グランブルー攻略148 Shadowverse Duelist of Eternity

※以下は攻略wikiを編集したものを掲載

スマホ・PCで配信中のカードゲームアプリ「シャドウバース」との自社コラボイベント。「アリサ」「ルナ」がキャラクターとして、「ベルエンジェル」が召喚石として、アリサとルナの持ち物が武器として、「モルディカイ」がクエストボスとして登場する。
HELL限定でトレジャー「地獄の魔炎」がドロップする。HELLの敵レベルが高いほどドロップ数が増える。イベント限定武器のトレジャー交換2本目以降で必要となり、交換のみで☆3にするにはHELL周回が必須。HELLがクリア出来ない場合は、初回交換の1本のみとドロップ3本が必要。
☆0の状態でも攻刃スキルが付いているので、無理をせずにとりあえず1,2本集めておくだけでも良い。HELLさえクリア出来れば交換のみで4本手に入るので☆3を1本作成可能。HELL Lv60自体はVERY HARDがクリアできれば倒せるくらいの相手なので心配無用。
以前のコラボイベントと異なり、2017/3/31 14:59にイベントで獲得したトレジャーのリセットが予定されている。トレジャーが余らないように計画的にプレイするとよいだろう。交換のし忘れに注意。

グラブルを始めたばかりという人は、まずイベント限定キャラを入手しよう。アリサ (SR)はイベント開始と同時に加入する。信頼度はアリサを編成(メイン/サブを問わない)してエクストラクエストやイベント外のメインクエストをクリアすれば消費APに応じて獲得できる。信頼度を500獲得できれば正式加入となる。

(エリクシールによるコンティニューをせず)安定してクリア出来る難易度のイベントエクストラクエストを繰り返し周回するのが基本。難易度HARD・VERY HARDでも、ルナの加入に必要なトレジャーのドロップは可能。周回回数でトレジャーを稼ごう。武器の上限解放には難易度HELLしかドロップしないトレジャー「地獄の魔炎」が必須なので、こちらは無理しないほうがよいかも。

召喚石「ベルエンジェル」を獲得するには、最低でもVERY HARDをクリアする必要がある。今回はリベンジボーナス(負けるたびに味方のステータスUP)があるので、戦力的にちょっと厳しいという人でも、コンティニューしてリベンジボーナスを使えば獲得できるかも。

難易度.HELL Lv60はVERY HARDのボス戦のみのようなものなので、VERY HARDがクリアできる人であればクリアできる可能性が高い。ただし、エリクシールの使用が1回までに制限されているので注意。

・主人公のジョブはダークフェンサーをLV15にするだけで大分安定度が違う。
・マルチバトルに参加してドロップアイテムで装備を強化する。
・カジノでエリクシールハーフを入手する。
・クエスト初回クリア報酬の宝晶石を3000貯めて10連ガチャを回し、キャラクターや武器を増やす。
・メインメンバーの属性が3属性以上になる場合は、サポーター召喚石に☆3ジ・オーダー・グランデを選ぶと攻撃力が200%アップ(つまり3倍)。☆3グランデはフリーに設定している人が多い。

プレイ時間をかければ、金を使わなくてもなんとかなる可能性はあるので頑張ってみよう。なお低ランク(RANK50以下?)はゴーレムからの獲得EXPが増えるので、そちらを周回してEXPを稼ぐのも手。


■イベント限定報酬

白銀の弓(SSR弓・風):スキルはEX攻刃(大)。メイン装備時は主人公がアビリティ使用時に味方全体の攻撃力アップという効果を持つ。風は弓パーティを組める属性なので面白い使い方があるかも。サムスピコラボの「河豚毒」には劣るがステータスも充分なので、1本☆3にしておきたい。

ルナのおともだち(SSR杖・闇):スキルはEX攻刃(大)。メイン装備時に戦闘不能のキャラ数に応じて味方全体の攻撃力アップという効果を持つ。☆0の状態でも攻刃スキルを持つので、マグナ武器の本数次第では☆3を1本作るよりも☆0を3~4本装備した方が強くなることもあり得る。Lv40でスキルレベル5程度を複数装備した場合の計算は欠かさずに行うべきだろう。上記の方法で☆0を複数装備した後、マグナ武器が揃って☆0が編成から抜けるときには順番に上限解放に使用すれば問題ない。レベルとスキル上げに使用した素材は損するが、それ以上に攻撃力を伸ばせるメリットの方が大きい。シュバリエ・マグナ戦のMVP確定にお勧めされるビショップのメイン武器になる点も初~中級者には魅力的。セレストホーン・マグナ(槍)をまだ持っていないなら是非確保しておきたいところ。目安としては所持している闇属性のEX武器が3本未満であればおおよそ編成に入るだろう(各自計算機参照)。闇杖はイベント限定としてはウィーブルロッド以来と貴重なので、闇賢者でヘイロー巡りのお供に確保するのも良い。

ベルエンジェル(SSR召喚石・光):加護は光属性キャラのHP20%アップ。召喚効果はバリア。☆3で召喚効果が追加され、ランダムに召喚石の再使用が可能になる。加護がHPアップなので装備するなら召喚効果目的でサブだが、再召喚不可なものは対象にならないなど実用性には疑問がある。記念品といった程度か。Lv30モルディカイ、Lv50モルディカイ、Lv75モルディカイ、Lv60モルディカイの初回クリア報酬で1個ずつ入手できるので、戦力さえあれば4つ集めるのは容易(金剛晶での上限解放が不可能なので注意)。

ダマスカス骸晶:可能な限り3個全て確保しよう。なお、これまでのイベントで全てのダマスカス骸晶を入手していれば、ダマスカス磁性粒子からの交換を除き合計30個となる。ダマスカス鋼への交換は在庫2個で、2月22日現在追加されていない。


■イベント限定キャラクター
イベント期間中はアリサ(風・SR)が加入。イベント終了までに信頼度をMAX(500)にすると正式加入。イベント終了までに信頼度が500に到達していなかった場合、イベント終了後に仲間から外れ、編成することができなくなる。信頼度はパーティーメンバー(サブでも可)にアリサを編成した状態でクエストをクリアすると獲得できる。

トレジャー交換でルナ(闇・SR)が加入。エクストラクエストの難易度HARDをクリアできるなら入手は可能。


■イベントクエスト
エクストラクエスト「暴走する泥人形を止めろ!」難易度NORMALクリアで難易度HARD解放。
イベントストーリー「前編 虚の穴」エピソード2はゲストキャラのルナ1人だけのパーティでバトル。
イベントストーリー「後編 永久の決闘者」エピソード1はゲストキャラのルナ1人だけのパーティでバトル。
イベントストーリー「後編 永久の決闘者」エピソード4クリアでエクストラクエスト「いざ誓いの決闘を始めん」、チャレンジクエスト「終わらぬ決闘を求めて」解放。
エクストラクエスト「いざ誓いの決闘を始めん」難易度VERY HARDクリアで難易度EXTREME解放。
エクストラクエスト「いざ誓いの決闘を始めん」難易度EXTREMEクリアで難易度MANIAC解放。


エクストラクエスト「暴走する泥人形を止めろ!」
■難易度NORMAL AP-10
攻略wikiでは解放条件が「イベントストーリー前編をクリア」になっているが、実際は難易度NORMALと難易度HARDはイベントストーリーをクリアしなくても挑戦可能。

Lv10クレイゴーレム(土)、HP7万2000、最大チャージターン2


■難易度HARD AP-15
Lv15クレイゴーレム(土)、HP30万、最大チャージターン2


エクストラクエスト「いざ誓いの決闘を始めん」
■難易度VERY HARD AP-20
2連戦。

1戦目
Lv30スケルトン(闇)、HP12万、最大チャージターン3
Lv30ゾンビ(闇)、HP10万、最大チャージターン2

2戦目
Lv30モルディカイ(闇)、HP105万、最大チャージターン3
通常モード時特殊技
ヘルファイアサーベル(全体に闇属性ダメージ+6ターン灼熱+3ターン呪い)
サドンファイア(ランダムに3回闇属性ダメージ+灼熱+自分に攻撃力アップ)
オーバードライブ時特殊技
ダークネス・エボルヴ(全体に闇属性ダメージ+灼熱状態のキャラに追加ダメージ)


■難易度EXTREME、AP-30
3連戦。

1戦目
Lv40インプ(闇)、HP万、最大チャージターン3
Lv40バット(闇)、HP万、最大チャージターン1
特殊技
怪音波(全体に闇属性ダメージ)

2戦目
Lv40ゴースト(闇)、HP万、最大チャージターン2
鬼火(全体に闇属性ダメージ)
Lv40ガーゴイル(闇)、HP万、最大チャージターン3
バタリングラム(単体に闇属性ダメージ)

3戦目
グラブル526
Lv50モルディカイ(闇)、HP240万、最大チャージターン3
通常モード時特殊技
ヘルファイアサーベル(全体に闇属性ダメージ+6ターン灼熱+3ターン呪い)
サドンファイア(ランダムに3回闇属性ダメージ+灼熱+自分に攻撃力アップ)
オーバードライブ時特殊技
ダークネス・エボルヴ(全体に闇属性ダメージ+灼熱状態のキャラに追加ダメージ)
特殊行動
残りHP50%以下でヘルファイアサーベル
残りHP25%以下で真の力解放(攻撃力アップ)

真の力解放前は攻撃力、ダブルアタック率ともに低め。オーバードライブに必要なダメージ量が多く、HPが半分近くになるまでオーバードライブしない。よって1~2戦目でたまった奥義ゲージはオーバードライブ前に使ってしまって良い。

難易度EXTREMEでは残りHP50%の特殊行動でチャージターンをリセットさせるように調整すると、特殊技を発動されずに倒せるのでラク。

メインクエストで加入するカタリナ (SR)は本イベント直前に強化されヒールの効果量が大幅アップし、より頼れる存在となった。「ディスペルマウント」で弱体無効状態になっていれば、弱体を1回だけ全て無効にすることができる。また、「ライトウォール」を使用すると被ダメージを40%カットできる。苦戦するようなら特殊技に弱体無効+被ダメージカットを毎回合わせていくのがよいだろう。


■難易度MANIAC、AP-50、1日2回まで挑戦可能
4連戦。

1戦目
Lv70ゴースト(闇)、HP50万、最大チャージターン2
鬼火(全体に闇属性ダメージ)
Lv70ガーゴイル(闇)、HP68万、最大チャージターン3
バタリングラム(単体に闇属性ダメージ)

2戦目
Lv70クレイゴーレム(土)、HP400万、最大チャージターン2
通常モード時特殊技
ヘヴィーアッパービル(ランダムに2回土属性ダメージ)
グランドシェイカー(全体に土属性ダメージ+麻痺)
オーバードライブ時特殊技
マッドポンプ(自分に防御力アップ+自分に再生)
特殊行動
残りHP50%以下でマッドポンプ(自分に防御力アップ+自分に再生(2万回復))

クレイゴーレムは土属性なので、カタリナを編成している人は注意。特殊行動で防御力アップと再生を付与されると長期戦になりがちなので、残りHP50%手前からフルチェインで倒したい。

3戦目
Lv70スケルトン(闇)、HP75万、最大チャージターン3
Lv70ゾンビ(闇)、HP60万、最大チャージターン2

4戦目
Lv75モルディカイ(闇)、HP1440万、最大チャージターン3
通常モード時特殊技
ヘルファイアサーベル(全体に闇属性ダメージ+6ターン灼熱+3ターン呪い)
サドンファイア(ランダムに3回闇属性ダメージ+灼熱+自分に攻撃力アップ)
オーバードライブ時特殊技
ダークネス・エボルヴ(全体に闇属性ダメージ+灼熱状態のキャラに追加ダメージ)
特殊行動
残りHP50%以下でヘルファイアサーベル
残りHP25%以下で真の力解放(最大チャージターンが3→2に減少)
残りHP25%以下でサドンファイア


エクストラクエスト「さあ、決闘の続きを」
■難易度HELL、AP-0
グラブル525

●Lv60
Lv60モルディカイ(闇)、HP520万、最大チャージターン2
通常モード時特殊技
ヘルファイアサーベル(全体に闇属性ダメージ+6ターン灼熱+3ターン呪い)
サドンファイア(ランダムに3回闇属性ダメージ+灼熱+自分に攻撃力アップ)
オーバードライブ時特殊技
ダークネス・エボルヴ(全体に闇属性ダメージ+灼熱状態のキャラに2000の無属性ダメージ)
特殊行動
残りHP25%以下で真の力解放(最大チャージターンが2→1に減少)

攻撃力は難易度VERY HARDと同程度。1~2戦目がなく、残りHP50%以下時の特殊行動が無い分VERY HARDより簡単かもしれない。


●Lv100
Lv100モルディカイ(闇)、HP約1500万、最大チャージターン2
通常モード時特殊技
ヘルファイアサーベル(全体に闇属性ダメージ+6ターン灼熱+3ターン呪い)
サドンファイア(ランダムに3回闇属性ダメージ+灼熱+自分に攻撃力アップ)
オーバードライブ時特殊技
ダークネス・エボルヴ(全体に闇属性ダメージ+灼熱状態のキャラに5000の無属性ダメージ)
特殊行動
残りHP50%以下でヘルファイアサーベル
残りHP25%以下で真の力解放(最大チャージターンが2→1に減少)
残りHP25%以下でサドンファイア

Lv60HELLと比べるとHPが大幅にアップし、HP50%と25%に特殊行動が追加されている。通常攻撃のダメージはさほど高くない。オーバードライブに移行するHP49%程度までは特殊技もノイシュ (SR)やカタリナ (SR)などの被ダメージカットを合わせるだけで十分に耐え切れるレベル。真の力解放前(残りHP25%)まではダークフェンサーのディレイIIとグラビティで上記の被ダメージカットが間に合う。

オーバードライブ技「ダークネス・エボルヴ」による灼熱状態への追加無属性ダメージ(被ダメージカット不可)が5000に跳ね上がっており、無対策で受けると危険。「ダークネス・エボルヴ」の直前に弱体回復を使って灼熱を回復するのが無難だが、直前に「ヘルファイアサーベル」を食らって灼熱と呪いの両方が付与されていいる場合は弱体回復で回復するのが呪いになる。2回弱体回復を使用しないと灼熱を回復できない。呪いは持続時間が3ターンなので、3ターン経過できるのであれば弱体回復1回でも良いが、呪い状態中はHP回復できない点に注意。

弱体無効を使えるなら残りHP50%の特殊行動に合わせて使用したいところ。召喚石☆4アポロン、召喚石バアルなども装備しておけばカンペキ。

真の力解放後はは最大チャージターン減少によって特殊技に毎回被ダメージカットを使うのが難しくなるため、フルチェインで一気にブレイクさせたい。


●Lv120HELL
Lv120モルディカイ(闇)、HP約2875万、最大チャージターン2
通常モード時特殊技
ヘルファイアサーベル(全体に闇属性ダメージ+6ターン灼熱+3ターン呪い)
サドンファイア(ランダムに3回闇属性ダメージ+灼熱+自分に攻撃力アップ)
オーバードライブ時特殊技
ダークネス・エボルヴ(全体に闇属性ダメージ+灼熱状態のキャラに7000の無属性ダメージ)
特殊行動
残りHP75%以下でヘルファイアサーベル
残りHP50%以下でサドンファイア
残りHP25%以下で真の力解放(最大チャージターンが2→1に減少)
残りHP25%以下でダークネス・エボルヴ

特殊行動がLv100と異なり、灼熱状態への追加ダメージが7000に増加している。「ダークネス・エボルヴ」の直前に弱体回復を使って灼熱を回復するのが無難だが、直前に「ヘルファイアサーベル」を食らって灼熱と呪いの両方が付与されていいる場合は弱体回復で回復するのが呪いになるので注意。弱体無効が使えるならヘルファイアサーベルに合わせて使っていこう。

弱体無効の代わりに弱体耐性を100%にする手もある。「ソウルピルファー」や賢者の「天眼陣」などをうまく使おう。


■チャレンジクエスト「終わらぬ決闘を求めて」
グラブル527
アリサ(SR・風)とルナ(SR・闇)のゲストキャラ2人のみで挑戦するクエスト。

Lv30アリサ HP2万
Lv30ルナ HP2万

キャラセリフ
ルナ「モルちゃん……?」
アリサ「様子が変だよ……! 気を付けてっ!」
ルナ「……。」
アリサ「力を合わせないと倒せないかも……! ルナちゃん、お願いっ!」
ルナ「……パパ、ママ、ルナを守って。」
アリサ「ルナちゃん……ありがとうっ! 私も頑張るよ!」
ルナ「ルナ……「ソウルコンバージョン」、使うから。邪魔しないでね。」
アリサ「うんっ! ……よぉっし! やっちゃうよ!」

ルナの「ソウルコンバージョン」は特殊強化されており、墓場Lvのみ1上昇させる。また、チェインバースト以外でモルディカイのHPをゼロにすると復活するため、ルナの「ロストハート」は実質使用できない(アリサが戦闘不能になるとチェインバーストが使えない)。

まずアリサの「シャインウィングロア」を使用してモルディカイの攻撃力をダウンさせ、アリサの「フェアリーサークル」でフェアリー召喚、ルナの「ソウルコンバージョン」で墓場Lvを上げていく。フェアリー3体と墓場Lv3でチェインバーストダメージは約1万2000となり、モルディカイのHPを約4%削ることができる。

後はモルディカイの残りHP27~26%で奥義を発動できるようにダメージを与えていこう。残りHP28%、25~24%では成功/失敗両方の報告がある(多いと倒しきれず、減らしすぎるとルナの奥義中にモルディカイのHPがゼロになるため復活してしまう。ゲストキャラなので攻撃力はどのプレイヤーでも同じだが、通常攻撃の連続攻撃や与ダメージの増減による差は発生する)。

なお、アリサの「エレメンタルランス」は約5%、ルナの「デスコラプション」は約17%削ることが可能。特にルナの「デスコラプション」は攻撃力が高いため削りすぎないように気を付けよう。連続攻撃が多くなった場合など削りすぎを防ぐために、奥義発動直前までフェアリーの召喚数を2体に止める戦法もある。

※ シャドウバースでは、モルディカイは破壊しても復活し特別な対策カードを使わないと除去できないネクロマンサーの強カード。
スポンサーサイト

阪急杯

●レース傾向(JRA公式サイトの「データ分析」を編集したもの)

過去10年、4歳馬が2-3-7-22、5歳馬が7-3-2-33と好成績。6歳馬は1-2-1-37。7歳以上馬は1-1-0-40で、3着以内に入った2頭(2007年1着=プリサイスマシーン8歳、2014年2着=サンカルロ8歳)はいずれも同じ阪神・芝1400mで行われる阪神Cで連対実績があった。


過去10年、「1枠~2枠」の馬が6-5-5-24と好走。「4枠~5枠」は0-0-1-39と苦戦傾向で、3着以内に入ったのは2014年の3着馬レッドオーヴァルだけ。


過去10年の優勝馬は全て単勝オッズ「14.9倍以下」だった(11-7-6-34)。「20.0倍以上」は0-0-4-90で連対なし。
※2007年は1着同着


過去10年、前走が「前年12月の重賞」(「阪神C」と「香港スプリント」)だった馬が6-3-3-11と好成績。また、年明けのレースからは、「東京新聞杯」から臨んだ馬が2-1-2-15と上々の成績。「シルクロードS」組は1-1-0-18で、連対はマジンプロスパー(2012年1着、2013年2着)による2回だけ。京都競馬場で行われたその他のGIII から臨んだ馬は1-4-2-19。


過去10年、「3走前までにGI 以外のレースで4、5着に入っていた」という経歴を持っている馬が、2007年と2009年を除き「1頭だけ」連対している。2007年は1着同着の2頭からハナ差の3着だったスズカフェニックスがこれに該当していた(2走前の京都金杯で5着)。


過去4年の優勝馬4頭は、いずれも「2走前または3走前が前年秋のGI(スプリンターズS、マイルCS)」だった。




●買い目

馬1:03,05,07
馬2:03,04,05,07,08
馬3:03,04,05,06,07,08,09,11

合計/円


●結果

投資額/円
払戻金/円

トータル投資額/円
トータル払戻金/円
トータル収支/円
トータル回収率/%

中山記念

●レース傾向(JRA公式サイトの「データ分析」を編集したもの)

過去10年の3着以内馬30頭中25頭は、「前年以降のJRA重賞」で連対経験があった(8-9-8-49)。連対経験がなかった馬は2-1-2-54で、2011年以降の過去6年は0-0-0-28と3着以内なし。


過去10年、前走「1着」だった馬が4-1-4-14。前走が「2着以下」だった馬(6-9-6-89)のうち、“JRAのGIで5着以内”に入った経験がない馬は1-5-1-57とやや苦戦している。


過去10年の3着以内馬30頭中27頭は、前走が国内のレースで、そのレースで「6番人気以内」だった(10-8-9-53)。「7番人気以下」だった馬は0-2-1-48と苦戦している。


過去10年の3着以内馬30頭中24頭は、前走の出走頭数が「16頭以上」だった(8-7-9-59)。前走が「15頭以下」のレースだった馬は2-3-1-44と苦戦している。
※取消・除外馬を除く、実際に出走した頭数で集計


過去6年の3着以内馬18頭中、2015年2着のロゴタイプを除く17頭は、前走との間隔が「中6週以上」だった(6-5-6-37)。前走との間隔が「中5週以内」だった馬は0-1-0-20。


過去5年の優勝馬5頭は、いずれも前年以降のJRA重賞で優勝経験があり、前走が「5番人気以内」、前走の出走頭数が「16頭以上」、前走との間隔が「中6週以上」という共通点がある。2011年以降の優勝馬6頭はいずれも3番人気以内の馬で、2014年以降の優勝馬3頭はいずれも前年にJRAのGI で優勝を果たしていた。




●買い目

馬1:01,03,04,07,08,09,10
馬2:01,03,04,07,08,09,10
馬3:01,03,04,07,08,09,10

合計/円


●結果

投資額/円
払戻金/円

トータル投資額/円
トータル払戻金/円
トータル収支/円
トータル回収率/%

グランブルー攻略147 ゼノ・イフリート撃滅戦

グラブルの今年のバレンタインイベントは、イベント期間が2/14 5:00~2/21 4:59と昨年に比べ長くなっており(昨年は2/14 5:00~2/17 4:59)、各キャラのセリフを読むのに時間的余裕が持ててありがたかった。グラブルはキャラが多いから、全キャラ見ようとすると結構大変なので…。

そういえばストーリーイベントの期間も、プロデューサー変更後は終了時刻が以前の17時から21時になって、最終日も最後まで頑張ろうと思えるようになった。このあたりの変更は嬉しく思っている人が多いんじゃないだろうか。


グラブル521
バレンタインイベント専用会話は「ルリアノート」や「リスト」から見ることができる。主人公が男性(グラン)なら女性キャラからもらうという設定、女性(ジータ)なら男性キャラに渡すという設定での会話内容になっている。カタリナ、イオ、ロゼッタ、ルリア、シャルロッテ、カリオストロ、ダヌア、フェリはバレンタインイベント用の立ち絵が用意されている。


グラブル522
ミムルメモル…いいキャラだ(笑)。


グラブル523
スタン、ローアイン、ラムレッダ、ジャンヌ、ランスロットはバージョンによって会話の内容が変わるのでチェックしてみよう。特にランスロットのイベント限定バージョンはバレンタインに限らずこの手のイベントは毎回笑える。昨年のバレンタインでは面会時に差し入れというシチュエーションだったが、今年はジータがチョコの中に糸のこぎりを入れていて、それで脱獄しろという…(笑)。

その他にも、ベスから野菜やチョコをもらえることからベスの性別がメスと思われることが推測できたり、ロジーヌからはもらえるのが「カリカリの煎餅」だったりと、なかなかこった作りになっている。

また、アニメ版グラブルの公式サイトにてジータのバレンタインスタンプをイベント期間中もらえるので、まだもらっていない人は忘れずにGETしておきたい。


※以下は攻略wikiの内容を編集したものを掲載。

ゼノ・イフリート撃滅戦のイベント期間中は「イフリート討滅戦」が同時に開催される。ゼノ・イフリートとのバトルは「イフリート討滅戦」よりも難易度が高くなっており、「イフリート討滅戦」の難易度EXTREMEやMANIACをクリアできるようなレベルのプレイヤーを対象としたイベントになっている。戦力的に難しい場合は「イフリート討滅戦」で戦力アップに励もう。

ゼノ・イフリートには属性耐性が導入されており、弱点属性となる「水属性」以外の属性による弱体はほぼ失敗する。また水属性以外の攻撃は与ダメージが50%に減少する。水属性以外での討伐は相当難易度が高い。

「ゼノ・イフリート撃滅戦」のトレジャー交換とショップ内の「イフリート討滅戦」のトレジャー交換は別扱いになっており、交換した回数もそれぞれ別。「イフリート討滅戦」と「ゼノ・イフリート撃滅戦」の交換でそれぞれ2回ずつ、合計4回交換すると最もラクに召喚石イフリートを☆3にすうることができる。通常よりも割安で交換できるので、召喚石イフリートやイフリートハルベルトが欲しい人はこの機会に交換しておこう。


●イベント限定武器・召喚石概要
六道・灼滅天の刃鎌(SSR・火・斧)/EX攻刃(特大)
既存のマグナ編成に1~2本は入るであろう性能。EXTREME、HELL、マルチバトルの赤箱から入手可能(マルチの金箱からのドロップ報告はなし)。武器をトレジャー交換で入手するには最低でも討滅戦形式(ソロバトル)のHELL攻略が必須(難易度HELLではエリクシール使用は1回まで)。
最終段階まで強化するには限定トレジャーが必要。
「灼滅の金剛杵」は難易度HELLでしかドロップしないトレジャーで、トレジャー交換で「六道・灼滅天の刃鎌」を入手するのに必要。
「ゼノイフリートの真なるアニマ」はマルチバトル限定でしかドロップしないトレジャー。トレジャー交換で「六道・灼滅天の刃鎌」を入手するのと真化するのに必要。

☆3「六道・灼滅天の刃鎌」を持っていれば、最終上限解放または真化による強化を行うことができる。最終上限解放と真化はどちらかの強化先しか選べない。

現時点ではサブに装備した時の性能が変わらないと思われる事と、最終上限解放の要求素材のきつさから、最終上限解放をするメリットがない。その為、作るなら真化だけで良いという意見が多い。

●最終上限解放
最終上限解放では他の武器と同様にLv150、slv15まで上げられるようになるだけで、他に変化はない。ヒヒイロカネ、ダマスカス鋼がある場合はそれらを使うことで素材を必要とせず最終上限解放できる。エレメントが極度に不足している場合は最終手段としてダマスカスを使う事も一考だが、性能は真化より劣るうえに素材も馬鹿にならないので真化の方がかなりお得。イベント限定のトレジャーを使わないので、☆3が1本あればイベント終了後にダマスカス鋼や常設素材だけで☆4にできる。

●真化
真化はLv150、slv15に加え奥義に「稀に灼熱効果」が追加され、第二スキル「灼滅の赤爪」も追加される。ショップの特殊武器→六道武器の真化より特定の素材を使用することで強化可能。素材以外にも、強化には武器レベル100、武器スキルレベル10にする必要がある。最終上限解放と違い、ヒヒイロカネやダマスカス鋼での代用は不可能な事と、イベント限定トレジャーの「ゼノ・イフリートの真なるアニマ」が必要な事に注意。


エクストラクエスト「ゼノ・イフリート撃滅戦」
■難易度EXTREME(推奨戦力表記なし)
3連戦。

1戦目
グラブル516
Lv23バルカンチャリオット(火)、HP46万、最大チャージターン3
特殊技
Lv20ユピウピ(水)、HP11万、最大チャージターン2
特殊技
最初にミゼラブルミストを使い、後は通常攻撃メインでユピウピ→バルカンチャリオットの順に倒すといい。

2戦目
グラブル517
Lv20フレイムシード(火)、HP20万、最大チャージターン2
特殊技
Lv22ホーリーシード(光)、HP31万、最大チャージターン4、暗闇無効
特殊技
Lv20フレイムシード(火)、HP20万、最大チャージターン2
特殊技
ミゼラブルミストを使って、上下のフレイムシード→ホーリーシードの順に倒す。ホーリーシードの最大チャージターンが4と多いのを利用して、アビリティの使用間隔を回復しつつ、奥義ゲージを溜めておこう。

3戦目
グラブル518
Lv60ゼノ・イフリート(火)、HP638万、最大チャージターン3、麻痺無効
通常モード時特殊技
獄炎(ランダムに複数回火属性ダメージ)
オーバードライブ時特殊技
ファイアⅤ(全体に火属性ダメージ+弱体)
特殊行動
残りHP25%以下で魂魄灰滅(単体に火属性2万ダメージ+魂魄灰滅)
※魂魄灰滅は5ターン後に戦闘不能になる弱体効果で、弱体無効では防げない。魂魄灰滅状態のキャラがアビリティを使用すると味方に魂魄灰滅付与。魂魄灰滅は弱体回復で回復可能。

特殊行動の「魂魄灰滅」は被ダメージが大きいため、幻影などで回避しないと1人が戦闘不能になる。付与される弱体「魂魄灰滅」は弱体無効では防げないため、付与された後に弱体回復で回復すること。難易度EXTREMEではゼノ・イフリートのHPが少ないので、残りHP25%手前からチェインバーストでイッキに倒せば「魂魄灰滅」を受けずに撃破可能。

難易度EXTREMEでも「六道・灼滅天の刃鎌」のドロップが確認されている。HELL専用素材である「灼滅の金剛杵」は「六道・灼滅天の刃鎌」のトレジャー交換に使うだけなので、運が良ければEXTREMEとマルチだけでも真化は可能。


グラブル520
難易度EXTREMEクリアパーティ例。EXアビリティはメディクかクリアオール。リリィとシャルロッテを編成し、ガーネットとガルーダを装備していれば特殊技と特殊行動の両方に対応できる。1~2戦目は特殊技を発動されない程度に戦い、奥義ゲージを溜める。特殊技を発動されそうなら攻撃アビリティを使って発動前に倒すこと。3戦目はアクアマリンやコキュートス召喚で攻撃力を上げ、フルチェインバーストを狙う。次の攻撃で残りHP25%を切りそうならその前にガルーダを召喚するか、☆3ガーネットと氷晶結界またはケーニヒシルトの併用で事前に対策しておく。幻影や被ダメージカットで被ダメージ0にしても魂魄灰滅付与は回避できないので、魂魄灰滅発動後は付与された魂魄灰滅をクリアオールかホワイトヒールで回復すること。


■難易度MANIAC(推奨戦力表記なし)
1日に2回まで挑戦可能。4連戦。

1戦目
Lv32バルカンチャリオット(火)、HP万、最大チャージターン3
特殊技
マグマシャワー(全体に火属性ダメージ+弱体)
Lv20ユピウピ(水)、HP11万、最大チャージターン2
特殊技

2戦目
Lv24フレイムシード(火)、HP万、最大チャージターン2
特殊技
Lv28ホーリーシード(光)、HP万、最大チャージターン4、暗闇無効
特殊技
特殊行動
残りHP50%以下でホーリーブラスト(単体に最大HP50%の無属性ダメージ)
Lv24フレイムシード(火)、HP万、最大チャージターン2
特殊技
ホーリーシードの特殊行動は無属性ダメージのため被ダメージカット無効。普通に上下から倒していると食らいやすい。残りHP50%手前からイッキに倒すか、全員のHPを50%以上に保つこと。3戦目に備えて奥義ゲージを溜めておくといい。

3戦目
Lv60ベオウルフ(火)、HP330万、最大チャージターン3
通常モード時特殊技
イラプトホーン(単体に火属性ダメージ+攻撃力ダウン)
フレアライン(水属性攻撃力ダウン+アビリティ封印+自分にダブルアタック率アップ)
オーバードライブ時特殊技
ギガンティックパルサー(全体に火属性ダメージ+全体に防御力ダウン)
特殊行動
残りHP25%以下で真の力解放(最大チャージターンが3→1に減少)
倒すとオールポーションをドロップする。古戦場イベントの難易度EXTREME位の強さ。チェインバーストで倒すといい。4戦目を考えて、使用間隔に注意してアビリティを使っていこう。

4戦目
Lv80ゼノ・イフリート(火)、HP960万、最大チャージターン3、ブレイクキープ無効、ブレイクモードの時間が極めて短い
通常モード時特殊技
獄炎(ランダムに複数回火属性ダメージ)
オーバードライブ時特殊技
ファイアⅤ(全体に火属性ダメージ+弱体)
魂魄灰滅(単体に火属性ダメージ+魂魄灰滅)
特殊行動
1ターン目に紅雫(全体に火属性ダメージ+全体に虚脱)
残りHP75%以下でチャージターンMAX
残りHP50%以下で真の力解放(オーバードライブ時特殊技が魂魄灰滅に変化、最大チャージターンが3→2に減少)
残りHP25%以下で魂魄灰滅(単体に火属性6万5535ダメージ+魂魄灰滅)
※魂魄灰滅は5ターン後に戦闘不能になる弱体効果で、弱体無効では防げない。魂魄灰滅状態のキャラがアビリティを使用すると味方に魂魄灰滅付与。魂魄灰滅は弱体回復で回復可能。
特殊行動に注意。1ターン目に紅雫を使うので弱体無効か弱体回復で対処すること。難易度MANIACの割にはHPが低い。


■難易度HELL(推奨戦力表記なし)
[EXTREME][MANIAC]を討伐時にランダムで出現する(出現率は低め)。発生から1時間の時限クエスト。
初回はHELL(Lv70)のみ選択可。HELL(Lv70)討伐成功でHELL(Lv100)解放、HELL(Lv100)討伐成功でHELL(Lv120)解放。

アビリティや召喚でブレイクすると「攻撃」後にブレイクを解除されてしまうが、「攻撃」でブレイクした場合はブレイク解除まで数ターンの猶予がある。
金剛杵が確定でドロップするため、エリクシール使用で安定して倒せるならAP効率は十分良いので、より高難度に挑む価値はある。

Lv70ゼノ・イフリート(火)、HP480万、最大チャージターン2、ブレイクキープ無効、睡眠無効
通常モード時特殊技
紅雫(全体に火属性ダメージ+全体に3ターン虚脱)
魂魄灰滅(単体に火属性ダメージ+魂魄灰滅)
オーバードライブ時特殊技
ファイアⅤ(全体に火属性ダメージ+灼熱+ダブルアタック率ダウン+トリプルアタック率ダウン)
インフェルノ(全体に火属性ダメージ+9ターン灼熱+1ターン呪い)
特殊行動
残りHP75%以下でチャージターンMAX
残りHP50%以下で真の力解放(通常モード時特殊技が魂魄灰滅に変化、オーバードライブ時特殊技がインフェルノに変化)
残りHP25%以下で獄炎(ランダムに複数回火属性ダメージ)
※魂魄灰滅は5ターン後に戦闘不能になる弱体効果で、弱体無効では防げない。魂魄灰滅状態のキャラがアビリティを使用すると味方に魂魄灰滅付与。魂魄灰滅は弱体回復で回復可能。

グラブル524
Lv70ならHPも低く、難易度も低い。ブレイクキープ無効なので、サポーターにマキュラマリウスを選ぶ意味は薄れる。戦い方としては残りHP75%までディレイとグラビティを温存し、特殊行動のチャージターンMAX発動後にディレイとグラビティを使って特殊技発動までの時間を稼ぐ。特殊技は1回目を氷晶結界、2回目をガーネット+ケーニヒシルトの組み合わせで耐える。


Lv100ゼノ・イフリート(火)、HP1600万、最大チャージターン2、ブレイクキープ無効、睡眠無効、麻痺無効
通常モード時特殊技
紅雫(全体に火属性ダメージ+全体に3ターン虚脱)
魂魄灰滅(単体に火属性ダメージ+魂魄灰滅)
オーバードライブ時特殊技
ファイアⅤ(全体に火属性ダメージ+灼熱+ダブルアタック率ダウン+トリプルアタック率ダウン)
インフェルノ(全体に火属性ダメージ+9ターン灼熱+1ターン呪い)
特殊行動
残りHP75%以下でチャージターンMAX
残りHP50%以下で真の力解放(通常モード時特殊技が魂魄灰滅に変化、オーバードライブ時特殊技がインフェルノに変化)
残りHP25%以下で獄炎(ランダムに複数回火属性ダメージ)
※魂魄灰滅は5ターン後に戦闘不能になる弱体効果で、弱体無効では防げない。魂魄灰滅状態のキャラがアビリティを使用すると味方に魂魄灰滅付与。魂魄灰滅は弱体回復で回復可能。


Lv120ゼノ・イフリート(火)、HP2000万、最大チャージターン2、ブレイクキープ無効
通常モード時特殊技
紅雫(全体に火属性ダメージ+全体に3ターン虚脱)
魂魄灰滅(単体に火属性ダメージ+魂魄灰滅)
オーバードライブ時特殊技
ファイアⅤ(全体に火属性ダメージ+灼熱+ダブルアタック率ダウン+トリプルアタック率ダウン)
インフェルノ(全体に火属性ダメージ+9ターン灼熱+1ターン呪い)
特殊行動
残りHP75%以下でチャージターンMAX
残りHP50%以下で真の力解放(通常モード時特殊技が魂魄灰滅に変化、オーバードライブ時特殊技がインフェルノに変化)
残りHP25%以下で獄炎(ランダムに複数回火属性ダメージ)
※魂魄灰滅は5ターン後に戦闘不能になる弱体効果で、弱体無効では防げない。魂魄灰滅状態のキャラがアビリティを使用すると味方に魂魄灰滅付与。魂魄灰滅は弱体回復で回復可能。

連続攻撃+灼熱のコンボが強力なので、被ダメージカット手段を多く用意し、弱体無効で灼熱を防ぐことが重要。虚脱や魂魄灰滅は弱体回復で対応。被ダメージカットはガーネットを2つ装備するだけでかなりラクになる。☆4アポロンやガルーダ等も有効。
ジョブはダークフェンサーにトレジャーハント、ブラインド、アローレイン、アーマーブレイク等。取得していればウォーロックにブラックヘイズ、グラビティ、トレジャーハント等。
最低限欲しいアビリティは弱体回復1、弱体無効1、被ダメージカット1以上。SRカタリナでもいいので編成したい。
ブレイク時間が非常に短い点に注意。アビリティや召喚でブレイクさせてしまうと、「攻撃」後にブレイク解除→特殊技発動となることが多い。

奥義ゲージが溜まってもすぐに発動せず、残りHP75%以下の特殊行動「チャージターンMAX」発動後にフルチェインバーストでブレイクを狙うという戦法がある。ただしチャージターンはMAXのままなのでブレイク解除後の特殊技に注意。被ダメージカットを使用しつつナルメア(水着ver)等の追い撃ちを使用しイッキに残りHP25%まで削る。

火力があるヴァルナ編成などで安定してダブルアタックを出せるならば(ダークフェンサーのグラビティとディレイ込みで4ターンで奥義ゲージを溜める必要がある)残りHP75%手前からフルチェインバーストを発動することで特殊技を受けずにすむため弱体無効が必要なくなる。弱体無効と弱体回復の枠を全て攻撃に回せるのでラクに周回ができる。

特殊技対策
紅雫 被ダメージは低め。虚脱を弱体無効で防いでいると後の灼熱を防げなくなる恐れがあるので食らってから弱体回復と弱体無効使用推奨。
ファイアⅤ 攻撃力が高く、3ターン灼熱。弱体無効+被ダメージカット推奨。
魂魄灰滅 被ダメージ100%カットかガルーダの幻影で対処後弱体回復。なければかばうで1人を犠牲にして耐える。
インフェルノ 攻撃力が高いため、弱体無効+被ダメージカットで対処。弱体無効の使用間隔が回復していないと9ターン灼熱に苦しめられる。複数の弱体を付与されるので弱体回復では無理。
獄炎 被ダメージ50%カット程度ではメインメンバーが壊滅する威力。被ダメージ100%カットかかばうで対処。

●攻略wikiのコメント欄にあったLv120攻略例
主人公セージでEXアビリティにベール、グラビティをセット。メンバーはアルタイル、リリィ、シャルロッテ。ガーネット+ケーニヒシルト、アテナ+氷晶結界で被ダメージカットして、弱体付与はアルタイルとシャルロッテで行う。

主人公ダークフェンサーでEXアビリティアローレイン。メンバーはヨダルラーハ、リリィ、クリスマスアルルメイヤ。バハムートマズルを装備。カツウォヌスの召喚効果「連続攻撃率ダウン」が真の力解放後に役立つ。

主人公ダークフェンサーでEXアビリティアーマーブレイク。メンバーはヨダルラーハ、アルタイル(Lv95以上)、リルル。戦闘開始したら「君に逢いたくて」「翼があれば、きっと届くよ」→「方円」「鶴翼」「偃月」→「ミゼラブルミスト」「アーマーブレイク」→「十起」と使ってから攻撃、2ターン目そのまま攻撃すればマグナ編成でも3ターン目には確実に奥義発動可能。3ターン目に「千転」を使っておくのを忘れずに。あとはディレイ、グラビティを使いつつヨダルラーハが戦闘不能になってリリィと交代すればベスト。


■マルチバトル
グラブル519
Lv100ゼノ・イフリート(火)、HP7900万、最大チャージターン2
通常モード時特殊技
エグゾーストⅡ(全体に複数回火属性ダメージ)
獄炎(ランダムに複数回火属性ダメージ)
オーバードライブ時特殊技
ファイアⅤ(全体に火属性ダメージ+灼熱+ダブルアタック率ダウン+トリプルアタック率ダウン)
紅雫(全体に火属性ダメージ+全体に3ターン虚脱)
魂魄灰滅(単体に火属性ダメージ+魂魄灰滅)
特殊行動
攻撃やアビリティを使ってオーバードライブさせたプレイヤーのみにチャージターンMAX
残りHP50%以下で真の力解放(通常モード時特殊技が獄炎に変化、オーバードライブ時特殊技が魂魄灰滅に変化)
残りHP40%以下でチャージターンMAX
残りHP25%以下でインフェルノ(全体に火属性ダメージ+9ターン灼熱+1ターン呪い)
残りHP5%以下で魂魄灰滅(単体に火属性6万5535ダメージ+魂魄灰滅)
※魂魄灰滅は5ターン後に戦闘不能になる弱体効果で、弱体無効では防げない。魂魄灰滅状態のキャラがアビリティを使用すると味方に魂魄灰滅付与。魂魄灰滅は弱体回復で回復可能。

「六道・灼滅天の刃鎌」は赤箱からしかドロップせず、「ゼノ・イフリートの真なるアニマ」も金箱よりは赤箱の方が出やすい。そのため赤箱が確実に手に入る自発の需要が高く、確実に赤箱を手に入れるためにはMVPを取る必要がある救援の需要は低い。
また、討滅戦形式のEXTREME・HELLを周回する人とマルチをする人とで分かれてしまい、救援参戦者が普段のイベントよりも少なめ。救援が一切来ない可能性もあるので、自発する際は最悪ソロでも討伐できる準備をしていくことを推奨する。ソロ討伐できる戦力がないなら救援に参戦するだけに留めるのがいいだろう。

ソロ討伐用ジョブ例
ダークフェンサー(メディクorクリアオールorブラインド)、ウォーロック(ブラックヘイズ・グラビティ・クリアオール)、スパルタ(ミゼラブルミスト・グラビティ・ワイア)等

攻略のポイント
削り状況で変わるが、オーバードライブ発生は1回目はHP85%付近、2回目はHP40~35%付近。残りHP50%までは弱体無効を使用し、チャージターンMAXに合わせて被ダメージカットしていけば特に問題ないだろう。特殊行動の「チャージターンMAX」が「オーバドライブ発動」と「残りHP40%以下」の2種類あるため、スロウ系アビリティはチャージターンがMAXになった直後に使うように。

残りHP25%の特殊行動「インフェルノ」は大ダメージの全体攻撃。全体攻撃なので被ダメージカットとガーネットを併用するなどして耐える。
残りHP5%の特殊行動「魂魄灰滅」は対策なしやかばう使用だと一人が戦闘不能になる。被ダメージカットや幻影付与の後弱体回復でも良いが、ゼノ・イフリートの残りHPも少ないので、奥義ゲージを溜めておいて残りHP5%手前からチェインバーストで削りきれればラクに倒せる。

トレハンも有用。団内やフレンドと討伐する場合は削り役、トレハン役など事前に打ち合わせをして役割分担するのも手。ブレイクキープが有効なのでブレイクキープをセットしたホークアイが一人いると安心して戦うことができる。

小倉大賞典

●レース傾向(JRA公式サイトの「データ分析」を編集したもの)

過去10年の3着以内馬30頭中25頭は、前年以降に「JRAのオープンクラスのレース」で3着以内に入った経験があった(9-8-8-72)。その経験がなかった馬は1-2-2-55と苦戦している。


なお、前年以降に「JRAのオープンクラスのレース」で3着以内に入った経験があった馬(9-8-8-72)のうち、前年以降に「JRAのオープンクラスの2000m以上のレース」で3着以内に入った経験がある馬は、7-5-7-36とより高い好走率をマークしている。


過去10年、負担重量「57kg以上」の馬は5-5-2-19と優秀な好走率をマークしている。「54kg未満」の馬は0-0-0-23で3着以内なし。


2012年以降の過去5年の3着以内馬15頭中10頭は、前走の着順が「5着以内」だった(4-3-3-18)。前走の着順が「11着以下(競走中止を含む)」だった馬は0-0-1-25で、3着以内に入ったのは2013年3着のダローネガだけ。


過去5年の連対馬10頭は、いずれも馬番が「1~7番」だった(5-5-2-23)。「8~16番」だった馬は0-0-3-41。


過去5年の優勝馬5頭は、いずれも前年以降に「JRAの重賞」で3着以内に入った経験があり、負担重量が「55kg以上」、前走の着順が「10着以内」、馬番が「1~7番」だったという共通点がある。




●買い目

馬1:01,02,03,04,05,06,07,08,09,10,11,12,13,14,15,16,17,18
馬2:01,02,03,04,05,06,07,08,09,10,11,12,13,14,15,16,17,18
馬3:01,02,03,04,05,06,07,08,09,10,11,12,13,14,15,16,17,18

合計/円


●結果

投資額/円
払戻金/円

トータル投資額/円
トータル払戻金/円
トータル収支/円
トータル回収率/%
キーワードでブログ内を検索
「イメージ化」「プラグイン」「有馬記念」「マグナ討伐戦攻略」「ハイレベルマグナ戦」「共闘クエスト」「十天衆」など、当ブログで見たい記事の単語を入力して下の検索ボタンをクリックしてください。
♪みほぴょんの今どきPS1掲示板
ブログ内記事への質問、意見、感想などがありましたら、各記事のコメント欄またはこちらの掲示板へ記入してください(Androidで掲示板を利用する場合は、ブラウザ起動時にメニューキーを押して「PC版サイトを表示」にチェックを入れてください)
カテゴリ
最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

♪みほぴょん

Author:♪みほぴょん
いまだに初代プレイステーションのゲームをプレイしている♪みほぴょんのブログというかPS1ソフトの紹介および攻略。

★各サイトのハンドル★
モバゲー:♪みほぴょん
GREE:♪みほぴょん
mixi:男の娘好きみほぴょん(mixiキーワード:♪みほぴょん)
Twitter:♪みほぴょん@mihopyonpyon

※モバゲーとmixi以外のSNSはROMがほとんどです。個人的なメッセージはmixiのメッセージ機能でお願いします。

Amazon:♪みほぴょん
Google:debeso kerokero

※AmazonとGoogleは購入して印象に残った商品およびアプリのレビューを書いています。

友達リスト

ロードアの場土采果

マイナーゲーム攻略サイトもどき
リンク
ブロとも申請
ブロとも申請(友達申請)は100%許可しています。

♪みほぴょんにブロとも申請する

QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
434位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
82位
アクセスランキングを見る>>