を忘れずに。特殊行動の発動条件の最後はEXTREMEと違って30%なので要注意。弱体無効1回だけでは間に合わないので、弱体回復も欲しい。

特殊技発動までの時間を稼ぐスロウやグラビティも欲しい。パーティの属性にもよるが、ダークフェンサー(EXクリアオールorブラインド)やセージ(ベール+グラビティ)など主人公に必要なアビリティをまとめると編成の自由度が上がる。


時限クエスト
●難易度HELL
60分間の時間限定クエスト。難易度VERY HARD以上をクリアするとランダムに出現。ただし、HELLが出現していない状態でMANIACをクリアすると必ずHELLが出現。EXTREMEをクリア後に3回連続でHELLが出現しなかった場合、4回目のEXTREMEクリア時に必ず出現。

使用可能なエリクシールは1個のみ。撤退時は時間内であれば消滅せずに再挑戦可能になったので、高難易度にも挑戦しやすくなった。

難易度は3種類。初回はLv60HELLしか選択できないが、Lv60をクリアすれば次の発生時にLv100が出現し選択できるようになる。 Lv100→Lv120も同様。Lv60HELLはEXTREME(Lv50)とMANIAC(Lv75)の中間の難易度、Lv100HELLはMANIACよりもやや難しい、Lv120HELLは相当難しいと考えてよいだろう。HELL限定トレジャー「シャイニングスター」の最低ドロップ数は1個(Lv60),2個(Lv100),3個(Lv120)。


●HELL Lv60
グラブル555
Lv60六地蔵(無)、HP600万、最大チャージターン2
通常モード時特殊技
宿命皆通(全体にダメージ+2ターン防御力ダウン&攻撃力ダウン&奥義封印)
菩提不退(ランダムに4回ランダム属性ダメージ+自分に60秒間ダブルアタック率アップ)
オーバードライブ時特殊技
畢竟成佛(単体にダメージ+幽体離脱)
宿命皆通(全体にダメージ+全体に2ターン防御力ダウン&攻撃力ダウン&奥義封印)
※幽体離脱は3ターン後に戦闘不能になり、敵のHPが5万回復する状態
特殊行動
残りHP50%以下で宿命皆通
残りHP20%以下で畢竟成佛

HELL Lv60はHPが少なく難易度も低め。不足しがちなキタミ草のドロップも期待出来る。HELLの解放保障もあるのでスターが余るようであればこちらを周回するのもあり。


●HELL Lv100
Lv100秘丹弥虚羅多尊像(無)、HP万、最大チャージターン2
通常モード時特殊技
唐草光(全体にランダム属性ダメージ)
特殊行動
残りHP75%以下で滅度(単体にダメージ+秘丹弥呪印)
残りHP50%以下で唐草光(全体にランダム属性ダメージ)
残りHP20%以下で白毫(ランダムに複数回ダメージ+最後の攻撃対象に石化)
※秘丹弥呪印はアビリティ封印+次のターンに敵のHPが回復


●HELL Lv120
Lv120桃色の生物(無)、HP2000万、最大チャージターン2、魅了無効
通常モード時特殊技
ぴにゃ~ん(ランダムに複数回ランダム属性ダメージ+2ターン魅了)
オーバードライブ時特殊技
ぴにゃぷ~ん(全体にダメージ+3ターン防御力ダウン+1ターン気絶)
○▲※■%×(単体にダメージ+強化効果解除+虚脱)
特殊行動
残りHP75%以下でぴにゃ~ん
残りHP50%以下で○▲※■%×
残りHP40%以下で真の力解放
残りHP20%以下でぴにゃぷ~ん
残りHP20%以下で最大チャージターンが2→1に減少

麻痺、恐怖は有効。残りHP75%の特殊行動は攻撃力ダウンを付与していれば被ダメージはそこまで大きくないが、魅了が厄介。行動制限率がかなり高く、弱体無効や弱体回復といった対策は必須と言えるレベル。魅了状態を放置して戦うのは現実的ではない。

残りHP50%の特殊行動は被ダメージこそ大きいものの単体攻撃で弱体も大したものではないので、一人犠牲にする前提でうけてもよい。チャージターンMAX時に発動させて特殊行動でリセットしたいところ。

最後の特殊行動は残りHP20%なので注意。全体に大ダメージで、攻撃力ダウンを付与していてもメインメンバー壊滅は必至。最大チャージターンも減るので終盤で手間取ると一気に全滅もあり得る。被ダメージカットや奥義を合わせるなどして一気に畳みかけたい。


エクストラクエスト「ぴにゃこら狂騒曲」(マルチバトル)
マルチバトルでは、プレイヤーRankに応じて「アシストボーナス」として攻撃力・最大HPにボーナスを得られる。
マルチバトル討伐で「武勲の輝き」を獲得できる

●難易度VERY HARD
グラブル554
Lv30六地蔵(無)、HP420万、最大チャージターン2
通常モード時特殊技
宿命皆通(全体にランダム属性ダメージ+全体に2ターン防御力ダウン&攻撃力ダウン&奥義封印)
菩提不退(ランダムに4回ランダム属性ダメージ+60秒間自分にダブルアタック率アップ)
オーバードライブ時特殊技
畢竟成佛(単体にダメージ+幽体離脱)
※幽体離脱は3ターン後に戦闘不能になり、敵のHPが5万回復する状態

弱体無効や弱体回復で弱体対策ができれば特に問題ない。ランダム属性攻撃で弱点をつかれないよう、光か闇属性パーティで編成するのが無難。


●難易度EXTREME
グラブル556
Lv50桃色の生物(無)、HP910万、最大チャージターン2
通常モード時特殊技
ぴにゃ~ん(ランダムに6回ランダム属性ダメージ+全体に2ターン魅了)
オーバードライブ時特殊技
ぴにゃぷ~ん(全体にランダム属性ダメージ+3ターン防御力ダウン+1ターン気絶)
○▲※■%×(単体にランダム属性ダメージ+強化効果消去+2ターン虚脱(奥義-10%))
特殊行動
残りHP50%でぴにゃ~ん(ランダムに6回ランダム属性ダメージ+全体に2ターン魅了)
残りHP25%で○▲※■%×(単体にランダム属性ダメージ+強化消去+2ターン虚脱(奥義-10%))

六地蔵戦同様、ランダム属性攻撃で弱点をつかれないよう光か闇属性キャラで編成するのが無難。上の画像はソロ討伐のパーティ例。弱体を付与されると面倒なのでSSRヴィーラ(闇)、SSRセルエル(光)のように弱体無効を使えるキャラがオススメ。


チャレンジクエスト
アイマスキャラは共通して「アビリティ使用時に奥義ゲージ10%アップ」のサポートアビリティを持つ。積極的にアビリティを使用し、奥義ゲージを溜めて奥義・チェインバーストを狙っていこう。

●新たなる来訪者
Lv??ベルフェゴール(水)、HP、最大チャージターン4
特殊技
モーメントパス(ランダムに複数回水属性ダメージ)
タッチオペール(単体に水属性ダメージ+自分に攻撃力アップ)

キャラセリフ
莉嘉「わぁっ!? な、なにこいつ……」
美嘉「アタシ達と戦う気みたいだね…! 莉嘉、サポートをお願い!」
莉嘉「わかった! アタシに任せて☆」
杏「えー? 闘うのー? めんどくさいなぁ……」
きらり「杏ちゃん、ほーら☆ 飴あげるから、頑張って♪」
杏「しょーがないなぁ……それじゃ、ちょっとだけ、働くか~」
莉嘉「よーし! 力をあわせてやっちゃおー☆」

城ヶ崎美嘉(闇)、城ヶ崎莉嘉(火)、双葉杏(土)のゲストキャラクター3人パーティで戦う。まず莉嘉の「セクシー☆パッション」と杏の「甘やかせ」で味方の攻撃力をアップしてから、莉嘉の「シークレット☆モード」、美嘉の「イノセント★パッション」「シークレット★ハート」「セクシー★テンプテーション」を使って攻撃。オーバードライブしたら「全力ラブアタック」、特殊技発動ターンには「頑張らない魔法」で被ダメージ軽減、3人の奥義ゲージが溜まったらチェインバースト。


●迷える魂よ、安らかに
Lv??秘丹弥虚羅多尊像(光)、HP、最大チャージターン2
特殊技
滅度(単体に光属性ダメージ+秘丹弥呪印)
※秘丹弥呪印はアビリティ封印+次のターンに敵が回復する状態
特殊行動
残りHP50%以下で白毫(ランダムに複数回光属性ダメージ)
白毫発動の次ターンで唐草光(自分にHP25万回復)

キャラセリフ
愛梨「ふぅ……動きすぎて暑くなってきました……脱いでもいいですか?」
かな子「だ、ダメですよ~……でも、困りましたね……。攻撃が全然効いていないみたいです~……」
小梅「えっと……この子達によれば、仏像さんが回復するのをどうにかして防がなきゃダメみたい……」
愛梨「私たちの技を封印してから休んでるみたいですね~……封印をすぐに治せればいいんですけど……」
みりあ「それなら私に任せて! 「もふもふタイム」でみんなを元気にしてあげる!」
かな子「それなら、私の「とろける魔法」も役に立ちそう…!」
小梅「「火の攻撃」をしてきたら、焦っている証拠……。そこで「リビングデッド」を使えば倒せるんだね?」
みりあ「小梅ちゃんすごーい☆ よーしっ! がんばろー!」

三村かな子(土)、十時愛梨(土)、白坂小梅(闇)、赤城みりあ(火)のゲストキャラクター4人パーティで戦う。みりあの「元気のお祈り」、小梅の「ナイトメアソング」で味方全体の攻撃力をアップして、小梅の「ホラースクリーモ」→愛梨の「リトルバーナード」「センシティブ・トゥ・ハート」→かな子の「甘い魔法」でダメージを与えていく。特殊技で秘丹弥呪印を付与されたらかな子の「とろける魔法」、みりあの「もふもふタイム」ですぐに回復しよう。残りHP50%以下で特殊行動の「白毫」発動後、キャラセリフが入る。

キャラセリフ
みりあ「「火の攻撃」をしてきた……! 小梅ちゃん、おねがいっ!」
小梅「ふふふ……ぞ、ゾンビに、なっちゃえー……」

小梅の「リビングデッド」でアンデッドを付与できれば、次のターンの特殊行動「唐草光」の効果が自分に25万ダメージになりクリアとなる。


●少女たちの夢の続き
Lv??黒色の生物(水)、HP、最大チャージターン3
特殊技
オーバードライブ時特殊技
右ストレート(単体に水属性ダメージ)
特殊行動
残りHP50%以下で右手に力を溜めている
残りHP5%以下で右手に力を溜めている
右手に力を溜めている発動の次ターンで爆裂拳(ランダムに複数回水属性ダメージ)

キャラセリフ
みく「張り切っていくにゃー!」
アナスタシア「ダー、やる気、いっぱいです。」
瑞樹「あの黒い子の攻撃、一撃一撃が重いわ…! サポートはお姉さんに任せなさい。」
みく「にゃにゃ!? これは当たったら一大事にゃ…!」
幸子「ふっふーん! カワイイボクに任せてください! 「アライト・ウィングス」で華麗に避けてみせます!」
瑞樹「あら、なかなかやるじゃない。あの子が''力を溜める''まで、その技は温存しておいてね。」
幸子「わかっていますよ! さぁ、気合を入れていきますよ~!」

川島瑞樹(水)、輿水幸子(光)、前川みく(風)、アナスタシア(水)のゲストキャラクター4人パーティで戦う。まずはみくの「ねこねこダンス」で味方全体にダブルアタック率アップ、「あたっくShall We~?」で攻撃力アップ、アナスタシアの「星の魔法」で追撃効果。アナスタシアの「アイススマイル」で防御力ダウンを付与してから「星の瞬き」「にくきゅうぺったん!」「マジカル☆ステッキ」でダメージを与える。

特殊行動の「右手に力を溜めている」発動後にキャラセリフが入る。「右手に力を溜めている」は被ダメージゼロなので、残りHPが50%以下と5%以下になるターンは安全だ。

キャラセリフ
アナスタシア「サチコ! 次のパンチは、当たるととてもいたそうです。」
瑞樹「幸子ちゃん、出番よ!」
幸子「仕方ないですね~! さぁ、カワイイボクの活躍を見ていてください!」

「右手に力を溜めている」発動後の次のターンには高威力の特殊行動「爆裂拳」を発動してくる。幸子の「フルスパーク」→「アライト・ウイングス」(自分に敵対心アップ+回避)を使ってやり過ごす。残りHP5%以下で再度「右手に力を溜めている」を発動してくる。4人の奥義ゲージが溜まっていれば奥義発動で倒せる。溜まっていない場合は幸子の「自称・サプライズ」で「アライト・ウイングス」を再使用可能にしてやり過ごせばいい。


●夢の続きの空の先
Lv??ぴにゃこら太(風)、HP、最大チャージターン3
通常モード時特殊技
ぴにゃぁぁぁ!(全体に風属性ダメージ+強化効果消去+3ターン防御力ダウン)
オーバードライブ時特殊技
ぴにゃぁぁぴぃにゃぁぁ!(全体に風属性ダメージ+石化+奥義ゲージ減少)
特殊行動
残りHP75%以下でぴにゃぴにゃぴんにゃあああ!(ランダムに複数回風属性ダメージ+自分に幻影)

キャラセリフ
未央「わぁっ!? びっくりした! いきなりなんなんだろう、この子……?」
ぴにゃこら太「ぴにゃ……」
卯月「えっと、なになに……。私たちと戦いたい、のかな……?」
凛「卯月、どういうこと?」
卯月「私たちの力を見せてほしいみたいです。」
未央「さっすがしまむー! よーしっ! 私たちの絆の力、みせてやろー!」
凛「オッケー!」
卯月「頑張るねっ!」

島村卯月(光)、渋谷凛(水)、本田未央(火)のゲストキャラクター3人パーティで戦う。卯月の「ピースマジック」と凛の「ホワイトソング」で味方全体に攻撃力アップ状態を維持しながら、「エトワールプリズム」で弱体耐性ダウン付与→「蒼穹の剣」「シューティングスター」「ティンクルスター」「フォーリングスター」を使ってダメージを与えていこう。残りHP75%の特殊行動「ぴにゃぴにゃぴんにゃあああ!」発動後の次のターンは、敵が幻影状態のため攻撃アビリティを使ってもムダになる。ゲストキャラは3人ともHPが高く、「スターライトシャワー」の再生で回復しながら戦えばクリアは難しくない。
キーワードでブログ内を検索
「イメージ化」「プラグイン」「有馬記念」「マグナ討伐戦攻略」「ハイレベルマグナ戦」「共闘クエスト」「十天衆」など、当ブログで見たい記事の単語を入力して下の検索ボタンをクリックしてください。
みほぴょんのオススメ商品
私が今までに購入した4個のAndroidタブレットの中で、ダントツで買って良かったと思えたのがコレ。私は2016年12月に近所のHARD OFFで中古を税込1万6200円で購入したが、2万円以上の価値というか性能はあると思う。グラブルのようなタテ画面アプリには不向きだが、横画面ゲームや動画を楽しむにはちょうど良い。
みほぴょんのオススメ商品2
Android端末のエミュレータアプリでPS1をプレイするには、上で挙げているようなタブレットにPS3のコントローラをUSBで有線接続してやるのがベスト…なのだが、端末を外に持ち出して遊びたい時はスペースを取らないXperiaPlayに軍配が上がる。私は近所のリサイクルショップで8000円台で売られているのを購入したのだが、これくらいの値段なら買う価値アリ。ただし端末のスペックが低いので3Dゲームは重く、快適に遊べるのは2Dゲームに限られる。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

♪みほぴょん

Author:♪みほぴょん
いまだに初代プレイステーションのゲームをプレイしている♪みほぴょんのブログというかPS1ソフトの紹介および攻略。

★各サイトのハンドル★
モバゲー:♪みほぴょん
GREE:♪みほぴょん
mixi:男の娘好きみほぴょん(mixiキーワード:♪みほぴょん)
Twitter:♪みほぴょん@mihopyonpyon

※モバゲーとmixi以外のSNSはROMがほとんどです。個人的なメッセージはmixiのメッセージ機能でお願いします。

Amazon:♪みほぴょん
Google:debeso kerokero

※AmazonとGoogleは購入して印象に残った商品およびアプリのレビューを書いています。

リンク
ブロとも申請
ブロとも申請(友達申請)は100%許可しています。

♪みほぴょんにブロとも申請する

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
443位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
91位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
友達リスト

ロードアの場土采果

マイナーゲーム攻略サイトもどき